S氏のエッセイ

私の駒井哲郎コレクション・その3

私の駒井哲郎コレクション・その3〜作品との出会い M.S.
 <S氏コレクション 駒井哲郎PART II展>より


昨年と今年、コレクション展をさせて頂いているSです。
2.《鏡》《審判》
又、二十数年前のことで、申し訳ないが、少し時間があったのである画廊に今、どんな作品があるのか問いあわせてみた。送られてきた在庫表の中にこの2点があった。
以前から、欲しかった作品ではあるが、ともにエディションの少ない(エディション14)ものなので、普通に画廊を回ってもなかなか、めぐり会えない作品である。
この出会いはうれしかったが、実際のコンディションをみるまでは手離しで喜んでしまう訳には行かず、喜びをかみしめながら週末を待った覚えがある。
駒井哲郎「審判」駒井哲郎「鏡」
左)「審判」
右)「鏡」

週末、行ってみると、2点を壁に立てかけて見せてくれた。担当者のTさんは、このあと画廊主催の大きな展覧会が予定されており、そのために集めたもので、今、これを売ってしまうとなかなかこの辺の作品はすぐには補充が効かないのだと言って少し困った顔をしていた(そういうことで集めたものなのでコンディションは、最高であった)。
そのあと、画廊の人たちとお茶を飲みながら雑談をしていたが、たまたま入ってきた他のお客様が、立てかけてある作品をのぞき込んで長い時間、じっとして動かない。急に欲しいなどと言われても困るので早々に買うと決めて、やっと落ちついておいしいお茶が飲めた。この年はこの2点だけで資金を使いはたし、他に何も買えなかったと記憶している。
《審判》は今回PARTIIのDMとして使わせて頂いたのですが、駒井さんの一般的に知られた作品でなく、このDMでPARTIIをみに来てくれる人が増えたら良いなという気持ちがありました。《審判》と言う難しいタイトルがついていますが、個人的にはタイトルを忘れて、この作品のおもしろさはスピードのある軽やかな線と重い黒の固まりが絶妙のバランスで画面の中に収まっているところだと思っています。
《鏡》については、都の現代美術館や、埼玉県立美術館のもの、駒井家のものなど今まで6点程みる機会がありましたが、それぞれちがった(特に鏡の中央の水滴部分など)味わいがあって、とてもおもしろく感じています。
特に今回、銀座・資生堂ギャラリーで見せて頂いた福原コレクションの《鏡》は他の穏やかなものに比べ、少し、荒々しいような新鮮な驚きのある《鏡》でした。
これから、もし銀座の資生堂ギャラリーに行かれるのであれば、ぜひ、《鏡》を見てきて頂きたい。私はこの《鏡》が大好きです。
このように、コレクション当時を少し思い出して見ましたが、何点かの作品には、出会いは一回しかなく、少ない機会を生かせたものだけが残りました。少しはコレクターとして、運を生かせたのかも知れません。(おわり)

*画廊亭主敬白
Sさんの3回にわたる述懐はいかがでしたでしょうか。
画商から見て「優れたコレクター」の条件には決断力や眼力、執着力(継続。飽きずに集め続ける執念)などがあります。もちろん資金力も大事ですが、どうも世の大コレクターという方たちに会っていると、お金の問題ではないのですね。
いくらお金を積んでも優れたコレクションにはならない。
オーラを発するコレクションとは、結局コレクターの思いの強さ、集める(編集する)ことで作家さえ気づかなかった未知の美を掘り起こす「第二の創造」なのだと、S氏コレクション、そして銀座の福原コレクションを見て思う次第です。
それにしても欠かせないのが「運」です。お二人とも実に強運の持ち主であります。

◆ときの忘れものは、10月26日(火)〜11月6日(土)「S氏コレクション 駒井哲郎PART II展」を開催しています(会期中無休)。
駒井哲郎展DM
昨秋の第一回展では、同じ版から刷られた同じ作品を敢えて複数コレクションするという「コレクションの異端」ぶりで観る人を驚かせたS氏コレクションの二回目は「生命あるものへ」の視点を凝縮した30点を展観します。

画廊では駒井哲郎関連書籍、カタログも販売しています。
『没後15年 銅版画の詩人 駒井哲郎回顧展』図録
『福原コレクション 駒井哲郎作品展/未だ果てぬ夢のかたち-』図録
『ときの忘れものアーカイブス vol.4/S氏コレクション駒井哲郎 PART I 展』

