ギャラリー新人日記

英文ブログ始めました

皆様こんにちは。
新人スタッフの勝見美生です。
ときの忘れものの英文ブログ(tumblr)を始めましたのでご報告いたします。
投稿数はすでに100を超えています。

tumblr


ときの忘れものHPからアクセスできます。
トップページ左列の「facebook」「twitter」の下に、「tumblr」へのアイコンを追加しました。

海外のお客様にもときの忘れもののコレクション作品を広く知っていただくため、1日1回、コレクションの中から一つの作品をご紹介します。

現在、英文ブログには、今月の展覧会ページアートフェアページ、ときの忘れものまでのアクセスについての項目を作ってあります。

最終的にはこちらの日本語ブログの記事も翻訳し、英文ブログにも掲載していきたいです。
是非フォローしてください!
かつみ みお

*画廊亭主敬白
30年ぶりの引越しで何から何まで様変わりしている、時代の流れを感じます。
先ず最優先は「ネットの接続」なんですね。NTTの工事の日程が決まらないと、他のことは何も決められない。おそらく12日あたり、スタッフたちは自分のパソコンを抱えて本駒込に移動するらしい、その日のうちに回線を繋ぐのが最初の仕事です。
スタッフたちは翌朝からまだ何もないすかすかの新事務所に出勤し、メールのチェックを始めるでしょう。
国内、海外問わず作品の問い合わせが多いのですが、具体的な商談に進むのは圧倒的に海外の人たちからのメールです。ときの忘れものの経済はネットとアートフェアによる海外の売上げによって支えられています。スマホの普及がそれに一層拍車をかけているようです。
在庫作品を少しでも早く、多く、ネット空間にのせることが重要な時代になってきました。少し前まではホームページに掲載した作品がいつまでも売れずに残っていると「眼垢(めあか)がつく」と同業者から蔑まれたものですが、いまやいかに多くの作品を扱っているかが「ネットでの信用度」を担保する時代になりました。

ところで過日、某大臣が滋賀県主催の地方創生セミナーで、文化財観光の振興をめぐり見学者への案内方法やイベント活用が十分でないことを指摘し、「一番がんなのは学芸員。普通の観光マインドが全くない。この連中を一掃しないと」と発言したと伝えられています。こういう乱暴な物言いが横行する時代になってしまったのかと暗澹たる気持ちになります。
文化の灯は消してはなりません。

●今日のお勧め作品は、石山修武六角鬼丈の新作エディションです。
石山修武_ (27)
石山修武
「足は歩く家をつくったりも試みた」
2016年  銅版
Image size: 22.3x56.5cm
Sheet size: 36.0×70.3cm
Ed.3  Signed
シート価格:100,000円(税別)

02
六角鬼丈
「直景(雑創の森学園)」
2017  シルクスクリーン
Image size: 36.5x69.0cm
Sheet size: 56.0x75.0cm
Ed.15  Signed
シート価格:100,000円(税別)
こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから
※お問合せには、必ず「件名」「お名前」「連絡先(住所)」を明記してください

ただいま引越し作業中
6月5日のブログでお知らせしたとおり、〒113-0021 東京都文京区本駒込5丁目4の1 LAS CASAS に移転します。
電話番号も変わります(通話は6月13日から)。
TEL: 03-6902-9530、FAX: 03-6902-9531
営業時間も7月1日から11時〜18時に変更します。
JR及び南北線の駒込駅南口から約10分、名勝六義園の正門からほど近く、東洋文庫から直ぐの場所です。
お披露目は7月初旬を予定しています。

新人Kの国立新美術館「草間彌生 わが永遠の魂」レポート(英文)

スタッフKの国立新美術館「草間彌生 わが永遠の魂」レポート(英文)

2017年2月22日から5月22日まで国立新美術館で開催されている個展「草間彌生 わが永遠の魂」を新人スタッフKこと勝見美生がレポートしました。
英文でのレポートですが、お付き合いいただければ幸いです。

20170430_kusama

REPETITION.
ACCUMULATION.
SELF OBLITERATION.


I encountered these three terms many times while browsing the Yayoi Kusama exhibition at the National Art Center, Tokyo (“YAYOI KUSAMA: My Eternal Soul,” February 22 - May 22). They seem to be the overarching motifs of her experience and body of work. Kusama turned 88 last month and has been making art for much of that time. The works represented in My Eternal Soul span 70 years from her early life in her hometown of Matsumoto, her time in New York City, and her activity today. The one Kusama exhibition I went to over a decade ago in DC is virtually gone from my memory, and I didn’t know much about her despite her cultural largeness, so I was excited to see such a wide range of her work.

20170430_kusama2
Works from the artist's latest series "My Eternal Soul". Around 130 works are on exhibit for the first time.

In the first small room I was surprised to find a series of paintings quite different from Kusama’s iconic style. Her whole body of works stems from her hallucinations and experience with mental illness but these early pieces were dark and heavy, similar to the ones she would create later in her life following a series of personal tragedies, and not very similar to her pop contemporary works. There was one 1948 work that caught my eye titled “Onions.” In it you could recognize the same polka dots and bulbous organic shapes that have become iconic today.

