ギャラリー  ときの忘れもの

001_外観1

カテゴリ: 建築家の版画とドローイング

佐藤研吾のエッセイ「大地について―インドから建築を考える―」第69回

佐藤研吾のエッセイ「大地について―インドから建築を考える―」第69回 最近、私が住んでいる大玉村に立ち寄ってくれる人が増えた。大玉に引っ越したのが二年前のコロナ禍が本格化する直前であったので、ようやく人の移動に余白が生まれて、その余白に大玉訪問という時間が …
続きを読む
10月6日はル・コルビュジエの誕生日/生誕135年 

先日のニュースでは坂倉準三が設計した新宿・小田急百貨店が閉館となったと伝えています。 日本では名作建築も次々と解体される、残念で悲しい。 明日10月6日は坂倉の師であり、20世紀を代表する建築家ル・コルビュジエ(Le Corbusier 1887年10月6日 - 1965年8月27日)の誕 …
続きを読む
■今週のWATANUKI'S CHOICE/ル・コルビュジエ

ル・コルビュジエ Le Corbusier 「モデュロール」 1956年  リトグラフ(刷り:アトリエ・ムールロ) 70.3×52.8cm 版上サインあり 文字通り、ル・コルビュジエの代表作。 問合せが多く、入ると直ぐに売れてしまうのですが、今回久しぶりに入手することができました。 …
続きを読む
丹下敏明のエッセイ「ガウディの街バルセロナより」第4回

ガウディの街バルセロナより その4 モデルニスモとの出会い 丹下敏明 ガウディについては先に書いたように1971年に卒論として『ガウディの研究』と題した350ページの論文を出した。当時は参考文献を入手することすら大変だったが、何よりも海外渡航がそれほど簡単に出来 …
続きを読む
杉山幸一郎のエッセイ「幸せにみちたくうかんを求めて」第78回ズントーミニツアー

杉山幸一郎のエッセイ「幸せにみちたくうかんを求めて」第78回 ズントーミニツアー 少し肌寒くなってきた8月下旬、日本からやってきた知人家族とともにズントー建築ミニツアーをしました。思えばここ数年はコロナ感染症の影響もあって、こうして日本からゲストを迎えるこ …
続きを読む
佐藤研吾のエッセイ「大地について―インドから建築を考える―」第68回

佐藤研吾のエッセイ「大地について―インドから建築を考える―」第68回 林剛平さんと建築の全体性を考える さいきん、大玉村で藍染めの歓藍社を一緒にやっている林剛平さんと一緒に車を乗り合わせて東京へ行く機会があった。剛平さんはここ一年くらいは東京・三田の蟻鱒鳶 …
続きを読む
8月27日はル・コルビュジエの命日

ル・コルビュジエ Le Corbusier 「モデュロール」 1956年  リトグラフ 70.3×52.8cm  版上サインあり 8月27日はル・コルビュジエの命日です(Le Corbusier、1887年10月6日 - 1965年8月27日)。 スイスで生まれ、フランスで活躍した建築家、ル・コルビュジエの本名は …
続きを読む
杉山幸一郎のエッセイ「幸せにみちたくうかんを求めて」第77回

杉山幸一郎のエッセイ「幸せにみちたくうかんを求めて」第77回 スイス建物博物館 このエッセイを綴っている7月下旬現在、スイスでは水不足が騒がれるほどに猛暑日が続いています。そんなある夏日に、いくらか標高の高い涼しい地域へ小旅行に出かけました。 上の写真にあ …
続きを読む
佐藤研吾のエッセイ「大地について―インドから建築を考える―」第67回

佐藤研吾のエッセイ「大地について―インドから建築を考える―」第67回 鉄の増築について ( photo by comuramai) 春の個展に出した「遠い場所を囲い込むための空洞1〜4」。その4つの制作物のうち1つについて、ある方からさらに制作物への”鉄の増築”を依頼され、そ …
続きを読む
東京都美術館「フィン・ユールとデンマークの椅子」展レポート

東京都美術館の企画展「フィン・ユールとデンマークの椅子」の内覧会に行ってきました。 本展企画の学芸員・小林明子さん、東海大学名誉教授の織田憲嗣さん(学術協力)、京都工芸繊維大学助教の多田羅景太さん(学術協力)の展示解説にも参加しました。 東京都美術館は2010 …
続きを読む