渡辺貴子のエッセイ

渡辺貴子さんからのメッセージ〜9人の作家たち

ただいま開催中の「6月の画廊コレクション展〜9人の作家たち」にはときの忘れものが期待する若い世代の9人の作家に参加していただいています(※6月22日[土]まで。日・月・祝日休廊)。

9人からは近況報告をかねた皆さんへのメッセージをいただいていますが、本日は轆轤を使わない「ひもづくり」技法による不思議なオブジェを制作している渡辺貴子さんです。
watanabe_02_untitled_2010
"untitled"(12)
2010年 ひもづくり
H38.0×W12.0×D11.0cm Signed

watanabe_04_untitled_2009
"untitled"(16)
2009年 ひもづくり
H34.0×W24.5×D12.0cm Signed

こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから
----------------------------

2013年はロンドンでのグループ展から始まりました。新春メッセージで少し紹介させていただきましたが、ロンドン在住の陶芸家の友人からの誘いで実現しました。見た事が無い場所、会った事が無いメンバー、そして初めての海外での展示だったので作品の運搬など不安もありましたが、ロンドンでの展示は学生の時からの憧れだったので、赤字と少々のトラブルは承知で参加しました。
しかしそれが現実になってしまうとは…その時は想像もしませんでしたが。

メンバーはイギリス人2人と日本人2人。私は日本から、もう一人の日本人の方はスペインから参加だったので、何十回ものメール交換で展示スペースや設置等について話し合い、12月上旬にはDMとポスターが出来上がりました。あとは作品を運ぶだけ。2週間あれば届くという郵便局員の言葉を信じ、安くて、手続きが楽な郵便局から発送しました。

そして展示の3日前。私はロンドンに到着しましたが、作品の入った荷物はまだ届いていませんでした。一番恐れていた事が起きてしまいました。イギリス国内には届いていたようですが、どうやら税関で止まってしまったようでした。週末は郵便局のサービスは無く、その上クリスマスとニューイヤーが重なり(普段でものんびりなイギリスのサービスが)更に遅れているようでした。友人が何度も交渉してくれましたが、苦労も虚しく、とうとう初日のオープニングパーティーには間に合いませんでした。幸いファイルだけは持っていたのでそれを見てもらう事は出来ましたが、作品の不在は本当に情けない状態でした。もしもこれが個展だったら…と思うと生きた心地がしませんでした。

荷物が近くにあるのに受け取れないもどかしさ。再度友人に交渉してもらい次の日にはロンドン郊外の郵便荷物集荷所まで取りに行く事に。そこで想像以上の税金(箱の中身を忠実に記したために課せられた)を払わされた上に、送った5箱のうち1箱はどこにあるか分からないと言う始末。イギリスに住んでいた頃、こんな事で何度も腹を立てた記憶がよみがえってきました。
結局一箱分は足りなかったのですが、友人の協力で何とか2日目からの展示には間に合いました。
ちなみに、この行方不明の一箱は2月下旬に長旅を経て日本に無事帰りました。そして払い過ぎた(と思う!)税金に関しては、現在もロンドンの友人が返金交渉中です。

荷物騒動でそれまではロンドンどころではなかったのですが、後半は展示の合間にギャラリー周辺を歩く事が出来ました。最寄り駅のLondon bridgeは、ロンドン橋はもちろん、周辺には大きなフードマーケットがあり、とても活気がある街でした。そこを抜けるとテムズ川を見渡せ、川沿いを15分程歩くとテートモダンがあります。そして最近注目され、日本の雑誌やガイドブックにも紹介されるBermondsey Streetというアーティストが集まる場所も近く、おしゃれな小さなお店やカフェが並んでいました。週一度朝早くに始まるアンティークマーケットも有名だそうです。そこに出来て間もない White Cube (ロンドン市内に3つある内の一つ)というギャラリーで開催していた Antony Gormley 展を思いがけず観られたのはラッキーでした。巨大な鉄の作品の中に入る事が出来たのですが、かすかな光を頼りに鉄にぶつかりそうになったりしながら進み、屈んだり、立ったり、見上げたり、行き止まりに行ったり戻ったり…。ほんの数分でしたがギャラリーの中に居る事を忘れてしまうような面白い体験でした。

