「もうひとつの日本美術史——近現代版画の名作2020」展より 植野比佐見(和歌山県立近代美術館)  美術館は、生き物なのではないかと時々思う。展覧会のたびにさまざまな経験をかさね、人と出会い、新しい所蔵品を加える。人が働いており、人がその成果をご覧になるのだ …
続きを読む