tokiori_run

時折走る。

五十代でランニングに突然覚醒。時折ランはどこへ行く!

29 6月

[昨日のラン]帰宅ラン な、何だ、この心拍数は(+o+)

カッパハーフマラソンが、今年は11月5日(日)開催だと、先輩ブロガーさんに教えていただき、ガーン(+o+) 秋冬のレースプランを再考せざるをえなくなりました。というか、立ち直りの早い私は、昨日早速つくばマラソンについて研究していました。
・・・・・。ファイト。
さて、最近の私、プランに鷹揚になれるようになってきたというか、体と向かい合い自在にプランを修正していけるようになってきたというか、最近故障とのつきあいが長くなるにつれて、プランはプラン、体に正直にこそ、という感じになってきているのはとてもいいことだと思っています。
昨日の帰宅ラン、薄暮ランランを心から楽しめるのか、まだ体の重さを引きずっているのか、走ってみないとわからない感じでしたので、まあ、体の命じるところに従いながら走ることにしよう、と思い定めてのスタートでした。
IMG_3126で。
スタート時点で20℃、東南東の風2m。昨日は終始追い風^_^ でした、きっと。
スタートの緩ジョグ1kmはいい感じで入れました。電車の中でやっていた超深呼吸が有効だったのか、呼吸がとても楽です。
そして、1km地点からの1kmペースアップ走に移ります。この日は、意識的にピッチを上げてみようとしてみました。まずまずです。
2km地点からはしばらく緩ジョグでつないでいきました。1kmペースアップ走でどっと疲れが噴き出し、程よいダメージが残ったままの緩ジョグは、感覚としては6:00/km程度まで落ちているように感じられるのですが、実は5:20/kmくらいのペースになっている、不思議な感覚です。さあ、信号につかまりっぱなしの駅前付近を抜けていくあたりから、次第にビルドアップしていきます。
汗がものすごい勢いで流れていきます。まだまだ明るい中、汗とともにペースも自然と上がっていきますが、昨日は不思議なほどに心拍数が落ち着き払っていました。
最後の山登り。いいです、何とか脚が出せています。その勢いで帰宅*\(^o^)/*

距離11.62km  タイム58:18 ペース5:01/km 
平均心拍数143bpm 最大心拍数159bpm
平均
ピッチ169spm 平均ストライド1.18m

調子がよかった、それも意外なほどに。最初にもちょっと書きましたが、走り始める前の電車の中で10分間ほど超深呼吸をしていました。これ、最近たまに取り入れているアップの一種なんです。詳細についてはいつか書きますが、これ、意外に効果抜群かも。このペースでこの平均心拍数は最近の私からしたら考えられない数値ですし、何より走っている当の私がその呼吸の楽さ、調子のよさを実感できていました。例のリカバリータイムも20時間でしたし^_^
今朝も特にダメージはどこにもなく、筋肉がいいしまり具合になっています。
こんなふうに久しぶりにいいイメージがやってくると、明日の飲み会はなるべくさっと切り上げて、土曜日に予定している12月以来のインターバル走に気合を入れたくなってきました(@_@)
つくばのエントリーもがんばるぞう、パオーン(^O^)

追記 これが6月ラン最終回になります。月間走行距離が89kmにとどまりました。つらく苦しい6月だったんだと振り返りました。まだまだいい気になるような時期ではありません。200kmを3カ月連続で走れるようになるまでは地道に謙虚に「パオーン」もいい加減に。
26 6月

