ギャラリー  ときの忘れもの

001_外観1

カテゴリ: プレス

ニキと松本路子〜毎日新聞に大きく取り上げられました

先日の毎日新聞をご覧になった方は、驚かれたことと存じます。 一ページに大きくニキ・ド・サンファルのポートレートが掲載され、松本路子さんがニキとの出会いを熱く語っています。 毎日新聞5月13日夕刊 ニキ・ド・サンファル「DADDY」 1973年 スクリーンプリント …
続きを読む
東京電力コミュニティ誌「SOLA」に掲載されました

東京電力のコミュニティ誌「SOLA」2009年春号にときの忘れものが紹介されました。 「SOLA」は、年4回発行で、東京電力本支店、電力館、Tepco、住宅展示場(首都圏)で無料配布されています。 画像をクリックしていただくと、少し見づらいかもしれませんが、記事をご覧いた …
続きを読む
北郷悟展ー空からー〜朝日新聞に展評が掲載されました

ときの忘れものと、銀座のギャラリーせいほうの二会場で開催中の「北郷悟展ー空からー」には、連日多くのお客様がいらっしゃっています。 7月2日の朝日新聞の夕刊に田中三蔵記者による展評が掲載されました。 北郷悟 「空から−rain」2007年 テラコッタ  H45.5×37 …
続きを読む
根岸文子〜ウエブマガジン「Colla:J 4月号」で特集

以前にもご紹介したウエブマガジン「Colla:J」の4月号が発行され、スペイン在住の画家根岸文子さんが特集されています。 以下は発行人の塩野さんからのメッセージです。 *********** 月刊フリーWebマガジン「Colla:J」(コラージ)2008年4月号を本日発刊 …
続きを読む

車やファッションなど男性向けのWEBマガジン「For M」から取材を受けました。 取材といっても、友人の編集者・塩野哲也さんが相手で、アートとの係わり合い方について少し話しました。 塩野哲也さんは山本夏彦さんの数少ない男の弟子でして、「室内」編集部の白一点であり …
続きを読む
足利で講演会〜7月1日川島理一郎展で

バブル崩壊で足利銀行がつぶれた後の建物を足利商工会議所が買い取り、町おこしの一環で、昔の金庫室だった場所をギャラリーにして種々の催し物をしていることは、4月21日のこの欄でお伝えしましたが、その足利商工会議所ギャラリー・カッサで、郷土の画家・川島理一郎 …
続きを読む
読売ウィークリー・小野隆生展紹介

現在開催中の小野隆生新作展(〜4月28日)が、「読売ウィークリー」4月29日号に紹介されています。 あれ! 表紙が変わったんですね。内容も刷新され、新しくなったようです。 刷新号では「萬歩満食」という新連載も始まり、第一回は<東京・六本木 国立新美術館×シテ …
続きを読む
ウォーホルを偲んで〜STUDIO VOICE 5月号がウォーホル特集

資料探しで、ばたばたしているうちに次から次へと仕事に追いまくられ、連載が中断したままになってしまいましたが、そいそろ再開しましょう。 本日発売の雑誌「STUDIO VOICE」スタジオヴォイス 5月号がアンディ・ウォーホル特集を組んでいます。 私も昨春その一部を公開した「世 …
続きを読む