アグリッジプロジェクトは、横浜国立大学の副専攻プログラムのうちの1つです。

学生さんが企画し、「農業による地域活性化」をめざしているものです。学生さんたちが地元の農家さんから畑を借りて作物を作り、学内や常盤台コミュニティハウスなどで販売しています。

この学生さんたちから常盤台地区連町に一緒にやりませんか?と声がかかり、このたび、そのメンバー募集のために収穫体験と懇親会が行われました。

朝9時から畑に向かい、ミニトマト、インゲン、カボチャ、にんじん、スイカ、ピーマンなどを収穫しました。(写真1)
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


その後、横浜国立大学の経済学部棟前で作物を販売するときにパック詰めするやり方を教えてもらいながら作業。(写真2)

イメージ 4

イメージ 5

その後、中部自治会館に移動して懇親会を行いました。
事前に収穫した野菜と常小地域防災拠点の炊飯器で炊いたご飯でカレーライス、
野菜の素揚げ、枝豆、デザートには畑で採れた大きなスイカをいただきました。(写真3)
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

秋口からボランティアも参加して、秋冬野菜を栽培していきます。

本日10時より、常盤台コミュニティハウスにて、令和元年度『常盤台地区社会福祉協議会総会』(社協総会)がとりおこなわれ、大勢の参加者(各自治会会長、近隣教育機関、ボランティア団体、市民活動団体、区役所担当者)が集まりました。
冒頭、田宮会長の挨拶から始まり、各参加者の挨拶、各所の活動報告、議案・事業計画・『ほっとなまちづくり達成の大詰め』の話がありました。
尚、『常盤台社会福祉協議会』の目的は、地域の住民が相互に協力し、地域福祉の推進を図ることを目的とする(会則第2条より

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3

↑このページのトップヘ