[栗原ハーフマラソン]11月のハーフは栗原で(^_-)-☆

栗原ハーフ今日の昼休み、いつものストレッチ&トレーニングを終えると、何だか心身に妙な満たされなさを感じました。何なんでしょう。結局何だかは分かりませんでした。でも、その時の私は、何かで私を満たしたい衝動に駆られ、そうすることにどのくらいの意味があるかはわからずに、11月12日の栗原ハーフマラソンにエントリーしていました(+o+)
まっ、どうせ、そのうちエントリーしようと思っていたんですけど。
なお、この秋から冬にかけてのイメージとしては、ずいぶん考えたんですが、ハーフマラソン中心に考えようと落ち着いています。10月に東北みやぎ復興マラソンを走った後は、11月にこの栗原、12月にカッパハーフマラソンと走って年内終了、今年の詰めはフルよりむしろハーフに重点を置いて、フルの充実については、平成30年度以降の課題に持ち越そうかな(どう考えるようになるかは、10月の結果次第ですね)・・・と考えているところです。
ちなみに、11月に栗原ハーフマラソンを選ぶにあたっては、いろいろ悩みました。天童ラ・フランスや昨年走った阿武隈リバーサイドなども考えたのですが、天童はコースの上りに怖気づき、阿武隈はコースが非公認であることが気になりました(実際私のガーミン測定では距離が足りなかった)。いろいろな大会を経験してみたい、栗原は若い頃に少しだけ住んでいたこともあって土地勘もあり懐かしさもある、平坦コースというのも魅力的でした。
さあ、今週スタート時点のからだはやや重くらいです。
まだ無理がきくような体になっていないということを頭に入れて、トレーニングはゆるゆると強度を上げていくことにします。今週は水曜日に帰宅ランを入れて、あとは週末、とします。
25 6月

[本日のラン]天候と体調を考慮して緩ジョグを12kmに縮減…

今日午前中には予定が入っていました。
帰宅できるのが昼頃になりそうだったのですが、天気予報をみると、午後2~3時頃から雨が降ってくる予報に変わっていたのです。う~ん、昼を抜きにして走るのはいやだ、さっさと昼飯をすませ、なるべく早い段階に走りに行くことに予定変更。コースも、家からどんどん離れていく17kmコースはあきらめて、家に近い公園付近を走ることにしました。
ただ、ネガティブ因子は、天候だけではありません。何となく走るのが億劫に感じられるような疲労感があるのです。昨日書き漏らしましたが、昨日もリカバリータイムは「3.5日」でした。朝起きた時の感覚とガーミンくんの感覚は、残念ながら、一致していたと言わざるを得ません。
IMG_3112 (1)で。
やっばり走る前の感触は間違いありませんでした。
6:00/kmをイメージして走る緩ジョグでしたが、さすがにきつくは感じないものの、どこまでも行けるという感覚は一度も訪れませんでした。疲労取りが目的の一つの緩ジョグなのですが、疲労が取れている感じはないなあ。
そして、そんな感覚の中で走っていると、ポツリポツリと雨が降ってきました。
恵みの雨?!
喉痛もあり、体調自体が落ちているようなところもあったものですから、ここから家に向けてコースを変えて、12.5km程度でフィニッシュ('ω')

距離12.58km  タイム1:11:50 ペース5:41/km 
平均心拍数145bpm 最大心拍数172bpm
平均
ピッチ166spm 平均ストライド1.06m

IMG_3109走り終えて、どこにも痛みはありません。心拍数の推移は普通でした。ですから、こんな緩ジョグでもV02Maxは52に上がっていましたし、リカバリータイムも22時間と、いつもの感じでした。ただ、ガーミンくんの指し示してくれるデータはあくまでデータ。体は全体的に重だるい感じです。そして、何となくうまいこと軌道に乗れていない感覚が間違いなく自分の中にあり、あり、あります。う~ん。シンプルに言うと、故障が続いていた自分は、まだ走れる体になっていない、ということなのかと思います。少し焦り気味になってトレーニングプランを考えていたのかなとも反省します。
山形正宗夏ノ純米を飲みながら、今の自分との向き合い方について考えてみます、とか。
24 6月

