ジョー・ダンテ地獄篇

沖縄の映画狂集団「シネマラボ突貫小僧」のメンバー・良實が、ジョー・ダンテ監督の作品について書くブログです。
シネマラボ突貫小僧公式サイト「キネマ探偵団 on Web」

ダンテ作品の「あの男」ディック・ミラー

Dick-Miller-in-Gremlins


ジョー・ダンテの商業監督デビュー作『ハリウッド・ブルバード』(’76 アラン・アーカッシュと共同)から、ほとんど全ての作品に出演した俳優・ディック・ミラー。

最も有名なのは『グレムリン』(’84)、『グレムリン2 新・種・誕・生』(’90)の外国製品嫌いの男フッターマン役だろうか。

他のダンテ作品に出演したミラーの役どころを年代順に記すと『ピラニア』(’78)のリゾート会社社長、『ハウリング』(’81)の本屋の主人、『トワイライトゾーン/超次元の体験』(’83)のダイナー店主、『エクスプロラーズ』(’85)のヘリコプターパイロット、『インナースペース』(’87)のタクシー運転手、『メイフィールドの怪人たち』(’89)のゴミ収集作業員、『マチネー/土曜の午後はキッスで始まる』(’93)の怪しい男・ハーブ・デニング、『スモール・ソルジャーズ』(’98)のトラック運転手、『ルーニー・テューンズ:バック・イン・アクション』(’03)の警備員、『ザ・ホール』(’09)のピザ配達員、『ゾンビ・ガール』(’14)の警官。他にもダンテが手がけたテレビ作品にも出演しているので、ダンテ作品を見て、ディック・ミラーと出会わない方が難しいくらいだ。

続きを読む

約20年ぶりにダンテ作品が沖縄上陸!

HollywoodBoulevardposter

20162月から桜坂劇場で毎月開催されている「ガチバーン映画祭」

これまでSF、ホラー、アクション、ファンタジーから西部劇に戦争映画など、様々なジャンルのレアな作品が公開されてきたが、Vol.18となる今回は「お宝フィルムメーカーズ」という括りで、『ハリウッド・ブルバード』と『バニシング in TURBO』が上映される。

目玉は『アポロ13』や『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズのロン・ハワード監督デビュー作『バニシング in TURBO』ということになるだろうが、このブログでは、当然ダンテの監督デビュー作(アラン・アーカッシュと共同)『ハリウッド・ブルバード』を推すのである。続きを読む

シネマテーク・フランセーズでジョー・ダンテレトロスペクティブ!

2016年にはアメリカ・ブルックリンでダンテの特集上映が行われましたが、(→過去記事ジョー・ダンテ作品上映会開催中!    (ただしアメリカで)
今度はフランス政府も出資する、シネマテーク・フランセーズでジョー・ダンテ レトロスペクティブが開催されておりますよ。

デビュー作の『ハリウッド・ブルバード』(1976・アラン・アーカッシュと共同監督)から最新作『ゾンビ・ガール』(2014)まで、劇場作品はもちろん、「フライング・コップ」(1982)や「CSI : NY」(2007)、「レジェンド・オブ・トゥモロー」(2016)などのテレビ作品もスキがないラインナップ。

残念ながらフランスまで見に行くことが出来ないので、ブルックリンでの上映に続いてワタクシは地団駄を踏むしかないわけですが、小さな街で少年が不思議な冒険をする「Eerie, Indiana」(1991)や、50年代のB級映画へのリスペクトを込めた「Rebel Highway : Runaway Daughters」(1994)、有名絵画をテーマにした「Picture Windows : Lightning」(1995)など、日本ではビデオもDVDも発売されなかったテレビ作品まで上映されるというから素晴らしいというか悔しい!

期間は2017年3月1日から4月1日までということなので、もしフランスに訪れる予定がある方は是非シネマテーク・フランセーズへどうぞ!

シネマテーク・フランセーズ ジョー・ダンテ レトロスペクティブの詳しいスケジュール等はこちらで(フランス語ですが)↓
シネマテーク・フランセーズ ジョー・ダンテ レトロスペクティブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