木村理恵子のエッセイ

フォーゲラーを巡って第四回〜木村理恵子

フォーゲラーを巡って第四回〜木村理恵子

 19世紀から20世紀初頭に形成されたヨーロッパ各地の芸術家コロニーのなかでも、ヴォルプスヴェーデが日本で比較的よく知られているのは、詩人リルケの存在もさることながら、既述のとおり『白樺』同人たちがフォーゲラーに注目したことが大きいだろう。
 大正時代に花開く生命主義は、反アカデミズムを出発点とするヴォルプスヴェーデの芸術家コロニーの姿勢に共鳴した。その行動力と熱心な吸収力には驚かされる。それゆえ、日本の近代を再考する気運の高まりのなかで、フォーゲラーやパウラ・モーダーゾーン=ベッカーの回顧展が日本で相次いで開催され、西洋近代を改めて見直そうとする機会が増えたことは、ある意味で当然の流れといえる。日本の近代が西洋の何に共鳴し、何に興味を示さなかったのか、それは今後も意味のある問いかけであり続けるだろう。
フォーゲラーのユートピア思想は、必ずしも幸福な結果をもたらしたわけではなかったが、その独自な方向をめざした芸術は興味深い。造形的にはロマンティックなメルヘンの世界を展開させながら、後にはコミュニストとして政治性を強めた。しかし、そのユートピア思想ゆえに、短い時間だったとはいえ、ヴォルプスヴェーデの共同体における求心力ともなり得たのであろう。
そして、柳たち『白樺』の同人は、このようなフォーゲラーとヴォルプスヴェーデの芸術家たちに大きな共感を見出し、なんとしても日本で紹介したいという情熱を実現したのであった。
フォーゲラーの作品を通して、私たちは自分たちの足元の歴史を考えることができる。それは、100年前でさえも、決して海の向こうの遠い出来事ではなかったからである。
             (きむらりえこ 栃木県立美術館主任学芸員)

参考文献:
『ハインリッヒ・フォーゲラー展』図録(東京ステーションギャラリーほか)2000−2001年
『パウラ・モーダーゾーン=ベッカー』展図録(宮城県美術館ほか)2005−2006年
『『白樺』誕生100年 白樺派の愛した美術』展図録(京都文化博物館ほか)2009年


*画廊亭主敬白
木村理恵子先生による「フォーゲラーを巡って」、全4回の連載はいかがでしたでしょうか。
近年木村先生たちの尽力でパウラ・モーダーゾーン=ベッカーの存在を知ることができたのがこの原稿依頼のきっかけでした。
フォーゲラーたちの夢とその後の展開は今でも問い返す意義があるでしょう。

フォーゲラーは青春の画家として創作版画竹久夢二恩地孝四郎らに多大な影響を与え、ヴォルプスヴェーデは武者小路実篤らの「新しき村」や夢二の榛名山美術研究所の構想のモデルともなりました。
しかし、その後の活動、わけてもソ連に行ってから、プロレタリアートの画家・運動家として活動し、こと志に反した1942年の悲惨な最期を思うと、20世紀が如何に過酷な時代であったかを思わざるを得ません。
瀬木慎一先生が『現代詩手帖』に連載した<詩人たちの窓ー詩と絵画の照応>の2008年3月号「フォーゲラーとヴァルデンの転向」と、2008年4月号「二人の亡命者の流刑死」はそういう意味では必読の論考です。青春の画家の後半生を克明に描いて胸をうちます。

DM◆ときの忘れものでは本日もハインリッヒ・フォーゲラー展」を開催しています。
銅版画代表作15点を2010年2月23日[火]―3月6日[土]まで会期中無休で展示しています。


