ギャラリー  ときの忘れもの

001_外観1

カテゴリ: 創作版画について

町田市立国際版画美術館「版画の青春 小野忠重と版画運動 ―激動の1930−40年代を版画に刻んだ若者たち―」〜5月19日、畦地梅太郎先生の没後25年

<4月25日、グスタフ・クリムト(1862-1918)の最晩年の肖像画《リーザー嬢の肖像》(1917)がオーストリアのオークションハウス、イム・キンスキーで3200万ドル(約50億円)で落札された。これにより、同国のオークション史上最高額を更新したが、その後、この肖像画の所有 …
続きを読む
ジェームズ・ミッチェナー美術館「The Modern Japanese Print in America」7月30日まで。

<昨日、ペンシルベニア州にある、ジェームズ•ミッチェナー美術館にて開催されている日本版画展に寄りました。 戦後から現代までの版画75点が展示され、安瑆さんの版画が、2点含まれていました。 会場写真をお送りします。 内間> 先日ニューヨークの内間家の皆さんからジ …
続きを読む
スタッフSの海外ネットサーフィン No.113「Imprinting in Their Time: Japanese Printmakers, 1912–2022」カーネギー美術館

スタッフSの海外ネットサーフィン No.113 Imprinting in Their Time: Japanese Printmakers, 1912–2022 Carnegie Museum of Art  読者の皆様こんにちは。日中気温が30℃を超えたり逆に20℃までしか上がらなかったりで、全く天気に落ち着きがない今日この頃、皆様いかがお …
続きを読む
ハインリッヒ・フォーゲラー生誕150年、没後80年

昨日12月12日はハインリッヒ・フォーゲラーの誕生日でした。 1872年12月12日ブレーメンで生まれたフォーゲラーは幸福な前半生から一転して、1942年7月14日不遇のうちにソ連領だったカザフスタンで亡くなりました。 今年は生誕150年、没後80年にあたります。 ハインリッヒ・ …
続きを読む
舟越保武と戸張孤雁/12月7日は舟越保武 生誕110年,没後20年

明日12月7日は私たちが敬愛する彫刻家・舟越保武先生(1912年12月7日 - 2002年2月5日)の生誕110年の記念日であり、今年はちょうど没後20年です。 左から綿貫不二夫、舟越保武、大沢昌助(後ろ姿)、難波田澄江(龍起夫人)、浪川正男 1981年11月9日ギャラリー方寸「難波田龍 …
続きを読む
生誕120年 畦地梅太郎の山男 特別頒布会

今年は「山の版画家」として知られる畦地梅太郎先生の生誕120年です(1902年12月28日 - 1999年4月12日)。 亭主は恩地孝四郎をはじめとする創作版画に熱中しており、中でも畦地先生の木版が大好きで、現代版画センターを創立して間もなくエディションをお願いにあがりました …
続きを読む
町田市立国際版画美術館「長谷川潔 1891-1980展 ― 日常にひそむ神秘 ―」7月16日〜9月25日

ご案内が遅くなってしまいましたが、町田市立国際版画美術館で「長谷川潔 1891-1980展 ― 日常にひそむ神秘 ―」が開催されています。 会期 2022年7月16日(土)〜9月25日(日) 休館日:月曜日 *但し7/18(月)、9/19(月)の祝日は開館、 翌7/19(火)、9/20(火)は休館 会場: …
続きを読む
夏が終わって・・・川上澄生、植田正治、瑛九、オノサト・トシノブ、難波田龍起、萩原朔美

明日9月1日は洋燈忌 木版画家・川上澄生の命日です(1895年4月10日 〜1972年9月1日)。今年は没後50年。 亭主が美術界に入る少し前に亡くなられたので、お目にかかったことはありません。 少年の頃から本屋さんに憧れていたので、限定本や装画本、詩画集などを集めており、創 …
続きを読む
■今週のWATANUKI'S CHOICE/恩地孝四郎「コンポジション」

恩地孝四郎「Composition」 1953年 リトグラフ イメージサイズ:44.0×28.0cm、シートサイズ:51.0×39.5cm Ed.20  Signed ※『恩地孝四郎版画集』掲載No.403(1975年 形象社) 久しぶりに大好きな恩地孝四郎のオリジナル版画を入手しました。 恩地作品には珍しく自筆 …
続きを読む
恩地孝四郎「海の幻」

本日6月3日は恩地孝四郎の命日です(1891年7月2日 〜1955年6月3日)。 明治、大正、昭和の時代を創作版画の優れた創作者として、日本の版画界の指導者として大きな足跡を残しましたが、63歳の死は今の時代から考えると随分と早いですね。 まだまだ埋もれた作品もあり、戦後、 …
続きを読む