ギャラリー  ときの忘れもの

001_外観1

カテゴリ:森下泰輔のエッセイ > 森下泰輔「ウォーホルと栗山豊の時代」

森下泰輔のエッセイ「ウォーホルと栗山豊の時代」番外編・第4回

ウォーホルと栗山豊の時代 番外編・第4回 栗山資料からわかるもの 森下泰輔(現代美術家/美術評論家)   ときの忘れものでの「アンディ・ウォーホル展」、副題「史上最強!ウォーホルの元祖オタク栗山豊が蒐めたもの」では、1967〜2001年までの栗山豊ファイルの新聞雑 …
続きを読む
森下泰輔のエッセイ「ウォーホルと栗山豊の時代」第3回

ウォーホルと栗山豊の時代 第3回 ウォーホル、栗山が生きた「戦後」という時代 森下泰輔(現代美術家/美術評論家) ウォ―ホルは1928生まれ。対して栗山は1946生まれなので、年齢は18年の差がある。 したがって時代背景を同時代性で語ることはできない。 しかし1950年代A …
続きを読む
森下泰輔のエッセイ「ウォーホルと栗山豊の時代」第2回

ウォーホルと栗山豊の時代 第2回 ウォーホル・ウォッチャー、栗山豊ファイルから見えるもの 森下泰輔(現代美術家/美術評論家) 栗山豊が収集したアンディ・ウォ―ルに関する日本の新聞・雑誌記事、美術手帖、映画評論などの論評、展覧会のチケット、チラシ、映像を録画 …
続きを読む
新連載・森下泰輔のエッセイ「ウォーホルと栗山豊の時代」第1回

ウォーホルと栗山豊の時代 第1回 栗山豊という芸術家人生 森下泰輔 ウォーホルに筆者がどのように向き合ってきたのかは、「私の Andy Warhol 体験」を読んでいただくとして、日本でいったいウォーホルがどう受容されてきたのか? そしてその意味を探っていきたい。栗山 …
続きを読む