ギャラリー  ときの忘れもの

001_外観1

カテゴリ: 瑛九の世界

「第31回 瑛九展」10月7日〜10月22日

実に、実に、実に、久しぶりに瑛九の版画(作家自刷り)を展示します。 ときの忘れものでは、昨年9月の「第30回瑛九展 フォトデッサンと型紙」に続き、今秋は10月に駒込の画廊で第31回、翌11月には「Art Basel Miami Beach 2022」で第32回瑛九展を開催します。 先ずは「第31 …
続きを読む
東京都写真美術館「アヴァンガルド勃興 近代日本の前衛写真」5月20日〜8月21日

<図書室で調べ物ついでに「アヴァンガルド勃興 近代日本の前衛写真」展を見た。初めて知る作家・作品も多く、前衛写真の地域的な広がりも興味深い。身体の断片、帽子などの衣類、植物の扱いなど興味深く見入った。一見、再訪の価値あり。 場所: 東京都写真美術館 (2022060 …
続きを読む
連休は瑛九とオノサト・トシノブ!

今日から連休。 ときの忘れものも明日4月30日(土)は開廊しますが、5月1日(日)〜5日(木)まで5連休です。 こんなときこそ、普段行けない遠くの美術館に行きたいものです(コロナ禍ではちょっと躊躇しますが)。 ときの忘れものの原点は昨年生誕110年だった瑛九(1911年 …
続きを読む
4月28日は瑛九の誕生日/東京都写真美術館「TOPコレクション 光のメディア」3月2日(水)—6月5日(日)

本日4月28日は瑛九の誕生日です(1911年4月28日 - 1960年3月10日)。 <「TOP コレクション 光のメディア」展。 担当学芸員・鈴木佳子さんの解説があった。今回の「光のメディア」展は──Photographの語源はギリシャ語で「光で描く」ことを意味する。イギリスの科学者ジョ …
続きを読む
小林美紀のエッセイ「宮崎の瑛九」第6回(最終回)

小林美紀のエッセイ「宮崎の瑛九」第6回(最終回) 宮崎の瑛九−瑛九普及の現在地  宮崎県立美術館は、コレクション展示室の1室に「瑛九展示室」を設置し、常にテーマ毎に30点ほどの瑛九作品を展示紹介している。観覧料は無料で、幸か不幸か混み合うことは少ないので、 …
続きを読む
小林美紀のエッセイ「宮崎の瑛九」第5回

小林美紀のエッセイ「宮崎の瑛九」第5回 瑛九の輪郭4 杉田秀夫時代(〜1935)の活動について2 瑛九(当時は本名の杉田秀夫での活動であるが、便宜上瑛九と表記)が宮崎において、若い友人たちと美術グループとして「ふるさと社」※1を結成したのは1935年である。前年の …
続きを読む
スタッフS「宮崎県立美術館 生誕110年記念 瑛九展」レポート4

宮崎県立美術館「生誕110年記念 瑛九展」レポート4  読者の皆様こんにちは。日々の冷え込みが激しい今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。このブログが公開される頃には冬季休廊1日目を満喫している(予定の)スタッフSこと新澤です。  先週から立て続けに各スタ …
続きを読む
スタッフI「宮崎県立美術館 生誕110年記念 瑛九展」レポート3

宮崎県立美術館「瑛九展を観て」 「生誕110年記念 瑛九展−Q Ei 表現のつばさ−」 会期:2021年10月23日(土)〜12月5日(日) 会場:宮崎県立美術館 宮崎県立美術館で生誕110年記念の瑛九展が開催されました。展覧会に参加するため宮崎出張に行ってきました。12月に入った …
続きを読む