ギャラリー  ときの忘れもの

001_外観1

カテゴリ: 金子隆一のエッセイ

金子隆一「もうひとつの遊び 植田正治のポラロイド写真」

もう一つの遊び――植田正治のポラロイド写真 金子隆一(写真史家) 「写真で遊ぶ」という言葉は植田正治自身に拠っているが、それは植田の「写真」とのかかわり方の本質を言い当てていよう。そして植田のもう一つの言葉に「写真する」というのがある。こちらは「写真」そ …
続きを読む
金子隆一「植田正治の写真世界」

植田正治の世界――新たな評価の軸をもとめて 金子隆一(写真史家) 植田正治(1913〜2000)が、日本を代表する写真家であることに異議をはさむ者はいないだろう。そしてその評価は国際的にも不動であると言って過言はない。そんな植田の代表作と言えば、戦前においては、 …
続きを読む