四谷シモンのエッセイ

四谷シモン〜「西村多美子写真展 実存」

Simon YOTSUYA writes on "Tamiko NISHIMURA Photo Exhibition Existence - Situation Theater 1968-69"

「実存 1968-69 状況劇場」

四谷シモン


 68年、69年、『由比正雪』、『腰巻きお仙振袖火事』の時代は、世界中の若者の文化の一つとして、アンダーグラウンドの時代が到来していたんです。あらゆる物の価値観、たとえば、美術、演劇、政治的な事においても変革の時が来ていたと思います。その時代にちょうど青春とぶつかり合い、ある種の中心、台風の眼の位置にあった当時の状況劇場と、僕は運命的な出会いをしたんです。
 唐十郎との出会いは、偶然友人が芝居に出る本番の日に、僕は芝居のしの字も知らなかったけれど、楽屋を訪ねてぼーっと見てたら、色白のぽっちゃりとした感じの人が近づいて来て、「申し訳ないが、このピンを私の髪の毛に打ってくれないか」って言ってきたんです。「ピンですか、いいですよ」と見ると手のひらにヘアピンが黒々と山のようにあるんです。僕は「エッ全部つけるんですか」と聞きました。ヘアピンをこんなに付けるなんて変だ、ただ事じゃない。僕はこの変な感じの人に会いたかったのかと、運命の出会いを心から感じてショックを受けたんです。
 それから何十年という友情が僕と唐十郎の間で生まれました。状況劇場は、あの時代の演劇界において象徴的な存在でした。芝居とは劇場、小屋でやるものですが、日本の芝居そのものが、本来的に言えば河原から始まった。地べたで土ぼこりのするそこから、ある種の原初的な所から始まったということです。唐十郎の演出は、演じる役者の核について、麿赤児や、大久保鷹、それぞれをイメージしながら、当て書きをしていました。
 『由比正雪』という芝居では、花園神社にテントを作りました。新宿西口公園のトラック劇場はかなり狭いところでしたし、もう本当に不可能ではないかということばかりやっていました。社会からみても、新聞の三面記事に載ったり、若者の心情に火をつけたり、全てがひとつのスキャンダラスな出来事でした。僕は元々役者志望ではなかったし、芝居なんかわかんない。そういう人間ではないのに、何故かああいう事ができてしまったんです。

よつやしもん(人形作家)

『1968 - 69 状況劇場 実存』西村多美子写真集(グラフィカ編集室刊)より転載
*一部及び全体の無断転載引用を禁ずる

「西村多美子写真展 実存―状況劇場1968-69」より、出品作品を順次ご紹介します。
出品作品の価格はコチラをご参照ください。

由比正雪_明大和泉校舎_19680602_01出品No.19)
西村多美子
「由比正雪 1968.06.02 明大和泉校舎」(2)
1968(Printed later)
Gelatin Silver Print / RC paper
Image size : 24.0x15.7cm
Sheet size : 25.4x20.3cm(六つ切り)
Ed.5 サインあり


由比正雪_明大和泉校舎_19680602_02出品No.20)
西村多美子
「由比正雪 1968.06.02 明大和泉校舎」(3)
1968(Printed later)
Gelatin Silver Print / RC paper
Image size : 24.0x15.7cm
Sheet size : 25.4x20.3cm(六つ切り)
Ed.5 サインあり


由比正雪_明大和泉校舎_19680602_04出品No.21)
西村多美子
「由比正雪 1968.06.02 明大和泉校舎」(4)
1968(Printed later)
Gelatin Silver Print / RC paper
Image size : 24.0x15.7cm
Sheet size : 25.4x20.3cm(六つ切り)
Ed.5 サインあり


由比正雪_明大和泉校舎_19680602_05出品No.22)
西村多美子
「由比正雪 1968.06.02 明大和泉校舎」(5)
1968(Printed later)
Gelatin Silver Print / RC paper
Image size : 24.0x15.7cm
Sheet size : 25.4x20.3cm(六つ切り)
Ed.5 サインあり


