菅原一剛のエッセイ

菅原一剛の写真 その3

菅原一剛の写真 その3

「Blue」の話 第3回


そんな風にして撮影された、サンマルコ広場の柱の写真が、あの会場にあってくれたおかげで、ぼくはその時のインタビューでも「これまでがデッサンのようなものだとしたら、これからは、カメラがある、そして被写体がある。そして、それを撮影する。というような写真的にはもっとも単純なかたちで、向かい合っていきたいと思っています。」と答えていました。
そしてぼくは、その言葉通りに、8X10の大型カメラを持って、奈良に出かけました。
なぜ奈良だったかというと、ぼくは大阪芸術大学の写真学科を卒業しているのですが、その時に初めて奈良という場所に出会いました。仏像が好きだったこともあって、奈良というと、ぼくにとってはアイドルのような仏像がある場所でもあったので、入学当初より、どちらかというと、仏像を観によく行っていました。やがて、そのお寺はもちろんのこと、その街並みにしても、どこかアジア的な大きさがあって、そのスケール感に魅かれながら興味を持ち、その場所には、ぼくにとっても大切ななにかがあるのではないかと思うようになっていました。
しかし、学生時代の4年間では、他にもたくさんやりたいことがあったこともあって、そんな奈良とはまるで向かい合うことも出来ないまま卒業してしまったので、どこかでそのことがずっと気になっていました。
そして、満を持して奈良に向かったのです。毎日々、大きなカメラを担いで、まるで修行僧のように、夜明けの山の辺の道を歩き、撮影を繰り返しました。すると、今では国道沿いはどこにでもあるような景色に変わってしまっていますが、朝だけは、自然と心の中に“まほろば”などという言葉が浮かんできてしまうように、完全に時代感覚を失ってしまうのです。そして、そこはとにかく静かでした。そして、特別な時間でした。
大好きなエリック・ロメールの映画に「レネットとミラベルの4つの冒険」という短編集があるのですが、その1編に「青い時間」という短編映画があります。この映画は、レネットという田舎育ちの少女と、ミラベルというパリジェンヌの少女という対照的なふたりの物語。「夜と朝の間には完全な沈黙が存在するのよ」と言い張るレネットに、それならと、いっしょに朝を迎えることを約束するミラベル。そしてある朝、その完全な沈黙が生まれます。
話だけ聞くと、どうってことないのですが、劇場の中でも、その1分間の静寂の青い時間は、何度観ても心が大きく揺さぶられるほどに、大きな衝動があります。
ぼくはもしかしたら“静寂”というのは、どんな大きな音よりも、大きな衝動を与えることが出来る音なのではないかと思うほどです。そんな静寂の音が、あの時の奈良にはありました。そして、何よりも不思議だったのは、早朝の古墳群の中にカメラを立てて、日の出を待っているわけですから、ふつうに考えたらおそろしいほどの不安と恐怖を感じるはずなのですが、その時はそんな風に感じたことがなかったのです。それよりもむしろ、やがてゆっくりと明けてくる朝の光の温度であったりと、むしろどこかあたたかいものを感じていました。そして、そこには多くの水の光景がありました。そんな静かな水の光景を見つめれば見つめるほど、ぼくはその源のすがたを観てみたいと思うようになりました。きっと、この山(三輪山)の向こうには川が流れていて、もしかしたらきれいな滝があるかもしれない、などと思いを巡らしながら、次なる撮影行を計画していました。
そんな折に、撮影の仕事でノルウェーに行くことになりました。仕事ではあるのですが、ぼくは、まだその時は奈良のことで頭がいっぱいでした。ですので、ノルウェーに行くというのに、ノルウェーのことよりも奈良のことがもっと知りたくて、そんな本を読み漁っていました。ノルウェーの古都・ベルゲンより、フィヨルドを経て、山の上にある「スタルハイム」という土地でのこと。その土地の名は、ある詩人の名前に由来しているとのこと。その地にある石碑に、「すべての水はめぐる、そして、すべての命はめぐる」みたいなことが、彼の詩として書いてありました。なるほどなあと思いながら、ぼくは相変わらず、あの奈良での静寂の水の光景でいっぱいでした。すると、やがて目の前にはおよそ50メートルはあろうかという大きな滝が現れました。その白濁する水しぶきが光を受けて、とてもきれいでした。
その時に気付いたのですが、水しぶきというのは大気に押し戻されて、白く見えているのだということを知りました。ですので、表面の動きは完全に上に向かっています。そのことも手伝ってか、いざカメラを向けてみると、それはまるで光の化身のように、ぼくの目には映りました。しかも、ふつうであれば視覚認識することが出来ない“光そのもの”のすがたがそこにあるようで、とても神々しく感じました。そして、それは、動きで言えば圧倒的な“動の世界”です。音だって、「ゴー」とものすごい大きな音が聞こえています。しかし、印象としてはけっしてうるさくはありません。そして、それらの水は雪解け水なのですから、ものすごく冷たい水なのです。それでも、そこに写し出されている光景は、けっして冷たいものではありませんでした。ぼくにはなんとなく、そのことがすごくうれしくて、しかも、あの奈良の静寂の光景の源が、このような美しい世界でもあったことがうれしかったのでした。ぼくは、その光の化身のようにも見えた水しぶきを、カメラをずぶぬれにしながら、必死で撮影を繰り返しました。
そして、帰国後すぐに、当初は奈良のあの山の向こうに行くはずだったのですが、ぼくは再び、ノルウェーのこの「スタルハイムの滝」に向かいました。そして、同じように滝に向かってカメラを向けてみたのですが、その時、あのヴェネチアでの柱に当たっていた光と、今目の前にある滝の水しぶきと共にある光が、確実に同じものであることを知ることが出来たような気がしました。そして、改めてぼくは、そんな光のあたたかさを追いかけていることを知りました。しかし、とはいうものの、その印象はまだまだ、ただのはじまりのような、それでいてとても純粋な“青い世界”でした。
(すがわらいちごう)

#9"Stelheim #9,Norway"
1992
Gelatin Silver Print
イメージサイズ50.8x40.6cm
シートサイズ61.0x50.8cm
Ed.25
Signed

#15"Stelheim #15,Norway"
1992
Gelatin Silver Print
イメージサイズ50.8x40.6cm
シートサイズ61.0x50.8cm
Ed.25
Signed

◆ときの忘れものは2013年10月16日[水]―10月23日[水]「菅原一剛写真展―Blue」を開催しています(※会期中無休)。
菅原一剛展Blue
菅原一剛の写真集「Daylight|Blue」(2冊セット)の出版を記念して、ときの忘れものとギャラリー360°の二会場で同時開催します。
ゲストキュレター:仲世古佳伸


topimg005-2

topimg006-2

『Daylight|Blue』
価格:6,300円
2冊1組 各68P 320Hx257Wmm

本日10月19日(土)午後3時より、菅原一剛さんと仲世古佳伸さんと一緒に、2会場を周るギャラリーツアーを開催します(ときの忘れものスタート)。
ツアー終了後、18時よりギャラリー360°にてオープニングレセプションを行います。是非、ご参加ください。
こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから

菅原一剛の写真 その2

菅原一剛の写真 その2

「Blue」の話 第2回


Correspondance
呼応
 
大自然は一つの神宮であり、
また、一つの生きている木の柱でもある。
大自然は時々、小さな小さな言葉を私達にもらす。
人は、その大自然の中の象徴の森に入り、そこを過ぎて行く。
その森は、懐かしいまなざしで、その人を眺める。
幾つもの 長い長い 木霊(こだま)が 遠い遠い遥か彼方で、
一つに交じり合うように、
奥深く 暗く 一つの統一された
夜のような また 光のような 広大な空間の中で、
香りと 色と 音が お互いに響き合い、触れ合い、混ざり合う。
幼子(おさなご)の肉のように柔らかく、また、木笛のように なごやかに、
草原のような緑色をした 香りがある。
あるいは それは 腐れたような また 豊かであり、誇りのある香りだ。
呼応そのものが形の無いものの姿に広がる。
龍涎(りゅうぜん)、麝香(じゃこう)、安息香(あんそくこう)、焼香(しょうこう)のように、
心と知覚の触れ合いを歌う 香りがある。

