瑛九

鈴木素直「瑛九・鈔」第2回(再録)

鈴木素直「瑛九・鈔」

第2回 瑛九への旅 東京・瑛九展を見て


 ここに一枚の写真がある。一九五四年の六月十九日、私は、浦和へ帰る瑛九さんを宮崎駅で見送った。その十日前、彼は「旅行がしたいのです。そして宮崎の友人たちに会ってよもやま話をしたいと思っています」と浦和からやって来ていた。そしてその翌々日「僕は昨晩、とても静かな町の自宅へ帰りつきました。今度の旅行で心機一転した心地です……」と兄の正臣氏へ手紙を送っている。
 それからちょうど二十五年たったこの六月八日、私は瑛九への旅へ出た。
 「現代美術の父」――東京・新宿の小田急百貨店のグランドギャラリーには、そう掲げてあった。東京で彼の芸術の全容が紹介されるのは初めてだし、文化庁後援というのも個人展としては珍しいことで、作品の選択と支持者の圧倒的な努力にふさわしいタイトルであった。
 宮崎市から浦和市へ転居した一九五一年、彼は「デモクラート美術協会」を創立した。そこで強く影響を受けて育った靉嘔池田満寿夫、早川良雄、細江英公や友人のオノザトトシノブらと瑛九の会が企画し、全国から油彩、フォトデッサン、エッチング、石版百七十八点が集められていた。
19790608_2

 会場へ入ると、精魂を刻み込んだ、あの晩年の点描による抽象画の激しさが、実におだやかに、だが思いもしなかった別の語りかけで私を迎えてくれた。見なれたつもりの田園B(県立図書館蔵)やつばさ(県総合博物館蔵)の大作すら、まだだれも踏み込まなかった新しい世界のように輝く。もっと目をみはったのは、さきほどと同じ一九五四年八月、東京での初めての油絵展で見た作品だった。芽、駄々っ子、フェニックスなどにあふれるユーモラスな明るさと造形力! 二十五年前、私には全くなじめない作品で、そのいやらしさに圧倒され、暑い日差しの街へ押しだされたみじめな思いをよく覚えている。だが私だけではなかったらしい。今回の開催代表者である木水育男氏が「みんな身に覚えがあるよ」と当時の個展評を読んでくれた。「どのタブロオも緊密さを欠き、質量にとぼしく、ただけばけばしいのはどうしたわけか……」(美術批評十月号・東野芳明)と。
 「ぼくの絵は現代を肯定している人ならだれでもわかる絵である。ぼくは平凡な作家だ」「ぼくは平凡な毎日が精神の上で大きなボウケンとスリルの世界です」(木水氏への手紙)と言った彼の誠実さと先駆者的活動が今わかる。
 東京に比べるなら「とても静かな町の自宅へ帰りついた」私に、東京の友人たちから電話があった。「瑛九展みたよ。宮崎の光が輝いていた。本当の緑の影があった。あれを乗り越えなければ、私たちが!」その若やいだ響きが、一九五〇年二月、戦後初めての瑛九作品展を思い起こさせた。当時新制高校になったばかりの大宮、大淀両校でエスペラントを教えていた瑛九夫妻を。リヤカーで彼の百三点の作品を会場の教育会館へ運び並べた若者たちを。
 貫き通した前衛精神と多彩な独創的作品が、今なお見る者をゆさぶりつづけている。この旅は老いへ向かっての旅ではなかったと思う。
すずき すなお
*鈴木素直『瑛九・鈔』(1980年、鉱脈社)より転載。

鈴木素直
1930年5月25日台湾生まれ、1934年(昭和9年)父の故郷宮崎市に帰国、大淀川、一ツ瀬川下流域で育つ。戦後、新制の大宮高校時代に瑛九からエスペラント語を習い、瑛九が埼玉県浦和に移った後も親交を続け、故郷宮崎にあって、瑛九の顕彰に尽力した。宮崎県内の盲学校、小中学校(主に障害児教育)に長く勤務し、日本野鳥の会会員としても活躍した。2018年4月5日死去。享年87。
瑛九については新聞や雑誌に寄稿され、1980年宮崎の鉱脈社から『瑛九・鈔』を刊行した。ご遺族のご了解を得て、毎月17日に『瑛九・鈔』から再録掲載します。
20180426151054_00001鈴木素直
『瑛九・鈔』
1980年
鉱脈社 発行
63ページ
9.2x13.1cm

目次:
・出会い
・瑛九への旅 東京・瑛九展を見て
・一枚の写真の現実 二十回忌に思う
・フォトデッサン
・版画に無限の楽しみ
・二人の関係 瑛九・池田満寿夫版画展
・“必死なる冒険”をすすめた画家後藤章
・瑛九―現代美術の父
〜〜〜〜

瑛九展『現代美術の父 瑛九展』図録(小田急)
1979年 瑛九展開催委員会発行
132ページ 24.0×25.0cm
同図録・銅版入り特装版(限定150部)

〜〜〜〜
20180426151147_00001鈴木素直
『詩集 夏日・一九四八ー一九七四』
1979年
鉱脈社 発行
102ページ
22.0x15.5cm

目次:
・鏡より
 鏡
 ことば
・夏に向ってより
 夏に向って
 その時小さいあなたへ
 春一番
 野鳥 I
 野鳥 II
 入江 I
 入江 II
 小さいカゴの中で
 病院にて
 孟蘭盆
 夏草 I
 夏草 II
 大いなる儀式
 ムラから
 来歴
・女たちより
 秋
 雨
 夜
 川
 鳥
・夏日より
 春
 いつも同じ石
 海
・詩集「夏日」によせて 金丸桝一
・覚書

〜〜〜〜

20180426151133_00001鈴木素直
『馬喰者(ばくろう)の話』
1999年
本多企画 発行
114ページ
18.5x14.1cm

目次:
・馬喰者の時間
・馬喰者の話
・馬喰者の煙管(きせる)
・馬喰者問答
・馬喰者の夢
・馬喰者の謎
・馬喰者の庭
・ふくろう
・青葉木莵異聞
・雲雀と鶉
・時鳥がうたう
・夕焼けの中の黒いカラス
・残暑見舞い
・眠っている男
・手術室にて
・残照記
・切り株
・八月の庭
・知念さんの地図

〜〜〜〜

20180426151116_00001鈴木素直
『鳥は人の心で鳴くか みやざき・野鳥民族誌』
2005年
本多企画 発行
265ページ
18.3x13.2cm

目次(抄):
・宮崎の野鳥・俗名考―消える方言とユニークな命名
・ツバメあれこれ
・方言さんぽ
・鳥十話
・日向の鳥ばなし
・宮崎県の鳥類
・自然に関わる伝承と農耕習俗―野鳥にまつわる俗信・俚言を中心に
・野鳥にまつわる民俗文化
・県北を歩く
・県南を歩く
・野鳥の方言・寸感
・後記
〜〜〜〜

宮崎瑛九展9鈴木素直さん鈴木素直さん(左)
鈴木素直さんは新制の大宮高校時代に瑛九からエスペラント語を習い、その後教師となります。瑛九と親交を続け、没後はその顕彰に大きな役割を果たし、詩人、日本野鳥の会会員としても幅広い活躍をなさってきました。

●今日のお勧め作品は、瑛九です。
瑛九「作品-B」
瑛九「作品ーB(アート作品・青)」
1935年 油彩(ボード)
29.0×24.0cm(F3号)
※山田光春『私家版・瑛九油絵作品写真集』(1977年刊)No.19、

瑛九「逓信博物館A」
瑛九「逓信博物館 A
1941年 油彩
46.0×61.1cm
*「瑛九作品集」(日本経済新聞社)42頁所載

こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから
※お問合せには、必ず「件名」「お名前」「連絡先(住所)」を明記してください


●本日17日(日)は休廊です。

◆明日18日から銀座で関根伸夫展が始まります。
会場:銀座・ギャラリーせいほう
会期:2018年6月18日[月]―6月29日[金] ※日曜休廊
たくさんの方から関根先生の帰国についてのお問い合わせをいただいていますが、既に無事ロスから帰国されています。本人が出席する個展としては随分久しぶりの開催です。
初日18日(月)17時より、関根伸夫先生を囲みオープニングを開催しますので、皆様どうぞお出かけください。
関根伸夫展_Gせいほう_案内状


◆ときの忘れものは移転一周年謝恩企画70-80年代を彩ったポスター繚乱を開催しています。
横尾忠則がビクターの、ナム・ジュン・パイクがソニーの、エットレ・ソットサスが佐田建設のポスターを手がけた1970〜80年代はまさにグラフィックの時代でした。名人刷り師岡部徳三が美学校でシルクスクリーン教室を開き、そこで育った石田了一が天井桟敷のポスターを手刷りします。かたや印刷技術の粋を尽くした杉浦康平の華麗なポスターが時代を彩りました。
出品リストと詳細な画像は6月11日ブログに掲載しました。記載の頒布価格(千円〜)は会期中のみの謝恩価格です。
また元永定正、オノサト・トシノブ、菅井汲などの版画小品を特別価格(1万円均一)にて頒布します。
会場:ときの忘れもの
会期:2018年6月12日[火]―6月30日[土] ※日・月・祝日休廊
出品作家:靉嘔、磯崎新、猪熊弦一郎、内間安瑆、加納光於、草間彌生、栗山豊、黒田征太郎、白髪一雄、菅井汲、杉浦康平、関根伸夫、田名網敬一、野中ユリ、花輪和一、福田繁雄、細江英公、宮脇愛子、元永定正、横尾忠則、吉田克朗、李禹煥、E.ソットサス、アルバース、J.ジョーンズ、A.ウォーホル、クリスト、マーク・コスタビ、フォロン、フォンタナ、M.グレイヴス、ル・コルビュジエ、サム・フランシス、D.ホックニー、白南準、ポリアコフ、J.ミロ、ボイス、マン・レイ、K.へリング、イブ・サンローラン、オルデンバーグ、 他、
20180525114831_00001

20180525114831_00002


◆ときの忘れもののブログは下記の皆さんのエッセイを連載しています。
 ・大竹昭子のエッセイ「迷走写真館 一枚の写真に目を凝らす」は毎月1日の更新です。
 ・frgmメンバーによるエッセイ「ルリユール 書物への偏愛」は毎月3日の更新です。
 ・小国貴司のエッセイ「かけだし本屋・駒込日記」は毎月5日の更新です。
 ・佐藤研吾のエッセイ「大地について―インドから建築を考える―」は毎月7日の更新です。
 ・杉山幸一郎のエッセイ「幸せにみちたくうかんを求めて」は毎月10日の更新です。
 ・光嶋裕介のエッセイ「幻想都市風景の正体」は毎月13日の更新です。
 ・野口琢郎のエッセイ「京都西陣から」は毎月15日の更新です。
 ・鈴木素直のエッセイ「瑛九・鈔」(再録)は毎月17日の更新です。
 ・小林紀晴のエッセイ「TOKYO NETURE PHOTOGRAPHY」は毎月19日の更新です。
 ・柳正彦のエッセイ「アートと本、アートの本、アートな本、の話し」は毎月20日の更新です。
 ・土渕信彦のエッセイ「瀧口修造の本」は毎月23日の更新です。
 ・小林美香のエッセイ「写真集と絵本のブックレビュー」は毎月25日の更新です。
 ・スタッフSの「海外ネットサーフィン」は毎月26日の更新です。
 ・植田実のエッセイ「本との関係」は毎月29日の更新です。
----------
 ・「現代版画センターの記録」は随時更新します。
 ・「瀧口修造の世界」は造形作家としての瀧口の軌跡と作品をテキストや資料によって紹介します。
土渕信彦のエッセイ「瀧口修造とマルセル・デュシャン」、「瀧口修造の箱舟」と合わせてお読みください。
 ・飯沢耕太郎のエッセイ「日本の写真家たち」英文版とともに随時更新します。
 ・石原輝雄のエッセイ「マン・レイへの写真日記」は終了しました(時々番外編あり)。
 ・植田実のエッセイ「生きているTATEMONO 松本竣介を読む」は終了しました。
  エッセイのバックナンバーはコチラです。
 ・大野幸のエッセイ<ときの忘れもの・拾遺 ギャラリーコンサート>は随時更新します。
 ・「久保エディション」(現代版画のパトロン久保貞次郎)は随時更新します。
 ・中村茉貴のエッセイ「美術館に瑛九を観に行く」は随時更新します。
 ・西岡文彦のエッセイ「現代版画センターの景色」は全三回、1月24日、2月14日、3月14日に掲載しました。
 ・笹沼俊樹のエッセイ「現代美術コレクターの独り言」はしばらく休載します。
 ・清家克久のエッセイ「瀧口修造を求めて」は終了しました。
 ・関根伸夫のエッセイ「〈発想〉について[再録]」は終了しました。
 ・倉方俊輔のエッセイ「『悪』のコルビュジエ」は終了しました。
 ・森本悟郎のエッセイ「その後」は終了しました。
 ・藤本貴子のエッセイ「建築圏外通信」は終了しました。
 ・森下隆のエッセイ「鎌鼬美術館——秋田県羽後町田代に開館」は終了しました。
 ・芳賀言太郎のエッセイ「El Camino(エル・カミーノ) 僕が歩いた1600km」は終了しました。
 ・夜野悠のエッセイ「書斎の漂流物」は終了しました。
 ・普後均のエッセイ「写真という海」は終了しました。
 ・八束はじめ・彦坂裕のエッセイ「建築家のドローイング」(再録)は終了しました。
 ・荒井由泰のエッセイ「いとしの国ブータン紀行」は終了しました。
 ・森下泰輔のエッセイ「戦後・現代美術事件簿」は終了しました。
 ・「殿敷侃の遺したもの」はゆかりの方々のエッセイや資料を随時紹介します。
 ・「オノサト・トシノブの世界」は円を描き続けた作家の生涯と作品を関係資料や評論によって紹介します。
 ・「関根伸夫ともの派」はロスアンゼルスで制作を続ける関根伸夫と「もの派」について作品や資料によって紹介します。
今までのバックナンバーの一部はホームページに転載しています。

●ときの忘れものは昨年〒113-0021 東京都文京区本駒込5丁目4の1 LAS CASAS に移転しました。TEL: 03-6902-9530、FAX: 03-6902-9531
阿部勤設計の新しい空間についてはWEBマガジン<コラージ12月号18〜24頁>に特集されています。
2018年から営業時間を19時まで延長します。
営業時間=火曜〜土曜の平日11時〜19時。日・月・祝日は休廊。
JR及び南北線の駒込駅南口から約8分です。
12

鈴木素直「瑛九・鈔」第1回(再録)

鈴木素直「瑛九・鈔」

第1回 出会い


 思い出は時間が交錯した忘却の中に点々としか残らず、出会いだけが鮮鮮烈に浮かび出てくる。
 あれはちょうど昭和二十三年、太宰治の自殺直後の夏休み前であった。戦後まもない時で、活字に飢えていた私は発足したばかりの新制高校の二年生。ポケットにわずかの金をにぎって友人の湯浅英夫君(スタジオ・ユアサの先代)と古本屋によく通った。その日もそうだった。彼と街を歩いていると「英ちゃん」と呼びかけられた。彼は片手をあげながら若婦人に一礼した。「いっぱい本があるから遊びにおいで」と言われ、あとについて行った家が杉田眼科医院(瑛九の実家)である。
 玄関の上の新婚の二階部屋は、窓が白ペンキで塗られ、庭の緑の葉が夏の光にまぶしかった。部屋はたくさんの本と風変わりな油絵とわずかな調度品で構築された城――すべてが豊かな光の中で歌い踊っている童話の国に思えた。おもちゃののぞき眼鏡の奥深くまだ知らない世界がありそうな気がした、そんな子供時代を思い出したからである。そして白い窓のある二階の部屋はびっくり箱のように新鮮であった。まもなく丸子町の住宅に移られたがよくたずねていった。いつ制作されるのかわからぬほどの作品がつぎつぎに生まれていた。フォトデッサンを作られるころ「一晩で一冊(当時は貴重な一包みの大きな印画紙)使うから私は精神的な王者だ」(カッコ内は筆者)と言われたことがある。
 エスペラント講習会を大宮高校でやってもらったが、講師としても卓越した才能と深い友情の持ち主であることに若い講習生は魅せられた。あの度の強いめがねの奥にひそむきびしさと暖かさは奥さんの優しさとともに、私たちの人生に強い影響と励ましを与えた。
 狭いバラック住宅の中から魔法のように生まれ出るフォトデッサンを見てから、ぼくはずっと子供の夢を見続けている。教師という仕事が続けられたのはそのせいかもしれない。
 ともあれ、当時、高校生であったぼくが、三十二年後の今なお忘れられないのは、あのびっくり箱みたいな部屋や家の光景が、初夏の日差しに重なってくるからである。
すずき すなお
*鈴木素直『瑛九・鈔』(1980年、鉱脈社)より転載。