宮脇愛子の新作エディション『マン・レイへのオマージュ
マン・レイへのオマージュパンフ
マン・レイの折本仕立ての「回転扉(Pain Peint)」にインスパイアーされ、宮脇愛子がマン・レイへのオマージュとして制作した新作エディション、シルクスクリーン入り小冊子『Hommage a Man Ray マン・レイへのオマージュ』(DVD付き、限定25部)をぜひご購入ください。

こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから

私の駒井哲郎コレクション・その2

私の駒井哲郎コレクション・その2〜作品との出会い M.S.
 <S氏コレクション 駒井哲郎PART II展>より


昨年と今年、コレクション展をさせて頂いているSです。
何か書いて欲しいと言われたのですが、作者にはその作品を作った時の発想や苦労話もあるのでしょうが、コレクターには好きな作品に出会った時の喜びや、作品を探すまでの苦労話しかありません。
昔のことを少し思い出して書いてみました。
1.《夕立》の原版、《化石(’48)》
十何年も前の週末、いまでもよく見つけたなと思うほど小さな新聞記事で駒井展を知りました。会期を見ると既に始まって一週間になる。週末だったので、あまり期待もせずに、新橋のギャラリーDというところに出掛けて見た。
普通のマンションの一室だったと思うが、ほとんどお客様もいない。しかし展示された作品を見ると、まるで、小さな美術館のようで、状態の良い初期作品がずらりと並んでいた。価格については、あまり覚えていないが、かなり高かったのかも知れない。資金のないコレクターには出会った運も生かせず、(これを不幸と言ったらしかられそうですが)良い作品が目の前にあっても何も出来ずにいました。
とりあえず、最初に目についた《夕立》の原版、価格がついてなかったので、非売なんだろうなと思いながら思いきって聞いてみた。「あの原版は売ってもらえるのですか?」しばらく間があって画廊主は「ちょっと聞いてきます」と階段を降りていった。10分くらいして戻ると「売っても良いと言っています。でも版画一点分ですが良いですか?」と申し訳なさそうに言っている。版画の原版は以前から安く見られていたのは知っていたが、駒井さんの原版がレイエされて関係者に出たのは反歌だけなのでは?と思っていたので、当然、版画一点分より高いものと思っていた。
《夕立》の原版は2点並んで額装されており、色版に緑が残っていてとてもきれいでした。現在、展示されている形はその時のままです)
画廊主が言うには持ち主は下の階にいて、以前、駒井さんをたくさん持っていたが、売ってしまい、これが最後に残った一点だったとのこと。
そのあと、画廊主とゆっくり話していて、「他にどんな作品が好きですか」ということになり「初期の《化石》が好き」というと、思いがけず「ありますよ、今度お見せするので2〜3日したら又、寄ってください」、との答え。
数日後、わくわくしながら行ってみると、出てきたのはなんとエディション1/20でした。海底のイメージや化石は後年くり返し出てくるのですが、最初のこの一点は20代の初々しさがよく出ていて、その中で一番好きな作品です。
ギャラリーDでのこの2点との出会いは、今回のコレクション展示の中でも特に思い出深いものになっています。(この作品はPART1に続き、今回も展示されていますので、前回来られなかった人にも、ぜひ、見て頂きたいと思っています)(つづく)

駒井展示1駒井展示2
今回の展示風景

駒井展示3駒井展示4
展示作品の詳細は出品リストをご覧ください。

******************

上掲のS氏のコレクションは非売ですが、壁面の後ろ(コピー室といっています)には、ときの忘れもののコレクションから販売できる駒井哲郎作品を展示していますので、そちらもぜひご覧になってください。
駒井哲郎「ミカレル」
駒井哲郎「ミカレル
1973年 銅版
21.2×10.0cm 限定60部 サインあり

駒井哲郎「恩地孝四郎頌」
駒井哲郎「恩地孝四郎頌」
1974年 アクアチント(亜鉛版)
20.7×10.0cm 限定55部 サインあり

こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから

◆ときの忘れものは、10月26日(火)〜11月6日(土)「S氏コレクション 駒井哲郎PART II展」を開催しています(会期中無休)。
駒井哲郎展DM
昨秋の第一回展では、同じ版から刷られた同じ作品を敢えて複数コレクションするという「コレクションの異端」ぶりで観る人を驚かせたS氏コレクションの二回目は「生命あるものへ」の視点を凝縮した30点を展観します。

画廊では駒井哲郎関連書籍、カタログも販売しています。
『没後15年 銅版画の詩人 駒井哲郎回顧展』図録
『福原コレクション 駒井哲郎作品展/未だ果てぬ夢のかたち-』図録
『ときの忘れものアーカイブス vol.4/S氏コレクション駒井哲郎 PART I 展』

