ギャラリー  ときの忘れもの

001_外観1

カテゴリ: 銀座界隈の画廊おちこち

三上豊「今昔画廊巡り」第12回 INAXギャラリー

三上豊「今昔画廊巡り」 第12回 INAXギャラリー  銀座4丁目交差点から京橋方面をみると、Brilliaの文字が目に入る白い大きなビルがある。ビルは2024年現在、東京建物京橋ビルになっている。1980年代、この2階にINAXギャラリー(中央区京橋3丁目6号18番地、壁面35.2m …
続きを読む
三上豊「今昔画廊巡り」第11回 現代芸術研究室

三上豊「今昔画廊巡り」 第11回 現代芸術研究室  「現代芸術研究室」は1975年6月から81年2月まで、中央区銀座2丁目11番地19号の足柄ビル4階にあった。1階の入り口に立つと聳えるように2階へ向かう18段の階段が迫ってくる。「どっこい、どっこい」と登ってたどり着く …
続きを読む
三上豊「今昔画廊巡り」第10回 ルナミ画廊

三上豊「今昔画廊巡り」 第10回 ルナミ画廊  銀座2丁目5番地4、木造2階建て、1階はカメラ屋さん、左側の階段を上がり、右手のドアを開けるとルナミ画廊があった。画廊は、1988年10月には銀座4丁目8番地三越裏近くのビルの3階に移転、98年夏に閉廊する。現在の2丁目 …
続きを読む
三上豊「今昔画廊巡り」第9回 お茶の水画廊・淡路町画廊

三上豊「今昔画廊巡り」 第9回 お茶の水画廊・淡路町画廊  お茶の水画廊・淡路町画廊から閉廊の挨拶状が届いたのは、2010年4月のことだった。  お茶の水画廊は1975年に文京区本郷2丁目3の15番地に開廊、83年淡路町画廊開廊後、しばらくして淡路町画廊の隣、千代田区神 …
続きを読む
三上豊「今昔画廊巡り」第8回 櫟画廊

三上豊「今昔画廊巡り」 第8回 櫟画廊  2019年、銀座7丁目10−12にあった櫟画廊が閉廊した。1953年の開廊以来66年の長きに渡り、貸画廊として運営されてきた。酒屋の次男坊で銀行員だった保坂繁男(1921―2004)さんは、茅場町から銀座に進出した柳屋酒店が軌道にのり、 …
続きを読む
三上豊「今昔画廊巡り」第7回 ギャルリー ムカイ

三上豊「今昔画廊巡り」 第7回 ギャルリー ムカイ  ギャルリー ムカイは熊谷守一の画廊として知られていた。また、岡田謙三や嶋田しづ、堂本右美らを扱っていた。編集者の私にしてみると、ギャラリーをギャルリーとかギャレリーとか表記する誤植を誘う画廊のひとつだった …
続きを読む
三上豊「今昔画廊巡り」第6回 画廊春秋

三上豊「今昔画廊巡り」 第6回 画廊春秋  ビルの2階への階段を上がると窓のないちょっと暗めの空間がある。ドアを開けると右側の壁面にはオブジェが置けるスペースがあった。正面の壁面が作家たちの勝負壁で、画廊の左側の一角に事務室があり、そこにときにあぐらをかい …
続きを読む
三上豊「今昔画廊巡り」第5回 東邦画廊

三上豊「今昔画廊巡り」 第5回 東邦画廊  かつて日本橋郄島屋ビルの影が被さるような所に小さな画廊があった。64年に開廊、「賃貸せず、画廊企画による」と謳う東邦画廊だ。住所は中央区日本橋通り2の7。75年には住所表示の変更で「日本橋2−6️―5」になる。小さな建 …
続きを読む
第三回新人畫會展 昭和19年9月12日〜14日資生堂ギャラリー/福原義春さんを偲んで

<化粧品店を営んでいました。 3.11の震災の直後、店に電話をくれたメーカーは資生堂さんだけで、お客様や従業員の怪我の心配と 「棚から落ちて破損した品は全て保障する」 という思いがけない救済付きでした。 地震発生からの短い間にこの保証が決まったのか、予め内規とし …
続きを読む
三上豊「今昔画廊巡り」第4回 秋山画廊(後編)

三上豊「今昔画廊巡り」 第4回 秋山画廊(後編)  1970年に閉廊した秋山画廊は、85年には秋山直太郎さんから娘さんの田津子さんの時代に移り、活動を再開する。同じ場所に8階建ての貸しビルを建てた。ビルは現在でもまだ残っている。エレベーターもあったが、1階奥から螺 …
続きを読む