[本日のラン]20kmペース走などムリムリ (+_+) でした…

さあ、週末です。時折ラン(+o+)夏の陣 がいよいよ本格始動します。
一昨日の帰宅ランの後リカバリータイムが「3.5日」と出ていたのがちょっと気がかりではあるのですが、今日は20kmを5:00/kmペースで走ってみて、明日は17kmコースを緩ジョグします。
では、主戦場の公園に行ってきまーす。
IMG_3107で。
走り始めからちょっと黄信号を感じました。
呼吸がスムースじゃない、脚も重いんです。
1kmのラップは下り坂ということもあり、4:41/kmになってしまっていたんですが、それはいいとしても、その時点での心拍数が165bpmにも跳ね上がっているのです。普通の感覚なら、下りを利用してのこのスピードなら140bpmは超えないはず、ちょっと今日は体調と相談しながら走ろうと慎重になるのでした。
2km、3km時点では、心拍数は150bpm程度には戻っていましたが、走りがスムースに行く感じにはなかなかなりません。5:00/kmペースそのものはそれほどきつくもなく体に刻まれてはいくのですが、次第に心拍数が上がっていって、7kmあたりからは170bpm台になっていきます。あああ、ちょっと今日は20kmを5:00/kmペースで走るようなコンディションにはないということだなと観念、10kmで切り上げることにしました。
最後の1kmはそんな中でも上げてみようと思いはしたのですが、上がりませんでした。やはり、リカバリータイム「3.5日」は私の体の真実を告げていたのでしょうか。

距離10.02km  タイム48:45 ペース4:52/km 
平均心拍数162bpm 最大心拍数183bpm
平均
ピッチ169spm 平均ストライド1.22m

IMG_3108正直言ってよくわかりません。
先週のレース、10kmとはいえ、全力で走り切ったダメージは予想以上にあるのかもしれません。それまで肉離れ痛で思ったように走れていなかった体にはそもそも20kmのペース走はハードルが高かったのかもしれません。「リカバリータイム3.5日」というデータに脳が支配され、今日はきっとムリムリという指令が脳から出ていたのかもしれません。
いずれにせよ、体からの情報をもとに柔軟に予定を変更すること自体は大いに結構です。明日は、とりあえず、予定していたように、17kmの緩ジョグをやってみます。
なお、今日、走り終えて、VO2Max値をチェックしたら、久々に50に下がっていました。う~ん。その値を基にした「予想タイム」はずいぶん現実的なものにはなっていましたが。
23 6月

[昨日のラン]11km帰宅ランで汗出し切る(+o+)

IMG_3099昨日は蒸し暑い一日でした。私の勤務地では最高27℃まで上がりました。
風も結構強く吹いていて、それも、帰宅ランのコースからみるとずっと向かい風。周回コースじゃなくて一本道コースだとそういうことも起ってしまうわけです。
ただ、一昨日も書きましたが、体はいい感じなんです。
昼のストレッチ&トレーニングもだんだんいい形で固まってきていて、時折ラン(+o+)夏の陣 も何となくそのままの勢いで始められそうです。
で。
いやあ、暑い。それに、向かい風も強い。
ところが、暑さや向かい風にもかかわらず、足どりは快調ですね。先日の10kmレースでいろいろなもやもやが吹っ切れたような感じがします、とか何とか言っていることが、私にとって「調子に乗っている」状態ですから、そこはしっかりコントロールしていきます。
とはいえ、いい感じで脚が前に出ます。1km地点からの1kmペースアップは4:12/km、ナイス。その後も緩ジョグからビルドアップしていく流れがスムースに運びました。
IMG_3102それにしても街は明るいったらありゃしない。今が一年で一番日が長い時期、明るい中の帰宅ランを今のうち楽しまなきゃ、ですね。
ラストの山登りもひいこら懸命に腕振りながら上ります。汗が止まらない、もうすっかり夏ラン気分でした。

距離11.62km  タイム59:23 ペース5:07/km 
平均心拍数162bpm 最大心拍数188bpm
平均
ピッチ169spm 平均ストライド1.16m