宮脇愛子の新作エディション『マン・レイへのオマージュ
マン・レイへのオマージュパンフ
マン・レイの折本仕立ての「回転扉(Pain Peint)」にインスパイアーされ、宮脇愛子がマン・レイへのオマージュとして制作した新作エディション、シルクスクリーン入り小冊子『Hommage a Man Ray マン・レイへのオマージュ』(DVD付き、限定25部)をぜひご購入ください。

こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから

私の駒井哲郎コレクション・その1

私の駒井哲郎コレクション・その1  M.S.
 <S氏コレクション 駒井哲郎PART II展>より

昨年と今年、コレクション展をさせて頂いているSです。
駒井さんの作品を長い事、少しづつ集めて来ましたが、今まで、人に見せたこともなく、たまたまアートフェアで久しぶりに「ときの忘れもの」さんに顔を出したところ、駒井さんの生誕90年ということでコレクション展の話を頂きました。
駒井さんはファンも多く、それぞれ人により好きな作品もだいぶちがうように思います。
私のは人に見せるつもりもなく、好きで集めたものなので、年代的にもかなり片よりがありますが、60年代の作品が好きです。
中でも、(《鏡》や《審判》、《毒又は魚》などの)62年の作品と(《食卓にて、夏の終りに》、《腐刻画》などの)65年〜66年の反歌関連の作品が特に好きです。
駒井さんを集めるきっかけとなった作品は《食卓にて、夏の終りに》です。これは70年代初め頃、月刊誌の版画特集に載っていたもので、当時の取り扱い画廊、J画廊に問い合わせて見たのですが、既に売れてしまったようで買えませんでした。
この作品がいつか出会ったら欲しい作品となり、その後、だんだんと増えて行きました。
以前、佐谷画廊で開かれた駒井哲郎展(1997年)のパンフレットのあとがきで佐谷さんが、駒井さんとの出会いを書いており、当時サラリーマンコレクターとしてエスパース画廊をさがしあて、詩画集『人それを呼んで反歌という』を買い求めたこと、その中の《食卓にて、夏の終りに》に心を打たれた事などが書かれていました。
この一文に出会った時、あの佐谷さんにも、こんな時代があったのだと知り、うれしかったのをおぼえています。
私が版画を買い始めた頃は、銀座の画廊は敷居が高く、なかなか入って行けませんでしたが、駒井さんを扱う画廊を少しづつ回ってゆく間に自然と平気で画廊を回れるようになりました。
駒井さんを入口にして好きな作家の幅も拡がっていったように思います。
作家との出会い、作品との出会いも長い時間で見るとほとんど運のようなものですが、今回のコレクション(良い作家にはめぐり合っているのですが)良い作品を集められたかどうかはあまり自信がありません。
でも、知り合いに今回のDMを配っているとあらためて、駒井ファンの多い事に気が付きました。
駒井ファンの皆さん、もし、この会期中、お時間があれば、ぜひ「ときの忘れもの」に立ち寄って頂きたいと思っております。(つづく)
駒井哲郎食卓にて
駒井哲郎「食卓にて、夏の終りに」
昨年の展示より

◆ときの忘れものは、10月26日(火)〜11月6日(土)「S氏コレクション 駒井哲郎PART II展」を開催しています(会期中無休)。
駒井哲郎展DM
昨秋の第一回展では、同じ版から刷られた同じ作品を敢えて複数コレクションするという「コレクションの異端」ぶりで観る人を驚かせたS氏コレクションの二回目は「生命あるものへ」の視点を凝縮した30点を展観します。

宮脇愛子の新作エディション『マン・レイへのオマージュ
マン・レイへのオマージュパンフ
マン・レイの折本仕立ての「回転扉(Pain Peint)」にインスパイアーされ、宮脇愛子がマン・レイへのオマージュとして制作した新作エディション、シルクスクリーン入り小冊子『Hommage a Man Ray マン・レイへのオマージュ』(DVD付き、限定25部)をぜひご購入ください。

こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから
QRコード
QRコード
記事検索
ときの忘れもの
blogランキング

ギャラリー&編集事務所「ときの忘れもの」は建築家をはじめ近現代の作家の写真、版画、油彩、ドローイング等を扱っています。またオリジナル版画のエディション、美術書・画集・図録等の編集も行なっています。
ときの忘れもの
ホームページはこちら
Archives
Categories
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: