ギャラリー  ときの忘れもの

001_外観1

カテゴリ: 飯沢耕太郎のエッセイ

飯沢耕太郎「日本の写真家たち」第16回(最終回)〜小川隆之

飯沢耕太郎「日本の写真家たち」第16回 小川隆之(1938〜2008)―—写真における「かたち」の探求者 飯沢耕太郎(写真評論家)  小川隆之は1938年に東京に生まれた。森山大道、内藤正敏らと同世代である。1959年に日本大学芸術学部写真学科を卒業し、文 …
続きを読む
飯沢耕太郎「日本の写真家たち」第15回〜北井一夫

飯沢耕太郎「日本の写真家たち」第15回 北井一夫——「いつか見た風景」を撮り続ける 飯沢耕太郎(写真評論家)  北井一夫は1944年に中国(旧満洲国)鞍山に生まれた。1945年に日本に引き揚げ、父の故郷の三重県に住むが、1948年に上京、59年には神戸に移 …
続きを読む
飯沢耕太郎「日本の写真家たち」第14回〜風間健介

飯沢耕太郎「日本の写真家たち」第14回 風間健介―—「炭鉱遺産」の輝き 飯沢耕太郎(写真評論家)  風間健介は1960年、三重県津市に生まれた。三重県亀山高等学校卒業後、1978年に上京し、ミュージシャンを専門に撮影するカメラマンになる。だが、与えられた被 …
続きを読む
飯沢耕太郎「日本の写真家たち」第13回〜奈良原一高

飯沢耕太郎「日本の写真家たち」第13回 奈良原一高——複眼のヴィジョン 飯沢耕太郎(写真評論家)  奈良原一高は1931年、母の実家があった福岡県大牟田市で生まれた。父が裁判所の判事だったので、少年時代は転勤続きで居場所の定まらない時期を過ごす。彼は写真家 …
続きを読む
飯沢耕太郎「日本の写真家たち」第12回〜瑛九

飯沢耕太郎「日本の写真家たち」第12回 瑛九と「フォト・デッサン」 瑛九 (Q Ei 1911~1960) 飯沢耕太郎(写真評論家)  瑛九(本名・杉田秀夫 1911~1960)は、いうまでもなく戦前・戦後の前衛美術の展開に大きな足跡を残したアーティストである。その作品は、油彩や …
続きを読む
飯沢耕太郎「日本の写真家たち」第11回〜福原信三

飯沢耕太郎「日本の写真家たち」第11回 「日本の風景写真」を求めて 福原信三(Fukuhara Shinzo 1883〜1948年) 飯沢耕太郎(写真評論家)  福原信三は1883年、東京府京橋区に生まれた。父の有信は銀座・資生堂薬局の経営者であり、保険会社の役員なども務める実業 …
続きを読む
飯沢耕太郎「日本の写真家たち」第10回〜平嶋彰彦

飯沢耕太郎「日本の写真家たち」第10回 都市観察者の眼差し 平嶋彰彦(1946〜) 飯沢耕太郎(写真評論家)  平嶋彰彦は1946年、千葉県館山市生まれ。1969年に早稲田大学政経学部を卒業後、毎日新聞社に入社し、西部本社写真部をへて、のちに出版写真部に所 …
続きを読む
飯沢耕太郎「日本の写真家たち」 第9回〜普後均

飯沢耕太郎「日本の写真家たち」第9回 普後均(Hitoshi FUGO 1947-)――思考と技術を融合させた希有な作品世界 飯沢耕太郎(写真評論家)  普後均は1947年に神奈川県で生まれ、3歳の時から山形県米沢市で育った。1970年に日本大学芸術学部写真学科卒業後、細江 …
続きを読む
石原悦郎——写真をアートにした希代のギャラリスト

石原悦郎——写真をアートにした希代のギャラリスト 飯沢耕太郎(写真評論家)    2016年2月27日、石原悦郎さんの死去が伝えられた。享年74。石原さんとは個人的な交友も多少あったので、いろいろな思いが渦巻いている。今はただただご冥福をお祈りしたい。 …
続きを読む
飯沢耕太郎「日本の写真家たち」 第8回〜中山岩太

飯沢耕太郎「日本の写真家たち」第8回 中山岩太(Iwata NAKAYAMA 1895〜1949) 飯沢耕太郎(写真評論家)  日本の写真家たちの中で、中山岩太ほど華麗な経歴の持ち主はほかにいないかもしれない。1895年に福岡県の柳川に生まれ、1918年に東京美術学校に新設され …
続きを読む