さて肝心のグループ展ですが、やはり年末年始の大きなイベントの後はなかなか人もお金も動かず、プロモーションには苦労しました。新聞や地域のフリーペーパー、ギャラリーガイドに掲載はしたものの中々成果は見えず、展示が始まった後もマーケットやカフェなどでDMを配ったりしました。余談ですが、私達の展示と同時期に地下で開催されていた「The Beauty of Women」という主に女性の裸体をモチーフにした様々な作品を展示していた会場に足を運ぶ人の多さには少々驚きました。

それでも来てくれた人達は熱心に観てくれました。(値段が安い、と言いつつ買ってくれませんでしたが!)
言うまでもなく作品の売れ行きは良くなかったのですが、私にとっては全てが初めての貴重な時間でした。残念な場面もありましたが、経験出来て良かったと思います。そして何よりも、このメンバーと出会えた事、帰国した時から会っていなかった友人やホームステイ先のご夫婦、わざわざデンマークから来てくれた友人などに再会出来たのが本当に嬉しかったです。
今回の教訓を生かすためにも(初日に来て、作品を観られなかった友人のためにも!) また挑戦したいと思います。新作の構想を練りつつ、ロンドンでの展示を夢見る毎日です。

(わたなべ たかこ)

ポスターグループ展のポスター

ギャラリー入口
ギャラリーの入口から。かつてはチョコレート工場だった建物。ギャラリー以外にもオフィスやカフェ、シアターも入っている。

作品不在のお知らせ
初日の展示は、作品不在のお知らせ。

展示の一部
展示の一部より

Antony Gormley
White Cube の入口前に設置されていた、Antony Gormley の作品。

◆ときの忘れものは、2013年6月7日[金]―6月22日[土]「6月の画廊コレクション展〜9人の作家たち」を開催しています(※日・月・祝日休廊
魔方陣上段左から:
秋葉シスイ、渡辺貴子、永井桃子
中段左から:
君島彩子、宇田義久、光嶋裕介
下段左から:
根岸文子、若宮綾子、野口琢郎

ときの忘れものが期待する若い世代の作家9名による作品展です。
平面、立体、技法や素材もさまざまな現代作家の多彩な表現をご堪能ください。

光嶋裕介さんからのメッセージはコチラ

宇田義久さんからのメッセージはコチラ。

渡辺貴子さんからのメッセージはコチラ。

野口琢郎さんからのメッセージはコチラ。

根岸文子さんからのメッセージはコチラ。

君島彩子さんからのメッセージはコチラ。

永井桃子さんからのメッセージはコチラ。

若宮綾子さんからのメッセージはコチラ。

秋葉シスイさんからのメッセージはコチラ。

渡邊貴子さんから新春メッセージ

渡邊貴子さんから新春メッセージ

渡邊貴子さん

2012年は銀座「巷房」で12月3日〜8日まで個展があり、そのための制作が中心の1年となりました。今回は、2011年の i Gallery(山梨・石和)での個展「冬の記憶」をテーマにもう少し制作を続けたいと思い、そこから発展する形で始めました。寒い冬の日に窓についた水滴や、凍った湖、雪の結晶などのイメージを丸いモチーフを重ねて表現したのですが、数年前から試してみたかった色(釉薬)のテストも、今回の表現に影響したと思います。そのため全てが造形よりも表面の見え方を強調した作品になりました。色使いと同様、試験的な作業で試行錯誤したいという思いがあり、今回は少しその作業に偏った気がしますが、今後もその作業を取り入れながら新たな制作がバランス良く出来れば、と思っています。

