ギャラリー  ときの忘れもの

001_外観1

カテゴリ: 建築家の版画とドローイング

杉山幸一郎のエッセイ「幸せにみちたくうかんを求めて」第66回

杉山幸一郎のエッセイ「幸せにみちたくうかんを求めて」第66回 床をならす  今回は、友人が自分たちで改修している別荘へ訪れた際のことを綴ろうと思います。 その別荘はLohn ローンという村にありました。僕の住んでいる街クールから、電車とバスを乗り継いて1時間強 …
続きを読む
阿部勤「私の家の自慢のペニンシュラキッチン」

建築家の阿部勤先生から、メッセージが届きました。 「NHK Eテレで私の家の自慢のペニンシュラキッチンが放映されます。 見て頂けると嬉しいです。」 (写真は2018年4月、阿部勤先生の自邸「中心のある家」にて) NHK Eテレ 達人たちの知恵と工夫、人生が映し出された台所 …
続きを読む
佐藤研吾のエッセイ「大地について―インドから建築を考える―」第56回

佐藤研吾のエッセイ「大地について―インドから建築を考える―」第56回 制作の近況2  前回の投稿では、外の存在がいることの安心感、と書いたが、この言葉はどうやら人間側に少し寄り過ぎなものであったようだ。より正確な言葉を探すならば、外の存在がいることの安定感 …
続きを読む
8月27日はル・コルビュジエの命日

20世紀建築界の巨匠ル・コルビュジエが設計した上野の国立西洋美術館は、2020年10月19日(月)から2022年春(予定)まで館内施設整備のため休館中ですが、本日8月27日はル・コルビュジエの命日です(Le Corbusier、1887年10月6日 - 1965年8月27日)。 と同時に本日8月27日は …
続きを読む
磯崎新の版画 第2回「磯崎新版画集 ヴィッラ」

磯崎新の版画 第2回「磯崎新版画集 ヴィッラ」 1978年12月1日発行 現代版画センターエディション シルクスクリーン4点組、刷り:石田了一 イメージサイズ:47.0×47.0cm シートサイズ:65.0×50.0cm 限定75部 サインあり 磯崎新「ヴィッラYa」 1978年 シルクスクリーン イ …
続きを読む
光嶋裕介「ART OSAKA 2021」に参加して

光嶋裕介「ART OSAKA 2021」に参加して 皆さま、こんにちは、光嶋裕介です。 このたび、大阪・中之島にある中央公会堂で開催されたART OSAKA 2021の「ときの忘れもの」ブースにて個展を開催し、大変貴重な体験をさせてもらいました。歴史感じる上品な空間と幻想都市風景が …
続きを読む
杉山幸一郎のエッセイ「幸せにみちたくうかんを求めて」第65回

杉山幸一郎のエッセイ「幸せにみちたくうかんを求めて」第65回 メルクリのペイント  チューリッヒにやってきました。 久々に訪れる街は思っていた以上に人に溢れていて、こんなに人がいたのか。と思ってしまうくらい。友人と待ち合わせて、特にあてもなくぶらぶらと街を …
続きを読む
佐藤研吾のエッセイ「大地について―インドから建築を考える―」第55回

佐藤研吾のエッセイ「大地について―インドから建築を考える―」第55回 制作の近況1  前回の、ときの忘れものでの個展「囲い込みとお節介」から2年半ほど経ってしまった。「囲い込みとお節介」では主に木工作業で立体(写真機)を作っていたが、それ以降、拙いながらも …
続きを読む
磯崎新の版画 第1回「ヴィッラ」

<Pompidou Center renovation 2023-2027 JAPAN ARCHITECTS 展でご一緒したポンピドー・センターの方から先日久しぶりにメールがあり、60年代の日本の建築雑誌について相談を受ける。メールのやり取りをする中で、パリのポンピドー・センターがしばらく改修のため休館するこ …
続きを読む
「サーリネンとフィンランドの美しい建築展」

『サーリネンとフィンランドの美しい建築展(予約制)』 会場 パナソニック汐留美術館 会期:2021年7月3日(土)〜9月20日(月) 開館時間:午前10時〜午後6時(ご入館は午後5時30分まで) ※8月6日(金)、9月3日(金)は夜間開館 午後8時まで(ご入館は午後7時30分まで) …
続きを読む