磯崎新のエッセイ

東野芳明の命日〜磯崎新のオマージュ「極薄」

今日は、美術評論家の東野芳明先生の命日です。
1990年に脳梗塞で倒れ、長い闘病生活ののち2005年11月19日に亡くなられました。享年75。

お元気な頃、アンディ・ウォーホル展図録などに原稿を書いていただきました。
美術界きっての悪筆で、ご自宅に伺い原稿をいただくや、その場で原稿を読み上げ、読めない字(ばかりだった)はその場で先生に確認するというのが編集者の常識でした。
ひらがななど慣れない人にはどれも同じに見えるというくらいの凄さで、その場で確認しないと先生ご自身が読めなくなる(笑)ほどでした。
チャーミングで気さくな雰囲気は多くの人に愛されました。

亡くなられた翌年2006年10月14日(土)〜11月12日(日)に渋谷区松濤にあるギャラリーTOMで「東野芳明を偲ぶオマージュ展 水はつねに複数で流れる」が開催されましたが、その折、親しかった磯崎新先生が制作されたのが「極薄」という作品です(ときの忘れもののエディション)。
磯崎新・極薄

磯崎新
「極薄」 
2006年 シルクスクリーン(刷り:石田了一)
イメージサイズ:49.0×46.0cm
紙サイズ:56.0×56.0cm
Ed.35 signed

こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから

上述のオマージュ展に寄せた磯崎先生のエッセイを再録します。

「極薄」   磯崎新
 一九六〇年頃の前衛アート・ヒーバーのもとおこしは東野芳明のニューヨーク情報に由来することは、あのとき二〇代だったアーティストの記憶に残っているはずですが、熱はさめると、ケロッとしているのが世のならい。それから四〇年すぎると、自動車の助手席にすわって素もぐりに行き、海底写真をレンズ逆むけでとっていた人となっているのではないかと、私はおそれています。あの頃、彼がもたらした情報は自分で作家のアトリエに行き、売れ先に敏感なギャラリーの主からは直接仕入れた一次情報だったこと、それだけに生(なま)で確実だったことを誰かはっきり記録してもらいたいと思うのです。多摩美にそんなことを研究する人は必ずいるでしょうから。

 私は東野芳明が「アンフラマンス」を「極薄」と日本訳したことが、どんなアート情報よりも重要な功績だと思っています。これは正確な訳ではない。意味も違うという人がいるかも知れない。デュシャンの全仕事よりも、この隠されていた一語がより重要だと考えている私には、彼がデュシャンの造語にたいしてみずから造語で答え、何といわれようと四半世紀のうちに、日本語ではもう他の訳語はないとみえることになったのが素晴らしいことだったと思います。そこで東野芳明へのオマージュとならば、何はさておき、『極薄』です。
(いそざきあらた)

磯崎新「還元」〜建築家はなぜ版画をつくるのか

建築家の磯崎新先生は1977年以来、継続的に版画制作に取り組んでこられましたが、最初期の「ヴィッラ」シリーズに続いて発表したのが1982年の「還元」シリーズ12点でした。
この発表のとき、版元の亭主の依頼で磯崎新先生は珍しく「版画」についてのかなり整理された発言をなさっています。
なぜ建築家は版画をつくるのか。
下記の論考は単行本にも収録されていないので、「還元」シリーズとともにご紹介しましょう。


