池上ちかこのエッセイ

小野隆生コレクション展より第四回〜池上ちかこのエッセイ

小野隆生 その4―柱頭の肖像
「犬の肖像」「椅子の肖像」に続いて、今回は「柱頭の肖像」です。
この柱頭を描いた作品は、今回のコレクション展では、他の「断片」の作品といっしょにギャラリーの一面に飾られています。ここで注目したいのは、その位置です。かなり高い所に掛けられていることです。もし実際に古い建築の中で柱頭を見るとしたら、きっとあのくらいの高さでしょう。ちょっと「だまし絵」のような効果をねらっているようにも思えます。もっとも、この高さの設定は、作者自身によるものではないのでしょうが、なかなか良い展示だと感心した次第です。
 この「柱頭の肖像」は、柱頭彫刻の典型のような顔をしているせいか、ちょっとそっけない感じを受けます。どうしてでしょうか? この柱頭には、ロマネスク教会に見られるような、どこか稚拙で人間臭い表現が微塵もないからでしょうか?
 ジョン・ラスキンは『ヴェネツィアの石』執筆のために、ヴェネツィアの建築を細部に渡って観察し、それを素描に残しました。そのなかにパラッツォ・ドゥカーレの柱頭を描いた水彩画があります。
記録のための素描でありながら、記録を超えた何かを秘めているその絵に妙に惹かれた覚えがあります。
 小野の描く柱頭の絵も、一見写実に徹しているように見受けられます。しかし、イタリアで数多くの建築物を目の当たりにしてきた画家は、何を削り何を残すかを、冷静に、そして慎重に探って、この「柱頭の肖像」にたどり着いたにちがいありません。(完)
2009年5月29日 池上ちかこ

小野隆生《終焉の地の空には雲がない》
1998年
テンペラ・板
84.0X73.4cm
signed
こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから


◆本日は「小野隆生コレクション展」の最終日です。

小野隆生コレクション展より第三回〜池上ちかこのエッセイ

小野隆生 その3―椅子の肖像

 今回の〈小野隆生コレクション展〉の会場で、ひときわ異彩を放っているのがこの椅子を描いた作品『Il vangero di S.Giovanni』です。なぜ異質なのか? その理由のひとつに描かれた年代があります。他の作品が90年代以降であるのに対して、この作品だけが1976年というごく初期の作品だからです。90年代から現在に至る作品は昨年開かれた池田20世紀美術館での回顧展でその全体像を見ることができましたが、それ以前のもののほとんどは、図版でしか見られないというのが現実です。そのこともあって、ぜひこの絵の実物を見たいと思い画廊へと足を運びました。
 入口近くに飾られているその作品を見て、まずハッとしたのがそのサイズ感でした。想像していたよりも小さく見えたのです。たとえ図版にサイズが記されていても、やはり大きさというのは実際目にしないことには把握できないものです。それが実物を見る醍醐味というものです。
 その小さな椅子の絵は、クラシックな雰囲気のフレームと相まって、蒔絵か何かの工芸品のようにも見えます。極端に縦に長いプロポーション。画面の上半分を占める余白。短冊であれば、そこに和歌の文字が入るところでしょう。「日本的なるもの」。そう思って眺めているうちに、今度は俵屋宗達作とされる『蔦の細道図屏風』(承天閣美術館・重要文化財)が頭に浮かんできました。金地に緑青で山の細道と蔦を表わした大胆な構図のあの屏風です。椅子が置かれた床の緑と壁紙の黄色がこの屏風とどこか似ているからでしょうか。それともうひとつ、『蔦の細道図屏風』の魅力は、『伊勢物語』を題材にしているにもかかわらず、そこには人物がひとりも描かれていないところです。
 『Il vangero di S.Giovanni』にも人物が登場しません。はたしてその真意とは…。「椅子の肖像」は、思いも寄らぬ世界へ私を連れて行ってくれました。
2009年5月22日 池上ちかこ

小野隆生
小野隆生《Il vangelo di S Giovanni》
1976年 油彩・画布
49.0x15.5cm signed
こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから


◆ときの忘れものでは5月30日まで「小野隆生コレクション展」を開催しています。

小野隆生コレクション展より第二回〜池上ちかこのエッセイ

小野隆生 その2―犬の肖像
 小野隆生の作品には、犬を描いたものがいくつかあります。この『黒く塗られた影』もそのうちのひとつです。耳をピンと立てた黒い犬。人物像に関してはモデルを持たない小野ですが、このエジプト犬は、はたして実在するのでしょうか。いつだったか画家の妻のお兄さんがエジプト犬を飼い始めたという話を聞いたことがあります。たとえそのことがきっかけであったとしても、人物と同様に犬をそのままを写すのではなく、画家自身の記憶の堆積と絡めながら描いていったものでしょう。
 「肖像画」や「静物画」ほどポピュラーではありませんが、西洋絵画には「動物画」というジャンルがあります。18世紀イギリスの画家ジョージ・スタッブスは馬のポートレートで馬好きの貴族たちに大評判を得ました。そして19世紀に入ってからは犬などのペットの愛らしい表情をとらえた動物画が生まれました。しかし、このエジプト犬は、それらとはまったく違った雰囲気を宿しています。
 さて、この真横を向く凛々しい姿。じーっと見ているうちに、ある絵が浮かんできました。ピエロ・デッラ・フランチェスカ『ウルビーノ公夫妻の肖像』(1474〜75年頃)。夫妻が向き合うように描かれたあの有名な肖像画です。初期イタリア・ルネサンスの特徴とされるメダルの図像形式に基づく横顔の表現が、この犬の肖像にも反映されていることに気付かされます。
 この絵は「動物画」ではなく、限りなく人物画に近い「(犬の)肖像画」なのです。
2009年5月15日 池上ちかこ

黒く塗られた影
「黒く塗られた影」
1998年
テンペラ・板
182.8x145.0cm
signed
こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから


◆ときの忘れものでは5月8日〜30日まで「小野隆生コレクション展」を開催しています。

小野隆生コレクション展より第一回〜池上ちかこのエッセイ

小野隆生―オブジェと人物
 小野隆生の作品を長年見ていますが、最近しばしば考えることがあります。この画家の描くオブジェと人物の作品には、どんな違いがあるのだろう、と。小野の作品は、靴や帽子などオブジェを描いたものと、人物を描いたものに大きく分けることができます。その両方の作品を交互に見て行くと、それらの間には単純に「静物画」「肖像画」といった西洋絵画のジャンルに放り込んでしまえない「何か」が横たわっているような気がしてならないのです。
 オブジェと人物。私はある時、小野作品に対して、この双方に同じような眼差しを向けていたことに気付かされたのです。たしかに、人物を描いたものは、肖像画の体裁を成しています。でも、ある特定の人物の姿をとらえた、いわゆる肖像画とはちがってモデルがなく、その人物の性格や感情が見る側に直接的に伝わることはありません。そのためか、画家の頭の中で静かに熟成された人物像は、どこか凛とした佇まいの静物画(オブジェ)を思わせるのです。
 いつだったか、岸田劉生の作品をまとまって見る機会がありました。『麗子像』をはじめ多くの人物像が並ぶ中、あの有名な静物画『壺の上に林檎が載って在る』に行き当たりました。不思議なことに私にはその絵が肖像画のように見えたのです。「肖像画」のような「静物画」。小野とは正反対ですが、その境目の無さにおいては同じであるように思うのです。
                      池上ちかこ

小野隆生小野隆生「夏の日の午前の断片」
1991年 テンペラ・板
17.0x54.0cm
315,000円(税込)

小野隆生
小野隆生「忘れていた日に」
1995年 テンペラ・板
140.5x100.0cm

こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから


◆画廊亭主敬白
池上ちかこさんには、昨年池田20世紀美術館での小野隆生展に際し、「小野隆生の『断片』をめぐって」という15回の連載エッセイを執筆していただきました。
池上さんは20年ほど前から作品を見続け、ペルジーノの生まれ故郷にあるアトリエも尋ね、小野隆生がいかなる環境で肖像画を描き続けているのかを、最もよく知るひとりでしょう。
今回、ときの忘れものの「小野隆生コレクション展」(〜5月30日)に出品される作品について、昨年に続きエッセイの執筆をお願いしました。
どうぞ画廊で実物の作品をご覧になりながら、池上さんのエッセイを味わってください。