*画廊亭主敬白
先日の中村茉貴さんの連載エッセイ「美術館に瑛九を観に行く・第23回」の末尾に書かれている通り、宮崎の鈴木素直さんが4月5日に亡くなられました。
鈴木さんは1930年台湾で生まれ、34年(昭和9年)父の故郷宮崎市に帰国、大淀川、一ツ瀬川下流域で育ちました。
戦後、新制の大宮高校時代に瑛九からエスペラント語を習い、瑛九が埼玉県浦和に移った後も親交を続け、故郷宮崎にあって、瑛九の顕彰に生涯を捧げられました。今月5月25日には満88歳、米寿をお迎えになる直前の逝去でした。
宮崎県内の盲学校、小中学校(主に障害児教育)に長く勤務し、日本野鳥の会会員としても活躍されました。
瑛九については新聞や雑誌に寄稿され、また1980年には宮崎の鉱脈社から『瑛九・鈔』という小さな本も出版されています。あまり知られていない本(版元にもない)ですので、ご遺族のご了解を得て、これから毎月17日に『瑛九・鈔』から再録掲載いたします。

20180426151054_00001鈴木素直
『瑛九・鈔』
1980年
鉱脈社 発行
63ページ
9.2x13.1cm

目次:
・出会い
・瑛九への旅 東京・瑛九展を見て
・一枚の写真の現実 二十回忌に思う
・フォトデッサン
・版画に無限の楽しみ
・二人の関係 瑛九・池田満寿夫版画展
・“必死なる冒険”をすすめた画家後藤章
・瑛九―現代美術の父
〜〜〜〜
宮崎瑛九展9鈴木素直さん
2011年(平成23年)7月
鈴木素直さん(左)と綿貫不二夫
宮崎県立美術館「生誕100年記念 瑛九展」にて


鈴木素直さんは教師、詩人、日本野鳥の会会員としても幅広い活躍をなさってきました。
いくつかご著書を紹介します。
20180426151147_00001鈴木素直
『詩集 夏日・一九四八ー一九七四』
1979年
鉱脈社 発行
102ページ
22.0x15.5cm

目次:
・鏡より
 鏡
 ことば
・夏に向ってより
 夏に向って
 その時小さいあなたへ
 春一番
 野鳥 I
 野鳥 II
 入江 I
 入江 II
 小さいカゴの中で
 病院にて
 孟蘭盆
 夏草 I
 夏草 II
 大いなる儀式
 ムラから
 来歴
・女たちより
 秋
 雨
 夜
 川
 鳥
・夏日より
 春
 いつも同じ石
 海
・詩集「夏日」によせて 金丸桝一
・覚書
〜〜〜〜

20180426151133_00001鈴木素直
『馬喰者(ばくろう)の話』
1999年
本多企画 発行
114ページ
18.5x14.1cm

目次:
・馬喰者の時間
・馬喰者の話
・馬喰者の煙管(きせる)
・馬喰者問答
・馬喰者の夢
・馬喰者の謎
・馬喰者の庭
・ふくろう
・青葉木莵異聞
・雲雀と鶉
・時鳥がうたう
・夕焼けの中の黒いカラス
・残暑見舞い
・眠っている男
・手術室にて
・残照記
・切り株
・八月の庭
・知念さんの地図
〜〜〜〜

20180426151116_00001鈴木素直
『鳥は人の心で鳴くか みやざき・野鳥民族誌』
2005年
本多企画 発行
265ページ
18.3x13.2cm

目次(抄):
・宮崎の野鳥・俗名考―消える方言とユニークな命名
・ツバメあれこれ
・方言さんぽ
・鳥十話
・日向の鳥ばなし
・宮崎県の鳥類
・自然に関わる伝承と農耕習俗―野鳥にまつわる俗信・俚言を中心に
・野鳥にまつわる民俗文化
・県北を歩く
・県南を歩く
・野鳥の方言・寸感
・後記
〜〜〜〜
●今日のお勧め作品は瑛九です。
瑛九「逓信博物館A」
瑛九「逓信博物館 A
1941年 油彩
46.0×61.1cm
*「瑛九作品集」(日本経済新聞社)42頁所載
こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから


◆ときの忘れものは没後70年 松本竣介展を開催しています。
会期:2018年5月8日[火]―6月2日[土]
11:00-19:00  ※日・月・祝日休廊

ときの忘れものは生誕100年だった2012年に初めて「松本竣介展」を前期・後期にわけて開催しました。あれから6年、このたびは素描16点による「没後70年 松本竣介展」を開催します。
201804MATSUMOTO_DM

「没後70年 松本竣介展」出品作品を順次ご紹介します
04出品No.17)
松本竣介
《作品》

紙にインク、墨
Image size: 30.5x22.3cm
Sheet size: 32.7x24.0cm
※『松本竣介展』(2012年、ときの忘れもの)p.6所収 No.4

こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから
※お問合せには、必ず「件名」「お名前」「連絡先(住所)」を明記してください

●本展の図録を刊行しました
MATSUMOTO_catalogue『没後70年 松本竣介展』
2018年
ときの忘れもの 刊行
B5判 24ページ 
テキスト:大谷省吾(東京国立近代美術館美術課長)
作品図版:16点
デザイン:岡本一宣デザイン事務所
税込800円 ※送料別途250円


●ときの忘れものは昨年〒113-0021 東京都文京区本駒込5丁目4の1 LAS CASAS に移転しました。TEL: 03-6902-9530、FAX: 03-6902-9531
阿部勤設計の新しい空間についてはWEBマガジン<コラージ12月号18〜24頁>に特集されています。
2018年から営業時間を19時まで延長します。
営業時間=火曜〜土曜の平日11時〜19時。日・月・祝日は休廊。
JR及び南北線の駒込駅南口から約8分です。
12

中村茉貴「美術館に瑛九を観に行く」第23回

中村茉貴「美術館に瑛九を観に行く」第23回

埼玉県立近代美術館「モダンアート再訪 ダリ、ウォーホルから草間彌生まで 福岡市美術館コレクション展」

今回の訪問先は、福岡市美術館のコレクションが展示されている埼玉県立近代美術館。記憶に新しい現代版画センターの「版画の景色」展の熱がまだ冷めやらぬ会場に、再び熱を帯びた作品が並べられていた。16,000点余りの福岡市美術館のコレクションの中でも、1930年代から2000年代初頭に制作された70点の作品が選出された。展示構成は、「第1章 夢の中からだ」「第2章 不章 不穏な身体」「第3章 身体と物質―九州派・具体・アンフォルメル」「第4章 転用されるイメージ―ポップ・アートとその周辺」「第5章 イメージの消失―抽象と事物」「第6章 再来するイメージ」の6本立てであり、昭和戦前期から戦後のアートの流れを俯瞰してみることができる。出品された作品は、シュルレアリスム、ルポルタージュ絵画、具体、九州派、アンフォルメル、抽象表現主義、ミニマル・アート、ハプニング、ネオ・ダダ、ポップ・アート、グラフィティ・アート、ニュー・ペインティングなどで名を馳せた作家でかためられ、教科書が作れるくらいに充実していることがわかる。その中には、作家の代表作のひとつに数えることが出来る作品も含まれ、誰もが一目みて、目を輝かせてしまうような作品に出会える。

今回、取材にご協力いただいた埼玉県立近代美術館の学芸員吉岡知子氏によると、福岡市美術館は、2016年から2019年のあいだ大幅なリニューアルで改修工事を実施するために休館中で、その間、コレクションの一部を日本各地で公開することになったようである。

埼玉県立近代美術館01埼玉県立近代美術館がある北浦和公園入口。平日にもかかわらず、園内には、新緑を浴びる人たちが集まっていた。


埼玉県立近代美術館02会場に入ると、フジタ、シャガール、ミロ、デルヴォ―、ダリの作品が見える。向かって左側にある三岸好太郎《海と斜光》では、画面に収まりきっていない女性像(断片)が表現されている。瑛九は、三岸好太郎の亡き後、アトリエに訪問したことがあり、好太郎のデッサン約二十枚を自作のデッサンと交換している。宿を転々としていたころに部屋に貼りだして眺めていたようだが、久保貞次郎に2点預けた他は、散逸したようである。恐らく、一部の作品は、生活に困ってお金に換えたのではないかと想像する。(『瑛九―評伝と作品』)


埼玉県立近代美術館03河原温《孕んだ女(下図)》は、「浴室」シリーズのエスキースである。瑛九の妻都によると、河原温は瑛九に議論で勝つことが出来ず、部屋の片隅で泣いていた頃、この「浴室」シリーズが出来たという。(『版画芸術』No.112)


埼玉県立近代美術館04九州派のコーナー。菊畑の著書によると九州派のメンバーは、コールタールを煮やして、黒々としたそれを画面に塗布している。(『反芸術綺談』)
盛り上がった黒光りする物体をみると、まるで狂言「附子」の猛毒を想起させるような、はたまた「千と千尋の神隠し」に登場するカオナシのような不気味さがある。写真図版では見られない作品のマチエールを会場でぜひ確認して欲しい。


埼玉県立近代美術館05菊畑茂久馬《葬送曲No.2》部分。赤い顔をした幼児のイメージが反復して画面を覆い尽くす。


埼玉県立近代美術館06九州派の作品は、時代と共に行方不明になっていたが、黒ダライ児による調査がはじまり(『肉体のアナーキズム』)、その後、福岡市美術館で1988年から定期的に九州派の展覧会が企画され、2015年に行われた九州派展では、300頁を超す研究成果が『九州派大全』というかたちとなった。

埼玉県立近代美術館07マーク・トビー《収穫》、アントニ・タピエス《絵画No.XX察


埼玉県立近代美術館08具体美術協会の吉原治良田中敦子白髪一雄の作品が並ぶコーナー。

埼玉県立近代美術館09風倉匠《ピアノ狂詩曲6-97.P3》、パフォーマンスで使用された鞭と記録映像があるコーナー。映像では、鞭で打たれたグランドピアノがゴーン、ボーン、ビロンと唸っていた。高価なモノを痛めつけている異様な光景に、鑑賞者は釘付けとなって、しばらくその場を離れることが出来なくなっていた。


埼玉県立近代美術館10菊畑茂久馬《ルーレットNo.1》。菊畑は、南画廊で制作費の援助を受け、アトリエについては1963年に田中繁一、1964年に浅川邦夫から借りて「ルーレット」シリーズを制作している。九州派は破天荒な活動を次々に展開し、周囲からは「何を見せてくれるのか」という好奇な目で見られていたに違いない。


ところで、福岡市美術館のコレクション形成はどのように行われてきたのか。本展の図録には、以下のような記述が見受けられた。

(1)近代の西日本出身者や関係の深い作家の絵画・彫刻・工芸作品を系統的に収集し、合わせて各種の関係美術資料を収集する。
(2)近代美術の流れを展望できる内外のすぐれた作品を系統的に収集する。
(3)西日本に関係の深い近世以前の作品を収集する。

以上、このような方針でコレクションが形成されていることから、九州(宮崎県)の出身者である瑛九の作品は、(1)西日本出身者として収蔵の対象とされている。

埼玉県立近代美術館11瑛九《丸2》1958年、油彩・画布
本作は「第5章 イメージの消失―抽象と事物」の中で紹介されている。具象的な表現が見られた油絵から一転して、点描法に至る少し前の作品である。膨張色(進出色)である暖色系と収縮色(後退色)である寒色系を画面上で効果的にちりばめている。


埼玉県立近代美術館12《丸2》のサイン部分。左下に「Q Ei 1958」とある。近付いてみると、キャンバス地が見えるほど薄塗であることがわかる。瑛九は、複雑に混色をし、実験的に絵筆を置いているが、画面は濁らず、むしろ透明感が備わっている。瑛九は一部の美術評論家から「色彩家」と称されるほど、色遣いに長けた人物であった。


ところで、瑛九(杉田秀夫)の上京時と九州派の菊畑茂久馬の上京時の様子が時代は隔たるが若干重なるところがあった。両者とも、とっておきの新作(爆弾)を抱えて、東京に向かったことを紹介しておきたい。
瑛九は、1936年1月、古賀春江の作品に触発されてから、フミタ写真館で大量のフォトグラムを数週間で作り上げる。2月7日には、約百点のフォト・デッサンと、描きためていたペンデッサンをスーツケースにつめて、門司行の夜行列車に乗ったという。
一方の菊畑茂久馬は、1961年4月12日から国立近代美術館で行われる「現代美術の実験展」に《奴隷系図》を出品するために上京している。福岡中の銀行を回ってかき集めた十万円分の五円玉を丸太に貼り付け、五万円くらいになった袋を担いで夜行列車に乗ったという。
九州男児ならではの気質なのだろうか。両者とも次々と新しい表現に取り組み、周りを驚かせていた。

埼玉県立近代美術館13アンディ・ウォーホル《エルヴィス》、草間彌生《夏(1)》《夏(2)》


埼玉県立近代美術館14タイガー立石《大停電’66》、柳幸典《二つの中国》。蟻が巣を作る能力を利用して作られた、ユニークでメッセージ性の強い柳の作品。


埼玉県立近代美術館15ルイ・カーヌ、クロード・ヴィアラ、ジグマール・ポルケの作品があるコーナー。吉岡学芸員は、とにかく作品の大きさに驚いたという。2mを超す作品はざらにあり、中には3mを超える作品も展示されている。

埼玉県立近代美術館16マーク・ロスコ、桑山忠明、フランク・ステラの作品。国内外の作品が同じ空間に並べられているが、それほど違和感がない。


埼玉県立近代美術館17辰野登恵子、大竹伸朗の作品。両者とも海外のアートシーンを彩る巨匠たちに見劣りすることなく、展示室で異彩を放っていた。


埼玉県立近代美術館18リサ・ミルロイ、バスキア、やなぎみわ、金村修の作品が展示されているコーナー。


本展を通してみると、1979年に美術館が開館して以来、継続的に収集されていることが分かる。市立ではあるが、西日本および国内外の重要な作品を体系的に収集するための作品購入資金が継続的に確保されているようである。どこの美術館博物館でも作品購入資金は、無いものと頭にあったために非常に驚いた。また、コレクションの形成に挙げられている収集の三本柱に(1)のように、地元(西日本含む)の作品を積極的に収集していること、またそれと併せて「各種の関係美術資料」も収集の対象となっていることにも注目したい。先にも挙げたように、近年行われた九州派の展覧会図録『九州派大全』では、作品ばかりでなく、資料編の方もたいへん充実している。例えば、機関誌、案内状、ビラ、音声の記録のほか、美術評論などが収録されている。

