ギャラリー  ときの忘れもの

001_外観1

カテゴリ: 浜田宏司のエッセイ

浜田宏司のエッセイ“ART&BOOK”ナナメ読み 第1回

新連載と企画展のお知らせ 「アートブックラウンジ Vol.01“版画挿入本の世界”」 《綿貫さん いつもお世話になっております。 原稿依頼のメール拝見しました。 長文ブログを書くのが苦手な私に、ときの忘れものブログの連載メンバーに加われとの事。 身に余る光栄で …
続きを読む
浜田宏司のシンガポール視察記から(続)

浜田宏司のシンガポール視察記から(続) 【シンガポール出張−3】   「プルデンシャル・アイ・アワード」は、世界的に有名な金融サービスグループ プルデンシャル・ファイナンシャルとパラレルコンテンポラリーアート、サーチギャラリーの3社によって設立されたアジア …
続きを読む
浜田宏司のシンガポール視察記から

【シンガポール出張−1】 浜田宏司 シンガポール・アート・ミュージアム(SAM)のファサードです。 実は、当初は昨年新しく開館したアートギャラリーに行くつもりが、タクシーの運転手が勘違いして訪問した施設ですが、棚から牡丹餅で、素晴らしい人達と出会う事が出来 …
続きを読む
打ちのめされた一日

打ちのめされた一日 浜田宏司  「自分って、ほんとうに小さい尺度の物差しでしかARTの世界を見ていなかったんだなぁ」と、打ちのめされるニュース/情報に出会うときが多々あります。 数年前に、中国人のアーティストが村上隆の作品を抜いて、アジアにおける現代美 …
続きを読む
浜田宏司「現代美術と磯崎建築〜北陸の冬を楽しむツアー」

「現代美術と磯崎建築〜北陸の冬を楽しむツアー」に参加して〜その2 浜田宏司のエッセイ・番外編 「蛙の涙 〜磯崎新設計中上邸を訪ねて〜」 日本橋でちいさなギャラリーを構えている私ですが、キャリアのスタートは建築設計でした。1980年代後半に建築を学んだ文化学院在 …
続きを読む
浜田宏司の展覧会ナナメ読み No.5「韓国アートツアー2013 <夏>」

浜田宏司の展覧会ナナメ読み No.5 「韓国アートツアー2013 」 記録的な猛暑日が続いたのこの夏、どのように過ごされましたか? アートファンにとっても今年の夏は、「瀬戸内芸術祭」「あいちトリエンナーレ2013」、「堂島ビエンナーレ」、ミュージック×アートの併催フ …
続きを読む
浜田宏司の展覧会ナナメ読み No.4「ソウルアートツアー2013 <春>」

浜田宏司の展覧会ナナメ読み No.4「ソウルアートツアー2013 」 私事ですが、ここ数年アートフェアや企画展の打ち合わせで訪韓する機会が多くなっています。短い滞在の中で時間を見つけてはギャラリーや美術館を散策してソウルの現代美術の最新モードをリサーチしているの …
続きを読む
『磯崎新建築論集』刊行!

『磯崎新建築論集』刊行! 浜田宏司 磯崎新ファン待望の著作論集の刊行が始りました。実際にまだ本書を手にしていないのですが、公表されている情報を元に、その魅力に迫ります。 【『磯崎新建築論集(全8巻/岩波書店)』第1巻  散種されたモダニズム ― 「日本 …
続きを読む
浜田宏司の展覧会ナナメ読み No.3「究極のポータブルミュージアム」

浜田宏司の展覧会ナナメ読み No.3「究極のポータブルミュージアム」 【展覧会ナナメ読み No.03】 展覧会タイトル:究極のポータブル・ミュージアム―60年代のN.Y.を駆けた30人のアーティスト“The New York Collection for Stockholm” 会場:ときの忘れもの 会期:201 …
続きを読む
浜田宏司の展覧会ナナメ読み No.2「第4回恵比寿映像祭」

浜田宏司の展覧会ナナメ読み No.2「第4回恵比寿映像祭」 【展覧会ナナメ読み No.02】 展覧会タイトル:第4回恵比寿映像祭――映像のフィジカル 会場:東京都写真美術館 会期:2月10日(金)〜 2月26日(日) 恵比寿映像祭は、東京都写真美術館を主会場にして周辺のギャラ …
続きを読む