ギャラリー  ときの忘れもの

001_外観1

カテゴリ: 倉俣史朗の世界

関康子のエッセイ『倉俣史朗、没後30年』

『倉俣史朗、没後30年』  伝説的デザイナーに近づく「倉俣史朗入門」発行 関 康子 ・クラマタデザインが身近にあった 「倉俣史朗」というデザイナーをご存じだろうか? バラの造花を封印した椅子「ミス・ブランチ」、一枚の布がふわっと立ち上がった摩訶不思議な照明器具 …
続きを読む
渋谷 Bunkamura Galleryで「没後30年 倉俣史朗展」開催中 8月22日まで

Bunkamura Gallery「没後30年 倉俣史朗展」8月12日〜22日 現在、渋谷・東急横のBunkamura1階 Bunkamura Galleryにて「没後30年 倉俣史朗展」が開催されています。壁面には倉俣史朗カイエ1集2集と時計、立体はキャビネットや椅子、フラワーベースなど多数展示しています。 …
続きを読む
中村哲医師とペシャワール会を支援する8月頒布会/倉俣史朗

中村哲医師とペシャワール会を支援する8月頒布会 アフガンに駐留していた米軍などが撤退を決め、それに乗じた反政府組織タリバンが各州の都市を猛攻し切迫した状況に陥っているというニュースに接し、暗澹たる思いです。 "緑の大地計画"を掲げ、戦乱と旱魃により荒廃した土 …
続きを読む
Bunkamura Gallery「没後30年 倉俣史朗展」8月12日〜22日

没後30年 倉俣史朗展 今尚色褪せないデザインの革命児 会期=2021年8月12日(木)―8月22日(日) 10:00〜19:00 会期中無休 会場=渋谷・Bunkamura Gallery(東京都渋谷区道玄坂2-24-1) 今尚色褪せないデザインの革命児  1960年代半ばから商業空間や家具、プロダクトなどのデ …
続きを読む
Webマガジン Colla:J(コラージ)「浪江町/双葉町/大熊町は今」

ときの忘れもののWeb展で動画制作をしてくださっている編集思考室シオングの塩野哲也さんが発行しているWEBマガジン「Colla:J」の最新号が届きました。 画像の美しさ、簡潔な文章、日本で一番ではないかと思っています。 画像をクリックしてぜひお読みください。 月刊フ …
続きを読む
植田実のエッセイ「手紙 倉俣さんへ」第7回

植田実のエッセイ「手紙 倉俣さんへ」第7回 手紙 倉俣さんへ 7(承前)  倉俣史朗は、ボッティチェリを意識していなかったと思う。  画家の描いた薔薇を知らなかったはずはない。倉俣さんのことだから。知りつくして、意識から外した。だからこそ花の品種も姿も使わ …
続きを読む
堀江敏幸「かぎりなく喪失を所有する薔薇――倉俣史朗展」

かぎりなく喪失を所有する薔薇   ――倉俣史朗展(ギャラリーせいほう) 堀江敏幸  銀座ギャラリーせいほう 「倉俣史朗展 ―Shiro Kuramata Cahier 刊行記念展」より (会期:2020年11月16日―11月28日) 撮影:塩野哲也  床を歩く靴の裏の重さにとまどう。乾きはじめ …
続きを読む
植田実のエッセイ「手紙 倉俣さんへ」第6回

植田実のエッセイ「手紙 倉俣さんへ」第6回 手紙 倉俣さんへ 6  「ミス・ブランチ」。1988年、倉俣史朗のデザインによるアーム・チェア。  座面と左右の肘掛け面とがU字形に一体化された厚さ60ミリの透明アクリル。背もたれは同じ素材をさらに薄く、ひとを支える弧の …
続きを読む
旧都城市民会館記録映像、年末年始も銀座蔦屋で倉俣史朗展開催中

映画『だれも知らない建築のはなし』の監督・石山友美さんがfacebook(20201225)で、衝撃的な映像を公開してくれたのでご紹介します。 <1年半前に撮影していた解体目前の都城市民会館の記録映像です。 都城市の方で公開したようなので、興味ある方ぜひ観てください。 http …
続きを読む