版画としての建築  磯崎 新

 はじめて版画をつくったのは1977年で、もちろん版画センターのすすめによるものだ。建築家の私に版画をつくらせるなど、どこで思いついたのか、つい聞きそびれてしまったが、それ以来深入りしてしまいつつある。
 有難かったのは、サンパウロ・ビエンナーレの日本代表に突然えらばれながら、どういうメディアで表現しようか、と迷っていたときのことだ。綿貫さんが、それも版画でやったらどうですか、とすすめてくれた。だが、大きい展覧会だから作品も大きくなりますよ、というと、いいですよ、世界最大の版画にしたらいい、と平然たるものだった。必ずしも彼に成算あってのことだったとも見うけなかったが、その気迫にたよって、立体と組合わさった版画ができた。とにかくばかでかく、こんなあほらしく手のかかる仕事はめったに手がける人はいないだろう。
 昨年の春、ニューヨークを訪れた。ハーバード大学に教えにいった帰りであったが、友人にあうと、展覧会のためにやってきたのだね、という。誰のかい、と問いただすと、君のだよ、と返事がくる。おかしいね、そんな話は聞いてないけど誰かが勝手に企画したのだな、レオ・カステリ画廊で何ヶ月か前に鉛レリーフのマルティプルを展示したし、ローザ・エスマン画廊でも似たものを扱って、ハーバードのガント・ホールに展示されている。それ以外の作品は送ったことがないのだが。
 しかし事実としてスペイスド画廊というところで『アラタ・イソザキ他』展がひらかれていた。他というのは、フランク・ロイド・ライトとポール・ルドルフで、ライトのはワスムース版のオリジナルの一部、ルドルフは一連のオリジナル・ドローイングだった。私のは、はじめてつくった版画のヴィッラ・シリーズの7点全部で、思いがけない場所で邂逅することになった。
 いきさつは、日本に来た外国の建築家がこの版画をもとめて、ニューヨークに運んだもののようで、版画が勝手に流通しているわけだから、作者の知らぬところにでまわるのは当然ともいえる。
 この展覧会には、もういちど驚かされた。一ヶ月あまりして、ニューヨークにもどってある朝ニューヨーク・タイムズを開いてみると、でかでかとこの版画の写真がのっているではないか。三点並んでいる。そして全頁がこの展覧会、そして私のヴィッラ・シリーズについやされている。
 ニューヨーク・タイムズの批評欄はきびしいことで有名で、私の記憶でも、たとえばフランク・ステラの雲形定規シリーズがはじめてあらわれたエポックメーキングな展覧会でも、せいぜい二段で写真なしというぐらいだから、小さい展覧会で一頁をさくのは異例のことかも知れない。後で聞くとこの記事以後、画廊は超満員だったということだ。
 この事件、誰が仕組んだというわけでもないが、原因は、版画センターが石田さんの刷りで私の住宅作品のプリントをつくってくれていたせいで、まずはこの人達に感謝せねばならない。
 今度発表する12点の作品は、過去10年間に私が設計した住宅以外の仕事の全部を版画にしたものである。いくつかのタイプに分類できるが、いずれもその建築の基本コンセプトを抽象化し、視覚化してある。実際にできた建築は三次元的な存在だし、内部に空間をかかえこんでいるから、その見えかたも体験のしかたも違っている。しかし、それが構想されるときには、手がかりとなるひとつの形式を導入せねばならない。版画で表現しようとしているのは、その部分である。だから、建築が、建築家の手からうまれでていくその瞬間のイメージの視覚化といっていい。それと同時に、建築家が自分の仕事をもういちど解釈しなおそうとしている部分もある。こんな狭間を感じとってもらえると、作者として何より心強い。(いそざき あらた)
*『堀内正和・磯崎新展ー西田画廊開廊記念展図録』所収(1982年 奈良・西田画廊刊)

***************
磯崎新の「還元」シリーズ12点
DSCF0197磯崎新「OFFICE Ⅰ(BANK)」
1983年 シルクスクリーン
55.0×55.0cm Ed. 75
サインあり

DSCF0193磯崎新「LECTURE HALL -Ⅰ」
1982年 シルクスクリーン
55.0×55.0cm Ed. 75
サインあり

DSCF0209磯崎新「MUSEUM -Ⅰ」
1983年 シルクスクリーン
55.0×55.0cm Ed. 75
サインあり

DSCF0184磯崎新「MUSEUM -Ⅱ」
1983年 シルクスクリーン
55.0×55.0cm Ed. 75
サインあり

DSCF0190磯崎新「LIBRARY」
1983年 シルクスクリーン
55.0×55.0cm Ed. 75
サインあり

DSCF0200磯崎新「CLUB HOUSE」
1983年 シルクスクリーン
55.0×55.0cm Ed. 75
サインあり

DSCF0203磯崎新「OFFICE -Ⅱ」
1983年 シルクスクリーン
55.0×55.0cm Ed. 75
サインあり

DSCF0207磯崎新「CONVENTION CENTER」
1983年 シルクスクリーン
55.0×55.0cm Ed. 75
サインあり

DSCF0187磯崎新「TOWN HALL」
1982年 シルクスクリーン
55.0×55.0cm Ed. 75
サインあり

DSCF0201磯崎新「LECTURE HALL -Ⅱ」
1982年 シルクスクリーン
55.0×55.0cm Ed. 75
サインあり

DSCF0188磯崎新「GYMNASIUM」
1983年 シルクスクリーン
55.0×55.0cm Ed. 75
サインあり

DSCF0196磯崎新「CLINIC」
1983年 シルクスクリーン
55.0×55.0cm Ed. 75
サインあり

--------------------------------------------
19770906磯崎新展・東京セントラルアネックス会館記念_00003
左)「空洞としての美術館機
1977年 シルクスクリーン+ドローイング+立体(キャンバス) 119×480cm  Ed.5
右)「空洞としての美術館供
1977年 シルクスクリーン+ドローイング+立体(キャンバス) 119×360cm  Ed.5
刷りは2点ともに石田了一
こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから

◆ときの忘れものは、2011年1月15日[土]―1月29日[土]の会期で「没後20年 孤高のモダニスト福田勝治写真展」を開催します(※会期中無休)。
福田勝治展DM
福田勝治は、1899年山口県に生まれ、昭和を通して活躍した写真家です。今年2011年が没後20年にあたります。ときの忘れものでは、新春の特別企画として、代表作《心の小窓》《光りの貝殻》《静物》の3点と、1955年にイタリアで撮影された作品15点(未発表)の計18点を展観し、福田勝治の作品と、その功績をあらためて顕彰し、ご紹介いたします。
ホームページに出品リスト、及び価格表を掲載しましたのでご覧ください。

