映画放浪記

沖縄の映画集団「シネマラボ突貫小僧」が注目する沖縄にまつわる映画ニュースや、メンバーが身近で出会った映画ネタ、映画の感想などを綴ります。
シネマラボ突貫小僧公式サイト「キネマ探偵団 on Web」

全国・映画館写真偏愛録(7)〜京都みなみ会館(移転前)

mixiチェック
古波蔵千尋(こはぐら・ちひろ)さんがカメラ片手に巡った全国各地の映画館を紹介する「全国・映画館写真偏愛録」。今年さいごを飾るのは、古都・京都に存在したミニシアターについて。それでは始まり、始まり〜。
2023年9月30日に閉館した京都みなみ会館。同じ南区にあった旧館が2018年に老朽化で休館となり2019年に新館に移転オープンしてわずか4年で閉館となったことは全国の映画館ファンに衝撃を与えました。私自身は移転前のみなみ会館しか行ったことはないのですが、惜しまれて閉館したみなみ会館を偲んで今回は移転前のみなみ会館(154席)をご紹介します。
phonto(19)
▲みなみ会館外観
続きを読む

映画『ファニーズ』と沖縄エンタメのスピリット

mixiチェック
映画『ファニーズ』を観てきた。
1993年に演芸集団FEC(フリーエンジョイカンパニー)という、お笑いの芸能事務所を立ち上げた、漫才コンビ・ファニーズ山城達樹氏の生前・没後を追ったドキュメンタリー作品。
達樹氏が亡くなった後に事務所を引き継いだ、同じくお笑い芸人の弟、山城智二氏が監督を務める。
FECと言えば、『お笑い米軍基地』など、全国で勝負できるコンテンツもあり、また最近では人気キャラクターも多く登場していて、県内ではもう不動ともいえる人気事務所になっている。
舞台挨拶で監督は「壮大なホームビデオ」と称していたけれど、わたしは、1980~90年代の、沖縄のお笑い史・エンタメ史を観ているようで、鑑賞中はあれこれと思い出が湧いてきたりと、不思議な鑑賞体験になった。
だからこれは映画の感想というよりは、思い出ばなしのようなもの。
続きを読む

EPOさんから『一生売れない心の準備はできてるか』の応援メッセージ

mixiチェック
『一生売れない心の準備はできてるか』とEPO


歌手のEPOさんから、映画『一生売れない心の準備はできてるか』への応援メッセージが届きました。
ご本人のブログでも紹介されていますが、こちらにも掲載します。
以下、EPOさんの寄稿。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


仕事を通じて沖縄とご縁が繋がってから、ほぼ30年。
プロモーションで沖縄に来るときに、
現在音楽プロデューサー、
野田隆司さんのインタビューを受けることが多く、
そこに必ずフォトグラファーとして同行してくださったのが、
『やちむん』奈須重樹さんでした。
那覇の街中での、さりげない私の写真、
多分、沖縄の空気感の中で、
すごくリラックスしていたからだと思うんだけど、
奈須さんが撮ってくれた私の表情、いつもよかった。
続きを読む

全国・映画館写真偏愛録(6)〜名古屋シネマテーク

mixiチェック
古波蔵千尋(こはぐら・ちひろ)さんがカメラ片手に巡った全国各地の映画館を紹介する「全国・映画館写真偏愛録」。今回は惜しくも閉館した名古屋のミニシアターについて。それでは始まり、始まり〜。
名古屋のミニシアター・名古屋シネマテークが去る2023年7月28日に41年の歴史に幕を閉じた。名古屋シネマテークの開館は1982年。あのシネマスコーレの開館が翌年の1983年のため名古屋のミニシアターの老舗中の老舗でした。
私が名古屋シネマテークを利用したのは2000年の4月から9月までの半年間。長い同館の歴史のほんのひと時の事でしたが、当時の写真とともに振り返ってみます。撮影はすべて2000年です。
phonto(18)
▲外観にあるシネマテークの看板。すっかり色あせていましたが閉館まで残っていました
 
phonto(20)
▲「コーヒーハウスルーシー」「ヤングレディ今池」「ノア」など、開館当初からのテナントの数々
続きを読む

全国・映画館写真偏愛録(5)〜南街会館

mixiチェック
古波蔵千尋(こはぐら・ちひろ)さんがカメラ片手に巡った全国各地の映画館を紹介する「全国・映画館写真偏愛録」。今回も前回同様、当時の同人誌に寄稿したレポートを加筆・修正してお送りします。ご紹介するのは2004(平成16)年に閉館した、大阪市中央区難波の南街会館について。それでは始まり、始まり〜。
大阪の南海なんば駅前、高島屋向かいにある映画館・南街会館(南街シネプレックス)が2004(平成16)年2月1日、50年の長い歴史に幕を閉じました。閉館前の2日間に渡って行われた閉館イベント〈-ありがとう、映画のような五十年ー。”さよなら南街 ラストショー”〉の模様をレポートしたいと思います。おっと、その前に同会館の歴史を振り返ってみましょう。
大小5つの映画館・南街劇場(816席)、南街スカラ座(567席)、南街シネマ(452席)、南街東宝(417席)、南街文化劇場(222席)を持つ同会館。その始まりは1938(昭和13)年に建設された木造の南街映画劇場までさかのぼります。1945(昭和20)年に戦災で焼失した後、8年後の1953(昭和28)年12月18日に再び建設・開館します。初めは3つの劇場でした。
20220510-phonto(13)
▲南街会館外観(1998年撮影)
20160119-phonto(3)
▲現在は上層階に『TOHOシネマズなんば本館』が入居する
「なんばマルイ」が建っている(2016年撮影)
続きを読む
記事検索
プロフィール

tokkan_kozo

QRコード
QRコード