ギャラリー  ときの忘れもの

001_外観1

カテゴリ: 中尾美穂のエッセイ

中尾美穂〜ときの忘れものの本棚から第21回「難波田史男:宇宙ステーションへの旅」(10)

中尾美穂〜ときの忘れものの本棚から第21回 「難波田史男:宇宙ステーションへの旅」(10) 中尾美穂 前回述べたように、1980年代、90年代に各地に誕生した難波田史男コレクションのほとんどは、父・難波田龍起や周囲の真摯な働きかけに呼応した個人コレクターの功績によ …
続きを読む
中尾美穂〜ときの忘れものの本棚から第20回「難波田史男:宇宙ステーションへの旅」(9)

中尾美穂〜ときの忘れものの本棚から第20回 「難波田史男:宇宙ステーションへの旅」(9) 中尾美穂 今回とりあげるのは、1990年代に各地に誕生した難波田史男作品のコレクションである。いくつかを難波田家が所蔵する書籍でふりかえってみたい。 1 大川美術館 『絵 …
続きを読む
中尾美穂〜ときの忘れものの本棚から第19回「難波田史男:宇宙ステーションへの旅」(8)

中尾美穂〜ときの忘れものの本棚から第19回 「難波田史男:宇宙ステーションへの旅」(8) 中尾美穂 作家の展覧会歴を追っていると商業的な流れもみえてくる。難波田史男の場合、生前の個展数こそ多くはないが、デビューの機会となった第七画廊、19070年から73年まで、毎 …
続きを読む
中尾美穂〜ときの忘れものの本棚から第18回 「難波田史男:宇宙ステーションへの旅」(7)

「ときの忘れものの本棚から」第18回 「難波田史男:宇宙ステーションへの旅」(7) 中尾美穂 「夭折の画家 難波田史男展―海と太陽の詩」カタログ(西武美術館、1981年)、難波田家蔵より 表紙:難波田史男《夢の街角》1969年(部分) *表紙デザインは田中一光 1974 …
続きを読む
中尾美穂〜ときの忘れものの本棚から第17回 「難波田史男:宇宙ステーションへの旅」(6)

「ときの忘れものの本棚から」第17回 「難波田史男:宇宙ステーションへの旅」(6) 中尾美穂 「難波田 龍起 紀夫 史男―三人展」冊子 池田二十世紀美術館、1978年、編集:難波田龍起、フジテレビギャラリー より 左から難波田史男《作品》1967年、《夢の街角》1969 …
続きを読む
中尾美穂〜ときの忘れものの本棚から第16回 「難波田史男:宇宙ステーションへの旅」(5)

「ときの忘れものの本棚から」第16回 「難波田史男:宇宙ステーションへの旅」(5) 中尾美穂 『ある青春の挫折の歌 難波田史男遺作展』の図録、難波田史男遺作展委員会、1976年、 会場は小田急百貨店グランドギャラリー(東京) 表紙:難波田史男 《青い家》 1973年 …
続きを読む
中尾美穂〜ときの忘れものの本棚から第15回 「難波田史男:宇宙ステーションへの旅」(4)

「ときの忘れものの本棚から」第15回 「難波田史男:宇宙ステーションへの旅」(4) 中尾美穂 『高等学校 現代語』第一学習社、1994年 表紙、裏表紙、および口絵:難波田史男 《会話》 1973年 難波田家が所蔵する難波田史男関連書籍のなかに、この学習書があった。そ …
続きを読む
中尾美穂〜ときの忘れものの本棚から第14回 「難波田史男:宇宙ステーションへの旅」(3)

「ときの忘れものの本棚から」第14回 「難波田史男:宇宙ステーションへの旅」(3) 中尾美穂 絵を描く前に、もう芸術家として生きようと決心を固めてしまう若者が昔も今もどれだけいるだろうか。 卒業間際の猛勉強を経て、早稲田高等学院での高校生活を無事に終えた難波 …
続きを読む
中尾美穂〜ときの忘れものの本棚から第13回 「難波田史男:宇宙ステーションへの旅」(2)

「ときの忘れものの本棚から」第13回 「難波田史男:宇宙ステーションへの旅」(2) 中尾美穂 このエッセイはときの忘れもので2024年に開催予定の難波田史男没後50年回顧展に向けた連載で、現在、画廊に寄託されている難波田家の蔵書を順にとりあげている。前回の「難波 …
続きを読む
中尾美穂〜ときの忘れものの本棚から第12回 「難波田史男:宇宙ステーションへの旅」(1)

「ときの忘れものの本棚から」第12回 「難波田史男:宇宙ステーションへの旅」(1) 中尾美穂 難波田史男《終着駅は宇宙ステーション》 1963年 紙/水彩、インク、テンペラ 2024年に「ときの忘れもの」で予定されている難波田史男没後50年の回顧展に先立ち、現在、難波田 …
続きを読む