なお、もうひとつ目を見張ったのは、アメリカ絵画の主要作家が網羅されていることである。1982年に開館した埼玉県立近代美術館では、印象派、エコール・ド・パリのコレクションが厚みをもってコレクションされているが、福岡市美術館では、1979年に開館したにもかかわらず、戦後のアメリカ絵画を早い段階から収蔵していることが分かる。吉岡学芸員は、一歩も二歩も歩みを進めている福岡市美術館について「先見の明がある」と評していた。

本展企画者のひとり尾崎信一郎(鳥取県立博物館副館長兼美術振興課長)の論考を見ると、第二次世界大戦の前後で強調されはじめた「身体」の表現に着目し、次のように語っている「表象される対象から表象する主体へ、作家たちの関心は表現された内容、描かれた身体ではなく、表現の形式、すなわち描く身体へとむけられているのだ。作家の行為が強調される時、行為を受肉する絵画の物質性への関心も深められた。」(本展図録「モダンアート再訪」)

確かに本展の作品を鑑賞していると、「身体」の存在や表現された行為の跡(物質性)が視界に入り、視覚からその作品のマチエールが皮膚感覚として受取ることになる。例えば、三岸好太郎の全身が見えない女性像、河原温のバラバラになった身体表現、白髪一雄の足で描かれた絵画、瑛九の油絵では大小さまざまな色彩の異なる「丸」のイメージを変容させることで現れてくるイリュージョンなど。よりリアルな表現形式を追い求めていくことで、作家個人(集団)による感覚は研ぎ澄まされていき、「小さな物語り」が紡ぎ出されるほどの個性的な表現となる。

福岡市美術館は、短いスパンで変化するモダンアートの動向を見逃さずに作品を収集することが出来ている。コレクションの豊かさを考えた時に、やはり政令指定都市になった時期が関係しているのではないかと思う。福岡市は1972年4月1日に政令指定都市に制定されており、これは全国で札幌や川崎と並ぶ7番目という速さである。1956年9月1日の1番手に並ぶ横浜、名古屋、京都、大阪をみると認めざるを得ないだろう。どこも大コレクションを持つ美術館を保有する都市である。美術のコレクション数と人の豊かさが比例するとは言い切れないが、大コレクションの公開は、多くの人の目を愉しませることのできるパワーを持っているということを、改めて認識させられた展覧会であった。

***

ちょっと寄道…


今回の展示では、福岡市美術館所蔵の大コレクションの中で瑛九の作品は1点のみの出品であった。しかし、『福岡市美術館所蔵品目録 日本作家・海外作家』(1979年)を開くと、瑛九の作品、特にフォト・デッサンを多数所蔵されていることがわかる。

油彩1点
水彩14点
インク7点
コンテ1点
エッチング(後刷り含む)73点
フォト・デッサン45点
リトグラフ15点 
全156点

埼玉県立近代美術館19こちらは、福岡市美術館で1982年2月2日 〜2月28日に行われた「フォトグラム展」の図録。瑛九、マン・レイ、モホリ=ナギ、山口正城の作品が一堂に会した。瑛九の作品は、《コンストラクション》《プレリュード》《自転車》を含むフォト・デッサン18点が展示された。
なお、それ以前の1978年9月12日〜9月21日には、福岡市アートギャラリーを会場にした「瑛九フォト・デッサン展」が福岡市美術館協会により行われた。1979年に美術館が開館する一年前に展覧会を開いて実績を重ねていたのである。




福岡市美術館のコレクションを取材するに当たり、九州に思いを馳せていた頃であった。4月5日に鈴木素直氏がお亡くなりになった。故人は高校生の時に瑛九からエスペラント語を学び、後には「宮崎瑛九の会」事務局長として瑛九の顕彰に生涯をささげた方である。盲・小・中学校教師・詩人・日本野鳥の会宮崎県支部長などを歴任していた。

埼玉県立近代美術館202011年宮崎県訪問時に案内していただいた一ツ葉の海岸付近。瑛九の自宅から一番近い海であり、初期の海辺の絵はここからの眺めだと教えていただいた。真夏の海辺に足を踏み入れると、靴の底がみるみる熱くなるのを感じた。フライパンのように熱い砂地に目を落として、その先に雑草が根をはっていることを不思議に思っていると、帽子をかぶっていなかった私に「コウモリはあるか」と心配して声を掛けていただいた。私はカバンに入れていた携帯用の日傘を慌てて開いて、するすると先を歩く鈴木氏の後を追ったのを鮮明に覚えている。瑛九が生活していた頃には無かったという漁港の加工場に伺うと、地元の方から冷えたジュースをごちそうになった。


埼玉県立近代美術館21瑛九が眠る杉田家の墓を訪れたときの写真。埃をはらって、花を供えて、一緒に手を合わせた。病気をする前のまだまだ若々しい姿の鈴木素直氏である。


埼玉県立近代美術館222018年1月に宮崎へ訪問した時に案内していただいた宮崎小学校。瑛九と鈴木氏の母校である。この時は、「遺影にするから写真を撮って欲しい。姉に送りたいから」と歯を見せて笑っていた。


鈴木素直氏には、2度も瑛九ゆかりの地を案内していただいた。瑛九が県外から来た人に案内していたという大淀川の河川敷の場所。遠くに見える霧島連峰の方角。瑛九が大の字になって寝転がっていたという交差点など、鈴木氏は間近で見ていた瑛九の姿を矢継ぎ早に思い出しては語って聞かせてくれた。

宮崎で鈴木氏と食事をご一緒していた時、多くの人に話しかけられている様子を目の当たりにした。人望が厚く、気さくで親しみやすいことが滲み出ているような人であった。
誠に残念ですが、ご冥福をお祈りいたします。
なかむら まき

●展覧会のご紹介
20180206141115_00001


20180206141115_00002

「モダンアート再訪 福岡市美術館コレクション展」
会期:2018年4月7日[土]〜5月20日[日]
会場:埼玉県立近代美術館
時間:10:00〜17:30(入場は17:00まで)
休館:月曜(但し4月30日は開館)

20世紀美術は様々な美術運動の消長の歴史ととらえることができます。印象派に始まり、エコール・ド・パリ、シュルレアリスムから一連の抽象画にいたる流れは主にヨーロッパで育まれ、広い意味でモダンアートと呼ばれています。
そして第二次大戦後、モダンアートの舞台はヨーロッパからアメリカに移り、巨大な抽象絵画やポップアートといった新たな成果を生み出しました。日本でもこれらの動向に呼応する作品が制作される一方、明らかにそこから逸脱する作品も生み出されました。明治以降、日本において欧米の美術がいかに受容され、いかなる変容を遂げたかという問題は日本の近代美術史を論じるにあたって興味深い主題です。
1979年に開館した福岡市美術館は近現代美術と古美術を二つの柱とする16,000点に及ぶコレクションによって知られています。2019年のリニューアルオープンに向けて、美術館が大規模な改修工事に入ったことを得難い機会として、この展覧会では福岡市美術館が所蔵する近現代美術のコレクションによって、モダンアートの歴史をあらためてたどりたいと考えます。
ダリやウォーホルから草間彌生まで、ヨーロッパとアメリカ、そして日本のモダンアートを代表する優品70点あまりの魅力をお楽しみ下さい。
埼玉県立近代美術館HPより転載)

出品作家:赤瀬川原平/アルマン/アンディ・ウォーホル/アントニ・タピエス/イヴ・クライン/池田龍雄/石橋泰幸/瑛九/榎倉康二/海老原喜之助/大竹伸朗/オチオサム/尾花成春/風倉匠/金村修/河原温/菊畑茂久馬/草間彌生/工藤哲巳/クロード・ヴィアラ/桑山忠明/桜井孝身/サルバドール・ダリ/篠原有司男/ジグマール・ポルケ/嶋本昭三/ジャン・デュビュッフェ/ジャン・フォートリエ/ジャン=ミシェル・バスキア/ジョアン・ミロ/白髪一雄/タイガー立石/辰野登恵子/田中敦子/田部光子/中村宏/野見山暁治/原口典之/藤野一友/フランク・ステラ/ポール・デルヴォ―/マーク・トビー/マーク・ロスコ/松谷武判/マルク・シャガール/三岸好太郎/向井修二/元永定正/リサ・ミルロイ/ルイ・カーヌ/ルチオ・フォンタナ/ロイ・リキテンシュタイン/ロバート・ラウシェンバーグ/山崎直秀/レオナール・フジタ(藤田嗣治)/やなぎみわ/柳幸典/山内重太郎/横尾忠則/吉原治良

●ときの忘れものは昨年〒113-0021 東京都文京区本駒込5丁目4の1 LAS CASAS に移転しました。TEL: 03-6902-9530、FAX: 03-6902-9531
新しい空間についてはWEBマガジン<コラージ12月号18〜24頁>に特集されています。
2018年から営業時間を19時まで延長します。
営業時間=火曜〜土曜の平日11時〜19時。日・月・祝日は休廊。
JR及び南北線の駒込駅南口から約8分です。
12

中村茉貴「美術館に瑛九を観に行く」第22回

中村茉貴「美術館に瑛九を観に行く」第22回

埼玉県立近代美術館「版画の景色――現代版画センターの軌跡」


「現代版画センター」では、わずか11年の間で約80名の作家により700点あまりのエディションが積み上げられたという。今回の訪問先である埼玉県立近代美術館の展示では、青山以前の綿貫氏らの活動を知る好機となったばかりか、久保貞次郎の思想が同センターの人たちの中にミームとなって受け継がれ、それがまた多く美術家やそのコレクターのもとに届いていることを知った。「熱中せよ!」と、生前の久保貞次郎が教え子に言っていた言葉のとおり、展示室のそこかしこには、良い作家を全力で紹介しようとする、熱気に包まれていた。本展では、現代版画センターの活動の一部として、学芸員の選りすぐりの45名の作家が紹介された。

埼玉県立近代美術館01埼玉県立近代美術館入口。この日はあいにく曇り空であったが、格子状の建物と窓ガラスにやわらかな光が差しこみ、見事に調和していた。

埼玉県立近代美術館02展示室入口。グレーを基調としている今回の展覧会。図録をはじめ、ヴィジュアル・ブックの地色も同じくグレーである。版画の余白部分に入れられるサインやエディションなどをトリミングせずによく見せるためであろう。出品目録も版画に特化した仕様で、刷り師の名が加えられ、サインも自筆・スタンプ・刷り込みかどうかの違いまで分かるようになっている。コレクターや玄人好みの体裁で、非常に良くできていると思う。

埼玉県立近代美術館03入口をはいってすぐ、靉嘔の作品が展示されている。先陣を切る意味合いを含むアーティスト名で、期待を裏切らない定位置と華やかさに心が躍った。《虹の花》は、岡部徳三による刷りである。靉嘔の虹色のシルクスクリーンは、この人物あっての作品ともいわれるほどで、NYまで同行したことがあったという。展示の中盤のガラスケースにも《花の時間》などがあることから、同センターと靉嘔の付き合いの深さや彼の活躍ぶりを窺い知ることが出来る。

埼玉県立近代美術館04オノサト・トシノブのシルクスクリーン。
瑛九とは宮崎時代から長く付き合っている人物である。オノサトの作品も、安定的にコレクターが付いている作家のひとりである。オノサトもまた靉嘔と同様に展示は二ヵ所にあった。

埼玉県立近代美術館05関根伸夫が展示されているコーナー。もの派として活躍する中で、同センターを通じて制作された作品や活動もあった。《絵空事―風船》は、シルクスクリーンであるが、一部手彩色で一点ものの作品というニュアンスを含む。なお、プロジェクターで映し出された映像には、若かりし頃の関根の姿が見られるため、立ち止まって観てほしい。

埼玉県立近代美術館06『画譜』第3号特装版に添えられた戸張孤雁の後刷り。「新版画」を掲げたり、頒布会を開いたり、さらにアメリカ留学を果たした気高い人物である。若くして病に倒れ、その才能が惜しまれた。版画の普及活動も行っていた孤雁に対する尊敬の念もあったのだろう。


埼玉県立近代美術館07同センターで刊行された『版画ニュース』や『print communication』がファイリングされているコーナー。実際に手に取って読むことが出来る。展覧会、オークション、講演会、シンポジウムなど様々な活動が行われていたことが分かる。


展示を担当した埼玉県立近代美術館学芸員の梅津元によると、この展覧会の準備のために約3年を掛けて聞き取り調査と、次々と出てくる膨大な作品や史料と対峙をされたという。一見すると、奇を衒った印象を持つ企画展ではあるが、そもそも、従来の展覧会という枠組みでは納まり難い、圧倒的な情報と作品の質量であったため、結果として今の形に辿りついたと梅津氏は語った。確かに、作品の傾向を紐解くと、そこには、版画家だけでなく、画家、彫刻家、建築家、工芸家、映像作家までも制作していて、セットものの作品が数十点出品されている作家がいれば、1・2点しか出品していない作家までもいて、大小さまざまな形態である。また、質に着目すれば、加山又造のような日本画の作家の他、もの派、具体、デモクラート、自由美術、フルクサスなど、まさに多種多様な作家の作品が同じ展示室内に並べられているのである。作品ひとつを見ても、各々力のある独特の世界観を宿しているが、「現代版画センター」が中心に据えられていることで、個々の作品が独り歩きすることも、衝突することもなく、一括りの対象物として鑑賞できるようになっていた。作品の展示は、非常に気をつかったようで、アートフェアのように細かく区切られたブースが、一作家の個性を引き立たせていた。版画を中心した作品展とは思えないほど、躍動的でエネルギーに満ちていた。

埼玉県立近代美術館08島州一の作品。ジャンパー、ジーンズ、チェ・ゲバラをモチーフにしている作品もある。


埼玉県立近代美術館09(寄託含む)建築家磯崎新の作品。


埼玉県立近代美術館10菅井汲の作品。34点という本展で随一の出品数を誇る。さまざまなパターンの色面が和音を響かせながら変容する作品群で、ひとつひとつのメロディーをたどってゆくと、徐々に心が湧きたってくるような感覚があった。


埼玉県立近代美術館11山口勝弘の版画集『ANTHOLOGICAL PARINTS 1954-1981』に収録された作品。


「現代版画センター」を企画展として形成するために、梅津氏は次の3本の柱を立てたという。それは、「メーカーとしての現代版画センター」「オーガナイザーとしての現代版画センター」「パブリッシャーとしての現代版画センター」の3本である。「メーカー」としての活動は、オリジナル・エディションの制作と展覧会および頒布会であり、「パブリッシャー」としては、エディションの総目録をはじめニュースなどの刊行物の発行をしていたこと、「オーガナイザー」としては、数々の事業を自発的に行ってきたということを俯瞰してみることで浮かび上がったことで、展覧会では年譜や見取り図などでその影響力のほどを知ることができる。これは、三部構成となっている本展の図録にも「テキスト・ブック」「ヴィジュアル・ブック」「アトラス」というかたちで反映されている。要するに、現代版画センターが担った「メーカー」「パブリッシャー」「オーガナイザー」という3つの役割によって、作家だけではなく、コレクター、評論家、画廊、美術館、出版社とその他の異業種の者が分け隔てなく関わりあうことができて、それが結果として美術普及という大きな役割を果たしていたのである。まるで、台風の目のようだ。豪雨と強風により爪痕を残し、過ぎ去った後の空を仰ぐと雲一つない眩しいくらいの光で目の裏に残像をつくった。権力的・物質的なことだけではない「美術作品」を所有するという意味は、実に深いところから形成されていることを学んだ。

埼玉県立近代美術館12難波田龍起の作品。生前は瑛九を知る人物のひとりであった。


埼玉県立近代美術館13北川民次の作品。民次と次に紹介する瑛九、駒井哲郎の3作家は、現代版画センターのオリジナル・エディションではなく、特別にコレクション作品として展示している。


