ギャラリー  ときの忘れもの

001_外観1

カテゴリ: 瑛九の世界

瑛九のフォト・デッサン

皆様こんにちわ。 ときの忘れもの国内担当のスタッフMです。 ときの忘れものでは、「没後60年 第29回瑛九展」(Web展/アポイントメント制)を開催しておりますが、本日5月30日が最終日です。 すでにご覧になった方もいらっしゃると思いますが、初めて制作した動画を第一部 …
続きを読む
今週のWATANUKI’S CHOICE 瑛九《二人》

今週のWATANUKI’S CHOICE 第7回:5月28日/瑛九 瑛九 《二人》 作家の言葉:自己から脱出して絵画の中に突入できるかどうか、最後の冒険を試みようとしています。(瑛九) 1958年10月14日 木水育男宛書簡 (山田光春「瑛九 評伝と作品」(1976年、株式会 …
続きを読む
瑛九のリトグラフ(石版画)

●お詫び(画廊亭主より) 昨日のブログで「NHK日曜美術館 奈良原一高特集」が5月29日に再放送されるとお伝えしましたが、間違いでした。いただいた情報に誤記があり(正しくは3月29日)、それをそのまま転載してしまいました。 深く、お詫びします。ブログは削除いたし …
続きを読む
荒井由泰のエッセイ 福井は「人絹王国」でした。そして今・・・

福井は「人絹王国」でした。そして今・・・ 荒井由泰 私が理事長を務める福井県織物工業組合は2年前に、福井県こども歴史文化館の編集・監修のもと、「ふくい羽二重誕生ものがたり」を発刊し、福井県教育委員会に子供たちの副読本として寄贈させていただいた。最近では福井 …
続きを読む
瑛九の銅版画

皆様こんにちわ。 ときの忘れもの国内担当のスタッフMです。 ときの忘れものでは、「没後60年 第29回瑛九展」(Web展/アポイントメント制)を開催しております。はじめて動画を制作し、第一部と第二部の2本をユーチューブで公開しています。 来廊をご希望の方は前日までに …
続きを読む
今週のWATANUKI’S CHOICE 瑛九《海辺》

今週のWATANUKI’S CHOICE 第6回:5月19日/瑛九 瑛九 《海辺》 作家の言葉:自己から脱出して絵画の中に突入できるかどうか、最後の冒険を試みようとしています。(瑛九) 1958年10月14日 木水育男宛書簡 (山田光春「瑛九 評伝と作品」(1976年、株式 …
続きを読む
81日間<瑛九情報!>総目次(増補再録)

瑛九追っ掛け46年、右も左もわからないまま美術界に飛び込んだ亭主がどんなきっかけで「瑛九の画商」になったかは宮崎日日新聞(2011年5月25日朝刊)に書いたことがあります。 ど素人の恩人は瑛九の理解者であり後援者だった久保貞次郎先生(1909- 1996年)でした。 真岡の久 …
続きを読む
瑛九展 開催中

「没後60年 第29回瑛九展」(Web展/アポイントメント制)を開催中です。 Web展(第一部)をYouTubeで公開しております。ぜひご覧ください。 東京国立近代美術館の大谷省吾先生に本展(Web展)についてご執筆いただきましたので、併せてご覧ください。 大谷省吾「ウェブ上で見 …
続きを読む
瑛九展 初めての動画制作

皆様こんにちわ。 ときの忘れもの国内担当のスタッフMです。 「没後60年 第29回瑛九展」のWeb展の動画はもうご覧いただけたでしょうか。 WebマガジンColla:J 塩野哲也さん撮影・編集による動画は、大変好評をいただいております。下記の再生マークをクリックすると再生開始 …
続きを読む
今週のWATANUKI’S CHOICE 瑛九《赤の舞い(仮)》

今週のWATANUKI’S CHOICE 第5回:5月12日/瑛九 瑛九 《赤の舞い(仮)》 作家の言葉:自己から脱出して絵画の中に突入できるかどうか、最後の冒険を試みようとしています。(瑛九) 1958年10月14日 木水育男宛書簡 (山田光春「瑛九 評伝と作品」(197 …
続きを読む