ギャラリー  ときの忘れもの

001_外観1

カテゴリ: お勧め書籍とサイン本

小国貴司のエッセイ「かけだし本屋・駒込日記」第39回

小国貴司のエッセイ「かけだし本屋・駒込日記」第39回 新型コロナが流行しだしてから、たくさんの小説に光が当たり、読まれています。カミュやデフォーの『ペスト』、ボカッチオ『デカメロン』をはじめ、病をめぐる人間の愚かしさを徹底的に、そして鬼気迫る筆致で描き切っ …
続きを読む
宮森敬子展より/資料・カタログ

 東京本駒込の(有)ワタヌキ/ときの忘れものより、「宮森敬子展−Surfaces of Time 集められた時間と空間の表面たち」のご案内をいただきました。添えられた尾立麗子副社長のお手紙によれば、宮森さんは先日、ニューヨークより無事に帰国し、現在、自主隔離中とのこと。 …
続きを読む
中尾美穂「ときの忘れものの本棚から」第3回 『緑蔭小舎と作家たち』

中尾美穂「ときの忘れものの本棚から」第3回 『緑蔭小舎と作家たち』 『緑蔭小舎と作家たち』 著者:柳田冨美子 発行日:2009年11月3日 発行:ときの忘れもの(綿貫令子) 編集:尾立麗子・秋葉恵美・綿貫不二夫 デザイン:ディスハウス(北澤敏彦・森田茂) 印刷:モリモ …
続きを読む
『版画掌誌ときの忘れもの 第5号 ジョナス・メカス、日和崎尊夫』

皆様、こんにちわ スタッフMです。 ときの忘れものでは、現在「ジョナス・メカス展」を開催中です。 観覧をご希望の方は前日までにメールにてご予約ください。 アポイント制にてご来廊いただける日時は、火曜〜土曜の平日12:00〜18:00となります。 さて、本日はときの忘れも …
続きを読む
小国貴司のエッセイ「かけだし本屋・駒込日記」第38回

小国貴司のエッセイ「かけだし本屋・駒込日記」第38回 今年の谷崎潤一郎賞が発表されました。 当店でも発売直後から仕入れて平積みにしていた『日本蒙昧前史』が受賞作となりました。作者は磯崎憲一郎さん。デビューから新作を楽しみにし続けている作家さんの一人です。 今 …
続きを読む
メカスさん自筆サイン入りカードプレゼント

●先着5名様、メカスさん自筆サイン入りカードプレゼント 『ジョナス・メカス ノート、対話、映画』 著者:ジョナス・メカス 訳:木下哲夫 編:森國次郎 2012年  せりか書房 発行 21.0x15.0cm  333P 1949年、肌寒いニューヨーク港に難民として降り立ったジョナス・メカ …
続きを読む
小国貴司のエッセイ「かけだし本屋・駒込日記」第37回

小国貴司のエッセイ「かけだし本屋・駒込日記」第37回 先月〜今月頭は、新刊ラッシュ!特に日本文学と海外文学で、気になる作品がたくさん発売されました。今月は、その中から、おそらく話題になっている(なる)であろう二作をご紹介したいと思います。 まずは、こちら。ミ …
続きを読む
大竹昭子新刊記念・特別頒布会『室内室外 しつないしつがい』

大竹昭子 写真と新刊の特別頒布会  みなさま、こんにちは。 お変わりなくお過ごしでしょうか? 昨年、トークを再構成して出版するカタリココ文庫を創刊し、ご好評をいただきました。 意欲に燃えて今年は何を出そうと考えていたところ、対談だけでなく散文も出せばいいでは …
続きを読む
中尾美穂「ときの忘れものの本棚から」第2回 瑛九と池田満寿夫

中尾美穂「ときの忘れものの本棚から」第2回 瑛九と池田満寿夫 『第28回 瑛九展』図録 会期=2019年3月27日(水)〜31日(日) (ART BASEL HONG KONG 2019) 2019年 25.7×17.2㎝ 36P 執筆:大谷省吾(東京国立近代美術館美術課長) 発行:ときの忘れもの  瑛九にあっ …
続きを読む
小国貴司のエッセイ「かけだし本屋・駒込日記」第36回

小国貴司のエッセイ「かけだし本屋・駒込日記」第36回 「昭和2年〜18年まで、現在の長崎市片淵にあった伝説の『響写真館』。バラのアーチをくぐり、ツタが絡まるモダンな洋館で記念撮影をすることは、当時の女学生たちの憧れであった。」 (https://imaonline.jp/news/exhib …
続きを読む