太田岳人

イタリア未来派のドミニコ・ベッリ「宇宙の恋人たち」

長く画廊の仕事をしていると、以前売った作品が再び戻ってきたり、また逆にはるか以前に買い逃して地団駄踏んだ作品がひょんなことから入手できたりする。
美術作品というのは、絶えず流通し、新たな所蔵者(コレクター)のもとへを旅をしているのでしょう。

ご紹介するドミニコ・ベッリの油彩「宇宙の恋人たち」は、今から7年前の2009年に開催した「生誕100年・未来派―ドメニコ・ベッリ展」に出品した作品です。

この年は奇しくも詩人フィリッポ・トンマーゾ・マリネッティが起草した「未来主義創立宣言」が発表されてちょうど100年、イタリア未来派の画家、ドメニコ・べッリ(1909〜1983)の生誕100年という記念すべき年だったにもかかわらず、未来派関連の展覧会は日本ではほとんど開催されなかった記憶があります。
それに腹を立てて開催したわけではまったくなく、たまたま旧蔵者からまとめてベッリの作品を買い取ることになり、ことの成り行き上展覧会をしたというわけです。
まったく勝算なしで開催した展覧会でしたが、意外や意外、完売でした。
そのとき売った一点が再び私たちの手に戻ってきました。
ベッリ「宇宙の恋人たち」
ドメニコ・ベッリ Domenico Belli
GLI AMANTI OEL COSMO 宇宙の恋人たち
1970
油彩
94.0x67.0cm Signed

こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから
※お問合せには、必ず「件名」「お名前」「連絡先(住所)」を明記してください

ドメニコ・ベッリ(Domenico Belli)
1909年ローマ生まれ。1929年ジャコモ・バッラのアトリエに入り、未来派の活動に参加。ローマの「ブロッコ・ディ・フトゥルシムルタニスティ(未来同時主義者集団)」でアウグスト・ファヴァッリ、ブルーノ・ターノらと活動する。ヴェネツィア・ビエンナーレ(1930,32,34,36)、未来派航空絵画展(1933〜38)、ローマ・クアドリエンナーレ(1935,39)、ウンベルト・ボッチョーニへの未来派的オマージュ展(1933,ミラノPesaro Gallery)他に出品。1934年〜42年A.G.ブラガリアがディレクターを務めたテアトロ・デッレ・アルティ(芸術座)において、広報・舞台美術を担当した。戦後もプラート・15人の未来派芸術家展(1970)など未来派展に出品を続け、1983年ローマ近郊のラヴィーノで没。
belli_atorie
ベッリ(右)のアトリエ、1930年代
※Enrico Crispolti (a cura di), Casa Balla e il Futurismo a Roma, Roma, 1989より


画商というのは入ってきてしまった作品については、たとえ何の知識を持たなくても一夜漬けでもいいから、客を説得するだけの情報を集めねば商売にならない。
実に因果なというか、いい加減というか(トホホ)。

このときも日本中の美術館や未来派の研究者たちに電話を掛けまくって、作家のことを調べたのですが、どなたも詳しいことはご存知なくて往生しました。

ところが亭主の悪運たるや凄いもので、太田岳人さんというイタリア未来派の気鋭の研究者にめぐり会ううことができました。
それについては、太田岳人さんの「ドメニコ・ベッリ展によせて」と、その文末につけた「画廊亭主敬白」をお読みください。

ドメニコ・ベッリ展によせて~太田岳人<生誕100年・未来派ドメニコ・ベッリ展>

ドメニコ・ベッリ展によせて 太田岳人(千葉大学大学院)

2009年は「未来派創立宣言」の発表から100周年にあたり、未来派の美術作品はイタリア国内で大々的に展示されるのみならず、世界各地を巡回している。アジアでもつい先ほどまで、台北の国立中正紀念堂附属ギャラリーで展覧会が開かれていた(「飆未来:未来主義百年大展」、7月15日~10月11日)。しかし、《ときの忘れもの》がドメニコ・ベッリ(1909-1983)を取り上げるという情報を聞いた時には驚かされた。私は未来派をはじめとする近現代イタリア美術史を研究しているが、ベッリは決してメジャーな名前ではない。近年出版された2巻本の分厚い『未来派辞典』(E. Godoli (a cura di), Dizionario del Futurismo, Firenze, 2001)においては、同じ未来派への参加歴がある「ベッリ」でも、現在では抽象主義の画家・理論家として知られるカルロ・ベッリ(1903-1991)の記述の方が多いくらいである。