IMG_0785

Of course the majority of what was shown were her very recognizable works. An endless number of dots crowding around each other, the infinite stretching nets of paint, the multitude phallic “soft sculptures,” the layered collages of stickers and faces, etc. They showed her technique of repetition and accumulation, the same thing over and over creating a space that is infinite within itself. REPETITION and ACCUMULATION seems to be the method of that third key phrase, SELF OBLITERATION. In my reading, self obliteration seems like an act of disappearing - not the disappearance of the soul, but a dissolution of identity into the whole universe, becoming an abstraction like art itself.

IMG_0794


IMG_0795


Outside of the gallery space proper was a small room where visitors could participate in a public piece, “Obliteration Room.” We each received a sheet of stickers that we were instructed to use up completely. The setting was a stark white furnished room, where certainly many people have felt anxiety in the face of that ideal of traditional domesticity - there we were given one output of destruction, in obliterating something terrible, the same space gained a new myriad meanings. ...Now I don’t know if that is valid but the exhibition seems have given me something to think about.

The video piece titled “Happening” was central to at least my understanding of Kusama’s work. “Happening” is a collection of performance art of Kusama putting dots on things in her environment - nature, animals, objects, and people, even on water. In one scene, she sits on a horse covered in dots - she reminded me perhaps of the fifth horseman, who uses her destructive powers to save humanity before the other four run through. The name of the exhibition and the series of panels, “My Eternal Soul,” is apt in that way, labeling Kusama’s body of work as the thing she will leave on Earth that dissolves into our culture and lives forever.

(かつみ みお)

*画廊亭主敬白
六本木の国立新美術館がたいへんなことになっているらしい。入場券を買うのに一時間待ちとかと聞いて、なるほどと納得しました。
いつもは招待券など余ってしまうのに、今回ばかりはあっという間になくなってしまった。海外からのお客様がみんな欲しがるのである。
これから行かれる人は、先ずコンビニで予め入場券を買ってから六本木に向かってください。

私は美術界とはまったく関係がない。絵描きの友達ともごぶさたしている。ただひたすら自分の中に入りこんでいく。オープニングの招待状はいっぱい来るが、みんな行かない。だから、交流はない。何々会の会員でもない。画壇の人とは話をしないし、画壇には出ていかない。酒は飲まないし、タバコはすわない。完全にセルフコントロールしている。とにかく、すべて芸術の制作に没頭している。そうして、一日一日を生きている。
草間彌生『無限の網ー草間彌生自伝ー』(新潮文庫)より

所謂画壇を無視してひたすらたった一人で闘ってきた草間先生、亭主が「泣きたいほど売れなかった」と愚痴ともつかぬ思い出話を書いたときでさえ、まさかまさかここまで人気と評価が沸騰するとは思いませんでした。
先日、大阪の安藤忠雄先生(秋に同館で大展覧会を予定)からいただいた電話でも草間展のフィーバーの影響で「主催者が15万人は入れてくれいうて困っとるんや」とのことでした(すいません、大阪弁詳しくないもんで)。
長生きはするもんですね。

●今日のお勧め作品はもちろん草間彌生です。
37_kusama_polkadots草間彌生
《夕映えの雨》
1992年
シルクスクリーン
52.5×45.5cm
Ed.75
サインあり
※レゾネNo.171(阿部出版 2005年新版)

こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから
※お問合せには、必ず「件名」「お名前」「連絡先(住所)」を明記してください
ときの忘れものの通常業務は平日の火曜〜土曜日です。日曜、月曜、祝日はお問い合わせには返信できませんので、予めご了承ください。

「Ei Q 1935-1937: Seeking the "Real" in the Dark」英文レポート

こんにちは。
読者の皆様、はじめまして。
英文ブログ担当の勝見と申します。
11月27日に東京国立近代美術館の英九展を訪ねました。
残念ながら…アメリカ育ちの私はまだレポートを書く日本語力はありません。
本日の記事では英語で感想を少し書きました。

--

On November 27th I visited the Ei Q exhibition at the MoMAT. It was an auxiliary exhibition held in their smaller second-floor gallery. Despite it being a Sunday, there were only a handful of visitors.

IMG_9708



The wall space was split between photo dessins from “Reasons for Sleep”, the “Real” collage series, and especially abstract sketch dessins, with table displays holding catalogues and letters between Ei Q and Yamada Koshun. There was also something of an Ei Q digest room containing various works throughout his life, including oil works and pointillist pieces.

The photo-dessins he's known best for were displayed along the right wall.

IMG_0463



One of Ei Q's aims through this series of works was to portray the real reality - a reality beyond the misunderstood, “stereotyped” reality in his present day. Beyond that, he was grasping for the expression of a new reality that made sense in the new machine civilization of the 1930s.

He writes,
“What I am seeking is a pictorial representation of the mechanism formed amidst the twentieth-century intricacy of machinery. The light in the cold black skin of a car or the artificial light and shade that get bewilderingly entangled on the streets at night are flowers that have blossomed in our machine culture. Therefore, I believe that the beauty we perceive with our eyes needs to adapt to that sensibility and there has to be a field of painting that represents such aspects. Consequently, I sought means of a new expression in photosensitive paper, which captures the principle of light, that is to say, the most subtle secret of light.”

qei_nemuri-cover"Reason of Sleep" cover
1936



However, the contemporary critics were too focused on the novelty of the method itself to understand what he was trying to express. Though they lauded his breaking of technical barriers, his exploration of a new kind of beauty and the evolution of reality went unnoticed. This drove Ei Q to a depression that can be seen in the letters he shared with Yamada.