小野隆生の「断片」をめぐって第15回〜池上ちかこのエッセイ

その15.その15.「黒」という色彩をめぐって
2 連載の最終回となる今回は、小野作品のなかの「黒」の色彩について思いをめぐらしてみようと思います。「断片」の作品に限らず、黒からグレー、白にいたる、白黒写真のような抑えられた色彩によって構成された小野の絵画が、なぜ私たちの心をとらえるのかということを常々考えていました。
 小野が描くほとんどの人物は、黒い服を着ています。最も顕著なのが、12人のモルタッチ家の人々を描いた作品群です。男性は黒いスーツに黒いネクタイ、靴ももちろん黒です。その中で、襟元、袖口、胸元のポケットチーフの白が、画面をキリリと引き締めています。男性にしても女性にしても、黒を身にまとっていればこそ、白い肌の色と、その中のほのかな赤みを、ごく自然なかたちで感じ取ることができるように思えるのです。
 小野の黒の使い方は、エドゥアール・マネの絵(ベルト・モリゾの肖像画など)に見られるような、これでもかと言わんばかりの強烈さはありません。それはむしろ「源頼朝像」(1)の黒い衣装から受ける印象に近いように思われます。
 先日、ハンマースホイというデンマークの世紀末を代表する画家の展覧会(2)に行って来ました。見ているうちに、絵の中の黒衣の女性、そしてグレーを基調とした抑えられた色彩が小野作品と重なったのです。9月に開かれた小野の新作展でのグレイッシュな作品群は、彼の「黒」の表現の幅の広さをうかがわせるものとして、興味深く拝見しました。かくして、絵画の中の「黒」をめぐる思索は、これからも続きそうです。

* (1)小野隆生展図録(池田20世紀美術館)p66-p67参照。
* (2)「ヴィルヘルム・ハンマースホイ 静かなる詩情」展 9月30日〜12月7日 国立西洋美術館
(2008年9月30日 いけがみちかこ)

*掲載図版は『小野隆生新作展2008』p.5
「船が見える場所供2008年 油彩・画布 170.0×60.0cm

こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから

◆6月26日〜9月30日までの三ヶ月間、伊豆の伊東にある池田20世紀美術館で「小野隆生展 描かれた影の記憶 イタリアでの活動30年」が開催されました。
小野隆生展表面小野隆生展裏面
展示の様子はスライドショーでご覧になれます(コチラをクリックしてください)。
池田20世紀美術館発行の展覧会カタログ(1,800円、送料無料)のご注文はコチラからどうぞ。

*画廊亭主敬白
 池田20世紀美術館での初の回顧展にあわせ、池上ちかこさんに小野隆生の絵画についての連載をお願いしてあっという間に、三ヶ月が経ちました。毎週連載という週刊誌なみの締め切りに一度も遅れることなく、快調に素晴らしいエッセイを綴ってくださった池上さんに厚く感謝申し上げます。ご愛読ありがとうございました。

小野隆生の「断片」をめぐって第14回〜池上ちかこのエッセイ

小野隆生の「断片」をめぐって第14回〜池上ちかこのエッセイ
その14.肖像画の生まれる街
1 小野隆生がアトリエを構えるチッタ・デッラ・ピエヴェについては、このエッセイでも何度か触れています。ローマとフィレンツェの中間に位置するこの街は、歴史ある城塞都市で、古くはエトルリア時代にまでさかのぼると言われています。
 チッタ・デッラ・ピエヴェはトスカーナ州ではなく、ウンブリア州に属していますが、歴史的にはシエナの文化圏に入るそうです。そう言われて街を散策すると、赤いレンガの使われ方など、シエナをしのばせる部分が多くあります。石造りの重厚な建物とは違って、レンガ造りの建物がつくる家並はやさしく、どこか親しみが持てます。
 街を歩いていると、カーブが多いことに気付かされます。それはその昔、敵の攻撃から身を守るためのもので、騎士が攻めて来たときに曲線だとスピードが出せないからです。さらに、前後からの狙い撃ちも可能というわけです。
 ある時、カーブを曲がって姿を現わした人を見て、画家の肖像画の人物かと思いハッとしたことがありました。具体的に顔形が似ていたということではなく、私のイメージの中の小野作品の人物像と、街の雰囲気がピタッと合って、そう思わせたのでしょう。そしてわれにかえり振り返ると、もうその姿はありません。カーブは、そんなミステリアスな効果を現代の私たちにもたらしてくれるのです。
(2008年9月24日 いけがみちかこ)

*掲載図版は小野隆生「目撃者の証言」池田20世紀美術館カタログno.7
1998年 テンペラ・板 173.0×178.0cm
こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから

ピエベ1ピエベ2画家の住む街、チッタ・デッラ・ピエヴェ。



◆ときの忘れものでは、9月19日[金]―10月4日[土]まで「小野隆生新作展2008」を開催しています。

◆伊豆の伊東にある池田20世紀美術館で開催中の「小野隆生展 描かれた影の記憶 イタリアでの活動30年」も会期が残り少なくなってきました(9月30日まで)。
小野隆生展表面小野隆生展裏面
展示の様子はスライドショーでご覧になれます(コチラをクリックしてください)。
池田20世紀美術館発行の展覧会カタログ(1,800円、送料無料)のご注文はコチラからどうぞ。