しかし1930年代における未来派の活動を見ると、ドメニコ・ベッリの名前は頻繁に登場して来る。1929年、ローマの未来派画家の長老格であったジャコモ・バッラ(1871-1956)の知遇を得た彼は、その2年後にアウグスト・ファヴァッリ(1912-1969)やブルーノ・ターノ(1913-1942)ら、最も若い世代による「未来同時主義派ブロック」(後に人員を増やし「ローマ未来派グループ」に発展)を結成する。彼らは公衆を巻き込んだ「未来派の夕べ」をたびたび開催するとともに、先達に学びつつ自らの創作活動を模索していった。運動の指導者であるF.T.マリネッティはこの後、ベッリの表現を、エンリコ・プランポリーニ(1894-1956)の「超地上的・宇宙的・生化学的」な造形に通ずるものとして位置づけ賞賛している(シュルレアリスム的な感覚を未来派に取り入れていたプランポリー二の影響は、ベッリが1935年のローマ・クワドリエンナーレに出品した《空間への停泊》などに顕著である)。ともあれ、クワドリエンナーレやヴェネツィア・ビエンナーレといった国家規模の展覧会から、イタリア各地の画廊における未来派のグループ展、さらには劇場の舞台美術からレストランの装飾壁画の制作に至るまで、彼は幅広く活動していた。

一方でベッリへの評価を難しくするのは、未来派運動とファシズム政権との関係であろう。両者の複雑な関係性についてはここでは割愛するが、1910年前後の生まれで1930年代よりキャリアを開始するベッリの世代の芸術家たちにとって、すでにこの政権が動かしがたい社会的与件として存在していたのは確かである。1936年のヴェネツィア・ビエンナーレのカタログで、マリネッティは自分を含めた38人の未来派が前年のエチオピア戦争に参加したとアピールし、そこではベッリの名前も挙げられている。ファシズム政権の社会事業や戦争からも、しばしば未来派は自身の芸術の題材を探っている。若きベッリもその例に漏れなかったが、そのファシズム政権が参戦した第二次世界大戦の状況が急速に悪化したことにより、彼の創作活動は中断を余儀なくされる。

第二次世界大戦中の1944年、マリネッティは世を去った。研究者の多くはこの年をもって未来派運動の完全な終焉としている。実際かなりのメンバーが、大戦中からその直後にかけて未来派から離れ(日本でも著名なブルーノ・ムナーリはその一人である)、アンフォルメルなど別の探求へと移行した。しかし、ベッリと同じく30年代に未来派として頭角を現した画家トゥリオ・クラーリ(1910-2000)は、晩年の回想的画文集『線で描いた未来派』(T. Crali, Futuristi in Linea, Rovereto, 1994)で、この「未来派の終焉」論に異議を唱えている。彼によれば、1950年に戦前の未来派メンバーを集めた会議が開かれ、マリネッティの死をもって未来派は終わったとする意見に抗し、なお自分たちが運動を前進させるべきだという反対が少なからず出て、自身も後者に加わったのだという。クラーリは現役の未来派であると最後まで自己を定義し続けたが、戦後は広告と展覧会設営を生業としたベッリもまた、この運動に対する情熱を失ったわけではなかった。すなわち彼は、1960年代末にかつての仲間が発した「今日の未来派」宣言に署名し、同名の芸術雑誌にも参画したのに加え、1970年代には再び未来派としての新作のグループ展を開催し続けた。

《ときの忘れもの》に展示された作品は、その晩期のベッリによるものである。これらは躍動感ある色彩のリズムによって、自然や空間、およびその中に存在する事物を構成しつつも、形態の抽象化はむしろ対象の特質を浮かび上がらせるように機能している。ここには、1910年代後半にバッラが試みを始め、後の世代の芸術家にも徐々に拡大していった「未来派的抽象」との連結を見ることができる。しばしば未来派は、その初期のスピード感や劇的表現が際立った作品へ賞賛が集まる一方、1920年代以降の多極的展開(いわゆる「第二未来派」)への評価は高くない。しかしベッリのような、大戦間期に芸術を志したイタリアの若者にとって、未来派は決して衰退しつつある集団ではなかった。そして個人によっては、ある一時期の経験(時にファシズムと結びついた)の域を超え、生涯を通じてそう名乗り続けるに足る深い内的価値すら有していた。彼らが年を重ねてなお未来派を名乗り続けたのは、単にノスタルジーに生きたのではないと私は思う。むしろ現在進行形の芸術家として、なお青春の夢に忠実だったのだと言えよう。
2009年10月18日 (おおたたけと)

◆図版1
belli_akaitsubasa
ドメニコ・ベッリ《赤い翼(Ala Rossa)》、1933年
(板に油彩、49×35cm、個人蔵)
※Massimo Duranti (a cura di), Aeropittura e Aeroscultura Futurista, Perugia, 2005 (2nd. ed.)より




◆図版2
belli_naikan
ドメニコ・ベッリ《内観の飛行(Volo Introspettivo)》、1934年
(キャンバスに油彩、120×80cm、個人蔵)
※ Massimo Duranti (a cura di), Aeropittura e Aeroscultura Futurista, Perugia, 2005 (2nd. ed.)より




