ギャラリー  ときの忘れもの

001_外観1

カテゴリ:久保貞次郎のエッセイ(再録) > 久保エディション/現代版画のパトロン久保貞次郎

佐藤研吾展終了、ウエブマガジン・コラージ12月号「真岡にて、久保貞次郎と遠藤新」

<昨日、展示を拝見。手作りカメラで撮るというのを超えた面白さを感じました。カメラが生き物じみている。分身的なのですね。これって、日本人とカメラの関係を考える上でとても興味深いこと。欧米とかなり違います。 (20181221/大竹昭子さんのtwitterより)> <‏佐藤研 …
続きを読む
第一回久保貞次郎の会〜真岡の久保講堂を訪ねて

1996年10月31日、久保貞次郎先生が87歳で亡くなられました。今年は23回忌にあたり、教え子たちが中心になって「久保貞次郎の会」を発足させ、10月27日に発会記念をかねて、真岡の久保講堂を訪ねるツアーを開催しました。 久保講堂(撮影:堀宜雄) 当日の講師をお願いした井 …
続きを読む
「久保貞次郎の会」発足のご案内

「久保貞次郎の会」発足のご案内 新しい児童美術教育運動のオーガナイザー・美術評論家・新しい芸術とその運動のパトロン・現代美術のコレクター・跡見学園短期大学学長・町田市立国際版画美術館館長・はたまたエスぺランチストとして実に多くの顔を持っていた久保貞次郎氏 …
続きを読む
明日から「吉田克朗 LONDON 1975」

明日8月24日より、ときの忘れものは「吉田克朗 LONDON 1975 」を開催します。 玄関で出迎えるのは、吉田克朗が宣伝美術を担当した劇団乱気流のポスター。 吉田克朗 劇団乱気流 旗上げ公演「幻飛行散華」 (作=中山幹雄・岡倉俊彦、演出=岡倉俊彦、全国労音会館ホール) …
続きを読む
10月31日は久保貞次郎先生の命日です。

日本有数のコレクターであり、児童画教育運動(創美)を展開し、小コレクター運動を唱導した久保貞次郎先生は跡見女子短大学長、町田市立国際版画美術館初代館長などを歴任して、日本の美術界に大きな足跡を残しました。 社長の恩師であり、亭主にとっては美術のイロハを教 …
続きを読む
真岡に久保記念観光文化交流館がオープン

<真岡市では、2013年に美術評論家で絵画コレクターでもあった久保貞次郎(1909-96)の御遺族から、久保が蒐集した約1,500点の版画、油彩、水彩などの美術品の寄贈を受けました。これらのコレクションは、久保が支持し交流した作家から贈られたものや自身で購入したもので、 …
続きを読む
久保エディション第5回〜久保卓治

久保エディション第5回〜久保卓治 久保貞次郎先生は、国内外の数多くの作品をコレクションするだけでなく、まだ版画を手がけていない作家には版画制作を勧め、駆け出しの作家からは気前よくまとめて買うことによって彼らを励ましました。 久保エディションについては、 …
続きを読む
久保エディション第4回〜殿敷侃

今日はヒロシマの鎮魂の日。 <山口県の海辺に住む殿敷侃は、神秘と深い情熱をデッサンにたたきこみ、いちずに求めてやまぬ若者で、ぼくはかれの将来に嘱目する。            1978年8月20日 久保貞次郎> 久保エディションについては、この連載第1回桂ゆ …
続きを読む
久保エディション第3回〜吉田克朗

久保エディション第3回〜吉田克朗 (現代版画のパトロン久保貞次郎) 1984年3月27日東京湯島のホテル、東京ガーデンパレスで「久保貞次郎 美術の世界」出版記念会が盛大に開催されました。当日の司会は亭主が務めたのですが、多くの人々がスピーチした中で忘れられない …
続きを読む
久保エディション第2回〜瀧口修造「スフィンクス」

久保エディション第2回 瀧口修造の詩による版画集『スフィンクス』 稀代のコレクターだった久保貞次郎については前回(第1回・桂ゆき)の項で詳述しました。 このブログでは、久保貞次郎が直接版元となってエディションしたもの、または制作された版画を全部数まるご …
続きを読む