今年はロンドン在住の陶芸家の友人からグループ展の誘いがあり、
夏頃からメールを頼りに計画を立ててきました。テートモダンの近くのMENIER GALLERY で来月8日〜12日までの開催が決定し、2013年はロンドンのグループ展から始まります。かなりの赤字覚悟ではありますが、海外、特にロンドンでの展示は夢の一つでしたので、実現が間近になりとても嬉しいです。作品の運搬や設置など問題はまだまだあり、100%満足のいく展示ではありませんが、今後の制作に刺激を与えてくれる良い経験にしたいと思います。
お正月にロンドンへ行く機会がありましたら、立ち寄ってください。

「Gardens」 1月8日(火)〜12日(土)
Yoko Kataoka. Tom Payne. Takako Watanabe. Juliette Wiles
イギリス個展DM表600
イギリス個展DM裏600

MENIER GALLERY (LONDON)
http://www.meniergallery.co.uk/Menier_Gallery/Home.html
http://our1stshow.blogspot.co.uk/

600
600
600

(わたなべたかこ)

watanabe_02_untitled_2010渡辺貴子
"untitled"(12)
2010年
ひもづくり
H38.0×W12.0×D11.0cm

こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから

*画廊亭主敬白
お正月の新春メッセージ、〆はロンドンでの展覧会に旅立った渡辺貴子さんです。
元旦のスタッフ一同からの挨拶に続き、2日からは光嶋裕介さん、野口琢郎さん、井桁裕子さん、ハ・ミョンウンさん、大竹昭子さんからそれぞれ新春メッセージをいただきました。
また5日には今年最初の連載エッセイ・土渕信彦「瀧口修造の箱舟」第5回を掲載させていただきました。
皆さんありがとう。
文明の利器とはありがたいもんで、おかげさまで亭主も社長ものんびりさせていただきました(もちろんスタッフたちも)。
ときの忘れものは本日より2013年の営業を開始いたします。
先ずはいただいた年賀状の整理と、たまりに溜まったメールへの返信作業が仕事はじめです。
明日からは「松本竣介展」の後期展を開催します。どうぞお出かけください。

あらためてスタッフ一同より、一層のご愛顧をお願いする次第です。

Tricolore2010展―渡辺貴子のエッセイ

Tricolore2010―君島彩子・若宮綾子・渡辺貴子展は本日が最終日です(夜7時まで)。
出品作家の皆さんに、それぞれ作品・制作について語っていただいています。
今日は渡辺貴子さんの最終回です。


渡辺貴子のエッセイ 最終回
「制作について思うこと」

学校に入ってからの思いがけない進路変更は想定外でしたが、
そこで学び、感じた事は、自分自身に大きな変化をもたらした上、
今でも制作の原点になっていると思えるのです。

器づくりを離れ、表現の境界線を取り去った時から、
土は、私自身を表現できる一つの素材へと変わっていきました。

渡辺貴子ベネチアの思い出
器作りから離れ、別のアイディアを元にして挑戦した作品。初めて行ったベネチアをイメージして。

日々生活していく中で、気付かぬうちに私の中に積もっていくもの。
それを再確認しながら吐き出していく。
土を積み上げて、ゆっくりと形にしていく作業は、
それとなんだか似ているような気がします。

卒業まで残り1年となった頃、卒業後の就職活動が頭をよぎり、
石膏型で食器を作る技術でも卒業制作をしました。
自由に粘土を積み上げて制作していく技術に対して、石膏型を作るには
事前に正確な設計図が必要で、土よりも石膏で作業する時間が多かったのです。
長い時間をかけて完璧な物を作るという作業も興味深く思えましたが、
大量生産用のデザインに近い仕事よりも、たったひとつの物を、感覚を
頼りながら表現する方が自分には合っているような気がしました。

渡辺貴子卒業制作1渡辺貴子卒業制作2
卒業制作展での展示。

頭で考えるよりも先に、理屈抜きで私の五感に訴えてくる、
シンプルな感覚は、私が制作する上で大切な要素なのです。
先日のオープニングパーティーでお会いした方が、
「作品を見ていると、どこかから音楽が聴こえてくるような気がします。」
と感想を言ってくれました。
こんな出会いがある時、制作を通して人とつながっていると実感するのです。
渡辺貴子展DM
二度目の個展でインスタレーションを経験して。