“The reality is that it is hard to fully discuss reality in reality. We live in an era in which it is difficult to talk about reality. However, that definitely should not mean that cheaply understanding reality, stereotyping it, and losing sight of it is equal to the reality,” he wrote.

How do you articulate that real reality? To me, the reality which Ei Q describes is a concept that lies beyond entanglements. Nothing we see can be perceived as reality because everything we see passes through an instant, unconscious system of interpretation.

qei17-026From "Reason of Sleep"
1986



On the back wall was the series titled “Real”. These are collages of shapes and images, many laid on a black mat. Is this the state of reality? - the uncanny discomfort of recognizing something totally unknown - the cloying anxiety of failing to recognize something somewhat familiar. Abstraction lacks meaning, but our minds naturally scramble to find one.

qei_itamashiki"Bearing Face"
1937



The subjects in “Real” loom up out of the darkness. The photo dessins and other works also dance out of reach of concrete form - surreal expressions of undefined things.

The exhibit displays many of Ei Q’s representative works, as well as letters between him and Yamada which expressed his depression and state of mind over the years. Considering those, and several rare catalogues and booklets, it is a valuable resource for researchers of Ei Q and Japanese contemporary art. For me, an outsider to the art world, it was an interesting experience in terms of concepts and aesthetics.

* individual images of the works are from the gallery's own archive

英文ブログ
tokinowasuremono.tumblr.com

かつみ みお

*画廊亭主敬白
本日の瑛九情報!は新人スタッフ勝見美生によるレポートです。
亭主が待ち望んだ<瑛九 1935-1937 闇の中で「レアル」をさがす>展が東京国立近代美術館で開催されています(11月22日〜2017年2月12日)。外野応援団として<会期終了まで瑛九について毎日発信します>と宣言したのはいいのですが、いくら瑛九=命の亭主でも毎日毎日新たなネタを探すのは骨が折れる。
中村茉貴さんのレポートはもちろんですが、今回はスタッフ全員にもレポート提出を厳命しました。おかげで日本語の苦手な新人スタッフは四苦八苦、上掲のような英文でのレポートとなりました。どうぞ寛容の心でお読みください。

本年の営業は本日で終了します。
明日12月28日(水)〜2017年1月16日(月)まで冬季休廊です。
いつもより長い冬休みですが、お正月早々、ART STAGE SINGAPORE 2017に出展するためです。
また銀座のギャラリーせいほうで開催される「石山修武・六角鬼丈 二人展ー遠い記憶の形ー」(2017年1月10日〜1月21日)に企画協力しています。
ブログは執筆者の皆さんのおかげで年中無休、年末年始も連日新鮮な情報、エッセイをお届けします。
メールやネットでのお問合せ、ご注文には通常通り対応いたします(日・月・祝日を除く)。

「2016年を送る〜画廊コレクション展」は本日が最終日です。
201612_collection画廊コレクションから7人の作家のそれぞれ大きな作品を一点ずつご覧いただきます。
出品作家:秋葉シスイ野口琢郎光嶋裕介永井桃子小野隆生関根伸夫瑛九

21_21 DESIGN SITE 企画展 「デザインあ展」

21_21 DESIGN SITE 企画展 「デザインあ展」

チラシ表チラシ裏

そろそろ「新人」から卒業(予定)の新澤悠です。

先週末にポーランドから来日中の作家、スラヴォミール・ルミャックさんを21_21 DESIGN SITEにご案内しました。
多摩美術大学の佐藤晃一教授に勧められた展覧会があるとのことで、この「デザインあ展」に、人形作家の井桁裕子さんと共にご一緒させていただきました。

元々はNHK Eテレで放送中の教育番組を展覧会という形に発展させたのがこの企画。
しかし子供向けと侮るなかれ、年齢に関係なく楽しめる企画展でした。

今回の記事も、いつもの如く自分の気に入ったものを勝手気ままに挙げていくものですが、よろしければお付き合いください。

0102
展示番号1:「あ」れ?
展示番号2:「あ」ら!
制作:佐藤卓デザイン事務所

展覧会のタイトルロゴでもある、人間サイズの「あ」の字。一筆分欠けたそれを来場者が入ってそれを完成させるという、ある意味オーソドックスなインタラクティブ展示。一味違うと思ったのは、対面にディスプレイが設置されており、ロゴの一部となっている本人が、自分がどのように見えるのか確認できること。成人で丁度一筆サイズな辺りが、この展覧会が単に子供向けではないという主張なのかな、と思うのは深読みでしょうか。


03
展示番号3:みんなの「あ」
制作:投稿作品

壁一面に展示された来場者による塗り絵作品。参加年齢は下は4から上は50代まで、その内容はまさに十人十色。これはどう考えてもプロの作品だろう、というものもあり、ここだけ見ていても飽きません。



展示番号5:モノ・オトと映像の部屋
制作:tha ltd.+小山田圭吾(コーネリアス)

