台風もさり、お盆休みに入りましたが、
お盆期間は、事務所の内装工事となりました。
台風あとは猛暑と今年は身体にきつい夏です。


55-80H


季節が関係しているのか、夏らしい色を多く塗っていることに気が付きました。
今回はアクセント色として55-80H(日塗工)を塗装。
黒は一滴も入れておらず、紺と黄色と白のみ。
今回は、水性ウレタン塗料(3分艶)水性ファインウレタン(日本ペイント)を使用。
突然の色変更となり、カラー(着色剤)での調色。
色見本より若干くすんでしまいましたが、現場での調色ではこれが限界。


55-80H


部屋全体の色味を考えても、もう少しくすませた色を選択しても
良いかもしれません。つい鮮やかな色を選びがちですが、構成色の一覧に
あるようなくすんだ色のほうが、より洗練された色使いになります。

色見本には塗料によっては出にくい色などの記載がありますので、
色を選ぶ場合、塗料の選択も大事です。
また、鮮やかな色や、濃い色などは現場での対応が難しく、
事前の打ち合わせが大事です。
最近ではメールだけで現場に来ない設計屋さんも多く困ったものです。
また、塗料によっては値段も大きく変わり、廃棄にもお金がかかります。

現場でのトラブルをなくすためにももう少し勉強してもらいたいものです。
いまだに、図面にはOPやVPなどの表記だけ?
詳しい塗料の指定はなし、いったいどうやって見積をしているのか
疑問が残ります。

さて、誰もいない現場に向かいます。(笑)