埼玉県立近代美術館14瑛九《海辺の孤独》1957年、リトグラフ、左下に鉛筆で「20/35」と右下に「Q Ei」のサインあり。


埼玉県立近代美術館15上の作品は、瑛九《離陸》1957年、リトグラフ、左下に鉛筆で「Epreuve d artiste」と右下に「Q Ei/57」あり。下の作品は、《着陸》1957年、リトグラフ、鉛筆により左下「1/20」と右下「Q Ei/57」とあり。


埼玉県立近代美術館16上から瑛九《作品2(works2 Yellow and Green)》1950年頃、木版、《作品1(works1 Yellow)》1950年頃、木版。
ともにインクで「瑛九作 谷口都」とあり。谷口都は、瑛九のパートナーである。瑛九が48歳という若さで逝去したあと、サインの無い作品にこのような署名をいれて、美術館や知人に預けた。

埼玉県立近代美術館17駒井哲郎の作品。

オリジナル・エディションではない3作家である北川民次、瑛九、駒井哲郎が本展に含まれているのは、その根底に好きな作家を後世に伝えるという意思とコレクターとして作品を所有する喜びを伝える上で、欠くことのできない存在なのだろう。

一方、現代版画センターがこれらの運動の軸としていた「オリジナル・エディション」づくりには、誰に版画制作の依頼をするかの会議を開き、様々な人に意見を募って決めていたという。この制作側と鑑賞者側(コレクター)が接点を持つ切っ掛けを「作品」を通じてつくるスタイルは、久保貞次郎が行っていた「小コレクター運動」が元になっていたと考えられ、梅津氏はこの運動が現代版画センターにスピリットとなって宿っているという。

ところで、小コレクター運動が本格始動するのは、1958(昭和33)年5月に真岡市の久保貞次郎邸で行われたのを第一回目とされているが、実はその一年前の1957年6月に「版画友の会」が発足し、頒布会が行われている。おそらく、これで手応えを感じ、継続的な運動へ発展することになったのであろう。丁度、久保が企てた小コレクター運動発足前の「会議」の様子を窺える書簡があるため、以下に紹介したい。

12月27日の夜、浦和の武さし野荘に、画家、蒐集家などのメンバーが集まり、良い画家を育てる方法とか、絵を集める話など、皆で一晩話し会いたいと云うプランをたてました。/27日の夜武さし野荘に10人位泊れるかどうか都合を聞いて、岩瀬さん宛返事を知らせて下さい。宿泊の金額も、その時知らせて下さいませんか。/大変ごめんどうなお願いですがよろしくお願いします。宿舎がOKなら通知はぼくの方でだします。その通知の時に印刷物に、発起人として、あなたとぼくの名前を使いたいと思いますが、よろしいでしょうか。要項は次の通りです。
…銘里鮟个好瓮鵐弌
アイオー、池田〔満寿夫〕、磯辺〔行久〕、木村利三郎、瑛九、尾崎〔正教〕、野々目〔桂三〕、大野〔元明〕、高森〔俊〕、砂山、ミセス野々目、岩瀬〔久江〕、長尾、高山和孝、伊藤善〔市〕、島崎〔清海〕、久保〔貞次郎〕、片岡(新潮社有望なる蒐集家の卵)
期日  12月27日午後1時〜28日昼解散
H駘僉 ―蒜馮饉己負担、会費150円
ぅ董璽沺〆廼瓩両霾鷂魎控擇啌┣茲僚集についての話し合い
ソ仞兵圓僚君に見せたい作品があったら、ご持参下さい。
以上の通りです。どうぞよろしくおねがいいたします。返事は折り返し至急お願いします。
久保貞次郎
m ikeda〔池田満寿夫〕
磯辺行久
岩瀬久江

(1957年12月20日付、久保貞次郎書簡より)※〔 〕は筆者による



上記のなかには、現代版画センターの創立に関わり、わたくし美術館運動を提唱した尾崎正教の名前があり、瑛九、池田満寿夫磯辺行久、靉嘔、木村利三郎の名前も確認することができる。この「武さし野荘」とは、浦和市常磐町(現在のひなぎく幼稚園のあたり)にあった公立学校共済組合による宿泊施設である。瑛九が浦和に移り住みついたころから、久保は、創造美育協会事務局を瑛九宅として、島崎清海を通じて重要な会議の場に武蔵野荘を選んでいた。小コレクターの会を発足するために話し合われた場が、埼玉県立近代美術館と同じ町内(常盤)というのは、やはりスピリットとしてこの土地に依拠しているからかもしれない。現代版画センターは、このような久保貞次郎の意志を引き継いだ持続可能な活動拠点となったことで、安定した作家支援と美術普及の形を実現した。

埼玉県立近代美術館18大沢昌助《机上の空論 黒》《机上の空論 赤》1982年、リトグラフ。
菅井汲竹田鎮三郎などの刷りも担当した森仁志(森版画工房)によるもの。世界最大級のプレス機を入れた2年後に制作された横2mを超す作品である。

埼玉県立近代美術館19右が内間安瑆の木版、左3点は藤江民のリトグラフである。共に版画とは思えないほど、色の表情が豊かである。


埼玉県立近代美術館20彫刻家舟越保武の石版画集に収録された作品。


埼玉県立近代美術館21資料閲覧および休憩スペース。展示室内に現代版画センターの関係資料が設置されているところは、3か所もあった。


埼玉県立近代美術館22柳澤紀子の銅版画。手彩色が施されている。


埼玉県立近代美術館23草間彌生の作品が展示されている風景。


埼玉県立近代美術館24建築家安藤忠雄のシルクスクリーン。


埼玉県立近代美術館25アンディ・ウォーホルのシルクスクリーンと1983年に行われた展覧会ポスターが展示されている。


埼玉県立近代美術館26映画作家ジョナス・メカスの作品。展覧会実行委員会との共同エディション。
常に新しいイメージを追い求め、新しい試みに挑戦していたことがわかる。

梅津氏によると、展覧会が始まると、当時勤めていた同センターのスタッフがあちこちから集まり、同窓会のように喜んでいたという。また、私のように当時を知らない鑑賞者は、ここまで熱く、ダイナミックな活動を展開していたことに驚く声も多かったという。

それから、本展図録の「A.テキスト・ブック」には、梅津元氏の論考に加え、細かく丁寧に取られた基本情報が収録されている。コレクターや初心者でも親しみ易い体裁にまとまっていて、『現代版画センターニュース』をはじめとする主要刊行物の総目録は、手元に置いておきたいものである。では、最後に1974年現代版画センターの創立後ほどなくして『版画センターニュース』(Vol.1,No.6、1975年7月20日)に掲載されていた「没後15年先駆者瑛九を囲む人々展」の開催文を下記に引用したい。

瑛九とはそもそも何者なのでしょう。瑛九には多くの友人と呼ばれる人、そして多くの弟子と伝える人々がいました。彼らは瑛九から学び、瑛九に何かを教えた人々です。その多彩な人間関係の中に、あのドロドロとした、洗練という言葉からは程遠い作品群があり、人間瑛九をめぐるドラマに尽きない興味が湧いて来るのは何故でしょう。靉嘔はじめ池田満寿夫、磯辺行久ら瑛九の教える人達のそのはじまりは、瑛九のタッチそのままであり、その後彼らは、各々の道を歩みながら着実にその世界を築いて行きました。作家瑛九は、同時に教育者、指導者瑛九でもあったわけです。

本展は、「現代版画センター」の活動全体を45名の作品から見るものであり、瑛九が特別に扱われていたわけではない。しかし、上記のように同センターの刊行物を参照すると、活動の起爆装置として、瑛九が挙げられていたことがわかる。この他にも尾崎正教、針生一郎、ヨシダ・ヨシエ、細江英公、北川フラム、難波田龍起などによる瑛九の関連記事が認められ、また、「ギャラリー方寸」のオープン企画も瑛九であったことも付け加えておきたい。(http://blog.livedoor.jp/tokinowasuremono/archives/53192197.html

***

ちょっと寄道…


今回の取材先は版画に特化した展覧会であり、埼玉であることから、以前から伺いたいと思っていた金森茂のご遺族のところにおじゃました。瑛九が旧浦和市に越してきて、リトグラフ(石版画)を学んだのが常磐町1丁目にあった金森茂の印刷工場であった。金森茂(1911年8月12日〜1976年6月27日)は東京に生まれ、もとは京橋の印刷屋に勤めていた。太平洋戦争で焼け落ちたあと、浦和に疎開し、そのまま工場の拠点とした。

埼玉県立近代美術館27瑛九のアトリエとゆかりの地。瑛九は1951年9月〜1952年2月までは、仲町の関口留吉の借家に住み、1952年3月からは本太に戸建てのアトリエに落ち着き、晩年をここで過ごした。線路を挟んで、現在のうらわ幼稚園向かいのマンションあたりに金森茂の印刷工場があった。金森と知り合った翌年の1957年には、寺内萬治郎らによって進められた美術館建設運動が功を奏し、別所沼のほとりには「埼玉県立美術館」が開館している。建設前から行われていた埼玉県展では、瑛九が審査員に加わっていることから、美術館建設に向けて何らかの形で協力、もしくは作品の展示計画があった可能性も考えられる。なお、久保貞次郎の書簡にあった「武蔵野荘」の位置はポイントしたところで、都夫人が買い物にいっていた「太陽堂薬局」「魚屋(魚徳 新井)」や浦和での初の個展会場「コバルト画房」は、それぞれ店構えが変わっているものの現存している。浦和には、戦前から美術家が集まりはじめて、活動しやすい環境作りが地元美術家や美術教師によって行われていた。瑛九にとっても浦和での生活は、充実していたことが窺える。
(出典:山田志麻子「瑛九のアトリエ――浦和での足跡をたどって」、『公済時報』12巻5号、参考:「浦和市全図」1958年)


瑛九は、1956年3月頃から工場に来るようになった。そのきっかけを与えたのは、瑛九と共著(『やさしい銅版画の作り方』1956年、門書店)を執筆した美術教師島崎清海の紹介であった。瑛九は、昼過ぎくらいにいつも妻都を連れ立って工場に現れたという。金森茂は、名刺や賞状などの印刷の依頼を受けていた職人で、美術関係に通じる仕事はしていない。そのため、工場では、口数の多い方でもない金森から特別に瑛九が教わっている様子ではなかった。瑛九は、黙々と作業をする金森の背中を見て、技術を学んでいたようである。瑛九も特に話しかける様子もなく、お互い無口だった。瑛九は、2・3人の職人が仕事をしている横で、自身の制作の機会を伺っているようでもあったという。制作中、都は現場を見るわけでもなく、金森の妻と奥の掘り炬燵に入って「おしゃべり」を楽しんでいたという。また、瑛九と都は、時々金森家でご飯を食べて帰る家族ぐるみの付き合いをしていた。巨大な口のようなイメージのリトグラフ《拡声器》《森の中》《大喰い》は、金森家に足を運んで着想を得たのかもしれない。

話を伺っていた中で、特に気になったのは、金森茂がたとえ中古であっても仕事道具の石板を譲るつもりになったことである。出会ってすぐに譲ったわけではないことから、瑛九のリトグラフに対する真摯な姿勢を認めたからではないかと想像する。瑛九が福井の美術教師木水育夫に送った書簡の中では、熱っぽく自らを「リト病」「職人のよう」と表現するほど、リトグラフにのめり込んでいた時期である。

埼玉県立近代美術館28金森茂のご遺族が所蔵するエッチング1点とリトグラフ2点。右上《赤いシグナル》1956年、リトグラフ、左下「7/10」、裏に「瑛九内 谷口都」サイン
右下は、《鳥と女》後刷り、エッチング、1953制作(版画集『瑛九・銅版画 SCALE II』1975)、鉛筆で左下に「48/60」と右下にスタンプサイン、裏に「瑛九内 谷口都」サイン
《太陽の下で》1956年、リトグラフ、左下に「5/14」、裏に「瑛九内 谷口都」サイン


調査には、長女久枝氏と孫孝司氏にご協力いただいた。また、今回は、金森茂の調査から突然に瑛九のアトリエの話に大きく飛躍し、特別にアトリエにも訪問することとなった。

埼玉県立近代美術館29瑛九のアトリエ兼住宅の外観。
孝司氏は、瑛九に会ったことは無かったが、小さい頃、犬に会うために来ていたという。瑛九はもともと犬嫌いであったが、犬の本を読んだら克服できて、犬を飼うようになった。

埼玉県立近代美術館30表から玄関に向かう敷石。
瑛九や池田満寿夫、靉嘔、細江英公、河原温、磯辺行久等も歩いたのだろう。

埼玉県立近代美術館31「アトリエでくつろぐ瑛九」(出典:「思わず誰かに話したくなるアートの話 美のひととき展」)

埼玉県立近代美術館32宮崎県立美術館で作成されたアトリエ内の見取り図(出典:「思わず誰かに話したくなるアートの話 美のひととき展」)瑛九が使用していた画材道具などは、宮崎で保管されている。常設展には瑛九のコーナーが設置され、アトリエ内の再現展示を行うこともある。


埼玉県立近代美術館33現在の瑛九のアトリエ内部。瑛九の作品は一点もない。瑛九が逝去して58年が経過し、都夫人の居住空間になっている。展示で使用したであろうパネルを捨てずに立てかけているところをみると、都夫人は人を招いたときの解説用として使用していたのだろうか。また、瑛九のいないアトリエにならないために写真を置いて、寂しさを紛らわしているのかもしれない。


埼玉県立近代美術館34梁と壁面の間には、珍しい細工が施してある。真っすぐではない自然のままの木材も親しみやすくて良いと思った。


埼玉県立近代美術館35今回、撮影に同行いただいた久枝氏は、アトリエがじきに無くなると話していた。
お皿の網目模様が、瑛九のフォト・デッサンに入れられた模様と重なって見えた。光を通さない皿の模様が印画紙に写るわけはないが、困惑しながら瑛九の痕跡を探そうとシャッターを切った。
瑛九のアトリエについては、うらわ美術館学芸員の山田志麻子「瑛九のアトリエ――浦和での足跡をたどって」(『生誕100年記念瑛九展』2011)に詳しく書かれている。

埼玉県立近代美術館36この戸を開けると、すぐに庭が続いている。瑛九がいた頃、ここはよく開け放たれていた。久枝氏が若かったころ、瑛九のいるこの前を通るとき、緊張してしまい避けていたと語った。右側に設置されている蛇口は、フォト・デッサンを現像するときに使っていたようだ。

埼玉県立近代美術館37室内で手鏡が掛かっているのを見つけた。おそらく、瑛九の次のフォト・デッサンのモチーフになっていたものである。

埼玉県立近代美術館38《お化粧》1954年、フォト・デッサン、宮崎県立美術館蔵(出典:『瑛九フォト・デッサン展』2005)

瑛九のアトリエをこのまま取り壊してしまうのは惜しいと、長年思い続けていただけに、今回このような形で紹介できて良かったと思う。2011年の3館共同の「生誕100年記念瑛九展」開催時にも周りからの勧めもあって、意見を伺うためにあちこちの瑛九関係者を尋ね歩いたことがあった。元は手元に置いておくための記録だが、今回のアトリエの話題に関連するものとして、一部公開することにした。なお、都夫人の他はすべて名前を伏せ、プライベートに関わるところは割愛した。



瑛九のアトリエ保存に関する聞き取り> 
実施期間:2011年6月6日〜11月6日
2011年7月4日 谷口ミヤ子(瑛九夫人):アトリエを残すことは、賛成。本当なら茅葺き屋根のまま残しておきたかったと話す。屋根が傷んでから、本当は葺き直したかった。今は、瓦屋根になっている。アトリエには、池田満寿夫や靉嘔たちが来て、電車が無くなるギリギリまでおしゃべりしていて、いつも走って帰っていった。皆、若かったから、「私が食べさせなければいけない」と思って、都は自転車で野菜を安く売ってくれるところまで買いに行っていた。満寿夫は、珍しく生魚が食べられず、都が漬けた漬物は喜んで食べた。