Charles-Pierre Baudelaire
シャルル・ボードレール

ぼくは、最初にサンマルコ広場で、この柱に出会った時、このボードレールの詩を思い出しました。
その時ぼくは、ファッション写真の撮影でヴェネチアを訪れていました。ですので、最初はその回廊でモデル撮影をしていたのですが、途中から、ぼくはとても不思議な感覚を覚えたのです。もちろん、その場所はヴェネチア観光の中心地ですから、多くの人々が行き交っています。しかしぼくには、どこかでずっと見つめられているような感覚がありました。そのこともあってか、肝心のファッション撮影にも集中出来ずに、撮影地を変えたほどです。やがて日が暮れて、その日の撮影も終わり、夕食の時間になったのですが、ぼくはなんとなく気乗りしなくて、ひとりでカメラを持って、夜のヴェネチアを歩きました。
ヴェネチアというところは、海の上に埋め立てられた人口の島ということもあって、どこかで夢の島のような感覚があるところです。特に夜になると、ここでは車がないこともあって、観光地以外の場所では、ほとんど人と会うこともないほどの静寂があります。しかも、海の上です。そして、多くの芸術家が、映画監督が、音楽家が、この地に憧れていたことも多いにうなずけるほど、その街並みは美しく、まさに耽美という言葉にふさわしい光景に包まれています。
そんな美しい街並みの中で写真を撮っていたのですが、あっという間に深夜になってしまいました。明日もあるからそろそろ戻らなくては、と思ったのですが、ぼくは完全に方向感覚を失ってしまっていました。いったい今ぼくがどこにいるのかわからなくなってしまって、それでもそのことを楽しみながらうろうろしていると、突然あのサンマルコ広場に出ました。そこは、さすがに深夜ということもあって、誰もいないし、昼間とはまるで違う魔所のようにも見えました。その広場を囲むように回廊があるのですが、そこには静かに明かりが灯っています。その光を受けて、列柱たちは、それぞれの表情をしてしっかりと立っていました。まるでそれらは、人々のように。おそらく、同じ時代に、同じ素材で作られたであろう柱たち。しかし、長い年月を経て、その表情は、ひとつとして同じものがありません。まさに、人と同じように。ぼくは、そんな柱をひとつひとつ、まるで肖像写真を撮るように、撮影を繰り返しました。そんな風にして、深夜から始まった柱肖像写真館は、朝までかかってしまったのですが、ぼくにとっては、この上ない貴重な経験でした。
(すがわらいちごう)

n2"Piazza San Marco n2, Venice, Italy"
1988年
Gelatin Silver Print
イメージサイズ34.0x20.0cm
シートサイズ65.0x45.0cm
Ed.25  Signed

n22"Piazza San Marco n22, Venice, Italy"
1988年
Gelatin Silver Print
イメージサイズ34.0x20.0cm
シートサイズ65.0x45.0cm
Ed.25  Signed

◆ときの忘れものは2013年10月16日[水]―10月23日[水]「菅原一剛写真展―Blue」を開催いたします(※会期中無休)。
菅原一剛展Blue
菅原一剛の写真集「Daylight|Blue」(2冊セット)の出版を記念して、ときの忘れものとギャラリー360°の二会場で同時開催します。
ゲストキュレター:仲世古佳伸

topimg005-2

topimg006-2

『Daylight|Blue』
価格:6,300円
2冊1組 各68P 320Hx257Wmm

会期中の10月19日(土)午後3時より、菅原一剛さんと仲世古佳伸さんと一緒に、2会場を周るギャラリーツアーを開催します(ときの忘れものスタート)。
ツアー終了後、18時よりギャラリー360°にてオープニングレセプションを行います。是非、ご参加ください。
こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから

菅原一剛の写真 その1

菅原一剛の写真
「Blue」の話 第一回

菅原一剛


この度、「Blue」と「Daylight」というタイトルで、それらが別々にまとめられ、写真集が完成しました。そして、それを記念して、2か所同時に展覧会を開催することとなりました。そこで、そのことについて、少しお話したいと思います。
ぼくが写真家として、デビューしたのが1985年ですから、早いもので、今年で28年の月日が流れました。略歴の詳細ははぶきますが、それでもその間に、多くのものと向かい合い、多くの展覧会を重ねてきました。
最初にこんなお話をすると誤解されるかもしれませんが、ぼくは最後まで、ひとりの写真家として生きていきたいと思っています。そして、そのことはぼくが20代の頃に、はっきりと意識的に決めたことでもあります。
ぼくのデビューは、まさにこの国においては、あの“バブル”と呼ばれていた時代と重なりますので、その中におけるアートの世界も、当然のことながらすっかりうかれていました。特にぼくは、早崎治先生の助手を経て、パリに行ってファッション写真などをやったりしていたものですから、帰国後はとてもちやほやされました。そのことが、少しこそばゆかったのと、もちろん今でもアートとよばれるものすべて、特に美術は大好きですが、あの時代はそんなすべてをミックスさせながら、その中に、まだよくわかっていないうちから、無理矢理写真も入れ込んでいるような気がして、かなり居心地のわるい時代でした。それでも、若かったこともあって、期待されれば、それに一生懸命応えようと、必死に制作を続けてきました。
そんな中、1989年の冬、ラフォーレミュージアムで大きな展覧会の企画を受けました。ぼくは、それまで撮り続けてきたもの、そして、そのために新作を制作し、展覧会を開催しました。その展覧会は、写真展としては会場構成も今までとは違って、ライティングもデザインしましたし、空間性も意識したこともあって、写真展ではあるのですが、インスタレーション的な展覧会になりました。結果的にはとても好意的に受け入れてもらえたような気がします。
しかし、ぼくの中には大きな違和感がありました。それは「ぼくはいったいなにものなんだ」ということでした。音楽を本気でやっていた美術好きのぼくが、写真に魅せられ、大学で写真を学び、その後プロを目指して、早崎治先生に弟子入りして、技術を学び、そんな風に始めたはずの写真が、どこかで、いきなり「アートのようなもの」になってしまったような気がしたのかもしれません。
写真というのは、世の中を見つめるための道具でもあります。そして、この世の中は、いきなり始まったわけではなく、歴史という大きな時間の流れの延長線上に存在しています。その上での“今”という時間と向かい合えるのが写真行為とも言えるわけです。少なくともぼくは、そのことにいつも、とても大きく心が動かされています。だから、いつだって世の中のど真ん中で写真を撮っていたいと思っています。かといって、それはけっして一般的にサブカルと呼ばれるようなものではなく、むしろ、オーセンティックなものに魅かれているように思います。
ぼくは東京という街が大好きです。しかし、そこにぼくのすべてがないこともよくわかっています。だから、そんな自身の居場所を探して、旅を繰り返しているのかもしれません。それは、デビューした時から変わっていないように思います。
ですので、そのラフォーレでの展覧会も、ぼくにとってはある意味では「旅の記録」でもありました。しかしそれは、ただの旅行ではなく、むしろかなり内省的な、自己探求の旅だったような気もします。それを必死に追いかけて、一生懸命かたちにしようとした展覧会ではあったのですが、とにかくその時は、その方法論もさることながら、未熟でした。
そんな展覧会の中で、自身の写真なのにも関わらず、その会場内でひと際異彩を放っていた写真がありました。それは、今回の写真集「Blue」の最初のページに展開する、ヴェネチアのサンマルコ広場の列柱の写真群でした。その時は、フレームを横4枚、縦2枚を隙間なく設置し、ひとつのブロックとして展示しました。他の写真が、どちらかというと、いかにも表現的な写真だとすると、これらの写真は「ただ柱が写っている」それだけの写真だったのですが、ぼくの未熟さを横に置いておいたとしても、「ただそれだけ」が、むしろそのことによって伝わってくるものが、より大きいことに気が付きました。そういった意味でも、あのサンマルコ広場の写真たちは、ぼくにとって、ふたたび写真的な写真の世界に呼び戻してくれた大切な写真なのです。
(すがわらいちごう)
#66
"Piazza SanMarco #66, Venice, Italy"
1988年
ゼラチンシルバープリント
イメージサイズ56.0x27.8cm
シートサイズ88.5x55.5cm
Ed.25  Signed

n21
"Piazza San Marco n21, Venice, Italy"
1988年
Gelatin Silver Print
イメージサイズ34.0x20.0cm
シートサイズ65.0x45.0cm
Ed.25  Signed

*画廊亭主敬白
写真家・菅原一剛さんのまとまった展示をするのは実は二度目です。
昔話になりますが、三潴末雄さんと秋薫里さんが中心になって立ち上げ、仲世古佳伸さんが綜合ディレクションをつとめた「モルフェ」というアートイベントがありました。
1995〜2000年にかけて青山界隈で開かれ、その第一回は1995年の晩秋でした。
その年の6月に開廊したばかりだったときの忘れものも参加して「MORPHE '95 菅原一剛、大野純一写真展」を開催しました。
大野さん、菅原さんにはそのとき初めてお会いしました。
今春、久しぶりに大きくなった(笑)菅原さんと仲世古さんが訪ねてこられ、「Blue」と「Daylight」という二冊組の写真集を出すので、お近くのギャラリー360°と二会場で記念展をやってもらえないかという相談がありました。
ギャラリー360°の根本さんは1982年のウォーホル展以来の盟友だし、異存はない。
18年ぶりの本格的な展示なので、菅原さんにご自身の写真についてエッセイの執筆をお願いしました。
本日10月15日に続いて、10月17日、19日のブログに3回連載します。

また10月19日(土)午後3時より、菅原さんと仲世古さんと一緒に、2会場を周るギャラリーツアーを開催します(ときの忘れものスタート)。
ツアー終了後、18時からギャラリー360°にてオープニングレセプションを行います。
ぜひご参加ください。

◆ときの忘れものは2013年10月16日[水]―10月23日[水]「菅原一剛写真展―Blue」を開催いたします(※会期中無休)。
菅原一剛展Blue
写真集「Daylight|Blue」(2冊組)の出版を記念して、ときの忘れものとギャラリー360°の二会場で同時開催します。
ゲストキュレター:仲世古佳伸

topimg005-2

topimg006-2

『Daylight|Blue』
価格:6,300円
2冊1組 各68P 320Hx257Wmm

こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから
ときの忘れもの
blogランキング

ギャラリー&編集事務所「ときの忘れもの」は建築家をはじめ近現代の作家の写真、版画、油彩、ドローイング等を扱っています。またオリジナル版画のエディション、美術書・画集・図録等の編集も行なっています。
ときの忘れもの
ホームページはこちら
Archives
Categories
最新コメント
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