秋雨前線に台風と流石にお手上げ状態。
雨が止んだからと言って、すぐに塗れるわけもなく、
もう、段取りが滅茶苦茶に、来年からは梅雨どきが外壁塗装に
最適な季節になるかも知れません。(笑)

よく、おすすめの塗料は?と聞かれますが、塗料の種類はとても
多く簡単にはこたえられません。フッ素や無機塗料など高い対候性をもつ塗料が
良いかと言うと、塗料代の差額や、次回の塗り替えのことを考えると
いささかオーバースペック感が感じられます。

また、細かなマイナーチェンジなどあり、良かれと使用していた塗料が
もしかして薄まってる?なんて疑問をもつものもあります。
メーカーは変わってないと答えますが、使用した感じで違和感を覚えること、
それが一人ではなく、色々なところで聞こえてくるので真意は分かりません。

架橋などには塗装した塗料や塗った回数がかかれており、
フッ素塗料などの劣化状況を見るのに最適。
狛江市は多摩川が近いのでランニングついでに観察しています。

IMG_7199

IMG_7201

IMG_7267


新しいものは現場で塗装ではなく全て工場塗装らしい。
塗る回数も多く、膜厚が非常に大事になってきています。

IMG_7268


なぜか、仕上げで塗られている部分の剥離が見られる場合が多い。
インターバル(塗装間隔)に問題があったのか、人為的な問題なのか
塗料に問題があったのか分かりませんが、それだけ塗装はブラックボックスに
つつまれています。

また、最近では下塗り材に防水機能や防カビ機能を持たせたものもあり、
予算に応じ、下塗り材をグレードアップすることや、シーラー塗布など
上塗り材に高い塗料を使用するのではなく、膜厚や下地強化をおすすめしています。

これから、台風が接近、月曜日にかけて注意が必要です。
なるべく外出は控え、天候回復を待ちましょう。