その他、瑛九関係者及び瑛九の作品を扱う美術関係者11名:アトリエに関して聞き取りを行ったところ、概ね4本の課題があることがわかった。
仝⇒関係の明確化/⊇ね、移築、管理するための資金源/A反イ鼎り/こ萢冓法について。以下には、簡単にまとめたものを掲載する。

仝⇒関係の明確化
・現在、アトリエの所有者や権利関係は誰にあり、その後は、どこで所有することにするのか。遺族か、近所の世話人か、市・県か? 権利が遺族や世話人にあるのなら、解放して利用して良いか交渉する必要がある。
・敷地(アトリエ)が担保になっている可能性がある。
・瑛九のアトリエに関して、(他人が)動くべきではないのでは。
・今はプライバシーの関係で、個人に踏み込んで聞くことができない。そのため、所有権がどこにあるのかわからない。著作権については、以前、親族関係ではない人が持っていた。(数年前に切れている)
・谷口ミヤ子さんが万が一亡くなったとして、そのあとの所有者がはっきりしないと保存会も立ち上げられない。
・ミヤ子さんの世話人に事情を伺う必要がある。

⊇ね、移築、管理するための資金源
・おそらく、アトリエの運営・管理を行政に頼むと、断られるだろう。
・市や県は、財政上負担したくないはず。
・民間(ボランティア)で運営・管理するとして、行政には補助金や広報のバックアップを頼むなどの方法がある。ただし、民間で運営・管理を負担する場合、市・県には「土地利用」として申請することになり、商品等の販売ができなくなる。
・募金をつのる。アトリエの修復・維持管理費。また光熱・水道・人件費。これらを賄えるだけの資金が回収できるのか。
・埼玉が無理なら宮崎に移築してもいいのでは。
・アトリエにものがなく、都さんの生活した跡が色濃く残っている。もし、アトリエを開放するのであれば、瑛九が現存していた当時を再現しなければならない。
・宮崎県立美術館でアトリエを移築する計画があった。現在はわからない。
・アトリエを残すなら埼玉でしか意味をなさない。
・アトリエの状態がとても悪い。シロアリやネズミの被害がある。
・宮崎に移築する計画はあったが、県民の同意を得るのは、現状として難しく、動くことは不可能。
・「わの会」に瑛九の作品を所有するコレクターがいて、資金があるのでは。
・美術館の経営も難しい昨今、アトリエを市で管理するのは難しい。
・公開したときに誰がアトリエを管理するのか。
・ヒアシンスハウスと違い、(移築したとしても)広い土地が必要。
・アトリエの維持管理という面だけではなく、建物と庭の時価が相当上がっているはずである。買い取るとなると億単位になるのではないか。少なく見積もっても1億。以前、レイモンドの建築を保存するため民間団体で活動したことがある。そのときは、3億で落としたが、結局、維持管理が難しく、市に寄付することになった。建築の管理を民間で行うのは、今のご時世では無理だろう。

A反イ鼎り
・さいたま市では、ヒアシンスハウスの前例がある。ヒアシンスハウスの建設に関わった人に相談すること。市とどのように話し合ったのか。人と資金はどのように集めたのか。
・ヒアシンスハウス設立までの経緯。文芸と建築の団体が協力している。建築の団体はボランティアにも定期的に入り、運営に大きく関わっているという。
・市または県に何を求めるか、説得をどうするのか。
・保存活動をするならば、組織を明確にしたほうがいい。どういう団体なのか。具体的な活動内容をまとめ、客観的に見えやすくする必要がある。また、著名人を募り、どのような職種の人物が組織にいるのか、外から見ても分かりやすくするといい。
・実際に動ける若い人を集める。美術に限らなくてもいい。地域の人。学生、建築家、行政に詳しい人物。
・アトリエの保存には賛成だが、主要メンバーとして活動するのは無理。
・有名な人を先に味方につければ、鶴の一声で実行可能でしょう。
・立場上、保存会に参加するのは難しいが、できるだけ協力はしたい。
・今は無理でも地域で呼びかけがあれば県も動くかもしれない。青木繁のアトリエ保存が現在進んでいる。ほかにも実現したケースはあるはず。

こ萢冓法
・瑛九展開催中にアトリエを保存するよう呼びかけてはどうか。まだあるのに勿体ない。地域で残すべき。
・瑛九のアトリエは残すべきだと思っている。
・瑛九のアトリエの保存には賛同したい。浦和には画家のアトリエが点在しているが、親族が抱えきれなくなり壊された例が数件ある。瑛九のアトリエと奥瀬英三のアトリエは残していきたい。
・活用方法を明確にしないと難しい。
・将来的にアトリエをどのように活用するのか。
・修繕・保存するだけではいけない。利用価値と目的を明確にする必要がある。
・かつて「瑛九のサロン」と呼ばれていたアトリエ。議論の場を提供、都さんの漬物を再現。アトリエに通っていた芸術家には、池田満寿夫、細江英公、AY-O、河原温、磯辺行久がいる。聞き取り調査等が必要だが、これらを売りにできるのでは。
・瑛九のアトリエを宮本三郎記念館のように、美術館の別館として存在させるのが理想ではないか。
・財産(作品等)がない状態で何を売りとするのか。
・アトリエにあった作品は、すべて埼玉や宮崎の美術館へ寄贈されている。その他、画材やエッチングプレス機は、宮崎県立美術館が所蔵しているため、展示は無理ではないか。ものがないとアトリエとして公開する価値はない。
・瑛九は埼玉の画家であり、アトリエは地域の財産である。

以上

なかむら まき


◆埼玉県立近代美術館で「版画の景色 現代版画センターの軌跡」展が開催されています。現代版画センターと「ときの忘れもの」についてはコチラをお読みください。
詳細な記録を収録した4分冊からなるカタログはお勧めです。ぜひご購入ください(2,200円)。
会期:2018年1月16日(火)〜3月25日(日)
埼玉チラシAY-O600現代版画センターは会員制による共同版元として1974年〜1985年までの11年間に約80作家、700点のエディションを発表し、全国各地で展覧会、頒布会、オークション、講演会等を開催しました。本展では45作家、約280点の作品と、機関誌等の資料、会場内に設置した三つのスライド画像によりその全軌跡を辿ります。

○<(西洋美術館)新館の版画素描展示室で開催中の「マーグ画廊と20世紀の画家たちー美術雑誌『デリエール・ル・ミロワール』を中心に」
なにか埼玉県立近代美術館で開催中の『版画の景色 現代版画センターの軌跡』と通じるものがありましたね。

(20180316/タカハシさんのtwitterより)>

○<#埼玉県立近代美術館 の#版画の景色 展覧会を見てきましたよ〜
版画オールスター展覧会みたいで、とても面白かったです!

(20180121/uma_kunさんのinstagramより)>

○<日本に請われてウォーホルが描いた原画を元に日本の職人が摺ったキクが何とも言えない色合いで素敵でした。「版画の景色 現代版画センターの軌跡(埼玉県立近代美術館)」
(20180317/k_2106さんのtwitterより)>

西岡文彦さんの連載エッセイ「現代版画センターという景色は1月24日、2月14日、3月14日の全3回掲載しました。
草創期の現代版画センターに参加された西岡さんが3月18日14時半〜トークイベント「ウォーホルの版画ができるまでー現代版画センターの軌跡」に講師として登壇されます。

光嶋裕介さんのエッセイ「身近な芸術としての版画について(1月28日ブログ)

荒井由泰さんのエッセイ「版画の景色―現代版画センターの軌跡展を見て(1月31日ブログ)

スタッフたちが見た「版画の景色」(2月4日ブログ)

倉垣光孝さんと浪漫堂のポスター(2月8日ブログ)

嶋吉信さんのエッセイ〜「紙にインクがのっている」その先のこと(2月12日ブログ)

大谷省吾さんのエッセイ〜「版画の景色−現代版画センターの軌跡」はなぜ必見の展覧会なのか(2月16日ブログ)

植田実さんのエッセイ「美術展のおこぼれ 第47回(3月4日ブログ)

土渕信彦さんのエッセイ<埼玉県立近代美術館「版画の景色ー現代版画センターの軌跡」展を見て(3月8日ブログ)

現代版画センターに参加した刷り師たち(3月11日ブログ)

現代版画センターの生みの親 井上房一郎と久保貞次郎(3月13日ブログ)

塩野哲也さんの編集思考室シオング発行のWEBマガジン[ Colla:J(コラージ)]2018 2月号が展覧会を取材し、87〜95ページにかけて特集しています。

毎日新聞2月7日夕刊の美術欄で「版画の景色 現代版画センターの軌跡」展が紹介されました。執筆は永田晶子さん、見出しは<「志」追った運動体>。

○3月4日のNHK日曜美術館のアートシーンで紹介されました。

朝日新聞3月13日夕刊の美術欄で「版画の景色 現代版画センターの軌跡」展が紹介されました。執筆は小川雪さん、見出は<版画に込めた情熱と実験精神>。

○月刊誌『建築ジャーナル』2018年3月号43ページに特集が組まれ、見出しは<運動体としての版画表現 時代を疾走した「現代版画センター」を検証する>。

○埼玉県立近代美術館の広報誌 ソカロ87号1983年のウォーホル全国展が紹介されています。

○同じく、同館の広報誌ソカロ88号には栗原敦さん(実践女子大学名誉教授)の特別寄稿「現代版画センター運動の傍らでー運動のはるかな精神について」が掲載されています。
---------------------------------
現代版画センターエディションNo.643〜No.650 岡田隆彦・柳澤紀子 詩画集『海へ』
現代版画センターのエディション作品を展覧会が終了する3月25日まで毎日ご紹介します。
表紙奥付

岡田隆彦・柳澤紀子 詩画集『海へ』
岡田隆彦:詩8篇
柳澤紀子:版画(銅版+手彩色)8点
刷り:山村兄弟版画工房
装幀:五十嵐恵子
発行日:1984年5月23日
発行者:綿貫不二夫、原勝雄
発行所:現代版画センター、浜松アートデューン
印刷・製本:クリキ企画印刷株式会社

サイン岡田隆彦サイン

I
I 詩

I
また海へ出るのだ、
荒れ狂う心をしずめるために。
おれの小舟よ、涙をぬぐえ!
行方知れずの母よ、
おれはいま、波を押しかえす。

II
II 詩

II
自分を洗っている海へ。
(語るなかれ) 海へ。
時が結晶してゆく、
したたかな器官のような
石のごとく物言わぬかたちへ
泳ぎついて、おれはつかむ。

III
III 詩

III
港の灯はクイーンズ・ネックレス。
船は和音を静かに食べている。
青い風は嗚呼、若い草を吹く。
溺れてしまいたい、だが
必ず浮上する。

こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから

パンフレット_05
出品作家45名:靉嘔/安藤忠雄 /飯田善国/磯崎新/一原有徳/アンディ・ウォーホル/内間安瑆/瑛九/大沢昌助/岡本信治郎/小田襄/小野具定/オノサト・トシノブ/柏原えつとむ/加藤清之/加山又造/北川民次/木村光佑/木村茂/木村利三郎/草間彌生/駒井哲郎/島州一/菅井汲/澄川喜一/関根伸夫/高橋雅之/高柳裕/戸張孤雁/難波田龍起/野田哲也/林芳史/藤江民/舟越保武/堀浩哉 /堀内正和/本田眞吾/松本旻/宮脇愛子/ジョナス・メカス/元永定正/柳澤紀子/山口勝弘/吉田克朗/吉原英雄

ときの忘れもの・拾遺 ギャラリーコンサートのご案内
第7回 愛といのち

日時:2018年4月3日(火)18:00〜
会場:ときの忘れもの
出演:メゾ・ソプラノ/淡野弓子
   スクエアピアノ/武久源造   
プロデュース:大野幸
*要予約=料金:1,000円
予約:必ず「件名」「お名前」「連絡先(住所)」を明記の上、メールにてお申し込みください。

info@tokinowasuremono.com

◆ときの忘れものは「植田正治写真展ー光と陰の世界ーPart 供を開催しています。
会期:2018年3月13日[火]―3月31日[土] 11:00-19:00
※日・月・祝日休廊(但し3月25日[日]は開廊
昨年5月に開催した「Part I」に続き、1970年代〜80年代に制作された大判のカラー作品や新発掘のポラロイド写真など約20点をご覧いただきます。
201803_UEDA

●書籍・カタログのご案内
表紙植田正治写真展―光と陰の世界―Part II』図録
2018年3月8日刊行
ときの忘れもの 発行
24ページ
B5判変形
図版18点
執筆:金子隆一(写真史家)
デザイン:岡本一宣デザイン事務所
価格:800円(税込)※送料別途250円

ueda_cover
植田正治写真展―光と陰の世界―Part I』図録
2017年
ときの忘れもの 発行
36ページ
B5判
図版33点
執筆:金子隆一(写真史家)
デザイン:北澤敏彦(DIX-HOUSE)
価格:800円(税込)※送料別途250円


●ときの忘れものは昨年〒113-0021 東京都文京区本駒込5丁目4の1 LAS CASAS に移転しました。TEL: 03-6902-9530、FAX: 03-6902-9531
20170707_abe06新天地の駒込界隈についてはWEBマガジン<コラージ12月号>をお読みください。18〜24頁にときの忘れものが特集されています。
2018年から営業時間を19時まで延長します。
営業時間=火曜〜土曜の平日11時〜19時。日・月・祝日は休廊。
JR及び南北線の駒込駅南口から約8分です。

大竹昭子のエッセイ「迷走写真館〜一枚の写真に目を凝らす」第60回

<迷走写真館>一枚の写真に目を凝らす 第60回

01
(画像をクリックすると拡大します)

文章とちがって、写真は一瞬である。
目にしたとたんに、その写真を見つづけるかどうかが決まってしまう。
それはことばの判断を差し挟む間もないほど瞬発的な身体的反応である。

おもしろくないと思った写真が、あとになって何事かを語りかけてくる場合もあるから、はじめの印象がすべての価値を定めるわけではないが、初見のときに何かひっかかるものがある写真は、うちに秘密を隠しもっているとみてまちがいない。

人が去り、家具が運びだされ、不要なものが残された室内に、強力な力が働いた。壁に造り付けられていた棚は跡だけを残して消え去り、そこに入っていた食器類は床に投げされた。

まず手前にある皿が目に飛び込んできた。
大皿がとりわけ気になったのは、裏返って底を見せているからだろうか。降参!という叫びが聞こえてきそうだ。

奥のコーナーに目を移すと、トイレの便器が静かに白い肌を晒している。跳び箱に似た台座の上に、アボガドをまっぷたつに割ってくり抜いた形の便器が載っている。

これらの皿と便器は自らの意志でこのように散乱したのではなく、外からの力によって、偶然にもこのような姿をさらすはめになったのだが、じっと見ているうちに、これまで思ってもみなかった感想がわいてきた。どちらも陶器だな、と。食器をつくる素材が、便器をもつくる。おなじ器でありながら、盛られるものがちがうなと。

日常生活では食器と便器を同時に目にすることはない。トイレとキッチンが隣り合っていても、壁で仕切られ、便器の半径2,3メートルのところに食器があるとはよもや思わないのである。ふたつの関係は巧妙に隠される運命にあるmpだ。

だが、人が住まなくなったいま、そのことを隠す必要はどこにもなくなった。秘密は暴かれたのだった。

食器と便器が同時に写っている奇妙な光景には、人の営みの残滓のようなものが感じられる。
食べて、出して、また食べるという,生命を維持するのに欠くことのできない行いが、無人の空間に染みわたっている。

大竹昭子(おおたけあきこ)