番組の「うた」のコーナーを大きな壁面4面に展開した映像インスタレーション。個人的に「デザインかぞえうた」が妙に耳に残りました。自分の携帯で撮影した動画なので、画質やブレがひどい状態ですが、ご興味があれば再生してご覧ください。
(注・音が出ますので公共の場で再生する際はお気をつけください)


09
展示番号9:お寿司の解散
制作:岡崎智弘

「お寿司の構成を要素別に分解しました。
 お寿司の構造を観察してみよう!」(展示ガイドより抜粋)

近くによって見てみると、左上にネタ、その下にワサビ、その下に一粒一粒並べられたシャリがズラリ。
最初に思ったことは「ワサビがケチってるなー」。次に思ったことは「あ、子供も対象にしてるからか」。
……とりあえず製作者様と会う機会があれば、詫びの一つは入れねばなるまい、といった感想を抱く事しばし。
普段何気なく一まとめにして食べているものも、広げてみると随分と印象が変わるものです。

1111_2
展示番号11:ちょうどいい
制作:佐藤卓デザイン事務所

同じ形を違うサイズで比較することで、適正サイズというものを実感できるインスタレーション。右の写真は一番小さいサイズの寿司を10円玉(自前)と比較したもの。中トロなら是非とも一番大きいサイズ……は流石に無理そうなので、3番目か4番目くらいのサイズに挑戦してみたいですね!

2222_2
展示番号22:なんでも100円分
制作:studio note

2012年12月1日時のデータを基にした、様々な100円分のもの。鉛筆3本半、水道水711ℓ、トイレットペーパー120m以上…中でも思わず笑ってしまったのが右の写真に写っている「六本木の土地」。100円=0.4平方センチメートル、猫の額ほどでも幾らになるのやら。

他にもシンプルで子供にも分かりやすく、大人の興味を惹くに足る展示が全部で35点。あれやこれやと時間をかけて楽しんでいたら、最後には「仕事があるんだから早く帰ってこい!」と画廊からのお叱りが。いやはや年甲斐も無く熱中してしまいました。家族連れだけではなく、美術やデザインに興味のある方なら、足を運んで損のない展覧会でした。

デザインあ展」は、東京ミッドタウン・ガーデン内、21_21 DESIGN SITEにて6月2日まで開催しています。

石山修武×河崎晃一「GUTAI 具体 Gコレクションより」ギャラリートーク報告

石山修武×河崎晃一「具体」展ギャラリートーク

新人のままの新澤悠です。
3月16日(土)17時より、石山修武先生と河崎晃一先生による「具体展」のギャラリートークを開催しました。
DSCF6242
初対面の石山先生(右)と河崎先生(左)でしたが、ぎこちなさもなく五時に始まったトークもあっという間に七時過ぎと、楽しく興味深い時間をご提供いただきました。

「具体」、正確には「具体美術協会」といえば、「実験工房」、「デモクラート」に並ぶ日本の前衛美術の先駆であり、その膨大かつユニークな作品の数々とそれらを網羅する正確な資料、早くから世界各地で展覧会を開催する先見性と積極性を活動当時から評価され、近年益々その評価を高めています。
今回のギャラリートークでは、そんな「具体」に実際に接してどう感じられたかを語っていただきました。

聞いた全てを記すには自分の文才もブログのスペースも時間も足りないので、個人的に興味を引かれた部分を紹介させていただこうと思います。

まず最初に語られたのは石山先生。

「具体」とは生真面目で四角四面なものではない。

というのも、以前宮崎の「チョウコウソウ」での具体展に招待されたそうですが、宮崎に超高層建築なんてあったか? と疑問に思いつつ向かった先にあったのは純和風の旅館、その名も「潮光荘」というオチ。これは建築家の石山先生ならではの洒落ですが、普通なら旅館ではなくホテルを使うだろう所で旅館を選び、更にロビーなどではなく作家一人につき客室一つを宛がい、床の間まで使って所狭しと作品を展示したというのですから、昨今の風潮しか知らない人間にしてみると、作品以外の部分で既に理解が追いつきません。石山先生も当時は理解しがたかったようですが、それでも不思議なエネルギーを感じたそうです。

曰く、「具体」とは多分に感覚的なものであり、論理的に語れるものではない。

その宮崎で具体のコレクターの家に何日か滞在した事があったそうです。
こちらもまた純和風の建築で、部屋はタタミ敷きで、壁は馬フン紙の切り貼り、床の間には白髪一雄の大作が飾られてあったとのこと。
自分のもつ前衛芸術のイメージとは全く異なりますが、具体の作品は自然素材を用いた空間に良く合うそうで。石山先生はその後数日間この展示部屋に布団で寝泊りしたそうですが、不思議と良く眠れたとおっしゃられていました。

続いては具体展の企画などで活躍されている河崎先生。

「具体」発祥の地、芦屋に生まれ、親戚に「具体」作家がおられ、立地上「具体」に触れないワケにはいかない芦屋市立美術博物館に勤務され、と何かと「具体」と接点もお持ちな方です。

美術館開館二年目にして吉原治良展を前後期で二回、具体展にいたっては三回行い、解散10年で神話と化してしまった(正確な情報はあったが公開されていなかった)「具体」をより正確に世に伝えるために500ページ近い資料集を出版したり、ベネチアビエンナーレで野外展の再現を手がけたりと、「具体」の紹介に尽力されています。