フォーゲラー_春フォーゲラー愛
左)フォーゲラー「

右)フォーゲラー「

こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから

フォーゲラーを巡って第三回〜木村理恵子

フォーゲラーを巡って第三回〜木村理恵子

このようなフォーゲラーに対して、1910年代初めに逸早く注目した日本人たちがいた。『白樺』同人である。柳宗悦は、ヴォルプスヴェーデで名声をとどろかせていた彼の版画の展覧会を開催したいと考え、そこからなんと文通に発展したのであった。そして、後に雑誌『白樺』が日本で初めてフォーゲラーを紹介することになった。ヴォルプスヴェーデの芸術家コロニーへ寄せる興味のほどがうかがえる出来事だ。
1910年4月に雑誌『白樺』を創刊した同人たちには、周知のとおり、柳宗悦のほか、武者小路実篤や志賀直哉などがいた。彼らの活動は雑誌のみにとどまらない。特にフォーゲラーとの関連では、『白樺』が主催した美術展について触れないわけにはいかないだろう。
1910年に開催された第1回展「白樺社主催 南薫三・有島壬生馬滞欧記念絵画展覧会」において、すでに同人たちの手元にあったフォーゲラーの銅版画3点が展示されている。柳が最初にフォーゲラーにあてて直接書簡を書き送ったのは、その翌年のことである。それは、個展を開催したいので、肖像写真を送って欲しいという内容であった。その間に開かれた第2回展となる「泰西版画展覧会」でも、ヴォルプスヴェーデの芸術家たちとともに、フォーゲラーの作品14点が展示紹介されたという。
そうこうするうちに、思いがけず、フォーゲラーから返事が届いた。柳や『白樺』同人たちの興奮ぶりは想像に難くない。しかも、日本の「造園術」に関する書物と自作を交換しようという提案までなされ、版画作品が送られてくるのである。喜んだ同人たちは、同年12月号を「フォーゲラー号」として刊行し、いよいよ展覧会を準備する。この特集号にはフォーゲラーから寄せられた書簡の原文と訳文が掲載されたほか、柳によるフォーゲラー論などと銅版画7点の図版が掲載されている。今回の展覧会に出品される《》は、まさにその口絵で紹介されたものだ。
そして、翌1912年2月の白樺社主催の第4回展で、ロダンの彫刻3点とともに、フォーゲラーから送られた銅版画のうち38点が展示され、一部は販売もされた。
その後もフォーゲラーとの交流は続き、今度は柳の『白樺』のマークをデザインして欲しいという要望に基づいて、まもなく素描が送られてくる。それは、1912年の3巻10号から12号までの『白樺』表紙と4巻全号の裏表紙に繰り返し使用されたものである。
今年は『白樺』創刊からちょうど100年にあたる。それを記念して、昨年、国内各地を展覧会「白樺派の愛した美術」が巡回していた(京都文化博物館など)。『白樺』は、個性を尊重し、生命主義に基づく思想を背景に展開した文芸活動であり、熱心な西洋美術の紹介者としても圧倒的な存在感を示したが、そのことが再認識できる好企画であった。
そして、この機会に、100年前の日本人の先見性に思いを馳せながら、フォーゲラーの芸術世界を味わってみてはいかがだろうか。
              (きむらりえこ 栃木県立美術館主任学芸員)

白樺裏表紙白樺表紙
左)『白樺』大正2年1月号裏表紙/ハインリッヒ・フォーゲラー

右)『白樺』大正2年1月号表紙/バーナード・リーチ。

◆フォーゲラー、及びドイツ美術史に詳しい木村理恵子先生の「フォーゲラーを巡って」第三回です。


DM◆ときの忘れものでは「ハインリッヒ・フォーゲラー展」を開催しています。
銅版画代表作15点を2010年2月23日[火]―3月6日[土]まで会期中無休で展示しています。


フォーゲラー_春フォーゲラー_蛙の花嫁
左)フォーゲラー「

右)フォーゲラー「蛙の花嫁

こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから

フォーゲラーを巡って第二回〜木村理恵子

フォーゲラーを巡って 第二回 木村理恵子

さて、今回の展覧会の出品作品を構成する銅版画の技術をフォーゲラーが獲得したのも、このヴォルプスヴェーデの地においてのことであった。銅版画作品に特に顕著に見られる愛とメルヘンの造形世界は、ユーゲントシュティールの性格を強く湛えている。とりわけ、植物をモティーフとした額縁を画面に描きこみ、その枠のなかに主題を描いているものなど、ユーゲントシュティールやアールヌーヴォーに特長的な様式美をそなえる。たとえば、《》や《いばら姫》などがそうだ。興味深いのは、装飾的な額縁の枠と、そのなかに描かれた主題とは一見、別のものでありながら、いずれも草や花、樹木をモティーフとすることで、有機的につながっていくことであろう。また、《春》という題にも現れているように、自然の生命感や躍動感も重要なテーマとなっている。銅版画の細かな線描による曲線美は、ほとばしるような生命感の表現にふさわしい。
フォーゲラー肖像同じ頃には雑誌『インゼル』の装丁なども手がけ、まだ20代の若さで、またたくまに世間の名声を勝ち得ていった。その優美な曲線に満たされた装飾の華麗さは、ユーゲントシュティールやアールヌーヴォーの全盛期にあって、時代の要請に合致していたのである。
しかし、このような様式美や物語の世界を追求するフォーゲラーは、ヴォルプスヴェーデの芸術家コロニーのなかでは少々異質であったのも事実だ。ヴォルプスヴェーデの芸術家たちは、文明化されていない自然への回帰を求めた。美化された自然や童話のロマンティックな世界よりも、リアリズムに基づいた自然表現をモットーとした。フォーゲラーの版画作品は、ときに歴史や宗教にも取材した物語性の強いものが多く、彼特有のメルヘンの世界であると同時に、優雅な装飾が施された甘美な造形でもある。それは、後には、リルケの批判の対象ともなっていった。
これらのフォーゲラーの仕事の思想的な背景には、周知のとおり、イギリスのラスキンやモリスのアーツ・アンド・クラフツ(美術工芸)運動があった。フォーゲラーの活動が絵画や版画だけでなく、本の装丁や建築、工芸デザインも含むものであったことからも明らかだが、生活のなかに芸術を取り込もうとする、いわば総合芸術の理想を掲げたものだったのである。
ここに、後の社会主義への転向の萌芽はすでに準備されていたといえる。やがて、ヴォルプスヴェーデの芸術家コロニーを離れてベルリンへ移ったフォーゲラーは、第一次世界大戦に志願兵として加わった結果、その凄惨な現実を目にすることになる。戦争の悲惨さをまざまざと突きつけられて以降、社会主義的な思想傾向を強め、ついには反戦論者となり、政治的な色彩を全面に打ち出すようになっていく。そして、1921年頃からモスクワを頻繁に訪れるようになった。だが、まもなく移住したロシアの地で、放浪の末に孤独な最期を遂げるのである。
               (きむらりえこ 栃木県立美術館主任学芸員)