■石内都 Ishiuchi Miyako
1947年群馬県桐生市生まれ。神奈川県横須賀市で育つ。 1979年に「Apartment」で第4回木村伊兵衛写真賞を受賞。2005年、母親の遺品を撮影した「Mother’s」で第51回ヴェネチア・ビエンナーレ日本館代表作家に選出される。 2007年より現在まで続けられる被爆者の遺品を撮影した「ひろしま」も国際的に評価され、近年は国内外の美術館やギャラリーで個展を多数開催。2013年に紫綬褒章、2014年に「写真界のノーベル賞」と呼ばれるハッセルブラッド国際写真賞を受賞。2015年、J・ポール・ゲティ美術館(ロサンゼルス)の個展「Postwar Shadows」では「ひろしま」がアメリカの美術館で初公開され、大きな反響を呼んだ。

●写真集のご紹介
上掲の写真作品は、石内都さんの写真集『yokohama互楽荘』に収録されています。
cover石内都写真集『yokohama互楽荘』
2017年10月31日
蒼穹舎 刊行  限定550部
A4変型  上製本
モノクロ  ページ数:76
作品点数:63点
編集:大田通貴
装幀:原耕一

かつて横浜にあった集合住宅地・互楽荘。1932年に東京の商人が娘のために建てたが、太平洋戦争後、アメリカ軍兵士のための 赤線第一号の建物となった。「その事実を知ったことで同潤会アパートとはどこか違う影の濃さをはじめに感じたことが納得できた」 (あとがきより)。初期の代表作『APARTMENT』(1978年)と対をなす、もうひとつの「アパートメント」と言えるこの作品集を見ることで、建物が持つひとつの歴史が浮かび上がってくる。(蒼穹舎HPより転載)

●展覧会のご紹介
「石内 都 肌理と写真」
会期:2017年12月9日[土]〜2018年3月4日[日]
会場:横浜美術館
時間:10:00〜18:00
   *2018年3月1日(木)は16:00まで 
   *2018年3月3日(土)は20:30まで
   (入館は閉館の30分前まで)
休館:木曜日、2017年12月28日(木)〜2018年1月4日(木)

石内都(1947年生まれ)は、2014年にアジア人女性として初めてハッセルブラッド国際写真賞を受賞するなど、現在、国際的に最も高く評価される写真家のひとりです。
多摩美術大学で織りを学んだ石内は、1975年より独学で写真を撮り始め、思春期を過ごした街・横須賀や、日本各地の旧赤線跡地などを撮影した粒子の粗いモノクローム写真で一躍注目を集めました。近年は、被爆者の遺品を被写体とする「ひろしま」やメキシコの画家フリーダ・カーロの遺品を撮影したシリーズで、その活動は広く知られています。
2017年は、石内が個展「絶唱、横須賀ストーリー」で実質的なデビューを果たしてから40年を迎える年にあたります。本展は、この節目の年に、石内自らが「肌理(きめ)」というキーワードを掲げ、初期から未発表作にいたる約240点を展示構成するものです。
住人のいなくなったアパート、身体の傷跡、日本の近代化を支えた大正・昭和の女性たちが愛用した絹織物、亡き母や被爆者らの遺品の写真を通して、存在と不在、人間の記憶と時間の痕跡を一貫して表現し続ける石内の世界を紹介します。(横浜美術館HPより転載)

●本日のお勧め作品は、瑛九です。
qei_violin
瑛九《バイオリン》
フォトデッサン
26.6x21.1cm
都夫人のサインあり(裏面)
こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから
※お問合せには、必ず「件名」「お名前」「連絡先(住所)」を明記してください

●冬季休廊のご案内
ときの忘れものは2017年12月29日(金)〜2018年1月4日(木)まで冬季休廊いたします。
ブログは年中無休、気鋭の執筆陣によるエッセイと忘れてはならない小さな情報を毎日お届けしています。

◆埼玉県立近代美術館で新春1月16日〜3月25日の会期で「版画の景色 現代版画センターの軌跡」が開催されます。
会員制による共同版元として現代版画センターは1974〜1985年に約80作家、700点のエディションを世に送り出しました。全国各地で展覧会、頒布会、オークション、上映会、講演会、パネルディスカッション等を頻繁に開きましたが、今回の展覧会では、その中から埼玉近美が選んだアンディ・ウォーホルなど45作家、約300点の作品と、11年間に発信された機関誌など資料が一部展示換えをしながら展観されます。
パンフレット_04

●書籍のご案内
版画掌誌第2号
版画掌誌第2号
オリジナル版画入り美術誌
2000年/ときの忘れもの 発行
特集1/磯崎新
特集2/山名文夫
B4判変形(32.0×26.0cm) シルクスクリーン刷り
A版:限定35部:120,000円(税別 版画6点入り)  
B版:限定100部:35,000円(税別 版画2点入り)


TAKIGUCHI_3-4『瀧口修造展 III・IV 瀧口修造とマルセル・デュシャン』図録
2017年10月
ときの忘れもの 発行
92ページ
21.5x15.2cm
テキスト:瀧口修造(再録)、土渕信彦、工藤香澄
デザイン:北澤敏彦
掲載図版:65点
価格:2,500円(税別) *送料250円


安藤忠雄の奇跡安藤忠雄の奇跡 50の建築×50の証言
2017年11月
日経アーキテクチュア(編)
B5判、352ページ
価格:2,700円(税別)  *送料:250円
亭主もインタビューを受け、1984年の版画制作始末を語りました。日経アーキテクチュア編集長のコラム<建築家・安藤忠雄氏の言葉の力:第3回>で、出江寛先生、石山修武先生の次に紹介されていますので、お読みください。
ときの忘れもので扱っています。
ときの忘れものでは1984年以来の安藤忠雄の版画、ドローイング作品をいつでもご覧になれます。


◆大竹昭子のエッセイ「迷走写真館 一枚の写真に目を凝らす」は毎月1日の更新です。

●ときの忘れものは昨年〒113-0021 東京都文京区本駒込5丁目4の1 LAS CASAS に移転しました。TEL: 03-6902-9530、FAX: 03-6902-9531
20170707_abe06新天地の駒込界隈についてはWEBマガジン<コラージ12月号>をお読みください。18〜24頁にときの忘れものが特集されています。
ときの忘れものの小さな庭に彫刻家の島根紹さんの作品を2018年1月末まで屋外展示しています。
2018年から営業時間を19時まで延長します。
営業時間=火曜〜土曜の平日11時〜19時。日・月・祝日は休廊。
JR及び南北線の駒込駅南口から約8分です。
 

比田井一良「瑛九の初期印画紙作品について」

「瑛九の初期印画紙作品について」

銀遊堂 比田井一良

小さな写真作品が一点「ときの忘れもの」に入ってきました。
キャビネサイズのそれは、山田光春著『瑛九 評伝と作品』第一章・萌芽期の扉に<「踊り子」フォトグラム ’31>として掲載されている作品と同一のもので、前年にオリエンタル写真学校に入学した瑛九弱冠二十歳の作品ということになります。ちなみにオリエンタル写真学校の修業期間は三ヶ月で、彼の二年後には植田正治が入学しています。
*山田光春著『瑛九 評伝と作品』(1976年 青龍洞)27ページ所収

山田光春瑛九伝600山田光春著『瑛九 評伝と作品』(1976年 青龍洞)

山田光春瑛九伝27ページ600
同書27ページ


01<写真1 オリジナル画像>
ゼラチンシルバープリント(印画紙)
サイズ:14.6×10.6cm

書籍に印刷されていた写真は今回のヴィンテージプリントより濃度があるように見えますが、これは印刷用に使った別なプリントが有ったのかも知れず、またヴィンテージプリントの経年変化によるという理由もあるでしょう。
だがしかし一見してわかるように、これはフォトグラム作品ではありません。むしろ普通にカメラで撮影された作品のように見えます。ではこの不思議なプリントはどういう方法で作られたものかその説明が聞きたい、というのが綿貫さんからの設問でした。
作品を拝見した後、おそらくこういう方法だろうという推定を口頭でご説明したのですが、言葉の説明だけでは十分ではないので、推定に従って実際に同じようなプリントを作ってみましょうという事になりました。
推定した方法は二種類で、撮影時の二重露光と、プリント時のネガの重ね焼きです。

以下、製作実験の過程を、順を追って説明いたします。
まず、プリント制作のための素材を準備します。一つは女性の顔のアップの写真です。背景が黒いものを選びます。

もう一つは踊り子の写真です。瑛九作品では踊り子の別々の写真を三点別々に用意していますが、今回は再現実験なのでそこは簡略化して、同じ写真を三点大きさだけを変えたものを作りました。踊り子の写真は、切り抜いて黒紙の上にレイアウトしてコラージュを作ります。黒紙は普通の黒画用紙を使いました。

02<写真2 踊り子たち複写の様子>


撮影時の二重露光の方法では、「顔アップ」の写真を複写した後、フィルムを巻き上げずにそのまま「踊り子たち」のコラージュを複写します。
ネガシートの一列目中央のネガがその結果で、二つの画像が重なって写っています。

03<写真3 ネガシート>


このネガからプリントしたものが次の写真です。

04<写真4 二重露光>


この方法は手順が簡単なので製作は比較的容易なのですが、二つの画像の位置関係が撮影時に決定されてしまい、あとで修正できないという欠点があります。この作例でも踊り子たちのレイアウトが右に少しずれていて、画面にまとまりがありません。
これに対してプリント時のネガの重ね焼きでは、「顔」と「踊り子たち」を別々に複写します。その際に露光を変えて何種類かのネガを作っておきます。ネガシートの二列目以下がその結果です。
プリントのときに二枚のネガを重ね合わせて引き伸ばし機にセットしますが、そのときに二枚のネガの相対的な位置関係をずらすことができるので、合わせ具合のレイアウトを確認しながらプリントすることができます。

05<写真5 重ね焼き1>


この作例では、ネガシートの二列目左から二枚目のネガと四列目右から三番目のネガを重ね合わせてプリントしています。ネガの重なり具合を調整したので踊り子たちをうまく中央にレイアウトすることができました。この方法にはもう一つ良い点があって、重ね合わせるネガの濃度を変えることでプリントの印象を大きく変えることができます。次の作例では、ネガシートの二列目一番右の薄いネガと、前と同じ四列目右から三番目のネガを組み合わせています。結果は顔が暗くなって、踊り子たちが浮かび上がってきます。このようにしてネガの組み合わせを変えることで、いろいろなトーンのプリントを作ることができます。

06<写真6 重ね焼き2>


二重露光と重ね焼きのこの二つ方法は、手順は違いますが結果はほぼ同じになるので、瑛九がどちらの方法でやったかは残念ですが確定できません。位置合わせの問題も、画家瑛九だったらはじめにコンテを描いて、かなり正確に構図を決める事ができたかも知れません。

この作品のネガが現存しているかは不明だそうですので、以上のことは推測の域を出るものではありません。もしネガを見ることができれば、話は簡単に済んでしまうと思われます。しかし「まったく同じ」とは言えないにせよ「かなり似ている」プリントができたので、今回の推理は大きく的外れではないと思っています。
ひだい かずよし

*画廊亭主敬白
2017年最後のビッグニュース
長いこと瑛九を追いかけていると、珍しい作品に遭遇することがありますが、今回私たちが入手した印画紙作品は間違いなく超弩級、瑛九の最初期の写真作品の発見です。
瑛九が少年の頃からカメラを買ってもらい、多くの写真を撮ったことはよく知られています。撮影された写真は当時の写真雑誌『フォトタイムス』1931年10月号などに掲載されている。
ところが今回ご紹介する「踊り子」という作品、名著の誉れ高い山田光春『瑛九 評伝と作品』第一章の扉にどーんと掲載されているので瑛九に詳しい方なら誰でも知っている(はず)。実物がなかなか見つからなかった。しかも山田さんがつけたキャプションが問題です。
図版の右肩に<「踊り子」フォトグラム ’31>とあります。サイズの表記はありません。
不思議なのは<フォトグラム>と技法を表記していることです。
ご承知のとおり、瑛九が創始した(造語した)フォトデッサンという技法は=フォトグラムです。カメラ(フィルム)を使わず、印画紙に直接光をあてて制作するのがフォトグラム=フォトデッサンです。プリントの専門家比田井一良さんが指摘するごとく、この作品はどう見てもフォトグラム(=フォトデッサン)ではありません。
山田さんの同著には油彩、水彩、リトグラフ、銅版、吹きつけ、フォトデッサン、フォトコラージュなどの画像が多数掲載されていますが、<フォトグラム>としているのは27ページの「踊り子」ただ一点だけです。
山田さん自身この作品が他の印画紙作品と異なる技法によって作られた(らしい)ことを承知していたと思われるのですが、では何なのか、わからなかった(のではないか)。
苦し紛れに<フォトグラム>とつけたのではないかと亭主は邪推しています。
今回名プリンター比田井さんに教えを乞うたところ、再現実験までしてくださいました。感謝の言葉もありません。ありがとうございました。

◆埼玉県立近代美術館で新春1月16日〜3月25日の会期で「版画の景色 現代版画センターの軌跡」が開催されます。
会員制による共同版元として現代版画センターは1974〜1985年に約80作家、700点のエディションを世に送り出しました。全国各地で展覧会、頒布会、オークション、上映会、講演会、パネルディスカッション等を頻繁に開きましたが、今回の展覧会では、その中から埼玉近美が選んだアンディ・ウォーホル、瑛九など45作家、約300点の作品と、11年間に発信された機関誌など資料が一部展示換えをしながら展観されます。
パンフレット_04


●書籍のご案内
版画掌誌5号表紙600
版画掌誌第5号
オリジナル版画入り美術誌
ときの忘れもの 発行
特集1/ジョナス・メカス
特集2/日和崎尊夫
B4判変形(32.0×26.0cm) シルクスクリーン刷り
A版ーA : 限定15部 価格:120,000円(税別) 
A版ーB : 限定20部 価格:120,000円(税別)
B版 : 限定35部 価格:70,000円(税別)


TAKIGUCHI_3-4『瀧口修造展 III・IV 瀧口修造とマルセル・デュシャン』図録
2017年10月
ときの忘れもの 発行
92ページ
21.5x15.2cm
テキスト:瀧口修造(再録)、土渕信彦、工藤香澄
デザイン:北澤敏彦
掲載図版:65点
価格:2,500円(税別) *送料250円
*『瀧口修造展 I』及び『瀧口修造展 II』図録も好評発売中です。


安藤忠雄の奇跡安藤忠雄の奇跡 50の建築×50の証言
2017年11月
日経アーキテクチュア(編)
B5判、352ページ
価格:2,700円(税別) *送料:250円
亭主もインタビューを受け、1984年の版画制作始末を語りました。
ときの忘れもので扱っています。

国立新美術館の「安藤忠雄展―挑戦―」は、大盛況のうちに終了しました。
展覧会については「植田実のエッセイ」と「光嶋裕介のエッセイ」を、「番頭おだちのオープニング・レポート」と合わせ読みください。
ときの忘れものでは1984年以来の安藤忠雄の版画、ドローイング作品をいつでもご覧になれます。


●ときの忘れものは、〒113-0021 東京都文京区本駒込5丁目4の1 LAS CASAS に移転しました(詳しくは6月5日及び6月16日のブログ参照)。
新天地の駒込界隈についてはWEBマガジン<コラージ12月号>をお読みください。
ときの忘れものには小さな庭があります。彫刻家の島根紹さんの作品を2018年1月末まで屋外展示していますので、ご来廊の折にはどうぞご覧ください。
電話番号と営業時間が変わりました。
TEL: 03-6902-9530、FAX: 03-6902-9531 
営業時間=火曜〜土曜の平日11時〜18時。日・月・祝日は休廊。