小野隆生の「断片」をめぐって第13回〜池上ちかこのエッセイ

小野隆生の「断片」をめぐって第13回〜池上ちかこのエッセイ
その13.家族の肖像(2)———時を超えた人々の再会
小野隆生 前回に続き今回も「モルタッチ家の断片」について思いを巡らしてみようと思います。実際に広い空間のなかで、12人のモルタッチ家の人々が居並ぶ様子を目の当たりにすると、妄想がどんどん広がってゆくのです。
 まずは12 人のモルタッチ家の肖像に共通している点を挙げてみるとこにしましょう。同じかたちの肘掛け椅子に座っていること。喪に服しているかのような黒い服を着ていること。正面を見据えていること。ちょっと緊張したような堅い表情をしていること。
 そこでちょっとこんな仮説を立ててみました。椅子は一脚しか存在せず、そこに時を隔ててモルタッチ家の人々が1人ずつ腰掛け、ある人(家長あるいはそれ以上の存在の人物)と向かい合って、対話する。話の内容はモルタッチ家の家訓から始まり、約束事、各人の生き方、さらには告白めいたことまでが語られる。12人はモルタッチの家系のなかでも選ばれた人々で、この審問めいた儀式は10年に一度の割りで行なわれる。
 そう考えると、このおばあさんは前回登場した若い女性の何十年後の姿かも知れません。長い年月を超えた家族、あるいは自身との再会。展示室の壁一面を大きなカンヴァスに見立てると、異なる時間を一つの画面におさめる「異時同図」の絵のようにも見えて来るのです。
(2008年9月18日 いけがみちかこ)

*掲載図版は小野隆生「モルタッチ家の断片・断片12」池田20世紀美術館カタログno.18
1997年 テンペラ・板 122.0×77.0cm

小野隆生モルタッチ家の断片左は「モルタッチ家の断片」全12点の展示風景。
今回初めて12点揃っての展示となった。

◆6月26日〜9月30日までの三ヶ月間、伊豆の伊東にある池田20世紀美術館で「小野隆生展 描かれた影の記憶 イタリアでの活動30年」が開催されています。
小野隆生展表面小野隆生展裏面
展示の様子はスライドショーでご覧になれます(コチラをクリックしてください)。
池田20世紀美術館発行の展覧会カタログ(1,800円、送料無料)のご注文はコチラからどうぞ。

小野隆生の「断片」をめぐって第12回〜池上ちかこのエッセイ

小野隆生の「断片」をめぐって
その12.家族の肖像(1)―――交わることのない視線
小野隆生 現在、池田20世紀美術館で開かれている小野隆生展のなかで、とくに注目したいのが「モルタッチ家の断片」のシリーズです。12人のモルタッチ家の人々は、1993年から97年の間に描かれ、2年ごとに発表されましたが、それらが一堂に会することは、これまでなかったからです。それは画家自身でさえ初めて目にする光景なのです。美術館のメインの展示室の壁に横一列に並べられた様子は、まさに圧巻です。
 モルタッチという名がどこから来ているのかを、画家に問うたことはありません。問うてはいけないというよりも、この家族の名からして、すでに見る側の想像力をかきたてる何かを持っているように思えるからです。モルタッチ家、それはイタリアの由緒ある家柄で、しかし世間には知られていない陰の部分を持ち合わせている、といったように。
 12人は、少年からおばあさんまで、性別も年令もまちまちです。まっすぐに正面を見据えた表情には、どこか緊張感さえ漂っています。そこには、家族が円卓を囲んで食事をするときに見せるなごやかな雰囲気は微塵も感じられません。12の家族の肖像の「断片」は、永遠に視線を交わすことなく、これからもこうして一列に並び続けていくように思えてならないのです。
 (2008年9月9日 いけがみちかこ)

*掲載図版は小野隆生「モルタッチ家の断片・断片2」池田20世紀美術館カタログno.14
1993年 テンペラ・板 129.0×76.5cm 資生堂アートハウス所蔵
小野隆生モルタッチ
左は池田20世紀美術館での「モルタッチ家の断片」全12点の展示スナップ

◆6月26日〜9月30日までの三ヶ月間、伊豆の伊東にある池田20世紀美術館で「小野隆生展 描かれた影の記憶 イタリアでの活動30年」が開催されています。
小野隆生展表面小野隆生展裏面
展示の様子はスライドショーでご覧になれます(コチラをクリックしてください)。
池田20世紀美術館発行の展覧会カタログ(1,800円、送料無料)のご注文はコチラからどうぞ。