河崎先生には、現在アメリカのグッゲンハイムで開催されている具体展に絡めたお話をお聞きしました。

NYタイムズにも絶賛されたグッゲンハイム具体展は初日から来場者があふれ、大変盛況な様子。こういったイベントを一番身近かつ客観的、冷静に見ているだろう警備員をして、「こいつは儲かるぞ」と河崎先生にもらすくらいだそうです。

中でも面白かったのが、今まで数々の具体展に関わってきた河崎先生をして、これほどまでに綺麗な具体展は初めて見たと言い切られたこと。大抵はどこかしらに洗練されていない、汚いイメージがあるそうで、これは当時の具体作家達に共通するスタンスのせいだと言う。
そのスタンスというのが、吉原治良に作品を見せて、OKを貰うことただ一点に尽きるということ。その目的が果たせれば、その時点で作家にとっては作品は役割を終えるので、その後のことなどには気を回さなかったのだそうです。思わぬところに膨大な作品数の理由があるものです。
そういったスタンスに共感できなかった作家も勿論いましたが、彼等は「具体」を去り、そうしてできあがったのが、吉原治良だけが頂点にいて、他は全て横並びというピラミッド型というよりは画鋲と形容できそうなヒエラルキーによるグループだったそうです。
前衛芸術の牽引者の内情が絵に描いたような封建主義で成り立っていたというのですから、興味深い。「具体」が戦後美術と呼ばれながらも、それをつくった吉原はじめ初期メンバーは「戦前の」教育で育った作家達だったことにもその遠因がありそうです。
その後「具体」は吉原治良の死と共に解散、彼こそが「具体」の要であったことを示しました。

当時の東京での「具体」の評判は「理解し難い」というものだったそうですが、それは敗戦によってアメリカナイズされた東京の価値観が変質したせいで、箱根を挟んだ反対側で、未だ色濃くアジア気質を感じさせる関西との間に意識のズレが生じたからではないのかな、などとまだ生まれていなかった筆者は考えた次第です。

「世界で一流、日本で二流、地元では三流」の扱いしか受けてこなかった具体。
どんなに評価が激変しようと「作品をつくりたい」「多くの人に見てもらいたい」と強烈に思い続け実践してきた具体の素晴らしさは幾度強調しても足りることはない。

石山先生、河崎先生のお話はそれ以外にも多岐にわたり、会場の参加者の皆さんにはたいへん喜んでいただきました。ありがとうございました。
(しんざわゆう)
DSCF6244DSCF6247

DSCF6254

河崎晃一
造型作家、美術館学芸員。
1952年兵庫県芦屋市生まれ。甲南大学経済学部卒業。卒業後、染色家中野光雄氏に師事、80年から毎年植物染料で染めた布によるオブジェを発表。87年第4回吉原治良賞美術コンクール展優秀賞、第18回現代日本美術展大原美術館賞受賞。
『画・論長谷川三郎』の編集、甲南学園長谷川三郎ギャラリーや芦屋市立美術博物館の開設に携わり「小出楢重と芦屋展」「吉原治良展」「具体展」「阪神間モダニズム展」「震災と表現展」などを企画した。93年にはベネチアビエンナーレ「東洋への道」の具体の野外展再現、99年パリジュドポムの「具体展」など海外での具体の紹介に協力。06年より2012年まで兵庫県立美術館に勤務されました。

*画廊亭主敬白
今日のブログのカテゴリーが「ギャラリー新人日記」となっているとおり、ときの忘れものでは一番社歴の浅い新澤に教育もかねて、先日のギャラリートークのレポートを命じました。
石山先生、河崎先生には「オレはそんなこと言ってないよ」と叱られそうですが、また全体を通してのレポートではなく、部分的で申し訳ないのですが、ご勘弁願います。
帰国子女なので日本語より英語が得意の新澤が、毎日トークの録音を聞きながら悪戦苦闘していました。

◆ときの忘れものは2013年3月15日[金]―3月30日[土]「具体 Gコレクションより」展を開催しています(※会期中無休)。
233_GUTAI
企画・監修=石山修武
出品:白髪一雄吉原治良松谷武判上前智祐堀尾貞治高元尚鷲見康夫
田中敦子金山明山崎つる子森内敬子

731_600吉原治良
「円」
1971年
シルクスクリーン
22.1x27.4cm
A.P.  サインあり

白髪一雄2白髪一雄
「作品」
1981年
キャンバス布、油彩インク
41.0x41.0cm
Ed.2
筆サインあり、印あり

こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから

◆カタログのご案内
表紙『具体 Gコレクションより』展図録
2013年 16ページ 25.6x18.1cm
執筆:石山修武 図版15点
略歴:白髪一雄、吉原治良、松谷武判、上前智祐、堀尾貞治、高元尚、鷲見康夫
価格:800円(税込)
※送料別途250円
※お申し込みはコチラから。

ULTRAレポートその2

ULTRA005レポートその2〜新澤悠

ロゴ

東京・表参道から、「ULTRA005」レポートの第二回をお届けします。

初日の午後。画廊での作業があったので一旦会場を離れ、夕方に戻ってきたのですが、週末であることを差し引いても多くの来場者でごった返す会場に驚きました。もっとまばらに人が訪れるものとばかり思っていたのですが、なるほど、これなら期間中に1500人以上はいきそうだと納得。その後のオープニング・パーティも盛況でした。
DSCF4853DSCF4864

