ギャラリー  ときの忘れもの

001_外観1

カテゴリ: 植田実のエッセイ

植田実のエッセイ「手紙 倉俣さんへ」第5回

植田実のエッセイ「手紙 倉俣さんへ」第5回 手紙 倉俣さんへ 5  小川隆之さんの「山荘T(T villa)」については、2001年10月28日に放映されたNHKの新日曜美術館「夢のかたち―デザイナー倉俣史朗」でも紹介されていますし、小川さんも建て主の立場から話されています …
続きを読む
植田実のエッセイ「手紙 倉俣さんへ」第4回

植田実のエッセイ「手紙 倉俣さんへ」第4回 手紙 倉俣さんへ 4  この小文の第2、3回で、倉俣史朗設計の「山荘T」に触れている。第3回ではとくに西沢大良による論考「倉俣史朗の建築について」の紹介に終始しているが、今回はそれと関連して同じ時期に実現したいく …
続きを読む
植田実のエッセイ「手紙 倉俣さんへ」第3回

植田実のエッセイ「手紙 倉俣さんへ」第3回 手紙 倉俣さんへ 3  前回、倉俣史朗の設計による「山荘T」については、西沢大良の建築家の立場からのじつに鋭い倉俣論があることを紹介した。今回はその内容にもうすこし立ち入ることにする。引用はすべて、西沢大良「倉俣 …
続きを読む
植田実のエッセイ「手紙 倉俣さんへ」第2回

植田実のエッセイ「手紙 倉俣さんへ」第2回 手紙 倉俣さんへ 2  倉俣史朗が設計した、山梨・山中湖の「山荘T」は1975年竣工となっている。たぶんそれからまもなくだった。そこに10人ほどが集まって話していた。写真家・小川隆之、建築家・曽根幸一は笑っている表情と …
続きを読む
植田実のエッセイ「手紙 倉俣さんへ」第1回

植田実のエッセイ「手紙 倉俣さんへ」第1回 手紙 倉俣さんへ 1 「倉俣史朗がもっとも深い信頼を寄せていた美術家」として紹介される田中信太郎が、倉俣さんとは電話を通しての会話が最後だったと語っている。「熱が下がんないんだ」と言っていたという。そしてこう続け …
続きを読む
植田実のエッセイ「本との関係」第20回

植田実のエッセイ「本との関係」第20回 わが編集長 平良敬一  『建築』初代編集長・平良敬一について、花田佳明さんは本連載第1回に触れた『植田実の編集現場』のなかで見事なプロフィールを描いている。これは「日本の建築ジャーナリズムの編集者たち」という章で、小 …
続きを読む

植田実のエッセイ「本との関係」第19回 電話してみる  長谷川愛子の名が『建築』1961年1月号の編集スタッフのなかに入っている。それ以前からいたのかも知れない。もともとは妹の静子さんがスタッフとして創刊準備の作業に加わっていたのだが急に結婚されることになり、 …
続きを読む
植田実のエッセイ「本との関係」第18回

植田実のエッセイ「本との関係」第18回 雑誌をつくる複数の手  理工分野の堅実な技術書や教科書を手がけていた槇書店が、なぜ突然、大判の月刊建築誌の出版に踏み切ることになったのか、その事情を私は知らない。社長は吉田全夫という人だったが、『建築』創刊は吉田さん …
続きを読む
植田実のエッセイ「本との関係」第17回

植田実のエッセイ「本との関係」第17回 編集・出版の内側  前回の続き。大学を出るなり参加した、創刊準備中の月刊『建築』とその後について、編集の人々の動きを中心にとりまとめておく。  1960年9月号 創刊  9月創刊から12月号まではまだどこか落ちつかない。翌61年 …
続きを読む
植田実のエッセイ「本との関係」第16回

植田実のエッセイ「本との関係」第16回 A4変形あるいは菊倍判  1960年、私が槇書店という出版社に勤めはじめ、その年の秋に同社から創刊された月刊専門誌『建築』について書かねばならない。気が重い。これまで触れてきた「私の関係した本」はすべて、趣味や部活やアルバ …
続きを読む