24時間テレビでは、石ノ森章太郎物語をやっていた。
劇中で、トキワ荘が出てくるのだが、赤塚不二夫をはじめそうそうたる
漫画家たちが一緒の住まいに、漫画を目指すものの聖地に、
バイブルとしている『まんが道』(藤子不二雄)にも描かれている。
トキワ荘と言ってもなにも関係はありませんが、どこか親近感を
覚えてしまいます。

24時間TVを見ていると夏も終わりと思えますが、まだまだ酷暑が続きそう。
とみなが農園さんのブルーベリー狩りも猛暑の影響で早めに終わってしまいました。
連日の暑さに体調不良の人も多いですが、水分補給と休息を多めに乗り切りたい。


椅子



今回のジオラマは洗練されたイメージではなく、昭和レトロなイメージに
余計なもの満載のガレージを再現しようと思っています。
写真の椅子は、ハセガワ『部室の机と椅子』1/12のプラモデルを塗装したもの
実際ここまで汚れている椅子は見かけませんが、アクセントとして
少し大げさに塗装しています。


椅子


二つ並べて、ライティングを暗めにするだけで、なんだか、歴史を
語りかけてくれる雰囲気を演出してくれます。(笑)


亜鉛メッキ


これはテーブル、左が元のプラスック、右は下塗りとして
亜鉛メッキ風に塗装してあります。ただほぼ見えなくなってしまいます。

中々、鉄を内装に使うには重さや下地の関係で難しいですが、
塗装で表現できることもあります。


ジオラマ


亜鉛メッキの天板も、古めかしく煤けた感じに、
全体的に色味を合わせて塗装してみました。
これからまだまだ、小物を増やしていくつもりですが、
外壁塗装の現場が重なり果たして上手くいくか・・・

店舗だけではなく住宅のリフォームなどでもレトロ感を演出するには
塗装は有効な手段に、もちろんここまで大げさにするのではなく、
色味などを考慮して、どことなく落ち着く感じに、
設計屋さんに頼むには予算が、でも工務店ではやってもらえないし、
自分でもDIYで参加したい、そんな要望があれば
一度、ご相談して見て下さい。