ギャラリー  ときの忘れもの

001_外観1

カテゴリ: 杉山幸一郎のエッセイ

杉山幸一郎のエッセイ「幸せにみちたくうかんを求めて」第52回

杉山幸一郎のエッセイ「幸せにみちたくうかんを求めて」第52回 ちぐはぐで、小さくて大きいもの 建物の設計をしている時には、ものの大きさを決めることに、とりわけ気を使います。 計画している住宅の縮尺模型を作ってみたところで、机や椅子といった、僕たちが身近に接 …
続きを読む
杉山幸一郎のエッセイ「幸せにみちたくうかんを求めて」第51回

杉山幸一郎のエッセイ「幸せにみちたくうかんを求めて」第51回 建物の顔 * 実家のある敷地内に、庭を挟んで隣に住んでいた祖父母の家は、部屋の大半が和室の木造家屋でした。和室の南側の障子を開けると小さな廊下があって、表玄関へとつながり、さらに南側は引き戸によ …
続きを読む
杉山幸一郎のエッセイ「幸せにみちたくうかんを求めて」第50回

杉山幸一郎のエッセイ「幸せにみちたくうかんを求めて」第50回 働き方が変わる時 / 建築が変わる時 ≪スイスの現状≫ 世界の多くの国々と同じように、僕の住んでいるスイスでも、感染症の影響で3月中旬から学校は閉校。スポーツ、文化施設は閉鎖。外出は日用必需品の買い …
続きを読む
杉山幸一郎のエッセイ「幸せにみちたくうかんを求めて」第49回

杉山幸一郎のエッセイ「幸せにみちたくうかんを求めて」第49回 カミナダ、森の小屋 今回は、ギオン カミナダ(Gion A. Caminda)による森の小屋を紹介しようと思います。 三月上旬の少し暖かくなって来た頃、とある森の小屋を訪れました。 同僚が娘の誕生日パーティにと、ク …
続きを読む
杉山幸一郎のエッセイ「幸せにみちたくうかんを求めて」第48回

杉山幸一郎のエッセイ「幸せにみちたくうかんを求めて」第48回 建築の立面図について ふと毎日を過ごしていると、日課と呼べるようなことではないにしろ、日々こなしていく家事に体と心が慣れてきてしまっていることにさえ、気付かないことがあります。 先日、仕事場へ向 …
続きを読む
杉山幸一郎のエッセイ「幸せにみちたくうかんを求めて」第47回

杉山幸一郎のエッセイ「幸せにみちたくうかんを求めて」第47回 錬金職人 今回は久々のワークショップシリーズ。 金細工職人のところへ訪問した時のことを綴っていこうと思います。 スイスのクール(Chur)旧市街には、金細工職人が指輪などを作り販売しているアトリエ兼シ …
続きを読む
杉山幸一郎のエッセイ「幸せにみちたくうかんを求めて」第46回

新年明けましておめでとうございます。 昨年もエッセイをきっかけにいくつかの新しい交流が生まれ、 アーキテクチャーフォト(architecturephoto)でも隔月のエッセイをスタートさせることができました。 今年はときの忘れものにて個展の開催を計画しています。 スイスに …
続きを読む
杉山幸一郎のエッセイ「幸せにみちたくうかんを求めて」第45回

杉山幸一郎のエッセイ「幸せにみちたくうかんを求めて」第45回 蕾の時期 ズントーが建築家ピーターズントーとして広く知られるようになったのは St.Benedict Church を完成させた頃からであったと言われています。 それ以前にもいくつかのプロジェクトがあるのですが、五冊 …
続きを読む
杉山幸一郎のエッセイ「幸せにみちたくうかんを求めて」第44回

杉山幸一郎のエッセイ「幸せにみちたくうかんを求めて」第44回 カランダ登頂 今回はクールの街を囲んでいる山の一つである、カランダに登頂したことについて綴ろうと思います。 10月のとある日曜日、住まいのあるクール(chur)と仕事場のあるハルデンシュタイン(Haldenste …
続きを読む
杉山幸一郎のエッセイ「幸せにみちたくうかんを求めて」第43回

杉山幸一郎のエッセイ「幸せにみちたくうかんを求めて」第43回 ホルゲングラールス 今回はスイス老舗家具メーカーである、ホルゲングラールス(horgenglarus)で年に一度開催される工場見学ツアーに参加した時のことを綴ろうと思います。 horgenglarusといえばスイス人なら …
続きを読む