ギャラリー  ときの忘れもの

001_外観1

カテゴリ: 番頭おだちの東奔西走

沖縄建築を見て回る

沖縄建築を見て回る 1月末に画廊沖縄さんと琉球絵画家・仁添まりなさんと打合せがあり、沖縄に行ってきました。 東京は極寒の中、那覇空港へ到着。空港を出た瞬間重くて生温かい空気を感じながらも、寒さから解放され縮こまっていた体が喜びました。 画廊亭主が「大名旅行を …
続きを読む
アーティゾン美術館「マリー・ローランサン ― 時代をうつす眼」〜3月3日

ご報告が遅くなってしまいましたがアーティゾン美術館の「マリー・ローランサン ― 時代をうつす眼」の内覧会に伺いました。 マリー・ローランサン ―時代をうつす眼 会期=2023年12月9日(土)―2024年3月3日(日) 会場=アーティゾン美術館 ※入館は「日時指定予約制」 …
続きを読む
世田谷美術館「倉俣史朗のデザイン 記憶の中の小宇宙」〜1月28日まで

世田谷美術館「倉俣史朗のデザイン 記憶の中の小宇宙」 会期: 2023年11月18日(土)〜2024年1月28日(日) ずっと楽しみにしていた世田谷美術館での「倉俣史朗展」。一回目は植田実先生のお供で、二回目はどうしても我が子に見せたくて家族と行ってきました。我が子は「美 …
続きを読む
阿部勤先生の一周忌 

明日1月10日は建築家・阿部勤先生の一周忌です(1936年7月7日 - 2023年1月10日 )。 阿部勤先生には南青山時代から植田実先生の個展などにいらしてくださっていましたが、LAS CASASに入居してからとても懇意にしていただきました。 デニムに白いTシャツで颯爽と歩く阿部先生 …
続きを読む
「松本哲夫を偲ぶ会」がゆかりの霞山会館で

度々ときの忘れものにご来廊くださった剣持デザイン研究所の松本哲夫先生が、今年2月にお亡くなりになられました(1929年 - 2023年2月1日)。 2010年10月1日「マン・レイと宮脇愛子展」オープニングにて宮脇愛子先生と松本哲夫先生、於・ときの忘れもの(青山) 2011年6月1 …
続きを読む
宇部の村野藤吾建築を訪ねて

宇部の村野藤吾建築レポート  先日、山口県宇部市に出張する機会がありました。 山口県は岩国しか訪れたことがなく、宇部市は初めて。 宇部市といえば、真っ先思い浮かぶのは石上純也の「maison owl - メゾン・アウル」。行ってみたい建築リストの上位だったので、出張で行 …
続きを読む
「小石川植物祭2023/命名〜牧野富太郎へのオマージュ」11月3日〜11日会期中無休

◆小石川植物祭2023/命名〜牧野富太郎へのオマージュ 会期:2023年11月3日(金)〜11月11日(土) ※会期中無休 会場:ときの忘れもの 参加作家:大塚理司/佐藤研吾/杉山幸一郎/戸村茂樹/仁添まりな/藤江民 *作家在廊予定: 11月3日(金、祝日)藤江民 11月5日( …
続きを読む
「ART TAIPEI 2023」に出展します 10月19日〜23日

ときの忘れものは「ART TAIPEI 2023」に出展します。 会期:2023年10月19日〜23日 出品作家:倉俣史朗、磯崎新、安藤忠雄、ル・コルビュジエ、葉栗剛、仁添まりな 毎年10月に台北で開催されるアートフェアART TAIPEIは、アジア太平洋地域における最も長い歴史を持つ国際的 …
続きを読む
「磯崎新 東京大学教養学部美術博物館改造計画案」7月8日一日限りの公開

<田中純先生(東京大学大学院総合文化研究科 超域文化科学専攻表象文化論講座 教授)が、画廊「ときの忘れもの」のブログに掲載されていた、「磯崎新 東京大学教養学部美術博物館改造計画案」、 7月8日一日限りの公開、「東京大学教養学部美術博物館」改造計画案をめぐっ …
続きを読む
小淵沢の藤森建築見学記

小淵沢の藤森建築見学記 〜 <皆んなで建てよう!藤森旅館> 先日、山梨との県境すぐの長野県富士見町にオープンした「小泊Fuji」 (別名 藤森旅館)の見学会に行って来ました。 ときの忘れもの亭主が『皆んなで建てよう!藤森旅館(仮)! 建築家・藤森照信 設計の宿泊施 …
続きを読む