(わたなべたかこ)

watanabe_23_untitled_2010渡辺貴子 出品No.41
「untitled」
2010年 ひもづくり
H23.0xW28.0xD9.0cm
Sold

watanabe_15_untitled_2006渡辺貴子 出品No.55
「untitled」
2006年 ひもづくり
H23.0xW11.0xD5.0cm
価格18,900円(税込)

watanabe_19_untitled_2005渡辺貴子 出品No.61
「untitled」
2005年 ひもづくり
H8.5×W16.0×D10.0cm
価格16,800円(税込)

こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから


渡辺貴子さん渡辺貴子 Takako WATANABE
1970年生まれ。1989年渡英し、1990年頃より陶芸を始める。1995年 Bath College of Higher Education(現 Bath Spa University) 3D Design Ceramics Courseを卒業後、帰国。実家の織物会社で働きながら、1999年よりグループ展、個展で活動する。

◆ときの忘れものは、2010年7月20日[火]―7月31日[土]に三上豊さん(和光大学教授)のキューレーションでTricolore2010―君島彩子・若宮綾子・渡辺貴子展を開催しています(会期中無休)。
三人展DM

Tricolore2010展―渡辺貴子のエッセイ

現在開催中のTricolore2010―君島彩子・若宮綾子・渡辺貴子展の出品作家の皆さんに、それぞれ作品・制作について語っていただいています。
今日は渡辺貴子さんの第2回目です。


渡辺貴子のエッセイ 第2回
「初めての表現方法」

陶芸のコースを専攻したにもかかわらず、プロジェクトでは粘土で作品を作る事ばかりではありませんでした。紙やプラスチック等、使う素材もさまざま。立体制作だけでなくドローイングや版画の授業もありました。そんな数々の課題の中で、今でも忘れられない事があります。

いつものようにスケッチブックを持った私達は、バスで郊外へ出掛けました。「今日は何を描くのだろう・・・」と、のんびりと外の景色を眺めるのも束の間、予想もしない課題にピクニック気分は苦悩の一日になりました。

その課題とは、「自然を使っての制作!?」だったからです。

降りた場所は見渡す限り、岩の続く山道。道具ひとつ持っていないのに、ここで制作しろというのです!
何の規制も無い自由な状態に、ただただ途方に暮れるばかり・・・とりあえず木片や小石などを集めたものの、なかなか形にはなりません。絶体絶命の状態に、私は一から作ることを諦め、作品になりそうな場所を探すことにしました。

観察しながらウロウロ、やっとの思いで渦巻きの岩穴を見つけました。「これで何とかするしかない!」と、やけくそになった私は、集めた木片を渦巻きに沿って置いていきました。するとそれは、岩の上に渦巻きの木が生えているようになっていきました。
作品と呼べる物かどうか分かりませんでしたが、なんだか胸がドキドキしてきました。

私にとって初めての表現方法を経験した時でした。

この事をきっかけに、それまであまり興味の無かったインスタレーションや陶芸以外の表現を面白いと感じるようになりました。
今では好きなアーティストの一人である、Andy Goldsworthy の作品を見る度に「あの時に知っていたら、その課題にそんなに悩む事もなかっただろう・・・」と思うのですが・・・。

陶芸制作とは全く関係の無いような課題でしたが、「陶芸=器」というような私が持っていた強い概念が、少し取り払われた気がしたのでした。
(わたなべたかこ)

watanabe_05_untitled_2008渡辺貴子 出品No.45
「untitled」
2010年 ひもづくり
H27.0×W37.0×D7.0cm
価格26,250円(税込)


watanabe_07_untitled_2008渡辺貴子 出品No.47
「untitled」
2008年 ひもづくり
H19.0xW14.0xD9.0cm
価格26,250円(税込)


watanabe_14_untitled_2006渡辺貴子 出品No.54
「untitled」
2006年 ひもづくり
H23.0xW17.0xD4.5cm
価格26,250円(税込)

こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから


渡辺貴子さん渡辺貴子 Takako WATANABE
1970年生まれ。1989年渡英し、1990年頃より陶芸を始める。1995年 Bath College of Higher Education(現 Bath Spa University) 3D Design Ceramics Courseを卒業後、帰国。実家の織物会社で働きながら、1999年よりグループ展、個展で活動する。

◆ときの忘れものは、2010年7月20日[火]―7月31日[土]に三上豊さん(和光大学教授)のキューレーションでTricolore2010―君島彩子・若宮綾子・渡辺貴子展を開催しています(会期中無休)。
三人展DM

Tricolore2010展―渡辺貴子のエッセイ

現在開催中のTricolore2010―君島彩子・若宮綾子・渡辺貴子展の出品作家の皆さんに、それぞれ作品・制作について語っていただきます。
今日は渡辺貴子さんの第1回目です。


渡辺貴子のエッセイ 第1回
渡英して約一年、土地にも慣れてきた頃、語学学校と家の行き帰りが少し退屈になってきました。そんな時、家の近くに陶芸教室がある事を知り通い始めました。ちょうど一人暮らしを始めたばかり、毎日自分で使える食器が作れたら良いだろうと思いました。初心者だからこそ、作った物がまあまあサマになる器作りは、思っていたよりも楽しく、もう少し本格的に学んでみたいと思い、美術学校に入学しました。

器を作る気満々で入学した私に与えられた最初のプロジェクトは、
二つの物体の〔amalgamation-融合〕と〔metamorphosis-変形〕を表現したオブジェクトの制作でした。想像すらしなかった要求に悩んだ挙句、苦し紛れに選んだ二つの物は、電球と松ぼっくり。記念すべき第一号の作品は予想とは掛け離れた物でした。
電球と松ぼっくり

その後も器やカップを作る事からは程遠い課題に、戸惑いの日々が続き、私の棚にはへんてこな物体が増えていきました。

ところが不可解なプロジェクトにも驚かなくなった頃、私自身には変化がおとずれました。
「へんてこな物体作り」を楽しいと思い始めたのです。正確に言うと、出来上がっていく物体に驚きを感じるようになったのです。なぜなら、それらは私が今まで見た事の無い物だったからなのです。今思うと、それは未知の世界を発見する感覚を知った瞬間でした―それがある限り、私は制作を続けていけるだろうと思えるのです。
(わたなべたかこ)

watanabe_01_untitled_2010
渡辺貴子 出品No.38
「untitled」
2010年 ひもづくり
H31.0xW52.0xD10.0cm
価格48,300円(額付、税込)


watanabe_02_untitled_2010
渡辺貴子 出品No.39
「untitled」
2010年 ひもづくり
H38.0×W12.0×D11.0cm
価格36,750円(額付、税込)


watanabe_25_untitled_2010
渡辺貴子 出品No.42
「untitled」
2010年 ひもづくり
H21.0×W22.0×D22.0cm
価格36,750円(額付、税込)

こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから


渡辺貴子さん渡辺貴子 Takako WATANABE
1970年生まれ。1989年渡英し、1990年頃より陶芸を始める。1995年 Bath College of Higher Education(現 Bath Spa University) 3D Design Ceramics Courseを卒業後、帰国。実家の織物会社で働きながら、1999年よりグループ展、個展で活動する。


◆ときの忘れものは、2010年7月20日[火]―7月31日[土]に三上豊さん(和光大学教授)のキューレーションでTricolore2010―君島彩子・若宮綾子・渡辺貴子展を開催しています(会期中無休)。
三人展DM
7月24日(土)17時より、ギャラリートークを開催します。
講師:三上豊(和光大学教授)×君島彩子×若宮綾子×渡辺貴子
※要予約(参加費1,000円/1ドリンク付
ときの忘れもの
blogランキング

ギャラリー&編集事務所「ときの忘れもの」は建築家をはじめ近現代の作家の写真、版画、油彩、ドローイング等を扱っています。またオリジナル版画のエディション、美術書・画集・図録等の編集も行なっています。
ときの忘れもの
ホームページはこちら
Archives
Categories
最新コメント
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