今回は記事では、恒例の新澤お気に入り作品の紹介をさせていただきます。
会場の広さの都合で壁全体を撮っていたり、個別に作品を撮っていたりと忙しなく、例によって趣味の偏りが色濃く出ているセレクションですが、どうぞご覧ください。
なお、各写真の上に表記してあるのは展示を企画したディレクター名(敬称略)と、所属するギャラリー名です。

ディレクター:小暮ともこ
ギャラリー :LOWER AKIHABARA(東京)
DSCF4789DSCF4790

ディレクター:石橋圭吾
ギャラリー :neutron(東京)
DSCF4796

ディレクター:石橋高基
ギャラリー :KOKI ARTS(東京)
DSCF4802

ディレクター:岡本智子
ギャラリー :GALLERY TARGET(東京)
DSCF4807DSCF4808

ディレクター:橋本達士
ギャラリー :Gallery 花影抄(東京)
DSCF4812DSCF4813DSCF4814DSCF4815

ディレクター:坂井俊之
ギャラリー :Gallery工房 親(東京)
DSCF4817DSCF4819

ディレクター:坂本里英子
ギャラリー :VOLCANOISE(東京)
DSCF4821

ディレクター:染宮隆史
ギャラリー :Takashi Somemiya Gallery(東京)
DSCF4824DSCF4825

デレクター:西枝英幸
ギャラリー :COHJU contemporary art(京都)
DSCF4828DSCF4829

ディレクター:山口美智留
ギャラリー :GALLERY CAPTION(岐阜)
DSCF4831DSCF4836

ディレクター:棟廣敏男
ギャラリー :DMO ARTS(大阪)
DSCF4838DSCF4839DSCF4840DSCF4841

ディレクター:塩野秀樹
ギャラリー :Gallery Seek(東京)
DSCF4843DSCF4845DSCF4848DSCF4849

レポートは今回で終わりですが、ULTRA005はときの忘れものが出展しているOctober Sideが明日10月30日(火)まで、出展者が丸ごと入れ替わるNovember sideが11月1日(木)から4日(日)まで開催しています。お時間のある方は是非ともお出かけください。
(しんざわゆう)

◆ときの忘れものは尾立麗子のディレクションでULTRA005に出展しています
logo会期:Oct. side 2012年10月27日[水]―10月30日[土]
時間:11:00-20:00
会場:スパイラルガーデン(スパイラル1F)
〒107-0062東京都港区南青山5-6-23
入場無料
公式サイト:http://systemultra.com/w/
ときの忘れものブース:No.5
出展作家:野口琢郎ハ・ミョンウン君島彩子

ULTRAレポートその1

ULTRA005レポートその1〜新澤悠

ロゴ

読者の皆様ご無沙汰しております、出張イベントレポート担当の新澤です。
前回は韓国のソウルまで足を伸ばしましたが、今回はうってかわって徒歩15分の近場にある青山・スパイラルガーデンにて開催される「ULTRA005」に参加します。とはいえ自分はいつもの如く単純労働力で、メインのディレクターは大先輩である尾立さんなワケですが。

DSCF4855ディレクターとして今回の展示を企画した尾立麗子

レポートは本日と明日の二回。お暇がありましたら、どうぞお付き合いください。

準備も子育ての合間にテキパキとこなされ、なんら危なげなく設営日前日に全ての準備を完了した尾立さん。流石ときの忘れものの大番頭! 等と感心しながら、自らは恒例と化してしまっている凡ミスを発揮。工具の一部を荷物に入れ忘れるという、「お前は何のために確認リストを作っているんだ」と自分自身にツッコミを入れざるをえないことをしでかしてしまいました。幸い忘れ物が必要になるのは朝晩に分けられた作業時間のうち、晩のほうだったので特に問題はなかったのですが、まぁ何と言いますか、相変わらず学習能力のない自分自身に呆れることしきりでございます。

ともあれ設営です。今回あてがわれた展示壁は一般通路に設けられたもので設営時間に制限があり、朝の8時から11時、そして夜の20時から22時の間しか作業ができません。加えて尾立さんは乳幼児の息子さんの世話もありますので、必然朝の作業時間中にパパッと片付けてしまう必要があったのですが…やはり常日頃からお世話になっている強力助っ人・浜田さんのようには行かず、尾立さんと二人であーだこーだしている間にあえなくタイムアウト。作業は夜に持ち越しに。

時間は進んで夜の20:00。やること自体は多くない、空回りしなければ大丈夫、と自分に言い聞かせながら、社長と綿貫さんに協力してもらって再び展示設営に。
DSCF4754_600

ちなみによそのディレクター様方の展示準備は以下のような感じでした。
DSCF4755_600DSCF4756_600DSCF4757_600DSCF4758_600

午後のうちに受け取った野口琢郎さんの新作を空けておいたスペースに架け、君島彩子さんの作品の配置を整え、ハ・ミョンウンさんの"Gradation Brush Vermillion"の位置を社長に手伝ってもらって上に移動させ、額の取り付けに使っているフックのサイズが大きすぎると注意されて展示完成! 以下がその写真です。これにて準備は明日キャプションを貼れば完了、社長と綿貫さん、ご助力ありがとうございました!