磯崎新の新作版画〜東野芳明へのオマージュ

東野芳明オマージュ展2

20061014/東野芳明展1

20061014/東野芳明展2


 昨年秋亡くなられた美術評論家・東野芳明(とうの よしあき、1930年 - 2005年11月19日)先生を偲ぶオマージュ展が14日(土)から渋谷区松濤のギャラリーTOMで始まりました。

「東野芳明を偲ぶオマージュ展 水はつねに複数で流れる」
  会期=2006年10月14日(土)〜11月12日(日)
     10:30〜17:30 月曜休館
  会場=ギャラリーTOM
  入館料=一般600円、小中学生200円
      視覚障害者及付添者300円

出品作家=荒川修作、磯崎新、海老塚耕一、岡崎和郎、沖啓介、大竹伸朗、柏木弘、久保田成子、塩見奈々、篠原有司男、須田基揮、シュウゾウ・アヅチ・ガリバー、菅木志雄、関根伸夫、高見澤文雄、田窪耕治、田中信太郎、堂本右美、中西夏之、中村康平、野田哲也、野田裕示、萩原朔美、古田裕、三澤憲司、三宅一生、宮脇愛子山口勝弘、安田奈緒子、山本容子、横尾忠則、四谷シモン、吉澤美香、李禹煥、和田守弘

東野先生が病に倒れたのは1990年ですが、以来16年にわたり闘病生活を送られました。
東野先生の一周忌にあたり、親しく交遊のあったアーティストたちが出品しています。

磯崎新先生は、この展覧会のためにシルクスクリーン作品を制作されました(ときの忘れものの新作エディションです)。
磯崎新・極薄

磯崎新「極薄」 
 2006年 シルクスクリーン(刷り:石田了一)
 限定35部 サイン・番号入り
 イメージサイズ:49.0×46.0cm
紙サイズ:56.0×56.0cm

こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから

以下は、この展覧会に寄せた磯崎新先生のコメントです。

「極薄」   磯崎新
 一九六〇年頃の前衛アート・ヒーバーのもとおこしは東野芳明のニューヨーク情報に由来することは、あのとき二〇代だったアーティストの記憶に残っているはずですが、熱はさめると、ケロッとしているのが世のならい。それから四〇年すぎると、自動車の助手席にすわって素もぐりに行き、海底写真をレンズ逆むけでとっていた人となっているのではないかと、私はおそれています。あの頃、彼がもたらした情報は自分で作家のアトリエに行き、売れ先に敏感なギャラリーの主からは直接仕入れた一次情報だったこと、それだけに生(なま)で確実だったことを誰かはっきり記録してもらいたいと思うのです。多摩美にそんなことを研究する人は必ずいるでしょうから。

 私は東野芳明が「アンフラマンス」を「極薄」と日本訳したことが、どんなアート情報よりも重要な功績だと思っています。これは正確な訳ではない。意味も違うという人がいるかも知れない。デュシャンの全仕事よりも、この隠されていた一語がより重要だと考えている私には、彼がデュシャンの造語にたいしてみずから造語で答え、何といわれようと四半世紀のうちに、日本語ではもう他の訳語はないとみえることになったのが素晴らしいことだったと思います。そこで東野芳明へのオマージュとならば、何はさておき、『極薄』です。

磯崎新「内部風景シリーズについて」

磯崎新「”内部風景シリーズ”について」

1979年9月版画センターニュース9月号磯崎
『版画センターニュース PRINT COMMUNICATION No.50』1979年9月号2頁所収

磯崎新「内部風景」シリーズ発表
*東京国際版画ビエンナーレに出品、佳作賞を受賞

1979年8月1日磯崎内部風景エディション目録
内部風景 機.好肇鵐椒蹈ε 璽襦璽肇Εッヒ・ウィトゲンシュタイン
1979年 アルフォト 80×60cm Ed.8
現代版画センターエディションNo.287

内部風景 供.トルマル精神病院ーアントナン・アルトー
1979年 アルフォト 80×60cm Ed.8
現代版画センターエディションNo.288

内部風景 掘〜幅性の空間ーアラタ・イソザキ
1979年 アルフォト 80×60cm Ed.8
現代版画センターエディションNo.289

ときの忘れもの
blogランキング

ギャラリー&編集事務所「ときの忘れもの」は建築家をはじめ近現代の作家の写真、版画、油彩、ドローイング等を扱っています。またオリジナル版画のエディション、美術書・画集・図録等の編集も行なっています。
ときの忘れもの
ホームページはこちら
Archives
Categories
最新コメント
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