気分爽快で走り終えられたのはよかったのですが、リカバリータイムが3.5日とありました。確かに平均心拍数がいつもに比べて高い。先週の帰宅ランが「ペース5:15/km 平均心拍数151bpm」でしたから、先日のレース以来、ちょっと心配なところです。週末慎重にチェックしてみます。
なお、昨日の昼休みにRUNNETをうろついていたら、ちょっと勢いがついて、やまのべ星ふるロードマラソン大会(山形県山辺町)の5kmにエントリーしてしまいました。11月12日(日)に栗原ハーフマラソン出走を考えているのですが、その一週前あたりに予定していた5kmTTをレースで行ってしまおう、ついでに実家にも寄ってこよう、みたいな感覚でした。それに、昨年のレースにおける5km50~59歳男子の部の入賞ライン8位の方のタイムが22:37と発見して、瞬間出走を決めてしまいました。ゴクリ。
21 6月

夏のトレーニングプランを考える…賢く走り続けるために

本日はスイスイ水曜日なんですが、雨が昼から降り続いていましたので、帰宅ランは木曜日にもっていきます。日曜日のレース以降走らない日が3日続いてしまうんですが、まっ、しょうがないですね。 体調はいたっていいです。どこにも痛みも重みもだるさもなく、明日の帰宅ランでは、また途中2ヶ所で1kmペースアップ走を取り入れられそうです。ただ、体調はいいんですが、目の前にレースがなくなったということで、当然と言えば当然ですが、メンタル的にはちょっとだけ落ちている感じですかね。それはそれでいいんですが、じゃあ、夏のトレーニングについてざっとイメージしてみることにします。
まずもって、プランを考える上での大前提は、次のメインターゲットは10月1日の東北みやぎ復興マラソンであるということ。そして、それまでにすでに二つエントリーしていますが、
・8月28日 最上川S-mileマラソン(10mile)
・9月17日 一関国際ハーフマラソン(ハーフマラソン)
これらについては、あくまで10月1日フルに向けてのトレーニングの一環と位置付けたいと思います。

そこで、夏トレの基本ラインですが、[平日]に1~2度帰宅ランを入れて、週末については、次のような[A週末]と[B週末]を交互に組んでいこうと思っています。
[A週末]土曜日…20~35kmペース走/日曜日…17 or 24km緩ジョグ
[B週末]土曜日…1km×5~8インターバル走/日曜日…17 or 24km緩ジョグ

平日については、週末のトレーニングの負荷等を勘案して、水曜日に1度か、火・木曜日に2度の帰宅ランを考えています。走り方としては、約11kmのコースを、①緩ジョグから入って中盤からビルドアップしていく ②その途中に2回ほど1kmベースアップ走を組み込む くらいに考えています。ただ、疲労の度合をみて、緩めたり強めたりします。

IMG_3078週末については、基本的に毎週土曜日をポイント練習として、日曜日を疲れとり&脚づくりを兼ねた緩ジョグを入れることにします。
では、[A週末]ですが、土曜日に、20km以上のペース走を入れます。ざっくりとした予定をイメージしてみたところ、30km走が3回、35km走が2回くらい入れられそうです。肝心なそのペースについては、5:20/kmくらいから始めて5:00/kmまでもっていきたいと思っています(5:20/kmで30km、35km⇒5:10/kmで30km、35km⇒5:00/kmで30km)。とにかくペース走をポイント練習の基軸において、レースのイメージをどんどんふくらませていきます。
※近日中に【ラン読】にアップしますが、「ランナーズ 2017 8月号」は大変勉強になりました。特に右写真にある「フルマラソン特集 脱オーバーペース症候群」は食い入るように凝視いたしました。
次に、[B週末]ですが、今シーズンについては、1kmインターバル走に賭けてみます。インターバル走については、今年の正月に坐骨神経痛を発症する前は、1km×5~6本や坂道上り500m×5~7本をそれぞれ4回ほどやっていました(9月~12月)。効果のほどは自分ではよくわかりませんが、9月~12月といえば、私の絶好調シーズンと重なりますから、きっと効果があったんだと推測します。実際、つらかったですし。そこで、今シーズンは、坂道はカットして1kmのみをやってみて、その効果等についてより焦点化した検証ができるようにしようと思いました。