DSCF4767_600

明けて翌日。昨晩家に帰ってから、今日明日と会場には画廊スタッフが一人と野口さんの二人いるんだと思い至り、画廊に寄り道して折りたたみ椅子を一脚持ち出して会場であるスパイラルへ。各作家のポートフォリオを持ち込んだ机に広げ、キャプションの位置を調整しているうちに時間は11時。緩やかな人の出入りと共に、ULTRA005が開幕しました。

開場からしばらくして、野口さんも来場。新作の"Landscape #24"についてお聞きしながら、今回も売れるといいなぁなどと考えていたら、画廊からの連絡が。内容は画廊の方に"Landscape #24"の予約が入ったので、赤丸シールを付けるようにとの指示でした。…昨日の午後に作品を預かってから、まだ24時間経ってないんですけど!?
野口琢朗_Landscape#24_600野口琢郎
"Landscape #24"
2012年  箔画
40.9x31.8cm
サインあり

ちなみに残る作品は以下の2点です。
noguchi_12_SendLight野口琢郎
"Send Light"
2012年  箔画
45.0x45.0cm
サインあり
価格:262,500円(税込み)

野口琢郎_月夜600野口琢郎
《月夜》
2010年  箔画
40.0x40.0cm
サインあり
価格:210,000円(税込み)

こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから

DSCF4775_600作家の野口琢郎さんと新作の"Landscape #24"

作者の野口さんは本日10月28日の午後15時頃まで会場にいらっしゃる予定です。

野口さんの作品の他にも、今年8月に個展を開催した君島彩子さんと、11月に個展を開催するハ・ミョンウンさん、いずれも素晴らしい作品を展示しております。

11_HEAR君島彩子
「HEAR」
2012年
水彩紙、墨
32.0x45.0cm サインあり
税込63,000円(シート)

A-master-piece-painting-MINI-series-yellowハ・ミョンウン
「MINI series」
2011年
Foamex acrylic
22.0x15.0x3.1cm サインあり
税込36,750円

上記の作品にご興味のある方は、是非お出かけください。
(しんざわゆう)

こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから

◆ときの忘れものは尾立麗子のディレクションでULTRA005に出展しています
logo会期:Oct. side 2012年10月27日[水]―10月30日[土]
時間:11:00-20:00
会場:スパイラルガーデン(スパイラル1F)
〒107-0062東京都港区南青山5-6-23
入場無料
公式サイト:http://systemultra.com/w/
ときの忘れものブース:No.5
出展作家:野口琢郎ハ・ミョンウン君島彩子

KIAF 2012・ソウルより報告4〜新澤悠

KIAF 2012・ソウルより報告4〜新澤悠

DSCF3680

KIAF 2012、現地より第四信をお送りします。

本日の記事では、昨日から引き続き、KIAF 2012に出展している他の画廊の作品をご紹介します。
今回も作品数が多いので画像のみの掲載となりますが、どうかご容赦ください。

DSCF3833DSCF3834DSCF3841DSCF3836DSCF3838DSCF3840DSCF3951DSCF3952DSCF3953DSCF3954DSCF3955DSCF3956DSCF3957DSCF3958DSCF3959DSCF3960DSCF3961DSCF3962DSCF3963DSCF3964DSCF3965DSCF3966DSCF3967DSCF3968DSCF3969DSCF3970DSCF3971DSCF3972DSCF3973DSCF3974DSCF3975DSCF3976DSCF3977DSCF3978DSCF3979DSCF3980DSCF3981DSCF3982DSCF3983DSCF3984DSCF3985DSCF3986DSCF3987DSCF3988DSCF3989DSCF3990DSCF3991DSCF3992DSCF3993DSCF3994DSCF3995DSCF3996DSCF3997DSCF3998DSCF3999DSCF4000DSCF4001DSCF4002DSCF4003DSCF4004DSCF4005DSCF4006DSCF4007DSCF4008DSCF4009DSCF4010DSCF4011DSCF4012DSCF4013DSCF4014DSCF4015DSCF4016DSCF4017DSCF4018DSCF4019DSCF4020DSCF4021DSCF4022DSCF4023DSCF4024DSCF4025DSCF4026DSCF4027DSCF4028DSCF4029DSCF4030DSCF4031DSCF4032

ブログ記事を見返すだけだと早かったようにも思えますが、初めての海外大規模アートフェアは、綿貫さんの事故など中々の波乱含みでした。この記事を作成している時点ではまだフェアは終了していませんが、今までの経験からして撤収作業中にも何かあると思えてなりません。

ともあれ、読者様方におかれましては、今回も自分のレポートともいえぬレポートをお読みくださり、誠にありがとうございました。
(しんざわ ゆう)

◆ときの忘れものは韓国・ソウルのアートフェア「KIAF 2012」に出展しています。
会期=9月13日[木]―9月17日[月]
会場:COEX Korea Exhibition Center ときの忘れものブースNo.A-43
KIAF魔法陣
出展作家:安藤忠雄磯崎新宮脇愛子草間彌生根岸文子野口琢郎君島彩子

