内部の星座 三上誠寸描 松永伍一(1999年執筆)  そこにシンフォニーの諧調をたしかに嗅ぎ取っているのに、それは死者でしか表象できない着地点を示しているではないか。もはや進むも退くも叶わぬその完結性はやや多弁のきらいはあるが、透明な悲しみに蔽われていると見 …
続きを読む