最近、『多能工』という言葉を聞くことがあります。
意味は一人で色々なことが出来ること、マルチスキルとも呼ばれ、
大手ゼネコンでも、今後の職人不足に備え、育成を行っている
所もあります。

最近この手の多能工をうたった会社が増えてきています。
主に、リフォーム主体で水回りが多い。
設備屋さんが大工さんを兼ねて施工するパターンが多い。
電気工事も兼ねている場合もありますが、
本来免許が必要となるので、注意が必要。


多能工
建築の世界では職種によって工賃が大きく変わります。
設備や水道、電気工事などは工賃が高く、器具本体でも儲けが出ます。
塗装、クロス、大工などは1日中現場にいる割に低めとなっています。
塗料での儲けはなく、逆に廃棄などでお金もかかります。

最近では大工仕事込みでの発注も増えてきて、要はペンキ屋より
高い手間を払っているんだからこれぐらいしろこんな感じでしょうか?
また、仕事欲しさに自分から売り込む職人さんもいます。

果たして質は、全ての会社ではありませんが、
多能工で安くしてるんだから、これぐらいで我慢しろ!
ぐらいの品質かもしれません。表面は綺麗でも中身は・・・・
特に戸建てとなると構造が重要、果たして多能工でそこまでスキルがあるのか、
最近では家(在来工法)を建てられる大工さんがいなくなってきてるというのに。

もちろん、育成がきちんとなされていれば問題はなく、品質も安定してくると
思いますが、育成にはお金と時間がかかりますので、全ての会社が簡単に
行えるとは思えません。

まずは、多能工を増やすより、もっと大事なことが、

『段取り八分、仕事二分』

昔の職人さんが良く言っていましたが、
一人で色々なことをやるより、
仕事前の段取りさえよければ、無駄なく仕事も運び、
仕事の質も向上するはず、また日数も減らすことができるので
おのずとコストダウンにもつながります。

今日は床塗装、なぜか床塗装なのに荷物が・・・
元請けさんはお盆で休み、わざわざお盆休み返上で仕事してるのに、

建築雑誌に載っているような物件でも、完成前はごみの山、
職人さん満載で足の踏み場もないような現場も

さて完成まであと少し、愚痴を言ってもはじまらないので、
もうひと踏ん張り頑張ります。