さてさて、どうなることやら、時折夏の陣(+o+)
ただ、正直な気持ちとして、「ハードに走ろう!」とか「ガンガン走ろう!」とかいうイメージではいません。敢えて言えば、「賢く走り続けよう!」こそが時折夏の陣(+o+)のスローガンです。深刻な故障を回避して、10月フルマラソンを深刻な足攣りに陥ることなく走りきることこそが、私の最大の目標です。いくぞう、パオーン。
19 6月

[さがえさくらんぼマラソン]詳報!肉離れ痛雌伏から10kmPB大幅更新(^_-)-☆

IMG_3059昨日は、朝6:00に自宅を出発、サクランボ狩りシーズンとはいえ、さすがにこんな時間から出かける人はいませんので快適ドライブ、途中で妻を妻の実家に降ろし(ここでトイレを借りました。出発と同時に飲み始めた炭酸水が効果的でした。今回のトイレ大作戦も大成功!)、会場についたのが7:30。予定通りです。指定された駐車場は、エントリーが早かったため、スタート地点から約100メートル程度のところ。着替えやアップを車を拠点にできるので大助かりです。
8:00過ぎから動的ストレッチ⇒計1.5kmほどの緩ジョグ・スプリント等⇒静的ストレッチ…と入念なアップします。最近自分の中で欠かせない超深呼吸もじっくり行うと8:30になり、さあ、本番用のウエアに着替えて出陣です。
スタートは「50分以内」のブロック最前列から3m付近に位置しました。その前が「40分以内」だったのでそうしました。往年の名ランナー中山竹通さんがスペシャルゲストランナーとしていらっしゃています、おおおっ(私は瀬古ファンでしたが…)。バーン!スタートです。
で。
スタートラインをまたぐのに約10秒かかり、その後も人の壁をかわしながら、ゆるゆるとスピードを上げていきます。200mくらいからは思ったように走れるようになった感じだっでしょうか。調子はすごくいい感じです。脚が軽い軽い、1kmラップを見てびっくり!4:19です(+o+) あれだけスタートでタイムロスをしているはずなのに! ちょっと意識してペースを落としてみます。
IMG_3074と、ところが、2km、3kmと進むほどに、だんだん苦しくなってきます。後で確認したのですが、この日は心拍数がものすごく高く推移していて、平均で179bpmにもなっていたのですが、ちょうどこのあたりから心拍数がぐんと上がっていました。この時点の私は、正直不安の塊でした。ああ、やっぱり体は脚はレース仕様にはなっていなかったんだ、2日前に3kmをいい感じで走れたからといってどうしてそれが自信になるというんだ、あああああ、という感じでした。
と、と、ところが、そのつらい時間帯をこらえていくと、5~6kmあたりから呼吸が楽になってきて、脚がだんだん前に出るような感じになっていきます。おおおっ、なんだなんだ?! 7~8kmあたりになると、「追い抜き8:追い抜かれ2」くらいの割合になってきます、自分のペースが自然に上がっていることを感じながら走れました。
そして、ラスト1kmからはもう遮二無二走ります。なお、私のガーミンくんでは、途中から約200mほど距離が合わなくなっていて(ガーミンくんの距離の方が短かった)、最終的にはガーミンくんによると9.84kmでのゴールでした(下の記録はガーミンくんの数値で表すことにします)が、そのゴールを快調に駆け抜けます。最後のラップは4:08/kmまで上がっていました。

