ギャラリー  ときの忘れもの

001_外観1

カテゴリ: 今村創平のエッセイ

今村創平「建てられない建築とパンデミック都市」〜インポッシブル・アーキテクチュア展〜磯崎新、浅田彰公開対談

「建てられない建築とパンデミック都市」 〜インポッシブル・アーキテクチュア展〜磯崎新、浅田彰公開対談 今村創平  国立国際美術館で開催された「インポッシブル・アーキテクチュア展」 の関連イベントとして、 建築家磯崎新と評論家浅田彰の公開対談が、去る2月15日( …
続きを読む
今村創平のエッセイ「大分市美術館[磯崎新の謎]展」

大分市美術館[磯崎新の謎]展 今村創平  建築の展覧会というのも最近は随分と増えている中で、それでも公立美術館での存命の建築家個人の展覧会は限られている(注1)。このたび、大分市立美術館で「[磯崎新の謎]展:〈いき〉篇、〈しま〉篇」(会期2019年9月27日〜11 …
続きを読む
今村創平「建築への思いを伝える、安藤忠雄の建築図面」

建築への思いを伝える、安藤忠雄の建築図面 (安藤忠雄 初期建築図面集―個の自立と対話、於国立近現代建築資料館) 今村 創平  安藤忠雄の展覧会の頻度は特筆に値する。ここ10数年の間の都内の美術館での展覧会だけでも、今回を含め4回を数えることができる(*)。確か …
続きを読む
今村創平「ジャパンネス、日本近現代建築展にみられる建築家によるドローイングの変遷」

ジャパンネス、日本近現代建築展にみられる建築家によるドローイングの変遷 今村創平  フランス北東部の小都市メスにて、現在日本の近現代建築に関する大規模な展覧会、「JAPAN-NESS」が開催されている(2017年9月9日から2018年1月8日まで)。会場は、ポンピドー・センタ …
続きを読む
「石山修武展 チベット・インスピレーション」今村創平〜コレクターの声第9回

 建築家の展覧会としては、少々変わった趣きである。スケッチやドローイングを多くものにする建築家は少なくない。感激した空間を記録するために、もしくは自らの創意を確認するために、建築家は日常的にスケッチを描く。であるから、建築家のドローイング展としては、自ら …
続きを読む