ギャラリー  ときの忘れもの

001_外観1

カテゴリ: 番頭おだちの東奔西走

国際芸術祭「あいち2022」に参加しました

 先日、名古屋で開催中の国際芸術祭「あいち2022」に行ってきました(10月10日まで)。 塩見允枝子先生が出品している「スペシャル・ポエム:移動のイヴェント 2022版」に、なんと! 私尾立は光栄なことに参加させていただきました。 「スペシャル・ポエム:移動のイヴェン …
続きを読む
東京都美術館「フィン・ユールとデンマークの椅子」展レポート

東京都美術館の企画展「フィン・ユールとデンマークの椅子」の内覧会に行ってきました。 本展企画の学芸員・小林明子さん、東海大学名誉教授の織田憲嗣さん(学術協力)、京都工芸繊維大学助教の多田羅景太さん(学術協力)の展示解説にも参加しました。 東京都美術館は2010 …
続きを読む
ポーラ美術館を訪ねて

先日、ポーラ美術館に行って来ました。家から片道3時間半の長旅です。箱根湯本駅からはポーラ美術館行きのバスに乗り換え、狭い道路を軽々と走る運転手さんの技術に感激しながら、富士屋ホテルや箱根離宮を通り過ぎ、ポーラ美術館に到着。 ポーラ美術館のロゴが新しくなりま …
続きを読む
3331 ARTS CYD「小池一子展」とアーティゾン美術館「はじまりから、いま。」

都内で開催中の二つの展覧会に行ってきました。 ●「オルタナティブ! 小池一子展 アートとデザインのやわらかな運動」 会期=2022年1月22日(土)- 3月21日(月・祝)*会期中無休 会場=3331 Arts Chiyoda メインギャラリー(1F)、sagacho archives(B1F)、B111(B1F)/ほか …
続きを読む
ときの忘れもの2022年前半の企画予定

ときの忘れものは、本日1月4日より新年の営業を開始します。 一昨年、昨年とコロナ対策で予定していた企画展が次々と開催中止や延期になりましたが、今年2022年は無事、予定通り開催できることを祈りたいと思います。 通常は日・月・祝日休廊ですが、 今年前半に個展を開催す …
続きを読む
2022年を迎えてスタッフ一同より新春のご挨拶を申し上げます。

2022年を迎えてスタッフ一同より新春のご挨拶を申し上げます。 左から、尾立麗子、Nii Fine Arts・新居圭太さん、綿貫令子、綿貫不二夫、加畑美純、新澤悠、津田弘人、勝見美生、松下賢太(撮影:伊丹千春) ●社長 綿貫令子  旧年中は一方ならぬご厚情をいただき、厚く御 …
続きを読む
水戸の伊藤公象展を観て

水戸の伊藤公象展を観て ときの忘れものブログで何度かお知らせしていますが、現在進行中のプロジェクト『伊藤公象作品集』制作にときの忘れものも携わらせていただいており、来春刊行予定です。 11月、笠間の伊藤公象先生のアトリエを訪ねてきました。初めましてでしたが、 …
続きを読む
宮崎県立美術館「生誕110年記念 瑛九展」

「生誕110年記念 瑛九展−Q Ei 表現のつばさ−」 会期:2021年10月23日(土)〜12月5日(日) 会場:宮崎県立美術館 宮崎県立美術館で生誕110年記念の瑛九展が開催されるということで、内覧会に出席するため宮崎出張に行ってきました。久しぶりの九州。鹿児島出身の私にとっ …
続きを読む
大林コレクション展「安藤忠雄 描く」内覧会レポート 9月25日(土) 〜 2022年2月13日(日)

大林コレクション展「安藤忠雄 描く」 寺田倉庫のWHAT MUSEUM 1階 Space2で開催中の大林コレクション展「安藤忠雄 描く」の内覧会に伺いました。 展覧会レビューは今村創平先生に執筆していただきますので、私からは概要を簡単に紹介させていただきます。 展示室入ってすぐ …
続きを読む
「版行動 映えることができない」

一枚の版画をともに見ることから展覧会制作へ 「版行動 映えることができない」 会場 : 東京都美術館 ギャラリーC 会期 : 2021年6月10日(木) 〜 6月30日(水) 版行動のメンバー関優花さん、千葉大二郎さん、堀内悠希さんが訪ねて来てきたのは1年半ほど前のこと。ときの忘れ …
続きを読む