ギャラリー  ときの忘れもの

001_外観1

カテゴリ: 倉俣史朗の世界

新人スタッフMJ「倉俣史朗の空間 静岡コンブレイベント」に参加する

静岡のバー「COMBLE」での連続トークイベントの第2回に参加してきたので、ご報告いたします。 1月14日のトークテーマは静岡の家具産地イメージアップ事業と倉俣史朗について。「COMBLE」以外の倉俣と静岡のつながりに関して、また静岡の家具生産に関しても不勉強で存じ上げ …
続きを読む
倉俣史朗のアクリル・オブジェ

明日2月1日は倉俣史朗先生(1934年11月29日 - 1991年2月1日)の命日です。 ときの忘れものは昨年末「倉俣史朗展」を開催しましたが、ご覧になった方や、開催をネットで知った方から貴重な情報や思わぬ贈り物をいただき感激しています。 1970年代から田中信太郎先生(2019年 …
続きを読む
オノサト・トシノブ展、倉俣史朗展、イン・ビトウィーン展、キュビスム展、『前衛』写真の精神〜展 お見逃しなく

<オノサト・トシノブ展@ときの忘れもの 1977年に出た平凡社の「今日の日本の絵画」(針生一郎著)で、小さな方形・矩形の配列とまばゆい原色の対照と輪郭のない大きな円がうかぶ作品(1962年)を観たときから強烈に惹かれた。 今回の個展では初期作品からの油彩と版画作品を観る …
続きを読む
世田谷美術館「倉俣史朗のデザイン 記憶の中の小宇宙」〜1月28日まで

世田谷美術館「倉俣史朗のデザイン 記憶の中の小宇宙」 会期: 2023年11月18日(土)〜2024年1月28日(日) ずっと楽しみにしていた世田谷美術館での「倉俣史朗展」。一回目は植田実先生のお供で、二回目はどうしても我が子に見せたくて家族と行ってきました。我が子は「美 …
続きを読む
倉俣史朗を訪ねて〜秋葉原・EMONS CAFE

ときの忘れものは本日1月5日より開廊・営業いたします。 本年もどうぞよろしくお引き立てください。 新年早々の能登地方の大地震で多くの人が亡くなり、特に被害が甚大だった輪島市、珠洲市などには寒空のもと救出を待つ人々がいることを思うと心が痛みます。 一刻も早く救助 …
続きを読む
倉俣史朗展 ご来廊ありがとうございました

<駒込、ときの忘れもので倉俣史朗展に。世田谷美術館で見たあれこれが、より親密な距離感で見ることができる。インタビュー動画見てたらお茶までいただけた。いやー。しかしいい値段するなー。 あとスタッフルームには磯崎新のモンローチェアも見えてた。いいなぁ。 …
続きを読む
駒込の倉俣史朗展は明日23日が最終日です。

ときの忘れもの「倉俣史朗展」では連日多くの方にお越しいただいております! ほんとうにありがとうございます。 「倉俣史朗展」は明日23日(土)が最終日です。 *世田谷美術館の倉俣史朗展は2024年1月28日まで。 SNSでの皆様の感想をシェアさせていただきます。 …
続きを読む
中村孝幸のエッセイ「二晩通いました」倉俣史朗のBar CoMbLe

中村孝幸「二晩通いました」倉俣史朗のBar CoMbLe 静岡市にあるバー・コンブレに行ってきました。 倉俣さんのバーが実在していることは「ときの忘れもの」スタッフMさんのレポートで知りました。建築士会の全国大会が静岡で開催されたのは幸運です。 オープン前に場所を確認 …
続きを読む
倉俣史朗を訪ねて〜ふるさと駒込散策

現在、ときの忘れものでは、倉俣史朗展を開催中です。 世田谷美術館での展覧会やNHK「日曜美術館」の放送を見た方で画廊は連日賑わっております。ありがとうございます! ときの忘れもの展示風景 先週は、静岡のバー・COMBLEの中山昌彦さんがいらっしゃいました。左から尾立 …
続きを読む
倉俣史朗のポスター

<駒込にある「ときの忘れもの」の倉俣史朗展がすごい。世田谷美術館のサテライトかと思うくらい見応えあります。 駒込は倉俣が幼少期を過ごした縁の地。倉俣夫人である美恵子さんとの関係によって実現したという展示はドローイングが充実しています(もちろん購入可能)。 …
続きを読む