KIAF 2012・ソウルより報告3―1〜新澤悠

KIAF 2012・ソウルより報告3―1〜新澤悠

DSCF3680

KIAF 2012、現地より第三信をお送りします。

本日の記事では、KIAF 2012に出展している他の画廊の作品をご紹介します。
数が多いので、画像のみ、かつ記事を分けての掲載となりますが、どうかご容赦ください。

DSCF3724DSCF3725DSCF3727DSCF3728DSCF3729DSCF3730DSCF3731DSCF3732DSCF3733DSCF3734DSCF3735DSCF3738DSCF3739DSCF3740DSCF3741DSCF3742DSCF3743DSCF3744DSCF3745DSCF3746DSCF3748DSCF3749DSCF3750DSCF3752DSCF3754DSCF3755DSCF3756DSCF3757DSCF3758DSCF3759DSCF3760DSCF3762DSCF3763DSCF3764DSCF3765DSCF3766DSCF3767DSCF3768DSCF3769DSCF3773DSCF3774DSCF3775DSCF3776DSCF3777DSCF3778DSCF3779DSCF3780DSCF3781DSCF3782DSCF3783DSCF3784DSCF3785DSCF3786DSCF3787DSCF3788DSCF3789DSCF3790DSCF3791DSCF3792DSCF3793DSCF3794DSCF3795DSCF3796DSCF3797DSCF3798DSCF3799DSCF3800DSCF3801DSCF3802DSCF3803DSCF3804DSCF3805DSCF3807DSCF3808DSCF3809DSCF3810DSCF3811DSCF3812DSCF3813DSCF3814DSCF3816DSCF3818DSCF3819DSCF3820DSCF3821DSCF3822DSCF3823DSCF3826DSCF3827DSCF3828DSCF3829DSCF3830DSCF3831DSCF3855DSCF3856DSCF3857DSCF3858DSCF3859DSCF3860DSCF3861


KIAF 2012・ソウルより報告3―2〜新澤悠」にもAホールの出展作品を掲載してあります。
ご興味のある方はそちらの記事もご覧ください。

今回掲載した作品はAとBのホールがある内の、Aホールに出展されている画廊の作品群です。
これで触り程度、といえばイベントのスケールも想像しやすくなるでしょうか?
明日はBホールの作品を掲載させていただきます。
(しんざわ ゆう)

◆ときの忘れものは韓国・ソウルのアートフェア「KIAF 2012」に出展しています。
会期=9月13日[木]―9月17日[月]
会場:COEX Korea Exhibition Center ときの忘れものブースNo.A-43
KIAF魔法陣
出展作家:安藤忠雄磯崎新宮脇愛子草間彌生根岸文子野口琢郎君島彩子

KIAF 2012・ソウルより報告3―2〜新澤悠

KIAF 2012・ソウルより報告3―2〜新澤悠

DSCF3680

KIAF 2012、現地より第三信をお送りします。

本日の記事では、KIAF 2012に出展している他の画廊の作品をご紹介します。
数が多いので、画像のみ、かつ記事を分けての掲載となりますが、どうかご容赦ください。

DSCF3862DSCF3863DSCF3864DSCF3865DSCF3866DSCF3867DSCF3868DSCF3869DSCF3870DSCF3871DSCF3872DSCF3873DSCF3874DSCF3875DSCF3877DSCF3878DSCF3879DSCF3880DSCF3881DSCF3883DSCF3884DSCF3885DSCF3886DSCF3887DSCF3888DSCF3889DSCF3890DSCF3891DSCF3892DSCF3894DSCF3895DSCF3896DSCF3900DSCF3901DSCF3902DSCF3904DSCF3905DSCF3906DSCF3907DSCF3908DSCF3909DSCF3910DSCF3911DSCF3912DSCF3915DSCF3916DSCF3917DSCF3918DSCF3919DSCF3920DSCF3921DSCF3922DSCF3923DSCF3924DSCF3925DSCF3926DSCF3927DSCF3928DSCF3929DSCF3931DSCF3932DSCF3933DSCF3934DSCF3935DSCF3936DSCF3937DSCF3938DSCF3939DSCF3940DSCF3941DSCF3942DSCF3943DSCF3944DSCF3945DSCF3946DSCF3947


KIAF 2012・ソウルより報告3―1〜新澤悠」にもAホールの出展作品を掲載してあります。
ご興味のある方はそちらの記事もご覧ください。

今回掲載した作品はAとBのホールがある内の、Aホールに出展されている画廊の作品群です。
これで触り程度、といえばイベントのスケールも想像しやすくなるでしょうか?
明日はBホールの作品を掲載させていただきます。
(しんざわ ゆう)

◆ときの忘れものは韓国・ソウルのアートフェア「KIAF 2012」に出展しています。
会期=9月13日[木]―9月17日[月]
会場:COEX Korea Exhibition Center ときの忘れものブースNo.A-43
KIAF魔法陣
出展作家:安藤忠雄磯崎新宮脇愛子草間彌生根岸文子野口琢郎君島彩子
ときの忘れもの
blogランキング

ギャラリー&編集事務所「ときの忘れもの」は建築家をはじめ近現代の作家の写真、版画、油彩、ドローイング等を扱っています。またオリジナル版画のエディション、美術書・画集・図録等の編集も行なっています。
ときの忘れもの
ホームページはこちら
Archives
Categories
最新コメント
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