2012年12月04日

WIN8タブレットPCをどーしたもんか

うーん、色々と機種が出てきているのですがタブレット部分全般WIN8は実質MSのリファレンス状態のntrigになる方向なのかなぁ。(追記:かと思ったらsurfacePROはワコムとの情報が)
一応イラスタコミスタのセルシス製品では使えるので問題はないのですが、フォトショとSAIで使えないというのは結構なマイナス要素でもあったりします(割り切れば別なんですけど)。
まぁ実際ワコムタブでーフルHDで〜というと、ATIVか今度出る予定のレノボのHelixくらいしかないんだよなぁ。 さすがにthinkpadtablet2はAtomで解像度そんなに高くなかったし。 

helixに関してはまだちょっと写真が出た程度なので確実にワコムかどうかはよくわからないとところもあるので、となると現状買えるものというとサムソンのATIVproになるんですけど、日本発売は当然ないので北米expansysから直輸入ってところ。ちなみに送料込みで11万くらいでした。

http://www.expansys-usa.com/samsung-ativ-smart-pc-pro-700t-11-6-windows-8-tablet-1-7ghz-i5-128gb-ssd-4gb-ram-238381/
ってかexpansysJapanがいつまでたっても仮予約+値段未定なのがねぇ。
確実に日本でかえるとなるとduo11だしなぁ。

とりあえず覚書も含めてタブレットメーカーごとの一覧(確認次第追記しようと思います)
あとワコムの外付けペンというか要はいままで保守品だったペンを正式販売みたいな感じなんでしょうけど、bamboo Stylus feelの対応機種。対応ということはタブレットのユニット自体がワコム製だということです。
http://bamboostylus.wacom.com/compatibility/


追記:ちょいと修正

ワコム
samsung ATIV Smart PC Pro(i51920×1080
lenovo ThinkPadTablet2(atom 1366X768)
asus  VivoTab TF810C(atom1366X768)
DELL Latitude 10(atom1366X768)(クーポンで安かったので注文しました。到着したらレビューします)
MS surfacePRO(i51920×1080ワコムEUでfeelにも対応とのはなし)

未確認
lenovo ThinkPad Helix tablet(i51920×1080
KUPA UltraNote (i51920×1080) http://www.youtube.com/watch?v=6_V_LK85LKE (本当にでるの?)

参考
asus EP121 B121(WIN7)

ntrig
sony duo11(i51920×1080
asus TAICHI(i51920×1080 2画面
富士通 STYLISTIC WQ2/J(i31366X768)


(追記いろいろ)

あとどうもごっちゃにしてる人がいたのでついでに書くと bamboo Stylus feelとBamboo Stylusは別物です。feelは電磁誘導方式のスタイラス(普通のタブレットの専用ペン) Stylusは静電容量方式(指の代わりのペン、指同様に通電して感知する方式)。

またこれが色々とごっちゃになってるところなんですが。今のタブレットPCで使われてる電磁誘導方式のペンは古くはartpadー初期Bamboo(切り替わり時期失念)ー初期cintiq(17インチ、18インチまでこのあとの21インチからはintuos形式)形式のものになります。逆をいうとこれに対応してる形式だったら過去のペンも使えますが(artpadのペンをEP121に使うことも可能だし同じワコムのタブレットユニットを使ったタブレットPCのペンをAndroidタブレットでワコム方式を使ってるgalaxynoteに使うことも可能)初期のペンは最小on荷重(入力するために必要な力)がかなり悪いので力を入れないとペンがかけなかったりします。そのへんが改善されたライトタッチペンというのもあるんですがそのへんは過去ログを見ていただけると。

ちなみにon荷重に関してですがこちらのページで実証を含めて計測されてますのでぜひご一読していただければとおもいます。

当然方式の違うintuos系統とは互換性がないので使えません。intuosに関して言えば型番ごとで対応していないのもあるので当然と言えば当然なのですが。 



あと個人的な感想ですが正直自分は筆圧が256でも1024でも劇的な変化があるとはあまり感じないタイプです。というかそこの数値は正直ソフトの処理、設定等で吸収されてしまいますし重要なのは0が1に変わるon荷重であって中がどんなに細かろうとさしたる変化はないと。

もちろん256から2048まで変わるとさすがに違いはあるんですが、これ以下だと微差かなぁと。書き味として感じるのはやっぱ最初のペンを入れる感じがどのくらいで書けるのかというのがものすごく大きいんですよね。
もちろんintuosが非常に書きやすいと感じるのは筆圧感知の細かさが増えているところが要因の一つではあるかなぁと思うんですが、性能が上がるにつれて最小on荷重が非常に軽くなっているのが一番大きな要因かなぁと。


tokitamonta at 00:48コメント(2)トラックバック(0)パソ周りレビュー | タブレットPC関係  Share on Tumblr

トラックバックURL

コメント一覧

2. Posted by 刻田門大   2013年02月28日 11:36
元記事が結構初期段階のモノでの記事だったので修正させて頂きました。 Wacom-like digitizer という表記になってるところがあるみたいです
1. Posted by 通りすがり   2013年02月27日 21:37
KupaがWacomというのはどこ情報なのでしょうか。
というのも、Wacomに「Kupaの新製品に御社のタブレットコンポーネントが使われているか」と質問メールをしたことがあるのですが、返信で否定されたからです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

刻田門大(tokita=monta)
漫画描いたり、イラスト描いたりを生業としております。 お仕事の相談もお待ちしております〜^^

DISK monta tokita HOMEPAGE
ついったー
過去絵など


過去同人(随時更新)
記事検索
月別アーカイブ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