ギャラリー  ときの忘れもの

001_外観1

カテゴリ: 井戸沼紀美のエッセイ

井戸沼紀美のエッセイ〜二十二日の半券 第7回『愛のように感じた』『17歳の瞳に映る世界』

井戸沼紀美のエッセイ「二十二日の半券」第7回 『愛のように感じた』『17歳の瞳に映る世界』 ※文中、『17歳の瞳に映る世界』の重要なシーンにまつわる記載がございます。 8月6日、小田急線の車内で20歳の女が36歳の男に刺された。犯行の動機が「幸せそうな女性を殺したか …
続きを読む
井戸沼紀美のエッセイ〜二十二日の半券 第6回『2021年夏に』

井戸沼紀美のエッセイ「二十二日の半券」第6回 『2021年夏に』 『二十二日の半券』は奇数月の22日に、わたくし井戸沼が独断と偏見で気になった映像作品を紹介するブログです。先日約1年ぶりに再会した友人が「アニエス・ヴァルダとJRの『Faces Places(顔たち、ところどこ …
続きを読む
井戸沼紀美のエッセイ〜二十二日の半券 第5回『ビーチ・バム』

井戸沼紀美のエッセイ「二十二日の半券」第5回 『ビーチ・バム』 映画監督 / 作家として知られるハーモニー・コリンについて書かれたテキストを読むとき、かなり頻繁に「“恐るべき子供”として知られ……」とか「若き天才としてデビューし……」といった前置きを目にする …
続きを読む
井戸沼紀美のエッセイ〜二十二日の半券 第4回『あのこは貴族』

井戸沼紀美のエッセイ「二十二日の半券」第4回 『あのこは貴族』 夜の代々木公園で、AとBに意見が割れていた。土曜の夜9時、それぞれの理由で集まった6人。そのうちの1人が、大切な人にLINEでどうコミュニケーションをとるべきかについて、皆が話し合っていた。 その場の …
続きを読む
井戸沼紀美のエッセイ〜二十二日の半券 第3回『ジョナス・メカスと巡る月日』

井戸沼紀美のエッセイ「二十二日の半券」第3回 『ジョナス・メカスと巡る月日』 明日1月23日は、わたしがはじめてジョナス・メカスから言葉を投げかけてもらった日であり、メカスがこの世を去った日だ。「Kimi, thank you very very much for all the nice things you say …
続きを読む
井戸沼紀美のエッセイ〜二十二日の半券 第2回『ふつうの人々』

井戸沼紀美のエッセイ「二十二日の半券」第2回 『ふつうの人々』 近くのスーパーに入っても、ふらりと公園に立ち寄っても、「↔︎」の記号が目に入る。感染症の対策のため、他者との距離を保つようにと呼びかけるものだ。隣の席と自分の席がパーテーションで区切られている …
続きを読む
新連載・井戸沼紀美のエッセイ〜二十二日の半券 第1回『あの夏』

井戸沼紀美のエッセイ「二十二日の半券」第1回 『あの夏』 今年の3月に自粛期間が始まった頃、ある映画のことを頻繁に思い出していた。『グレイ・ガーデンズ』というのがその作品の名前で、ジャクリーヌ・ケネディの叔母であるビッグ・イディと、その娘のリトル・イディが …
続きを読む
井戸沼紀美〜吉祥寺で『肌蹴る光線』番外編 ジョナス・メカス、アンコール

『幸せな人生からの拾遺集』アンコール上映によせて 井戸沼紀美 8月15日、またしてもジョナス・メカスさんの映画を上映させて頂けることになりました。今年の3月に上映会を企画した際、すぐにチケットが売り切れてしまったことをうけてのアンコール上映です。作品は『幸せ …
続きを読む
追悼 ジョナス・メカス〜井戸沼紀美「東京と京都で Sleepless Nights Stories 上映会」

「東京と京都で Sleepless Nights Stories 上映会」 井戸沼紀美 ジョナス・メカスさんの映画を初めて観たのは2013年だった。『ウォールデン』が上映されている渋谷のシアター・イメージフォーラムに何の気なしに立ち寄って、劇場を出る頃には身体中、熱い血が走っていた。 …
続きを読む
追悼 ジョナス・メカス〜井戸沼紀美「メカスさんに会った時のこと」

追悼 ジョナス・メカス 井戸沼紀美「メカスさんに会った時のこと」 「もうご高齢だから、早く会いに行っておきな」。誰かのそんな、冗談交じりの言葉を間に受けて、友人とNYへ向かったのが2014年。午前11:00頃だったと思う。ご自宅を訪ねると、メカスさんは初め、少々困惑 …
続きを読む