JR及び南北線の駒込駅南口から約8分です。
12

オノサト・トシノブ「べた丸」から「丸の分割」へ

テレビがないので、まったく疎いのですが、BSフジ『ブレイク前夜〜次世代の芸術家たち〜』という人気番組があるようです。
12月5日(火)21:55〜22:00 BSフジで放送中の『ブレイク前夜〜次世代の芸術家たち〜』にときの忘れもののエース光嶋裕介さんが出演します。わずか5分ですが丁寧につくられているそうで、ぜひご覧になってください。
私たちみたいなテレビ無い族は、数週間するとユーチューブにそれが公開されるとのことです。楽しみです。

さて本日11月30日はオノサト・トシノブ先生の命日です。
亡くなられたのは31年前の1986年11月30日でした。お元気ならばいま105歳、亡くなって30年が一つの区切りと良く言われます。

作家は亡くなると市場での価格は必ず下がります。よく「死ぬと高くなる」と思い込んでいる人が多いのですが、間違いです。
どんな作家でも生きているときのオーラが最高で、亡くなればオーラが消え、やがて忘れられていきます。
どんな作家でも逃れられない記憶と忘却というものの宿命です。

例えば、20世紀の日本の代表的画家を10人挙げろと言われれば、このブログをお読みになる方ならほとんどが答えられるでしょう。では19世紀の10人は? 18世紀の10人は? 17世紀の10人は? となったら専門の学者でもない限り無理です。
亭主だって答えに詰まる。

ときの忘れものの二枚看板、瑛九とオノサトですが(二人は生涯の盟友でした)、ほぼ同年で瑛九に比べ、オノサトは市場の評価も、美術界での評価もいまいちですが、どうやらだんだん近づいてきたようです。

オノサト58年二つの丸
二つの丸 黒と赤》 1958年 油彩、キャンバス 16.2x23.2cm サイン・年記あり

オノサト・トシノブ_1963年_1200
1963年  油彩・キャンバス  45.4×53.0cm(10号)  サイン・年記あり

上は典型的な「べた丸」の傑作、1958年ですから、べた丸の絶頂期ですね。
下は「べた丸」の時代から「丸の分割」に進んだ1963年の制作。前年の1962年に久保貞次郎先生の紹介で志水楠男さんを知り、南画廊で一回目の個展を開き注目されます。この年1963年の第7回日本国際美術展で「相似」(福岡シティ銀行所蔵)が最優秀賞(グランプリ)を受賞し、一躍現代美術の最前線に躍り出ました。
それまで日本国際美術展でグランプリを獲得したのは、安井曽太郎、脇田和、鳥海青児、岡鹿之助、福沢一郎、海老原喜之助斎藤義重の7名だけで、前回第6回は受賞者無しでした。いかにオノサト先生の登場が衝撃的だったかがわかります。
べた丸の時代を過ぎ、大きな円(丸)を精緻な正方形で分割し、埋め尽くす、「円の分割」の時代の最高潮の時期の作品です。
この頃から志水さんの尽力で海外に作品が多く売られていきます。この時期の秀作が国内に少ないのはそのためと思われます。
10号サイズの堂々たるこの時期の作品が市場に出るのは珍しく、私も驚きました。

2015年のシンワオークションに、同時期の作品(1961年、30号)が出たことがあるのですが、コンディションが最悪(剥落、ひび割れ)で、専門家から修復不能と言われたほどでしたが、なんと1千万円を超える落札でした。

シンワアートミュージアム 2015年11月20日開催
ロットNO.242 オノサト・トシノブ 72.8x90.0cm キャンバス、油彩 額装
1961年 裏にサイン、年代 「オノサト・トシノブ展」1962年(南画廊)出品作品

その作品は前述の1962年南画廊の個展に出たもので、出品作品の多くが美術館や海外に収蔵されてしまったため、市場に出てくるのは珍しく、希少と思われたのでしょう。「あんなひどい状態の作品を誰が一千万も出して買ったのか」と業界が騒然となりました。

これがひとつのきっかけでしょう。それまで「べた丸」ばかりが高額で、「丸の分割」時代の作品にはそう高い評価は出ませんでしたが、最近では「丸の分割」の名品には海外からも、国内からも引き合いがあるようです。
残された作品点数は圧倒的にオノサト先生の方が多い。
瑛九の油彩は600点前後、おそらく今後の新発見があっても700点は超えないだろうと、調査にあたった宮崎の学芸員さんは証言しています。
オノサトの油彩は、故・藤岡時彦さん(オノサトのコレクター)の推定では3,000点は優に超すだろうとのことです。

作品数が多いほうが市場では有利です。
さてこれから、オノサト先生の評価はどのように推移して行くでしょうか。鍵は若い世代のコレクターの出現、そして海外での評価です。
果報は寝て待て、といいますが、寝てられるほど優雅でもないし、寿命もある、何とか早いうちに嫁入り先を探したいものです。ぜひご注文ください。

◆ときの忘れものは「メキシコ地震被災地支援・チャリティー頒布会」を開催しています。
今回は予想を超える多くの方から予約申し込みをいただきました。ほとんどの作品が抽選となり、結果のご報告が遅れてしまい申し訳ありません。
メールのある方にはご連絡は完了しています。
ファックス、郵便の方には昨日から順次お送りしていますので、しばらくお待ちください。
201711mexico
会期:2017年11月28日(火)〜12月2日(土)
出品100点のリストは11月11日ブログに掲載しました。
全作品、一律8,000円で頒布し、売上金全額を被災地メキシコに送金します。


◆銀座のギャラリーせいほうで宮脇愛子展が開催されています。
201711MIYAWAKI「宮脇愛子展 last works(2013〜14)」
会期=2017年11月20日[月]〜12月2日[土] ※日・祝日休廊
会場=ギャラリーせいほう 
〒104-0061 東京都中央区銀座8丁目10-7 東成ビル1F
電話:03-3573-2468
最後の新作である油彩を中心に立体(ガラス、真鍮)、ドローイング、版画など。


●書籍のご案内
TAKIGUCHI_3-4『瀧口修造展 III・IV 瀧口修造とマルセル・デュシャン』図録
2017年10月
ときの忘れもの 発行
92ページ
21.5x15.2cm
テキスト:瀧口修造(再録)、土渕信彦、工藤香澄
デザイン:北澤敏彦
掲載図版:65点
価格:2,500円(税別)*送料別途250円
*『瀧口修造展 I』及び『瀧口修造展 II』図録も好評発売中です。


安藤忠雄の奇跡安藤忠雄の奇跡 50の建築×50の証言
2017年11月
日経アーキテクチュア(編)
B5判、352ページ
(NA建築家シリーズ 特別編 日経アーキテクチュア)
価格:2,700円+税 *送料:250円
亭主もインタビューを受け、1984年の版画制作始末を語りました。
安藤先生のサイン本をときの忘れもので扱っています。

六本木の国立新美術館では「安藤忠雄展―挑戦―」が開催されています。
会期:2017年9月27日[水]〜12月18日[月]
番頭おだちのオープニング・レポートはコチラを、光嶋裕介さんのエッセイ「安藤忠雄展を見て」と合わせてお読みください。
ときの忘れものでは1984年以来の安藤忠雄の版画、ドローイング作品をいつでもご覧になれます。


●ときの忘れものは、〒113-0021 東京都文京区本駒込5丁目4の1 LAS CASAS に移転しました(詳しくは6月5日及び6月16日のブログ参照)。
電話番号と営業時間が変わりました。
TEL: 03-6902-9530、FAX: 03-6902-9531 
営業時間=火曜〜土曜の平日11時〜18時。日・月・祝日は休廊。

JR及び南北線の駒込駅南口から約8分です。
12

中村茉貴「美術館に瑛九を観に行く」第21回

中村茉貴「美術館に瑛九を観に行く」第21回

富岡市立美術博物館
平成29年度 常設展示
「昭和の前衛―日本のシュルレアリスムと作家たち―」


今回の訪問先は、富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館。その名称のとおり、美術館・博物館・記念館の機能が融合した複合施設である。また、道を挟んだ斜め向かいには、県立自然史博物館もあり、まさに知の集積地となっている場所である。今回は有難いことに、肥留川裕子学芸員から画廊宛に瑛九の作品を展示しているというお知らせを受けて、取材することが叶った。

富岡市立美術博物館_01一面灰色の空から出現したかのような雲形の屋根を持つ建物。聞くところによると、富岡の山(建物のある地形)から着想を得て設計されたという。特徴的な建物であることから、建築を学ぶ学生たちが見学に訪れることもある。設計は、東京都現代美術館の設計も手掛けた建築家柳澤孝彦(1935-2017)である。


富岡市立美術博物館_02入口に続く回廊を歩いていると、来館者を観察するような視線を注ぐ女性像がある。見慣れない者を見て「あら、遠いところよく来たね」と声を掛けてきそうな表情を浮かべている。こちらは、掛井五郎《母》(1991)の作品である。


富岡市立美術博物館_032階ロビーには、開けた休憩スペースが広がっている。天候や季節によって刻一刻と変わる空をガラス越しに望むことが出来る。ここには、コーヒーメーカーも設置されており、展示を観て疲れた身体に嬉しいセルフ式の挽きたてコーヒーを楽しめるサービスもある。この他に館内は、1階に市民ギャラリー、ミュージアムショップ、図書室を配し、2階には、郷土資料展示室、企画展示室、常設展示室、福沢展示室1〜3があり、各展示物にあったスペースを備えている。


富岡市立美術博物館_04展示室入口。本展の開催動機ともいえる、郷土作家の福沢一郎(1898-1992)の存在は大きく、福沢と同世代の画家に着目し、特に1920年代後半から30年代後半にかけての作品に見受けられたシュルレアリスムの表現に注目している。


展覧会の冒頭では、以下のような紹介がなされている。「本展では、当館の収蔵作品から戦前〜戦後にかけて活動し、シュルレアリスムの影響を受けた作家たちとその作品をご紹介します。彼らは昭和という激動の時代の中で、シュルレアリスムを通して何を描き出そうとしたのでしょうか。彼らの作品を通して、昭和期に花開いた日本の前衛絵画の一端に触れていただければと思います」
肥留川学芸員は、日本人画家によるシュルレアリスムの作品を積極的に公開することで、西洋の「シュルレアリスム」についての理解度ではなく、一人一人の作品の特徴を浮き彫りにしていきたいと語り、一点一点の作品について解説していただいた。

富岡市立美術博物館_05右側の120号の大きな油彩は古沢岩美(2012-2000)の作品。戦後に再制作された作品である。古沢は福沢一郎等と共に1939年に立ち上げた美術文化協会の同人である。


左側2点は築比地正司(1910-2007)の作品。彼は群馬県邑楽郡出身で、中学卒業後に上京し、川端画学校を経て1929年東京美術学校に入学した人物である。1938年から約2年間福沢絵画研究所に通っていた。展示中の戦前の作品は、アカデミックでありながらも、シュルレアリスムのような異空間を演出していることから、福沢一郎の影響が考えられる例である。戦後は、農民の生活風景を描いたことから、地元では「群馬のミレー」と称されているという。

富岡市立美術博物館_06右から早瀬龍江(1905-1991)、杉全直(1914-1994)、白木正一(1912-1995)の作品が並ぶ。彼らは福沢絵画研究所に通っていた画家として紹介している。
杉全直は、東京美術学校在学中に所属していたグループ「貌」で、福沢一郎を招いた研究会を開くほど、早くから福沢に傾倒していたようである。1942年制作の《土塊》はシュルレアリスムに興味を持っていた当時の作品である。


富岡市立美術博物館_07こちらは、早瀬龍江と白木正一の作品である。2人は、福沢絵画研究所に通っていた当時に意気投合し、夫婦になった。1958年からはニューヨークに住み、制作活動を展開し、帰国した1989年以降は埼玉県飯能に住み、画廊や美術館で作品を発表した。彼らが夫婦になる前後や渡米する前後の表現の違いにそれぞれ注目して欲しいと肥留川学芸員は語る。特に早瀬の《戯れ》は、それ以前のヒエロニムス・ボス風の奇怪な空想上の生きものを描いていた《楽園》《水の中》の頃とは違い、自己の内面をえぐり出した「自画像」を描き、内向的な視点を外に向かわせようとする試みが見えてくる。


富岡市立美術博物館_08画像は、瑛九の作品《曲乗り》(1955-56年、油彩・カンヴァス、60.5×73.0)および《母》(1953年[1974年刷]エッチング・紙、29.3×24.0)である。《曲乗り》の大きな車輪の下には、「Q.Ei 55-6」という書込みがある。


前者のタイトルである《曲乗り》は、自転車にまたがり曲芸を披露する人物と考えられ、回転する車輪を象徴するような同心円が背景に描かれ、サーカスの高揚感が色彩で以て表現されている。多くのシュルレアリストにとって、サーカスは格好の題材として取り入れられていたが、具体的に新聞やサーカス史を調べてみると、戦前から戦後に掛けて様々なサーカス団が技を競い合っていた時期と重なっていることが分かる。ただの想像や模倣ではなく、実際に実物を見てからイメージを変容していった可能性も否定できないのである。大正2年頃には、自転車がサーカスの演目に加えられていることが、新聞などから辿ることができ、特に「日本アームストロング」という団体は、海外遠征をするほど躍進を遂げていたことが先行研究で明らかになっており、自転車5人曲乗りや一輪車の曲乗りが披露されていた(阿久根巌「木下サーカス草創期の記録を探す」『木下サーカス生誕100年史』2002年)。また、作品が制作された前年1954年については、木下サーカス団が丸テントを設置する興行スタイルをはじめた年であり、一般層も気軽にサーカスを観覧できるようになったと考えられ、新聞などではサーカスに関するニュースが度々報じられた。

富岡市立美術博物館_09参考資料:「日本アームストロング一行木下巡業隊」絵葉書より


なお、瑛九にかんしては、サーカス団員の姿を捉えようとしただけではなく、都夫人の自転車を乗る姿も重ねているともいえないだろうか。というのは、都夫人によるとさいたま市(旧浦和市)にアトリエを構えた1950年代、彼女はよく自転車に乗って野菜を買いに出かけていたのである。特に自転車に乗ることが出来なかった瑛九は、都夫人の自転車を乗りこなす姿を見るうちに、いつしかサーカス団員のイメージを思い浮かべていたとも考えられる。肥留川学芸員による解説パネルでは、「特定のジャンルや表現、イムズに囚われることなく、常に真摯に己の真実を求め続けたその制作態度は、日本のシュルレアリスムの流れの中でもとりわけ異彩を放っていると言えるでしょう」と、瑛九を評価している。確かに瑛九は当時の「イムズ」を学びながらも、自己の身の回りの物事や表現材料をよく見てから作品を制作するため、オリジナリティに溢れている。おそらく、《曲乗り》についても、どこかで見た経験がかたちとなった可能性は十分に考えられる。

富岡市立美術博物館_10画像は、2011年に行われた展覧会『生誕100年記念 瑛九展』(宮崎県立美術館、埼玉県立美術館、うらわ美術館)の図録に掲載されている自転車やサーカスに着想を得た作品群である。
※ No.6-46《自転車にのる女》、No.6-47《(題不明)》、No.6-48《自転車》、No.6-49《自転車のり》、No.6-50《サーカス》


ちなみに、福沢と瑛九の接点は認められないが、読書家である瑛九はアトリエ社発行の福沢一郎著『シュールレアリズム 超現実主義:近代美術思潮講座』(4巻)を手にとっていたはずである。また、山田光春による評伝でも触れられているように、瀧口・福沢の逮捕の一件は前衛芸術界に大きな波紋を呼んだ。当時は、美術家グループ(団体)を作って、作品展示をするのに共産主義の大会として活動をした方が、物事が上手く運んだようであり、瑛九については、1946年日本共産党に入党し、「新宮崎美術協会」を創立、展示を終えるとすぐに離党している。1936年フォト・デッサンを発表した瑛九は、いよいよ大きく羽ばたこうと空を仰いだ途端に、「戦争」という暗雲が立ち込めて視界が遮られてしまった。戦時下の瑛九は、やはり思うように活動が出来なかったようで、鬱積した気持ちを抱えたまま疎開地や友人宅を転々とし、身を隠すような生活を送っていたのである。

