ギャラリー  ときの忘れもの

001_外観1

カテゴリ: 大竹昭子のエッセイ

大竹昭子のエッセイ「迷走写真館〜一枚の写真に目を凝らす」第112回

<迷走写真館〜一枚の写真に目を凝らす>第112回 (画像をクリックすると  拡大します) 桜の季節である。 地面に花びらが散っていて、上の方には花のついた枝も見える。 桜の木は土手に植わっており、その下には並行して道が通っている。 男三人、女一人、合計四人が土 …
続きを読む
大竹昭子のエッセイ「迷走写真館〜一枚の写真に目を凝らす」第111回

<迷走写真館>一枚の写真に目を凝らす 第111回 (画像をクリックすると拡大します)等身大どころではない。 通行人の頭が膝の位置に届かないほど巨大な男が剣をふりかざしている。 なんだか切りつけられそうで、見ていると思わず身を引いてしまう。 長髪で、首に勾玉のネ …
続きを読む
大竹昭子さんより「3.11から10年/藍ではじめる〜福島県大玉村の試み」

大竹昭子さんより「3.11から10年/藍ではじめる〜福島県大玉村の試み」 二月に旧正月のごあいさつをお送りしてから早一ヶ月。 世の中の動きに気が滅入らされることが多いですが、 今日のように春らしい一日には心がなごみますね。 そう言えば十一年前のこの日も天気のいい …
続きを読む
大竹昭子のエッセイ「迷走写真館〜一枚の写真に目を凝らす」第110回

<迷走写真館>一枚の写真に目を凝らす 第110回 (画像をクリックすると拡大します)相似形の縦長の窓からやわらかな光が注ぎ込んでいる。 おだやかな午後だ。 四人の男たちが赤ん坊を囲んでおしゃべりしている。 彼らの話題はもっぱらこの子に集中している様子だ。 父親は …
続きを読む
大竹昭子さんより新春のご挨拶

みなさま 今年は正月のご挨拶をお出しそびれてしまいましたが、なんと本日は旧暦の正月元旦です。 たしかに今日の外の光は春の訪れを感じさせますね。 そこで遅ればせながら、明けましておめでとうございます、と申し上げたいと思います。 今年もよろしくお願いいたします。 …
続きを読む
大竹昭子のエッセイ「迷走写真館〜一枚の写真に目を凝らす」第109回

<迷走写真館>一枚の写真に目を凝らす 第109回 (画像をクリックすると拡大します)一目瞭然、男子トイレである。 いまどき珍しいアサガオ形の便器だ。 アサガオの花に似ているためにこの名があるらしいが、 朝顔よりも間延びした形でグラジオラスに近い。 さっきからふた …
続きを読む
大竹昭子のエッセイ「迷走写真館〜一枚の写真に目を凝らす」第108回

<迷走写真館>一枚の写真に目を凝らす 第108回 (画像をクリックすると拡大します)四人の人間がそれぞれが違う格好をしているのが目を引く。 中央にいる三人の女性たちは垂直に並んでいる。 人が複数いれば横並びになるのがふつうだから、この光景は珍しい。 四人目は河 …
続きを読む
大竹昭子のエッセイ「迷走写真館〜一枚の写真に目を凝らす」第107回

<迷走写真館>一枚の写真に目を凝らす 第107回 (画像をクリックすると拡大します)袢纏にズボンと長靴を履いた少女がこちらを見ている。 立ち木に腕をまわして左脚を折り曲げ、まっすぐな視線を前方にむけている。 少し離れたところには自転車がある。 少女のものだろう。 …
続きを読む
大竹昭子のエッセイ「迷走写真館〜一枚の写真に目を凝らす」第106回

<迷走写真館>一枚の写真に目を凝らす 第106回 (画像をクリックすると拡大します)手前の黒いヘルメットは機動隊、その後ろの白ヘルは全学連。 学生の群がるあたりには倉庫のような建物があり、 その背後にはアパートが建っている。 ベランダには洗濯物がはためき、身を乗 …
続きを読む
大竹昭子のエッセイ「迷走写真館〜一枚の写真に目を凝らす」第105回

<迷走写真館>一枚の写真に目を凝らす 第105回 (画像をクリックすると拡大します)マンドリンを手にしたふたりの男が、ビルの入口に坐り込んでいる男に歌を歌ってきかせている。 ふたりは外国人で、おそらくスペインあたりから来ているのだろう。 女子のブルマーみたいに …
続きを読む