ギャラリー  ときの忘れもの

001_外観1

カテゴリ: 王聖美のエッセイ

王聖美のエッセイ「気の向くままに展覧会逍遥」第8回

王聖美のエッセイ「気の向くままに展覧会逍遥」第8回 「マギーズセンターの建築と庭ー本来の自分を取り戻す居場所ー」展を訪れて  2020年6月2日から25日までGALLERY A4で「マギーズセンターの建築と庭ー本来の自分を取り戻す居場所ー」展が開催されています。GALLERY A4は …
続きを読む
王聖美のエッセイ「気の向くままに展覧会逍遥」第7回

王聖美のエッセイ「気の向くままに展覧会逍遥」第7回 「没後10年 瀬川康男 坦雲邸日乗ー絵と物語のあわい」展を訪れて  ちひろ美術館・東京で2020年3月1日から6月21日まで開催(予定)の「没後10年 瀬川康男 坦雲邸日乗ー絵と物語のあわい」展を訪問しました。  本展覧 …
続きを読む
王聖美のエッセイ「気の向くままに展覧会逍遥」第6回

王聖美のエッセイ「気の向くままに展覧会逍遥」第6回 「森村泰昌:エゴオブスクラ東京2020ーさまよえるニッポンの私」展を訪れて 2020年1月25日から4月12日まで原美術館で「森村泰昌:エゴオブスクラ東京2020ーさまよえるニッポンの私」展が開催されている。 1、旧原邦造邸 …
続きを読む
王聖美のエッセイ「気の向くままに展覧会逍遥」第5回

王聖美のエッセイ「気の向くままに展覧会逍遥」第5回 藤元明「陸の海ごみ」展を訪れて  2019年10月4日から11月14日まで、GALLERY A4(ギャラリー エー クワッド)で藤元明『陸の海ごみ』展が開催された。  GALLERY A4は、東京都江東区の竹中工務店東京本店の1階にある。2 …
続きを読む
王聖美のエッセイ「気の向くままに展覧会逍遥」第4回

王聖美のエッセイ「気の向くままに展覧会逍遥」第4回 「東京都庭園美術館、変わるものと変わらないもの」  2019年7月20日から9月23日まで、東京都庭園美術館で「1933年の室内装飾 朝香宮邸をめぐる建築素材と人びと」が開催された。旧朝香宮邸の建築を紹介する展覧会は年 …
続きを読む
王聖美のエッセイ「気の向くままに展覧会逍遥」第3回

王聖美のエッセイ「気の向くままに展覧会逍遥」第3回 「中村キース・ヘリング美術館とストリートアート作品」  山梨県の小淵沢にある中村キース・ヘリング美術館で、2019年度通年の所蔵品展「Keith Haring: Humanism -博愛の芸術-」と5月18日〜2019年11月17日の企画展大山 …
続きを読む
王聖美のエッセイ「気の向くままに展覧会逍遥」第2回

王聖美のエッセイ「気の向くままに展覧会逍遥」第2回 「神奈川県立近代美術館のレガシー」  2019年4月20日から5月6日まで鎌倉文華館鶴岡ミュージアムで「新しい時代のはじまり」展が開催された。鎌倉文華館鶴岡ミュージアムは、2016年1月に惜しまれて閉館した坂倉準三設計 …
続きを読む
新連載・王聖美のエッセイ「気の向くままに展覧会逍遥」第1回

王聖美のエッセイ「気の向くままに展覧会逍遥」第1回 「ラ・ロシュ=ジャンヌレ邸とエスプリ・ヌーヴォー館を通じてル・コルビュジエが試みた絵画と建築の融合」  2019年2月19日から5月19日まで、国立西洋美術館で「ル・コルビュジエ 絵画から建築へーピュリスムの時代 …
続きを読む
王聖美のエッセイ・建築倉庫ミュージアム「ノマディックラプソディ」

「ノマディックラプソディ」 王 聖美 会期:2018年10月21日〜2019年1月14日 会場:建築倉庫ミュージアム 出品:佐藤研吾、他  文化は人々の移動によって生まれ、育まれてきました。大航海時代を経て欧州諸国の東南アジア進出により流行したシノワズリとロココの融合、殖 …
続きを読む