◆図版3
belli_kuukan
ドメニコ・ベッリ《空間への停泊(Sosta nello Spazio)》、1935年
(板に油彩、150×100㎝、個人蔵) 
1935年のローマ・クワドリエンナーレに出展
※Gino Agnese (et al.), I Futuristi e le Quadriennali, Milano, 2008より




◆図版4
belli_atorie
ベッリ(右)のアトリエ、1930年代
※Enrico Crispolti (a cura di), Casa Balla e il Futurismo a Roma, Roma, 1989より


画廊亭主敬白
ときの忘れものでは、9月29日~10月17日(土)まで、「生誕100年・未来派ドミニコ・ベッリ展」を開催しました。
ドメニコ・ベッリ展DM
生前のドメニコ・ベッリと親交した方からコレクションを譲っていただいたのですが、ちょうど今年が詩人フィリッポ・トンマーゾ・マリネッティが起草した「未来主義創立宣言」が発表されて100年という記念の年でもあり、急遽展覧会を企画しました。奇しくもドメニコ・べッリ(1909~1983)の生誕100年にもあたります。
8点のタブローを目の前にして、当初は途方にくれました。
私たちの手にした情報はあまりに少なく、国内で刊行されたイタリア未来派関係の文献を虱潰しに調べたのですが、得られたものは極く僅かでした。
未来派に詳しい研究者、美術館の学芸員にも片っ端からあたり、イタリアに留学している某建築家にもお手数を煩わせ、彼の地の図書館で情報の収集にあたりました。しかし、ドメニコ・ベッリの名をご存知の日本人にはひとりもお会いできませんでした。
僅かな情報を頼りにプレスリリースを作成し、DMを皆さんにお送りしたのですが、反響は意外なところからやってきました。先ず、貧乏画廊には珍しく、DMをご覧になった方々から作品の問合せが相次ぎました。皆さん誰もドメニコ・ベッリの名を事前には知りませんでした。とかく日本人は知名度がないと買わないと言われますが、今回に関しては皆さん作品本位に選び、お買い上げいただいたことに深い感動を覚えました。
そして会期の半ば、見覚えのある若い方が来廊され、作品をじっとご覧になっている・・・・・、私の画廊は「お客はほっておく」主義なので、普段はあまり話しかけないのですが、思い切って尋ねると「千葉大学の上村清雄先生の研究室にいる太田です、イタリア未来派を研究しています」というではありませんか。以前、久保貞次郎先生の旧蔵書セールにいらっしゃった方で、上村先生の名を聞いて、あっ!と思い出しました。
イタリア未来派関係の研究者を網羅したつもりが、灯台許暗し、かつてシエナ大学大学院に学び、群馬県立近代美術館学芸員を経て、千葉大学に迎えられた上村清雄先生はイタリア彫刻の専門家でした。随分前になりますが「シャガール生誕100年展」や「エッフェル塔100年記念展」(いずれも群馬県立近代美術館開催)で仕事を一緒にさせていただいたこともあります。その上村先生にお送りしたDMを見て、太田さんが来廊されたわけです。
もちろんベッリのことはよくご存知でした。
鴨が葱を背負ってきてくれたのですから原稿を頼まないわけにはいかない。無理を言って超特急で執筆していただきました。何より、ベッリの生前の活動と位置づけが明らかになり、旧蔵者のFさん、お買い上げいただいた皆さんに何よりのプレゼントになりました。
太田さん、ありがとう。

ドメニコ・ベッリ(Domenico Belli)
1909年ローマ生まれ。1929年ジャコモ・バッラのアトリエに入り、未来派の活動に参加。ローマの「ブロッコ・ディ・フトゥルシムルタニスティ(未来同時主義者集団)」でアウグスト・ファヴァッリ、ブルーノ・ターノらと活動する。ヴェネツィア・ビエンナーレ(1930,32,34,36)、未来派航空絵画展(1933~38)、ローマ・クアドリエンナーレ(1935,39)、ウンベルト・ボッチョーニへの未来派的オマージュ展(1933,ミラノPesaro Gallery)他に出品。1934年~42年A.G.ブラガリアがディレクターを務めたテアトロ・デッレ・アルティ(芸術座)において、広報・舞台美術を担当した。戦後もプラート・15人の未来派芸術家展(1970)など未来派展に出品を続け、1983年ローマ近郊のラヴィーノで没。
こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから
ときの忘れもの
blogランキング

ギャラリー&編集事務所「ときの忘れもの」は建築家をはじめ近現代の作家の写真、版画、油彩、ドローイング等を扱っています。またオリジナル版画のエディション、美術書・画集・図録等の編集も行なっています。
ときの忘れもの
ホームページはこちら
Archives
Categories
最新コメント
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