由比正雪_明大和泉校舎_19680602_06出品No.23)
西村多美子
「由比正雪 1968.06.02 明大和泉校舎」(6)
1968(Printed later)
Gelatin Silver Print / RC paper
Image size : 24.0x15.7cm
Sheet size : 25.4x20.3cm(六つ切り)
Ed.5 サインあり


由比正雪_明大和泉校舎_19680602_09出品No.24)
西村多美子
「由比正雪 1968.06.02 明大和泉校舎」(7)
1968(Printed later)
Gelatin Silver Print / RC paper
Image size : 24.0x15.7cm
Sheet size : 25.4x20.3cm(六つ切り)
Ed.5 サインあり


こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから
※お問合せには、必ず「件名」「お名前」「連絡先(住所)」を明記してください

◆ときの忘れものは2015年4月24日[金]―5月9日[土]「西村多美子写真展 実存―状況劇場1968-69」を開催しています(*会期中無休)。
261_nishimura昨年に続き第2回となる今回展もZEN FOTO GALLERYと同時開催とし、ときの忘れものでは1968-69年にかけてアングラ劇団「状況劇場」に毎週のように通い、唐十郎や麿赤児、四谷シモンなどの舞台を撮影した〈実存〉シリーズを展示します。

ZEN FOTO GALLERYでは〈猫が…〉をご覧いただきます。


●ギャラリートークのご案内
5月8日(金)18時より、ときの忘れものにて西村多美子さんと金子隆一さん(日本の写真評論家、写真史家、写真集コレクター)によるギャラリートークを開催します(要予約/参加費1,000円)。
※必ず「件名」「お名前」「連絡先(住所)」を明記の上、メールにてお申込ください。
E-mail. info@tokinowasuremono.com

四谷シモン「井桁裕子展」に寄せて

いよいよ明日から「井桁裕子作品展―加速する私たち」が始まります。

四谷シモンさんから「井桁裕子展」に寄せてメッセージをいただきました。
四谷シモン

不可思議は今此処に
井桁裕子へ


 この人型の位置は、何処?
始めて見る不安。 表現の事件である事は、間違いない。 危険な作品は素晴らしい。 
この人型は表現の地平を切り開いている、然しこれは、何、始めて見るこれは、何、魔法が具現化している物? 重力は何処に? 
イメージは彼方から、今此処に、この世の時間をザラつかせた人型、何だろうこの宗教感? 難しい。
 もう飛び越えてしまったのだろうか。
 何かに届こうとしているこの人型、既に触ってしまったのかもしれない。
 だから、何、が具現化しているのであろう、不可思議は突然に世界を目覚めさせる。

四谷シモン
------------------------
7266
井桁裕子「落下」(新作)

200805四谷シモン光嶋
2008年5月9日
細江英公展オープニングにて
四谷シモンさんと社長
右後ろに光嶋裕介さん

こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから

◆ときの忘れものは、2012年11月22日[木]―12月1日[土]「井桁裕子作品展―加速する私たち」を開催します(会期中無休)。
井桁裕子展DM600
球体関節人形や陶土による人形を手がけてきた井桁裕子。ときの忘れものでは2度目の個展となります。井桁の作品は、実在の人物をモデルにしながらその人物のイメージを彼女の中で再構成した「肖像人形」と言える作品であり、創造力と造形力の賜物です。作品から溢れ出るエネルギーは観る者に衝撃を与えます。本展では、舞踏家・高橋理通子をモデルにした新作を含め、桐塑、石塑粘土による作品と焼き物作品など約20点をご覧いただきます。

●イベントのご案内
11月22日(木)18時より、井桁裕子さんを囲みオープニングを開催します(予約不要)。
11月24日(土)映画「アリア」(2006年/坪川拓史監督)上映会は定員に達しましたので受付は終了しました。
ときの忘れもの
blogランキング

ギャラリー&編集事務所「ときの忘れもの」は建築家をはじめ近現代の作家の写真、版画、油彩、ドローイング等を扱っています。またオリジナル版画のエディション、美術書・画集・図録等の編集も行なっています。
ときの忘れもの
ホームページはこちら
Archives
Categories
最新コメント
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