***

ちょっと寄道…


富岡市立美術博物館_11福沢一郎記念美術館は同じ建物内にあり、「特集展示 福沢一郎と『本』」と「福沢一郎 物語を描く」が開催されていた。画像は、覘きケースに福沢一郎が手掛けた装丁の図書や雑誌類が展示されている風景である。福沢一郎は富岡市出身であり、1991年93歳にして文化勲章を受章するなど、生前から評価が高かった。そのため、福沢一郎の画業を顕彰し、未来へと作品を引き継ぐ方法として、美術館博物館建設の構想中に個人記念館も設置された。このような複合施設は、今ではそれほど珍しくない空間設計ではあるが、開館した1995年においては画期的な試みであった。創立から20年以上経った今では、認知度も高まり、福沢一郎の作品に関する相談を受けるようになったという。個人の美術館として、アトリエを改装した「私立」が多い中で、「公立」の施設は、長期的な作品の維持管理を考える上では理想的といえる。


富岡市立美術博物館_12こちらは、福沢一郎のアトリエを再現した展示スペースである。戦前から使用されてたイーゼルには、あちこち油絵が付着している。後方の昇降台は、大型の作品制作の時に使用していたようだ。隣には、1992年の絶筆とされる作品が置かれている。
なお、福沢一郎が1898-1992年に使用したアトリエとして、世田谷に今も現存しており、1994年には「福沢一郎記念館」として開館している。さらに、現在は八王子市夢美術館で行われている展覧会「昭和の洋画を切り拓いた若き情熱 1930年協会から独立へ」でも福沢一郎の作品《骨董店》と《寡婦と誘惑》が展示されている。


富岡市立美術博物館_132014年世界遺産に登録された旧富岡製糸場にも足を運んだ。こちらは、表玄関にもなっている「東置繭所」である。現在は、主に展示室として利用されているところである。富岡市では、製糸場を含む関連施設を回遊するバスが走り、観光客向けの店舗が少しずつ増えているようであった。あいにくこの日は雨であったが、赤煉瓦の建物と赤いサルビアの鮮やかさに目を見張った。


富岡市立美術博物館_14東置繭所2階の内部。この場所には、チョークで書いたような落書きがある。現地に訪れた際は探して欲しい。


富岡市立美術博物館_15製糸場の浮世絵が制作されている。20名ばかりの女性が横並びでフランス式の機械を操る様は、たいへん珍しい光景であったと思う。女性の表情や顔の向きはバラバラであることから、隣の人と会話をしたり、仕事ぶりを見に来た男性の事を噂したりしているのかもしれない。
一曜斎国輝《上州富岡製紙場之図》明治5年(1872)頃(富岡市立美術博物館編「錦絵にみる器械製糸―美術博物館の収蔵品から」より)


富岡市立美術博物館_16フランス式繰糸器(復元)の展示と実演の様子。繭をお湯で煮てほぐれた一本の糸口を見つけ出し、機械で巻き取っているところである。繊細で髪の毛よりも細い糸を扱うため、女性の小さい手の方が向いていたのだろう。


富岡市立美術博物館_17巻き取りが終わりそうな繭があると、素早く別の繭の糸を絡ませている。


富岡市立美術博物館_18グレーの巨大な円盤は、UFOではなく鉄製の水槽である。明治8年頃に設置され、その貯水量はおよそ400tにもなる。奥には長い煙突があり、これらで先に紹介したように生糸を巻き取る際のお湯を沸かすために使用されていた。


富岡市立美術博物館_19こちらは、西置繭所の保存修理を見学できる施設である。ヘルメットを借りて、内部に入ることができる。私が見学したときは、素屋根の解体中であった。修理の様子は、行く時期によって変わるようである。滅多に見ることのできない特別な瞬間をぜひとも見学していただきたい。


最後にひとこと書き添えておきたいことがある。富岡製糸場という世界遺産を抱えるようになったことで、同市内にある美術館への来場者は増加したのではないかと、私は想像していたが、どうやらあまり変化はないようであった。理由は、同市であっても製糸場からは距離があり、「車」でしか来られないのである。製糸場の見学者は、どのみち知の集積地である同館にも関心が繋がっているはずであり、製糸場の周辺を回るバスが美術館の方へも行通ってくれたら、かなり行き易くなるのではないかと思う。
なかむら まき

●展覧会のご案内
平成29年度 常設展示
「昭和の前衛―日本のシュルレアリスムと作家たち―」
会期:2017年9月9日[土]〜11月30日[木]
会場:富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館
休館:月曜日(祝日・振替休日にあたる場合はその翌日)
時間:9:30〜17:00(入館は16:30まで)

●中村茉貴のエッセイ「美術館に瑛九を観に行く」は随時更新します。

●今日のお勧め作品は、瑛九です。
20171118_qei_115瑛九《風景》
板に油彩
23.7×33.0cm(F4)
サインあり

こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから
※お問合せには、必ず「件名」「お名前」「連絡先(住所)」を明記してください

*画廊亭主敬白
11日のブログにメキシコ地震被災地支援・チャリティー頒布会出品全100点のリストを掲載した直後から多くの参加の申し込みをいただきました。皆様の暖かなお気持ちに感謝するばかりです。しかし無情にも今度はイラン・イラク国境地帯でM7.3という大地震が襲い、多くの死傷者が出ているようです。少しでも被害が食い止められることを祈らずにはおられません。

●ときの忘れものは、〒113-0021 東京都文京区本駒込5丁目4の1 LAS CASAS に移転しました(詳しくは6月5日及び6月16日のブログ参照)。
電話番号と営業時間が変わりました。
TEL: 03-6902-9530、FAX: 03-6902-9531 
営業時間=火曜〜土曜の平日11時〜18時。日・月・祝日は休廊。

JR及び南北線の駒込駅南口から約8分です。
12

『瀧口修造展 III・IV 瀧口修造とマルセル・デュシャン』刊行

先ずは嬉しいニュースを。
<今週末10月7日(土)から、「MOMASコレクション第3期」が開幕します。今回は、「セレクション:ピサロとか岸田劉生とか」「描かれたこどもの世界」「明治・大正の日本画−江森天寿を中心に」「近代浦和・文化の景色」の4つのテーマで収蔵品を展示します。
そしてもう1つ、新たに収蔵品に加わった瑛九(えいきゅう)の作品「手」を初披露します。
浦和の地で精力的な活動を行った画家・瑛九は、幻想的な表現を含む多くの実験的な作品を制作し、後半は点描による抽象絵画を多く発表しました。「手」は、1957年(昭和32年)に制作され、吹付技法を用いて瑛九独特の夢幻的な色彩と空間が魅力的に描かれています。吹付技法による瑛九の絵画作品は作例が少なく、最晩年の、微細な点描の油彩画への展開を示す貴重な作品です。制作には、写真作品(フォト・デッサン:瑛九独自の写真作品)と同様の型紙が使われており、瑛九におけるフォト・デッサンと油彩画の有機的な関連が明快に示された、極めて重要な作品です。
ぜひご覧ください!!  瑛九《手》1957年

http://www.pref.spec.ed.jp/momas/?page_id=355
埼玉県立近代美術館のfacebookより)>

qei_154瑛九「手」
1957年
板に油彩吹き付け
46.4×38.3cm (F8号)
埼玉県立近代美術館所蔵
※山田光春『私家版・瑛九油絵作品写真集』(1977年刊)No.286
※宮崎県立美術館他『生誕100年記念 瑛九展』図録所収・油彩画カタログレゾネ(2011年刊)No.346


瑛九の「手」は1981年3月渋谷の松濤にオープンした現代版画センターの直営店「ギャラリー方寸」開廊記念展の出品作で、福井県勝山のNさんの旧蔵作品でした。

12月24日まで「2017 MOMASコレクション 第3期」として埼玉県立近代美術館一階に展示されていますので、ぜひご覧になってください。
10月21日からは、同館開館35周年記念展「ディエゴ・リベラの時代 メキシコの夢とともに」が開催されます。20世紀のメキシコを代表するディエゴ・リベラ(1886-1957)はメキシコ革命後の1920年代、リベラはその思想を民衆に伝えるために公共空間に壁画を描く「メキシコ壁画運動」の代表者となり、世界的な注目を集めました。
招待券ご希望の方は、メールにてお申し込みください。
------------------------------------

ときの忘れもので2014年と2015年に開催した「瀧口修造展」の合同図録『瀧口修造展 III・IV 瀧口修造とマルセル・デュシャン』がようやく完成しました。
作品をお買い上げいただいた皆さん、ご執筆いただいた土渕信彦さん、工藤香澄さんには長いことお待たせしてしまいました。お詫びします。
瀧口修造展 I』、『瀧口修造展 II』よりページ数も増えました。

2017年10月末までにお申し込みいただいた方には特別価格:2,500円(税、送料サービス)でおわけします。メールにてお申し込みください。請求書を同封して代金後払いで発送します。
E-mail. info@tokinowasuremono.com

TAKIGUCHI_3-4『瀧口修造展 III・IV 瀧口修造とマルセル・デュシャン』
2017年
ときの忘れもの 発行
92ページ
21.5x15.2cm
テキスト:瀧口修造(再録)、土渕信彦、工藤香澄
ハードカバー
英文併記
デザイン:北澤敏彦
掲載図版:65点
価格:2,500円(税別)、送料250円

「瀧口修造展 III 瀧口修造とマルセル・デュシャン」
会期=2014年11月5日[水]―11月22日[土]
会場:ときの忘れもの(南青山)

「瀧口修造展 IV」
会期=2015年10月17日[土]―10月31日[土]
会場:ときの忘れもの(南青山)

目次(抄):
・Personally Speaking 瀧口修造(再録)
・マルセル・デュシャン語録について 瀧口修造(再録)
・檢眼圖 だれの証拠品、だれが目撃者? 瀧口修造(再録)
・私製草子のための口上 瀧口修造(再録)
・「オブジェの店」を開く構想に関するノート 土渕信彦
・マルセル・デュシャンとマルチプル 工藤香澄

刊行を記念して◎10月27日(金)18時〜中尾拓哉さんによるギャラリートーク<マルセル・デュシャン、語録とチェス>を開催します。
*要予約
:参加費1,000円

〜〜〜〜

●中尾拓哉 著『マルセル・デュシャンとチェス』のご紹介
現代美術の父マルセル・デュシャンの制作論における秘密を、チェスを手がかりに精緻に読み解く、気鋭の美術評論家による力作。
20170930中尾拓哉 著
『マルセル・デュシャンとチェス』

2017年
平凡社 発行
396ページ
21.6x15.8cm
価格:4,800円(税別)※送料別途250円
*著者サイン入り
ときの忘れもので扱っています。


気鋭の美術評論家がチェスとデュシャンの失われた関係を解き明かし、制作論の精緻な読み解きから造形の根源へと至る、スリリングにしてこの上なく大胆な意欲作。生誕130年、レディメイド登場100年!
「チェスとデュシャンは無関係だという根拠なき風説がこの国を覆っていた。やっと霧が晴れたような思いだ。ボードゲームは脳内の抽象性を拡張する」──いとうせいこう氏推薦(本書帯より転載)

目次(抄):
・序章 二つのモノグラフの間に
・第一章 絵画からチェスへの移行
・第二章 名指されない選択の余地
・第三章 四次元の目には映るもの
・第四章 対立し和解する永久運動
・第五章 遺された一手をめぐって
・第六章 創作行為、白と黒と灰と

中尾拓哉(なかお・たくや)
美術評論家。1981年生まれ。多摩美術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。博士(芸術)。2014年に論考「造形、その消失において――マルセル・デュシャンのチェスをたよりに」で『美術手帖』通巻1000号記念第15回芸術評論募集佳作入選。単著に『マルセル・デュシャンとチェス』(平凡社、2017年)。

この秋、瑛九が観られる美術館

中村茉貴さんによる連載「美術館に瑛九を観に行く」もおかげさまで連載が20回を数えました。
当初は全国各地の美術館での瑛九の展示を複数の人にレポートしてもらうことを考えていたのですが、なかなか立候補者がおらず、結果的に中村さん単独での日本縦断・瑛九紀行になりつつあります。
長年、瑛九を研究している中村さんならではの視点で、瑛九の多面的な魅力が読者の皆さんに伝われば嬉しい。今後ともご愛読をお願いするとともに、瑛九に関しての情報をぜひお寄せください。

この秋、瑛九が観られる美術館をいくつかご紹介します。

芦屋市立美術博物館(兵庫県)
『交差するアーティストたち―戦後の関西』
会期:2017年7月15日(土)〜9月18日(月・祝)
自由な表現、創作活動に制限のあった第二次世界大戦期を経たアーティストたちは、終戦の1945年以降、抑圧への反動を大きな力として様々な活動を進めていきました。新たなグループの結成、戦前に活動した団体の再興、今までにない表現の希求など、徐々に美術の動向は活発化します。それらの動きは、彼らが互いに強い影響を与え合って生まれたものと考えられます。本展ではコレクション作品のなかより、阪神間といわれる神戸から大阪を範囲とする地域ゆかりの長谷川三郎、吉原治良、津高和一を柱にして、アーティストたちの活動や交流を紹介します。(芦屋市立美術博物館ウェブサイトより)
出品:瑛九『夜の子供たち(瑛九フォトデッサン集「真昼の夢」)』1951年 ゼラチンシルバー・プリント 芦屋市立美術博物館蔵

宮崎県立美術館
「たんけんミュージアム 夢みるアート」
会期:7月15日[土]〜9月10日[日]

収蔵作品を紹介するコレクション展。
出品:瑛九は19点展示。
〜〜
第3期コレクション展
会期:9月16日[土]〜12月20日[水]
瑛九の代表作品「空の目」など出品。


富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館(群馬県)
会期:9月12日[火]〜11月頃までの予定
出品:瑛九《曲乗り》(1955年)1点を展示。


下関市立美術館(山口県)
「所蔵品展 夢見る版画」
会期:9月28日[木]〜10月22日[日]

出品:瑛九の版画作品


リアス・アーク美術館(宮城県)
戦後日本・発展の光と影展 目黒区美術館コレクション
会期:2017年7月8日(土)〜8月27日(日)
既に会期は終了しています。宮城県気仙沼市にあるこの美術館は石山修武先生の設計で1995年日本建築学会賞に輝いたユニークな美術館ですが、まさかそこで瑛九が展示されたとはうかつにも知りませんでした。亭主はtwitterで知りましたが、既に終了しており後の祭り。

まだほかにも瑛九を展示する美術館があるかも知れません。皆さんからの情報をお待ちしています。

●今日のお勧め作品は、瑛九の初期作品です。
20170823_qei17-005瑛九
《作品》
1936〜39年頃
フォトデッサン
30.3×25.2cm
サインあり
こちらの作品の見積り請求、在庫確認はこちらから
※お問合せには、必ず「件名」「お名前」「連絡先(住所)」を明記してください


●ときの忘れものは、〒113-0021 東京都文京区本駒込5丁目4の1 LAS CASAS に移転しました(詳しくは6月5日及び6月16日のブログ参照)。
電話番号と営業時間が変わりました。
TEL: 03-6902-9530、FAX: 03-6902-9531 
営業時間=火曜〜土曜の平日11時〜18時。日・月・祝日は休廊。

JR及び南北線の駒込駅南口から約8分です。
12
ときの忘れもの
blogランキング

ギャラリー&編集事務所「ときの忘れもの」は建築家をはじめ近現代の作家の写真、版画、油彩、ドローイング等を扱っています。またオリジナル版画のエディション、美術書・画集・図録等の編集も行なっています。
ときの忘れもの
ホームページはこちら
Archives
Categories
最新コメント
記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