大河原良子のエッセイ

大河原良子「写真展・イタリア・柳沢信」〜コレクターの声第15回

 柳沢信氏のオリジナルプリントを見るのは今回が初めてだ。
 年譜をみると、柳沢氏は1958年に22歳でデビューして以来、作品の発表は主にカメラ雑誌を通じて行われたようである。今回の個展は6回目で、日本を代表する写真家の一人として、美術館の展覧会でも何度も出品されているが、それでもグループ展の開催数は10回程度だから、氏のオリジナルプリントに接する機会は貴重だと思う。
 また、このような言い方を氏は嫌うかもしれないが、以前の5回の個展は写真愛好家に「展示して見せる」ことを目的としたギャラリーの展示である。「画廊」でコレクターや美術愛好家に向けて開催する初めての個展と言っていいかもしれない。

 私は1978年に発行された写真集「都市の軌跡」を見たときの、心がどよめくような感覚が忘れられない。それは柳沢氏の被写体に対する態度と間合いの独特さのためだ。
 柳沢氏はある対談で、「モノにも人格のようなものがあるような気がする。」と話している。氏は自らの気配を消して、誰にも気づかれずに、ただ見ることに集中する。徹底的に観察する。ある瞬間シャッターを押し、たまたまその場に居合わせたモノも人もすべて合わさった風景がフィルムに定着する。このときに風景の中に紛れていた「何か」が前面に現われるのだ。もしこの「何か」に人格があったとしたら、知らないうちに自分の気づかぬところまで、観察され記録されてしまったことに慄然とするに違いない。

 さて、今回展示されたのは1993年2月から3月にかけてイタリアで撮影された作品である。写真集「写真・イタリア・柳沢信」に収録され、現時点での最後の連作だという。
 「写真に言葉はいらない。」というのはデビュー当時から一貫している柳沢氏の姿勢である。このシリーズの作品も、見る者が被写体に何か余分な意味を見出したりしないよう、象徴的なものは注意深く除けている。したがってこれは単に「イタリアで撮影された写真」で、「イタリアを表現しようとした写真」ではない。石畳や建物の様子からヨーロッパ風なのは感じられるが、例えばチンクェ テッレ (No.22)やマドンナ デイ カンピーリオ (No.7)など、日本にもありそうな風景だ。どこで撮影されたとしても、「何か」はそこに写っている。この言葉にならない「何か」が柳沢氏の作品の本質なのだ。

227

 氏は体調不良のため、6ヶ月の予定だったイタリア旅行を1ヶ月ちょっとで切り上げ帰国する。その後、咽頭癌と食道癌が発見され7月に摘出手術、喉に穴をあけた。そのため息を止められなくなって、シャッターを切れなくなったそうだ。確かに息を止めなくては「何か」に気づかれて逃げられてしまう。それ以来、新作の発表はないようだ。

 展示された作品には、イタリアから帰国後、手術を受けるまでの数ヶ月間に柳沢氏本人がプリントしたヴィンテージプリントと、2007年に氏の奥様がプリントしたモダンプリントの2種類がある。サインは今回の個展のために入れたそうだが、柳沢氏が焼いたものと区別するため、ヴィンテージプリントにはフルネーム、モダンプリントはイニシャルのみが入れられている。
 ヴィンテージプリントには、上記の写真集に印刷されているものと随分印象が違うものがある。写真の場合、撮影時と時間が経ってからでは、作家本人の作品に対しての解釈が変化する場合もあるし、印刷原稿は人に依頼することもあるだろう。今回の場合、私には写真集のトーンは「普通」で、ヴィンテージプリントの方がより柳沢氏らしく感じられる。
 価格はヴィンテージプリントの方がモダンプリントの倍近くする。しかし柳沢氏の作品をコレクションに入れるなら、気に入ったイメージのヴィンテージプリントがいいと思う。トーンの好みやきっちり漢字で書かれたサインだけでなく、プリントがそらないように氏が独自に凝らした工夫など、手術前の時期にも関わらず、淡々と仕事をする柳沢氏らしさが伝わってくる。しかも数が限られているのだ。自分のものにした時のうれしさは倍以上だろう。
(おおかわらりょうこ)
会場

画廊亭主敬白
前回に続き、大河原さんにご執筆いただきました。
ときの忘れものが写真に本格的に取り組み始めてまだ数年です。
もちろんその前から、瑛九ジョナス・メカスなどの印画紙の作品を扱ってはいました。
瑛九のフォトデッサンは得意中の得意ですし、ジョナス・メカスの写真はそもそもが私たちが1983年にエディションしたフィルムをもとにした版画がきっかけで制作されたものでした。
しかし、彼らは「写真家」ではなく、その印画紙作品は瑛九なりジョナス・メカスの表現の一部でしかありません。
私たちが「写真作家の写真」を売ろうと決心するまでは、長い時間がかかってしまいました。
随分おくての出発ですが、幸いこの2年間に開催した細江英公井村一巴イリナ・イオネスコジョック・スタージス、そして今回の柳沢信たちの個展はいずれもお客様に好評で、私たちの予想以上の売り上げも獲得することができました。
何より嬉しいのは未熟な私たちを指導して下さる細江英公先生はじめ、多くの方々の助言と励ましです。今回の柳沢信展について書いていただいた大河原さんにもたくさんのことを教えていただきました。
これからも皆さんの声を謙虚にうかがいながら、優れた写真作品の紹介に努めたいと思います。
こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから

「手に入れたい写真」展〜大河原良子〜コレクターの声第14回

「満ち足りた午後」ジョック・スタージス写真展と「Body & Soul」展について

 ちょっと古い話になりますが、3年ぶりのジョック・スタージスの新作展をみるために“ときの忘れもの”を訪れたのは今年の8月のことです。スタージスは、ナチュリストの家族や少女を被写体とする写真家で、私は1992年以来、東京で開催された個展はおそらくすべて見ていると思います。大好きな作家です。

 ナチュリストですから、ほとんどのモデルはヌードです。その姿でバカンス中は生活し、スタージス本人も裸で撮影するようですから、スタージスのモデルは決して裸でいることを恥じることはありません。また、媚びることもなく、まっすぐにカメラを見つめるか、自分の用事(例えば単にくつろぐ事だったとしても)に没頭していて、モデルたちの存在そのものが、大切で美しいものに感じられます。うまく説明するのは難しいのですが、自然の中を歩いていて、不意に開けた視界に飛び込んできた空や海の美しさに似ているかもしれません。ですから、何十年も同じようなスタイルで撮り続けていても、スタージスの新作は、いつでもとても楽しみで、飽きることはありません。

 Body and Soul展でもスタージスの作品が展示されるというので、わくわくしながらギャラリーを訪れました。スタージスの作品のもうひとつの面白さは、同じモデルを何年もかけて、毎年撮影することです。今回も3年前に見たのと同じ子供たちが、3年分成長して前と同じ場所に立っていました。

 写真に写った名前しか知らない外国の子供が成長し、大人になって、子供を産んで、その子供たちがまたスタージスのモデルになる、その生命の当たり前の繰り返しが、とても豊かなことに感じられます。いろんなことを手に入れてしまうと、見失うこともたくさんありますから、裸んぼで、自分に身についたものだけで生活する経験をしたら、シンプルに大切なものが見えてくるのかもしれません。変な事件が多いから、なおさらそんなことを感じます。

 それにしても、どうしてこのギャラリーには、こんなによい作品が集まってくるのでしょう。本格的に写真を扱いだしたのは最近のことだと伺ったのに、Body and Soul展には、横浜美術館の写真室に展示されていてもおかしくない大作家の代表作が目白押しです。そんな作品がギャラリーにあるということは、ただ鑑賞するだけでなく、お金を工面できたら手に入れることができるということですから、コレクターにとっては幸せなことです。例えば、ガラスの原版がポンピドーセンターに収蔵されてしまって、もう新たなプリントがつくられることのないマン・レイの作品を、今どき個人コレクターが手に入れる機会がそうあるでしょうか?他にも作品を見ただけで作者がわかるような、有名な作品ばかりですし、逆に知らない作品でも、素晴らしさに引き寄せられてふとキャプションを見ると、やはり美術館に並ぶような作家の作品なのが、このギャラリーのキャリアと力なのでしょう。

 個々の作家や作品についてはよく知られていますし、“ときの忘れもの”のサイト内にも詳しいデータがありますから、私は特に触れないことにします。被写体重視のポートレイト、その時代から一瞬を切り取るスナップショット、隅々まで作家の意図が反映されつくりこまれた被写体など、いろいろな作家の視線の違いを考えてみるのも楽しいことでした。

 ただ、その中で唯一初めて作品を拝見した井村一巴という若い作家の2点のセルフポートレイトについては、6月に開催された井村氏の個展を見逃したことを大変後悔しました。正直なことを言うと、個展のDMを見たときには、描きこまれた絵がよく見えなかったので、特別な作品とは感じられなかったのです。モノクロのセルフヌードが焼き付けられた印画紙に、安全ピンできざみこまれた繊細な線の美しさは、やはり実物を見ないとわかりません。それに、“写真を支持体にした一点物の作品”ですから、気に入ったイメージに出会ったときの作品への愛おしさはひとしおでしょう。今回は大きな作品の展示でしたが、A5サイズ程度の小さな作品もあるようですから、是非見てみたいものです。

 写真の価格は、他の美術品に比べて格段に安いと思います。美術館や写真集で見て憧れていた作品を手に入れるのは、簡単なことではなくても、叶わぬ夢ではないはずです。また、今回展示された井村やイオネスコの作品のように、手に入れやすい価格のものもありますから、そういう作品を少しずつ集めるのも楽しいことです。

 撮影するのに一生懸命なアマチュアカメラマンの方には、写真展でどの作品がどういうテクニックや機材で撮影されたか考えるのでなく、ご自身がどの作品を買いたいと思うか、またその理由は何か考えて、そして何度も吟味して、いつか気に入った1枚を買ってみて欲しいと思います。本当に欲しいと思った作品を手に入れたときの喜びを知ったら、ご自身の制作にたいしての姿勢も変わるはずです。

 私は、日本では芸術作品としての写真の認知度がまだまだ低いと感じています。よい作品を受け入れる環境が、よい作家を育てます。そんな風になるようにというのが、写真画廊に勤めた経験のある私の願いです。
                          (おおかわらりょうこ)

Jock2

34
ときの忘れもの
blogランキング

ギャラリー&編集事務所「ときの忘れもの」は建築家をはじめ近現代の作家の写真、版画、油彩、ドローイング等を扱っています。またオリジナル版画のエディション、美術書・画集・図録等の編集も行なっています。
ときの忘れもの
ホームページはこちら
Archives
Categories
最新コメント
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