ギャラリー  ときの忘れもの

001_外観1

カテゴリ: 山下裕二のエッセイ

山下裕二「葉栗剛−ドメスティックな木彫をとりもどす」

葉栗剛−−ドメスティックな木彫をとりもどす 山下裕二(明治学院大学教授)  私はここ10年ほど、葉栗剛がつくりだす異形の木彫像に注目してきた。最初に見たのはたしか、2008年に開催されたアートフェア東京においてだったと思う。その後、彼は2013年には私が審査員をつ …
続きを読む
山下裕二「無国籍の水墨画 君島彩子展に寄せて」

無国籍の水墨画 君島彩子展に寄せて   山下裕二  君島彩子の作品をはじめて見たのは、彼女が2006年の岡本太郎賞に入選したときだった。予備審査はファイルを見るだけだから、会場の川崎市岡本太郎美術館に展示されたときに、はじめて実物 …
続きを読む