距離9.84km  タイム43:16 ペース4:24/km 
平均心拍数179bpm 最大心拍数198bpm
平均
ピッチ174spm 平均ストライド1.31m

いやあ、練習不足の中の43:27は上出来すぎです。正直44分台はかすかにねらっていましたが、43分台は全然考えていませんでした。
どうしてこうなったか?(レース後は謙虚に成果と課題を分析)
コラーゲンが効いた?(一番にそれか!)
②肉離れからの復帰プログラムの精度がある程度上がってきた。(これはあるだろうな)
③曲がりなりにも先月のフル対策に地道に走ってきたことが貯金となった。(後半から自然と状態が上がっていったのは不思議でした)
④10kmだから何とかできた。(これがハーフだったらこううまくいかなかったでしょう)
まあ、いずれにせよ、10kmも次は42分台ねらいとなっていきます(10kmレース出走は1年後のここかな?)。キロ4分10秒台の軽快な走りを持続させていくというのは、今の自分にはなかなかイメージできないことなのですが、走り始めてからこれまで、ずっとイメージできなかったことを実現させてきてもいるんですから、調子に乗らない程度に適度な夢を抱きながら、夏を駆け抜けていくことにします。
18 6月

[さがえさくらんぼマラソン]速報!肉離れ痛雌伏から10kmPB大幅更新(>_<)

FullSizeRender (1)さがえさくらんぼマラソン、走ってきました。
最近谷あり谷ありの、ちょっとかなしいマラソン人生を過ごしていた私ですが、今日は何とかいいイメージで10kmを走り切ることができました。43分27秒、自分でもちょっとびっくりしました。これまでレースやTTでの10kmのベストは45分を若干切るくらいでしたから、自分としては10kmのPBの大幅更新です、やったー!! 正直、ふくらはぎ肉離れ痛もあり、満足に10kmを意識したトレーニングもできずにいましたから、実質ぶっつけ本番、今回は、厳しいだろうなと思っていたので、今日の結果は望外の喜びです。
なお、今日は、父の日ということで、妻も同行し(会場には行かず実家に滞在していました、ったく(+_+)・・・)、レース後には二つの家を周り、二人の父にささやかなプレゼントを渡してきたリで、今ようやく家に到着。じわじわ疲れが出てきた感じですね。
なお、私も父のはしくれでした、娘たちからのプレゼント期待したりしない潔い私(泣)は、よく利用する天童の酒店で山形正宗の四合瓶を二本、父の日プレゼントとして購入(*^-^*) もう飲み始めます。で、今日は速報のみとさせていただき、明日、詳報をお送りします。
さあ、飲むゾウ、パオーン。
16 6月

[本日のラン]5kmをレースペースで走ろうとしたんだけど…

本日は午後に勤務先を離れての会議だったものですから、残りの時間休みを取って直帰、近くの公園に出向いて5kmをレースペースを意識して走ってみることに。
レース2日前ということで・・・少し考えましたが、左ふくらはぎ肉離れのため満足に走れないできたことを少しでもカバーしたく、そして、明日1日の休養で何とか回復できるレベルも勘案して、5kmをレースペースを意識して走ってみることにした次第です。レースペース? 肉離れになる前にイメージしていた45分切りの目標から、4:30/kmとします。
IMG_3051で。
公園までのアップ、まだ明るい中をちょっと気まずさを感じつつ足を前に進めますが、あらら、何だかずいぶん久しぶりに感じるような調子のよさ(*^-^*) 推進力、なんていう言葉が自然と思い浮かんできたくらいです。気温も20℃くらいでちょうどよく、走る楽しさがすぐ心身に溢れてくるような感じだったのです。
公園に到着してストレッチをし始めて、、、でも、無駄に歳を重ねているわけではない私は、ちょっと考えました。今日はある程度軽快に走れそうだ、でも、その軽快さにまかせて5kmを走り切ってしまったら、好事魔多し(+_+) きっとよくないことが起こるのでは?!と考えるのでした。そして、今日は、セーブして5km走るよりは、ある程度調子のよさを感じながら3kmだけ走ることにしよう、と、自分の勘を信じて予定変更。
IMG_3050で。
ある程度イメージしていたように3kmを走ることができました。
いや、イメージ以上でしょうか。というのも、4:30/kmペースをイメージして走り出したのですが、最初の1kmが4:17/km。まあ、いいや、特にペースを落とさずこのままいこうと決めます。
ストライドの伸びは、これまでのどの走りよりも気持ちよく感じました。そして、1kmごとにガーミンくんが知らせてくれる心拍数の低いこと低いこと!! どうしたというの?? 
結局、だいたい同じペースで3kmを走り切れました、気持ちのよさを維持したまま。

