ギャラリー  ときの忘れもの

001_外観1

カテゴリ: 植田正治の世界

生誕110年・植田正治のカラー写真を展示「ART OSAKA 2023」2023年7月28日(金)〜30日(日)

ART OSAKA 2023 【Galleries セクション】※ときの忘れものはこちらに出展します。 開催日時:2023年7月28日(金)―7月30日(日) プレビュー:7月28日(金) 15:00―19:00 ※招待者、プレス関係者のみ 一般公開:7月29日(土) 11:00―19:00 7月30日(日) 11:00 …
続きを読む
■今週のWATANUKI'S CHOICE/3月27日は植田正治の生誕110年

植田正治 Shoji UEDA 「無題」 1970年代〜80年代前半 チバクローム、木製パネル イメージサイズ:52.7×73.0cm パネルサイズ: 60.0×80.0cm 本日は植田正治の誕生日、生誕110年の記念すべき日です(1913年3月27日 - 2000年7月4日)。 ご紹介する写真は、故郷鳥取の方が大切 …
続きを読む
金子隆一「もうひとつの遊び 植田正治のポラロイド写真」

もう一つの遊び――植田正治のポラロイド写真 金子隆一(写真史家) 「写真で遊ぶ」という言葉は植田正治自身に拠っているが、それは植田の「写真」とのかかわり方の本質を言い当てていよう。そして植田のもう一つの言葉に「写真する」というのがある。こちらは「写真」そ …
続きを読む
3月27日は植田正治の誕生日、六義園の桜が満開です。

青山から駒込に越してきて初めての春です。 ときの忘れものから歩いて数分の六義園の桜がいま満開です。 新人スタッフの伊丹が23日に行ったレポートを紹介します(数日経ったので、桜はもっと咲いています)。 駒込界隈についてはWEBマガジン<コラージ2017年12月号>をぜ …
続きを読む
明日から「植田正治展」3月13日(火)〜3月31日(土)

昨日ART FAIR TOKYO 2018が盛況のうちに終了しました。 たくさんのご来場、美味しい差し入れの数々、何より大枚はたいてのお買い上げ、本当にありがとうございました。 昨年と比べ入場者数も多く感じました。 ニューヨークのart on paper 2018も最終日を迎えています。 ニュ …
続きを読む
金子隆一「植田正治の写真世界」

植田正治の世界――新たな評価の軸をもとめて 金子隆一(写真史家) 植田正治(1913〜2000)が、日本を代表する写真家であることに異議をはさむ者はいないだろう。そしてその評価は国際的にも不動であると言って過言はない。そんな植田の代表作と言えば、戦前においては、 …
続きを読む
長いあいだありがとうございました。

●<それと昨日は南青山のときの忘れ物さんが、移転されるとのことで、南青山での最終営業日に伺わせて頂きました。植田正治のプリントとしては初めて目にするカラー作品と新発見の数々。植田正治という名の知れた方でも、新発見が出てくる。ちゃんと捨てずに画廊を探した元 …
続きを読む
植田正治展は本日最終日です

さようなら、南青山3丁目 <ブログ連載でお世話になっているギャラリーときの忘れものが移転されるので、今の場所での最後の展覧会に伺いました。 ギャラリーに娘をベビーカーに乗せて連れて行ったことや、娘におやつを下さったこととかも思い出され、しみじみと愛おしい空 …
続きを読む
植田正治を見られる美術館

ときの忘れものは近く移転しますが、青山での最後となる「植田正治写真展―光と陰の世界―Part I」を開催中です。27日までですので、どうぞお見逃しなく。 今日は植田正治作品を所蔵している国内の美術館をいくつかご紹介します。 もちろん下記以外の美術館で所蔵してい …
続きを読む
スタッフSの「金子隆一ギャラリートーク」レポート

スタッフSの「金子隆一ギャラリートーク」レポート  読者の皆様こんにちは、この度慣れ親しんだ青山より画廊が移転することとなり、引っ越しのあれこれを考えると憂鬱になりつつも、新天地を思い年甲斐もなくウキウキしております、スタッフSこと新澤です。  普段は展 …
続きを読む