ギャラリー  ときの忘れもの

001_外観1

カテゴリ: 元永定正と具体の作家たち

関根美夫のソロバン・シリーズ

本日6月27日は、関根美夫先生の命日です。 1922年に和歌山県に生まれ、1954年に吉原治良が結成した「具体美術協会」に若手作家の一人として参加しました。1959年に具体美術協会を退会して東京に移り住みますが、1963年の第15回読売アンデパンダン展に、その後の主要なモチー …
続きを読む
那須ブックセンターで「元永定正シルクスクリーン展」

那須で「元永定正シルクスクリーン展」を開催します。 那須ブックセンター 内田 眞吾 本屋のない地域に書店をつくるという目的で設立した「書店と本の文化を拡める会」です。 栃木県那須高原に「那須ブックセンター」をつくって2年になります。 雑誌、趣味の本から岩波 …
続きを読む
10月3日は元永定正の命日〜ノーベル賞シリーズ

毎月3日は小松崎拓男のエッセイ「松本竣介研究ノート」の更新日ですが、今月は著者の希望で休載です。 今から8年前の2011年(平成23年)10月3日、画家の元永定正先生が亡くなられました。 88歳の生涯でしたが、亡くなられる前後から世界的な具体ブームが起こり、評価が急騰 …
続きを読む
訃報 堀尾貞治先生

堀尾貞治先生が11月3日(土)朝にお亡くなりになったという知らせを幾人かの人にいただき、驚いています。 つい一ヶ月前の10月4日兵庫県逆瀬川で開催された元永定正先生を偲ぶ「くれない忌」でお目にかかったばかりでした。 通夜:11月5日(月)20時より 葬儀:11月6日(火 …
続きを読む
高北幸矢のエッセイ「アカデミズム番外地、元永定正の抜けた創造力。」

アカデミズム番外地、元永定正の抜けた創造力。 高北幸矢(清須市はるひ美術館館長) 2018年7月14日より9月30日まで、清須市はるひ美術館において「元永定正展」が開催されている。今も売れ続けている人気絵本「もこ もこもこ」(文・谷川俊太郎)や「もけらもけ …
続きを読む
堀尾貞治『ドローイング集 あたりまえのことVol.5』

◆ときの忘れもの「今週の特集展示:アジェとドアノー」 会期=2017年8月1日[火]―8月5日[土]  11:00-18:00 短い会期ですが二階図書室で、パリの街角を取り続けたジャン=ウジェーヌ・アジェと、ロベール・ドアノーの写真作品をじっくりご覧いただきます。 昨日の初日、一 …
続きを読む
堀尾貞治『ドローイング集 あたりまえのことVol.4』

<今日はギャラリーときの忘れものの新しい引越し先のオープニングでした。阿部勤さん設計の3階建ての個人住宅。 めったに見る機会のない建築目当ての客さんがたくさん! 誰も展示品を見てくれない、と店主の綿貫さんはぼやいておられましたが、まあ、今日のところは何を掛け …
続きを読む
高知県立美術館で「高元尚新作展 ―破壊 COLLAPSE―」2017年6月17日[土]〜7月23日[日]

具体美術協会で活躍を続けてきた高粼元尚先生が、6月22日0時27分に永眠されました。 ご出身の高知で回顧展が始まり、このブログでもご紹介しようとしていた矢先でした。 ときの忘れものでは、2013年に開催した「GUTAI 具体 Gコレクションより」で初めて作品を扱わせていただ …
続きを読む
堀尾貞治『ドローイング集 あたりまえのことVol.3』

毎月2日に堀尾貞治『ドローイング集 あたりまえのこと』(各10点組)をご紹介していきます。 本日はVol.3です。 ●堀尾貞治『ドローイング集 あたりまえのことVol.3』 堀尾貞治 「4 Nov 2013」 2013 ドローイング、コラージュ 38.0×27.0cm Signed 堀尾貞治 …
続きを読む