ギャラリー  ときの忘れもの

001_外観1

カテゴリ: 水沢勉のエッセイ

水沢勉「ふたりでひとりー内間安瑆と内間(青原)俊子」

ふたりでひとり ―内間安瑆と内間(青原)俊子 水沢 勉 奥深く折り重なった時間のヴェールの向こうにうっすらと浮かぶ映像がある。ふたつの影。その顔の表情はぼけてしまって判然としない。どこかふたりは微笑んでいるようにみえる。 が、もはやしかとは確かめられない―― …
続きを読む
水沢勉「版の音律―内間安瑆の世界」(再録)

版の音律―内間安瑆の世界 水沢 勉  内間安瑆が最後に辿り着いた世界は、一度、それに抱かれると忘れることの出来ない性格のものだ。色彩の波動がたえまなく打ち寄せてくる。きわめて周到な技術的な水準に裏づけられていなければ、この秩序は、簡単に失われてしまう …
続きを読む