ギャラリー  ときの忘れもの

001_外観1

カテゴリ: 井戸沼紀美のエッセイ

井戸沼紀美のエッセイ「二十二日の半券」第21回『フィルム 私たちの記憶装置』

井戸沼紀美のエッセイ「二十二日の半券」第21回 『フィルム 私たちの記憶装置』 1月23日はジョナス・メカスの命日。去年の今頃は最低気温マイナス十数度、雪がしんしんと降り続く韓国・光州へメカスさんの展示を観に行っていた。その帰り道に訪れた福岡市総合図書館でフィ …
続きを読む
井戸沼紀美のエッセイ「二十二日の半券」第20回『Ryuichi Sakamoto | Opus』『枯れ葉』

井戸沼紀美のエッセイ「二十二日の半券」第20回 『Ryuichi Sakamoto | Opus』『枯れ葉』 坂本龍一さんのことを考えると、冬の夜の景色をまず思い出す。獣が急に飛び出してきてもおかしくないような真っ暗な田舎道を車で走るとき、父のカーステレオから“m.a.y. in the back …
続きを読む
井戸沼紀美のエッセイ「二十二日の半券」第19回『フリーク・オルランド』『パトリシア・ハイスミスに恋して』

井戸沼紀美のエッセイ「二十二日の半券」第19回 『フリーク・オルランド』『パトリシア・ハイスミスに恋して』 ドイツの映画作家、ウルリケ・オッティンガーによる三作、『アル中女の肖像』(1979年)『フリーク・オルランド』(1981年)『タブロイド紙が映したドリアン・ …
続きを読む
井戸沼紀美のエッセイ「二十二日の半券」第18回『Fragments of Paradise』

井戸沼紀美のエッセイ「二十二日の半券」第18回 『Fragments of Paradise』 5月末、NYを拠点にするカルチャー誌『The Brooklyn Rail』の企画で、ジョナス・メカスに関するドキュメンタリー映画『Fragments of Paradise』(2022年)が限定配信されていた。素晴らしい内容だ …
続きを読む
井戸沼紀美のエッセイ「二十二日の半券」第17回『あの夏の子供たち』

井戸沼紀美のエッセイ「二十二日の半券」第17回 『あの夏の子供たち』 ここ数年、映画の中で誰かが不慮の死を遂げる展開に違和感を覚えることが多かった。映画を観た後「あの人は生きていても良かったのでは?」「感動や衝撃のために死が利用されていない……?」などと一 …
続きを読む
井戸沼紀美『恵比寿映像祭「ジョナス・メカス―3章のフィルム・プログラム」』レポート

井戸沼紀美「生誕100年ジョナス・メカス情報/『恵比寿映像祭「ジョナス・メカス―3章のフィルム・プログラム」』レポート」 ジョナス・メカスの生誕100年を記念するイベントは、日本でも複数実施されている。昨年11月には、一之瀬ちひろさんが企画された『ジョナス・メカ …
続きを読む
井戸沼紀美のエッセイ「二十二日の半券」第16回『松本圭二さんを尋ねた日』

井戸沼紀美のエッセイ「二十二日の半券」第16回 『松本圭二さんを尋ねた日』 1月末、光州のジョナス・メカス展を観るために企画した韓国への旅。その最終日に、私はとある場所を訪れた。光州から釜山へと高速バスで移動し、船で向かった先は、福岡市総合図書館だ。 映画作 …
続きを読む
井戸沼紀美「生誕100年ジョナス・メカス情報/韓国『JONAS MEKAS + NAM JUNE PAIK : TO ALL MY DEAR FRIENDS』展レポート」

生誕100年ジョナス・メカス情報/韓国『JONAS MEKAS + NAM JUNE PAIK : TO ALL MY DEAR FRIENDS』展レポート 2022年のクリスマスに映画作家 / 詩人のジョナス・メカス(1922-2019)が生誕100周年を迎えたことを記念して、世界各地で展覧会や上映会がひっきりなしに開催され …
続きを読む
井戸沼紀美のエッセイ「二十二日の半券」第15回『にわのすなば GARDEN SANDBOX』

井戸沼紀美のエッセイ「二十二日の半券」第15回 『にわのすなば GARDEN SANDBOX』 あけましておめでとうございます。今年、初めて映画館で観た映画は黒川幸則監督の『にわのすなば GARDEN SANDBOX』でした。このブログが公開される頃には、ポレポレ東中野での公開がギリギ …
続きを読む
井戸沼紀美のエッセイ「二十二日の半券」第14回『あの通りはどこ? あるいは、今ここに過去はない』『石がある』

井戸沼紀美のエッセイ「二十二日の半券」第14回 『あの通りはどこ? あるいは、今ここに過去はない』『石がある』 泣きそうなくらいよく晴れた土曜日、わたしは秋に観た2本の映画のことを思い出していました。1本目は、東京国際映画祭で観たジョアン・ペドロ・ロドリゲス …
続きを読む