小野隆生の「断片」をめぐって第11回〜池上ちかこのエッセイ

小野隆生の「断片」をめぐって
その11.人物像―――偶然できた重なりの光景
小野隆生 今から十数年前、画家がアトリエを構えるチッタ・デッラ・ピエヴェを訪ねたことがあります。アトリエの白い壁には、制作途中の人物像の「断片」が、無造作に立て掛けられていました。少しずつ重なり合った人物像たちの様子は、まるで知らない者同士が行き交う都会の一場面のようで、画廊で見るのとは異なる雰囲気をつくりだしていました。
 アトリエ訪問を終えた私は、優れたフレスコ画の残るイタリアの地方都市を巡ってみることにしました。アッシージのジオット、アレッツォのピエロ・デッラ・フランチェスカ、そして最後に訪ねたのが、マントヴァのパラッツォ・ドゥカーレ内にあるマンテーニャの壁画でした。8m四方の小部屋「カメラ・デリ・スポージ(夫婦の間)」の壁には、ロドヴィゴ侯夫妻とその家族、廷臣たち、小姓、猟犬や馬などが、絵巻物のように埋め尽くされていました。それは、壁画をひとつの空間として感じ取ることができた貴重な体験でした。群像肖像画の人物たちは、それぞれ思い思いの方向を向いています。一人ひとりはバラバラのようでいて、決してそうではないのです。しばらく見入っているうちに、ある光景を思い浮かべていました。それは数日前、画家のアトリエで見た、あの「断片」たちの佇まいでした。
          (2008年9月2日 いけがみちかこ)

*掲載図版は小野隆生「雪が降っていた」池田20世紀美術館カタログno.2
1995年 テンペラ・板 179.0×101.0cm

◆6月26日〜9月30日までの三ヶ月間、伊豆の伊東にある池田20世紀美術館で「小野隆生展 描かれた影の記憶 イタリアでの活動30年」が開催されています。
小野隆生展表面小野隆生展裏面
展示の様子はスライドショーでご覧になれます(コチラをクリックしてください)。
池田20世紀美術館発行の展覧会カタログ(1,800円、送料無料)のご注文はコチラからどうぞ。

小野隆生の「断片」をめぐって第10回〜池上ちかこのエッセイ

小野隆生の「断片」をめぐって
その10.仮面―――そして「目」だけが残った
隠された危険な関係 仮面と聞いてまず思い浮かべるのが、ヴェネツィアのカーニバルです。その昔、博打や売春などが横行し、退廃ムードが漂っていたヴェネツィアにおいて、仮面は身分を隠して悪い遊びに興ずるための格好の道具だったようです。仮面や仮装を禁ずる法を制定しても一向に改善されなかったため、カーニバルという形式が取られたと言われています。この期間だけは、大手を振って仮面を付けることができたのです。その効果あって、犯罪は激減したとか。
 現在も続くこのカーニバルの様子を写真などで見ると、ほとんどの仮面には華麗な装飾が施されています。身分(自己)を隠すという点では共通していますが、カーニバルの仮面と比べて、この「断片」の仮面はかなりシンプルで研ぎすまされた感じがします。
 この絵の主人公は、どんな思いでいるのでしょうか。その目は何かを狙っているようにも見えます。「隠された危険な関係」という作品タイトルも意味ありげです。主人公は己の正体を隠そうとして、仮面と目を残して、他の身体全てを消し去ってしまったようです。そして最後には仮面さえも剥ぎ取り、「目」だけが残る・・・。「目」は、相手を見るためになくてはならないものだからです。
(2008年8月26日 いけがみちかこ)

*掲載図版は小野隆生「隠された危険な関係」池田20世紀美術館カタログno.11
1998年 テンペラ・板 37.0×73.3cm

こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから

◆◆6月26日〜9月30日までの三ヶ月間、伊豆の伊東にある池田20世紀美術館で「小野隆生展 描かれた影の記憶 イタリアでの活動30年」が開催されています。
小野隆生展表面小野隆生展裏面
展示の様子はスライドショーでご覧になれます(コチラをクリックしてください)。
池田20世紀美術館発行の展覧会カタログ(1,800円、送料無料)のご注文はコチラからどうぞ。
ときの忘れもの
blogランキング

ギャラリー&編集事務所「ときの忘れもの」は建築家をはじめ近現代の作家の写真、版画、油彩、ドローイング等を扱っています。またオリジナル版画のエディション、美術書・画集・図録等の編集も行なっています。
ときの忘れもの
ホームページはこちら
Archives
Categories
最新コメント
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