◆フォーゲラー、及びドイツ美術史に詳しい木村理恵子先生の「フォーゲラーを巡って」第二回です。

DM
◆ときの忘れものでは、「ハインリッヒ・フォーゲラー展」を開催しています。
銅版画代表作15点を2010年2月23日[火]―3月6日[土]まで会期中無休で展示しますのでぜひご来場ください。

フォーゲラー_春フォーゲラー


いばら姫フォーゲラー
いばら姫

こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから

フォーゲラーを巡って第一回〜木村理恵子

フォーゲラーを巡って 第一回 木村理恵子

版画や書籍の装丁などで活躍したハインリッヒ・フォーゲラーの名は、今の日本ではどのくらい知られているのだろう。
数年前にパウラ・モーダーゾーン=ベッカーの展覧会を開催した時、興奮した面持ちで会場に駆けつけ、熱心に鑑賞してくださった年輩の女性がいた。彼女は戦後の苦しい時代に一冊のリルケの詩集と出会い、それを心の支えとして人生を歩んできたと言った。そこからパウラ・モーダーゾーン=ベッカーという画家の存在を知り、非常に興味を持ち、いつかその絵画を観てみたいと思っていたのだという。でも、海外に出かけていくことなど容易ではない。それが、日本で回顧展が開かれる日がやって来るなんて、どんなにうれしいことだろう、と熱く熱く語ってくれた。展覧会の主催者の一人として、こんなに幸せな言葉はない。忘れがたい思い出となった。その彼女ならば、フォーゲラーのことも親しい存在であるに違いないと思う。ヴォルプスヴェーデの芸術家コロニーの交遊関係の豊穣な実りが、リルケとパウラの出会いをもたらしたが、フォーゲラーの出発点も、まさにここにあるからである。
ドイツ北部に位置するブレーメン近郊のヴォルプスヴェーデは、自然のなかの寒村である。今でこそ観光地となって、道路も鉄道も整備されているが、かつては交通の便のほとんどない、泥炭地であった。ここに、世紀転換期に多くの芸術家たちが集うことになり、芸術家コロニーが形成される。都会から離れ、自然のなかでの質素な生活を求めたのは、19世紀のアカデミズムへの反発であった。1884年に画家フリッツ・マッケンゼンが中心となって創設され、やがて画家ハンス・アム・エンデ、オットー・モーダーゾーンや後の妻となるパウラ・ベッカー、それに詩人のリルケ、その後の妻となる彫刻家クララ・ヴェストホフなど多彩な才能が次々に移住した。1894年に加わったのが、最年少のフォーゲラーである。その自邸「バルケンホフ」はマルチな才能を発揮した彼自身による設計で、世紀末のユーゲントシュティールの空間芸術であったが、そこで芸術家たちは語らい、音楽会を開き、詩の朗読会を催した。まさに芸術家コロニーの核となる場所だったのである。マルタとの出会いと結婚も、この時代の出来事である。フォーゲラーの代表的な絵画に《夏の夕べ》(1905年)があるが、それはまさに「バルケンホフ」での友人たちの集いの様子を描いたものだ。
ただし、皮肉なことに、この大作が描かれたときには、すでに芸術家コロニーの甘美な雰囲気は過去のものとなっていた。したがって古き良き時代への郷愁といった趣がぬぐえない。感傷的な愛とメルヒェンの世界を生きるフォーゲラーと、20世紀の新しい芸術の息吹に次第に刺激されていくリルケたちとの方向性の違いは、徐々に大きくなっていったのである。
             (きむら りえこ/栃木県立美術館主任学芸員)



DM*画廊亭主敬白
雑誌『白樺』に特集が組まれなど、日本に紹介されてからちょうど100年、ときの忘れものでは三度目の正直となるか、念願の「ハインリッヒ・フォーゲラー展」を開催します。
銅版画代表作15点を2010年2月23日[火]―3月6日[土]まで会期中無休で展示します。
展覧会に伴い、ドイツ美術史に詳しい木村理恵子先生に「フォーゲラーを巡って」と題して連載をお願いしました。全4回で、24日、26日、3月1日に掲載する予定です。どうぞご愛読ください。

フォーゲラー「春の夕べ」
ハインリッヒ・フォーゲラー「春の夕べ
1897年 銅版
52.8×35.8cm 版上サインあり
こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから
ときの忘れもの
blogランキング

ギャラリー&編集事務所「ときの忘れもの」は建築家をはじめ近現代の作家の写真、版画、油彩、ドローイング等を扱っています。またオリジナル版画のエディション、美術書・画集・図録等の編集も行なっています。
ときの忘れもの
ホームページはこちら
Archives
Categories
最新コメント
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