映画放浪記

沖縄県内の映画狂集団「シネマラボ突貫小僧」のメンバーが身近で出会った映画ネタについて、雑多な思いを綴るページです。
シネマラボ突貫小僧公式サイト「キネマ探偵団 on Web」

成人映画を終える?首里劇場に行ってきた。

mixiチェック
今日は「モモト」最新号(45号)で首里劇場の記事を書いたので、お礼を兼ねて遊びに行ってきました。金城政則館長は相変わらずお元気そうで一安心。IMG_8318
相変わらずアベノマスクを愛用する館長
続きを読む

突貫小僧を探せ!4☆『明日は月給日』(1952年)

mixiチェック
明日は月給日:01
戦前の松竹映画の名子役・突貫小僧こと青木富夫さんは、川島雄三監督の松竹から日活への移籍に伴ってご自身も日活に移籍している。川島監督に懇意にしていただいていたのか、彼の監督作品に端役でちょくちょく登場している(川島監督の日活移籍第1回作品『愛のお荷物』にも出演)。
今回、紹介するのも川島監督作『明日(あす)は月給日』('52年)だ。軽いホーム・コメディの娯楽作品だが、映画的省略や伏線の張り方など、話がよくできている。脚本を担当しているのは柳沢類寿。前の「突貫を探せ!3」で紹介した『あなたほんとに凄いわね』('52年)の監督だ。『あなたほんとに〜』が10月30日封切りで、『明日は〜』が11月27日封切りなので、ほぼ同じ時期に製作されたと思われる。続きを読む

「今敏」没後10年を迎えてのあれやこれや

mixiチェック
IMG_4074
↑私が大切に読み返している「PLUS MADHOUSE 1 今敏」と
遺作の短編アニメ『オハヨウ』が収録された「アニ・クリ15 DVD×マテリアル」


今日、8月24日はアニメーター「今敏」の命日である。
そして、今年2020年は彼の没後10年を迎える。 

私も高校時代に今敏の作品に出会ってからすっかりファンになり、亡くなった当時はこんな記事も書いたりした。アニメにめちゃくちゃ詳しいわけでもなんでもないが、ただ今敏作品を好きな一人の人間としてとても心を痛めたものだ。
このリンク先にもある通り、当時実施してたブックフェアでも今敏の本を大プッシュしてラインナップに加えてもらったくらいは好きだと思う。そのあと自分用に買った本を借りパクされそうになる一大事にも見舞われたが、決死の思いで返してもらったくらいにも好きだと思う。

そんな今敏没後10年を迎えるにあたって、いろいろな企画や特集記事が出ていたりする。
どれもこれも面白そうなので、自分ようにあとからじっくりみたりできるよう、紹介がてら綴ってみる。 続きを読む

今こそ見たい!『プロメア』で輝く堺雅人!

mixiチェック


『半沢直樹』が大ブレイク中である。
右を向いても左を向いても直樹直樹。放映一時間前には「半沢待機中」の書き込みがTwitterで溢れ、始まるや否やタイムラインはハッシュタグをつけた呟きで溢れ返る。
最初にブームになった時もそれは凄い反響だったが、今回も見る限り全く衰えない人気を見せている。「やられたらやり返す、倍返しだ!」の言葉は流行語を欲しいままにした今でも熱く人々の心を鷲掴みにし、子ども達も舌足らずな口と笑っているのか怒っているのかわからないようなドヤ顔で真似する始末。
『半沢直樹』といえば魅力的な俳優は多々いるが、なんといっても主役の堺雅人である。緩急とメリハリのありすぎるキャラ設定はまさに彼の真骨頂。たくさんの悪意に押しつぶされそうになりながらも懸命にもがきつつ真っ向からぶつかり啖呵を切る姿は、言いたいことも言えないこんな世の中を生きぬく現代日本人の溜飲を大いに下げることだろう。

ただ、申し訳ないが私はあまり『半沢直樹』を見ていないせいか、この時の堺雅人のことをあまり知らない。『リーガル・ハイ』などでも同じく、世間では結構アクの強いキャラ人気の多い彼のイメージがあると思うが、私の堺雅人といえば断然『南極料理人('09)』の西村君なのである。なんともいえない微妙な表情で静かに笑ってる苦労人の西村君が、私の中でのベストオブ堺雅人なのである。

だからなんかこう、そういう堺雅人の魅力が語れない。強いキャラとしての堺雅人の魅力がわかるような作品ってあんまり見てないもんなぁ。
とここまで考えて思い出した。
あ!!『プロメア』があった!!!

続きを読む

韓国製ドリフ喜劇『エクストリーム・ジョブ』:('19年)

mixiチェック
その昔、何かの本で「売れる映画の企画は10秒以内で物語が語れる」と書いてあったが(うろ覚え)、『エクストリーム・ジョブ』はまさにそれだ。
「刑事たちが張り込み捜査のためにフライドチキン屋を始めたら、人気が出てしまってどっちが本業なのか分からなくなる」
声に出してしゃべってみたら、わずか8秒。韓国歴代興行収入ナンバーワンなのもうなずける(笑)

エクストリーム・ジョブ
続きを読む
記事検索
プロフィール

tokkan_kozo

QRコード
QRコード