距離3.01km  タイム12:55 ペース4:17/km 
平均心拍数129bpm 最大心拍数142bpm
平均
ピッチ174spm 平均ストライド1.34m

今日の私の勘ははたしてどう作用するのでしょう。
明日は、朝から夕方まで予定がびっしりで走れる時間もなかなか作れないようなので走りません。日曜日、どんな心身で朝を迎えられるでしょう。楽しみです。
14 6月

[さがえさくらんぼマラソン]レースプラン again

昨日の帰宅ランの感触からすると、肉離れはもう大丈夫そうです。
少なくとも、日曜日の10kmレースを全力で走ろうとすることはできそうな感じになってきました。
ただ、先月のフルマラソン以降左ふくらはぎ肉離れに悩まされ続けてきた私は、一か月近くしっかり走れていないわけですし、その前もフルに備えていたということでスピードを鍛えてなどいないわけですから、そんな私の全力などといってもたかが知れているわけです。
無題ししし当日の山形県寒河江市の天候は、予報によると、スタート時点で気温15.8℃、南東の風2m/s。いい感じですね。きっと4:30/kmを切るようなペースでスタートして、ペース配分など考えてもしょうがない、あとは野となれ山となれ、というところでしょう。フルマラソンが終わった段階でイメージしていたところでは、45分は何としてでも切りたいと考えていました。正直なところ無理だろうなとは思いますが、そのとき自分の体がどこでどう反応するかは、走ってみないとわからないですから、基本的には「無理」とは考えずに能天気にアグレッシブにいこう、撃沈するもをかし、です。
最新コメント
最新トラックバック
自己紹介
時折と申します。
五十代で突然ランニングに覚醒しました。
2016年にレースデビュー。10kmを3本走った後ハーフを3本走り、いよいよフルに参戦!と張り切っていたところ、2017年正月に坐骨神経痛発症、果たして苦難を乗り越えられるのか、時折ランはどこへ行く!
PB(^_-)-☆
5km 20:52
2016/11
トレーニング

10km 43:27
2017/6
さがえさくらんぼマラソン

ハーフ 1:35:41
2016/12
カッパハーフマラソン

フル 4:56:11
2016/5
いわて奥州きらめきマラソン
過去のレース
2017年
3/19
東北風土マラソン
フル DNF
ハーフ 1:41:53(参考記録)
4/15
柴田さくらマラソン
ハーフ DNS
5/21
いわて奥州きらめきマラソン
フル 4:56:59(4:56:11)
6/18
さがえさくらんぼマラソン
10km 43:27

2016年
4/17
もとみやロードレース
10km 48:25
6/19
川俣ロードレース
10km 46:33
8/28
伊達ももの里マラソン
10km 48:14(47:02)
9/18
一関国際ハーフマラソン
ハーフ 1:45:22
11/6
阿武隈リバーサイド
ハーフ 1:38:23
12/4
カッパハーフマラソン
ハーフ 1:36:03(1:35:41)
参戦予定のレース
2017年
8/27
最上川S-mileマラソン
10mile
9/17
一関国際ハーフマラソン
ハーフ
10/1
東北・みやぎ復興マラソン
フル
11/3
やまのべ星ふるロードマラソン
5km
11/12
栗原ハーフマラソン
ハーフ
アクセスカウンター

    にほんブログ村
    にほんブログ村ランキング
    • ライブドアブログ