2012年06月19日

池玲子

池玲子『やさぐれ姐御伝 総括リンチ』
監督:石井輝男 東映1973年

 初代ポルノの女王として一時代を画した池玲子。東映のプロデューサーにスカウトされたとき、彼女はまだ16才だったらしい。悪辣非道な映画業界の大人たちは、会社ぐるみで彼女の年齢をごまかし、鈴木則文監督の『温泉みみず芸者』(1971)で主演デビューさせてしまう。もちろん裸もベッドシーンも満載の18禁ピンクコメディ映画だ。もし今そんなことをしたら、「青少年保護育成条例」違反か何かで、監督もプロデューサーも捕まるに違いない。ところが鈴木監督は、逆に映画の中で文部省のお偉方をコケにして挑発する始末だ。それはともかく、玲子はこの映画でタイトルバックからいきなり堂々とした脱ぎっぷりを見せ、大いに注目を集めた。以来、98センチの巨乳と豊満な肉体を武器に、玲子は『女番長ブルース・牝蜂の逆襲』(1971)、『現代ポルノ伝・先天性淫婦』(1971)と立て続けに主演し、あっという間にポルノ女優としての地位を確立する。続きを読む

rittai_an at 00:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック 女優 | 邦画

2012年02月25日

杉本美樹

杉本美樹『0課の女 赤い手錠(ワッパ)
監督:野田幸男 東映1974年

 湘南で荒木一郎にナンパされたという噂の杉本美樹は、池玲子と並ぶ東映ピンキーバイオレンス路線の二枚看板だった。二人は鈴木則文監督の『温泉みみず芸者』(1971)で同時にデビューしたが、豊満さを売り物にした池玲子に対し、杉本美樹は小ぶりなバストですらりとした肢体の持ち主だった。対照的な二人のどちらが好みか、当時の観客の間でもはっきり分かれていたようだ。そして杉本の魅力は、なんと言っても野性的で一匹狼的な雰囲気にあった。男の本音を一瞬にして射貫くような、あのクールな眼差しがたまらない。その点でも、姐御風で包容力を感じさせる池玲子とは対照的だった。続きを読む

tokkan_kozo at 22:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック 女優 | 邦画

2012年02月21日

梶芽衣子

梶芽衣子『女囚701号 さそり』
監督:伊藤俊也 日活1972年

 『キル・ビル』(2003)にも使われた「修羅の花」を聞きながら、この原稿を書いている。冷たい美貌の裏に男を刺す鋭いトゲを隠し持つ―そんなヒロインを演じさせたら、梶芽衣子の右に出る女優はいない。杉本美樹の魅力も捨てがたいが、「野性味」の点では申し分のない杉本も、「美貌」の点ではやはり梶に劣る。ところが、そんな梶にも思い出したくない過去があった。日活入りした当初の彼女は「太田雅子」という、なんとも凡庸な名前(といってもこれが本名なのだから仕方がないけれど)で青春ドラマに出演していた。アイドルの太田博之などを相手にセーラー服のヒロインを演じ、おでこにキスまでされているのだ。うーん、観ているだけで恥ずかしい。もちろん六本木のズベ公上がりで勝ち気な彼女が、こうした清純派を演じ続けるというのは、しょせん無理な話だった。続きを読む

tokkan_kozo at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック 女優 | 邦画

2012年02月20日

イントロ

かつて岡山に『DOMO』という超ローカル雑誌がありました。私はその雑誌に「ピンクな女優列伝」というコラムを寄稿し、一部マニア限定の絶大な人気を誇っていたのです。第1回の山下麻衣から李美淑、豪田路世留、鈴木砂羽&片岡礼子と続いて、第5回はなんとあの洞口依子を取り上げました。
ところがそこで雑誌が廃刊となり、連載も中止になってしまいます。以来十数年、続編の原稿は私の心の中で封印されたままでした。けれども、いよいよその封印を解くときが来たようです。突貫小僧との出会いが、私の中の「映画バカ魂」を呼び覚ましたのかもしれません。
というわけで、このコラムでは私が個人的に「ピンクだ」「エロい」「Hだなあ」と思った女優と作品を取り上げ、毎回妄想的な女優論を展開します。これでいいのだ。

tokkan_kozo at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック
livedoor プロフィール
月別アーカイブ