とこちゃんのひとりごと

空のお話・少林寺拳法・家族・思ったことを綴る日記です。 仕事関係のことはプライベートモードにしています。 PASSWORDを知りたい方はprofileにあるアドレスにメールしてください。

2005年12月

マイクロバースト

今日の読売新聞の記事。(http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20051230it01.htm

山形のJR脱線事故の原因はマイクロバーストの発生に伴う局所的で猛烈な突風(秒速70mという説もある)によるものという見方が有力で、事故調査委員会は本来、航空気象が専門の委員を呼び出してデータの鑑定を依頼する方針のようだ。航空事故の調査委員を鉄道事故に呼び出して鑑定依頼するのは極めてまれなケースらしい。(そりゃそうだろうな)

やっぱりマイクロバーストかぁ。この間、機長昇格訓練中の後輩と会って話してたときに、あの事故の日(クリスマスの日)庄内空港にアプローチしたんだって。ちょうどあの事故があった前後の時間帯。当日の航空予報ではそれほどひどい悪天は予想されてなく、だから庄内便も欠航せず就航したんだけど、天候の変わりやすいこの季節の日本海側、ましてや寒冷前線がちょうど掛かってしまったとあっては突然の変化で数分のうちに気象は最悪になったらしい。

上空でもかなりひどいTurbulenceと突風で機体が木の葉のように揺られ、進入を断念し東京に引き返したそう。一度はアプローチを試みたんだけど横に座ってる指導担当のCAPが「こりゃだめだよ。やばいからやめて早く帰ろう。」(進入を中止してすぐに東京に引き返そう、の意)と言われ、すぐにダイバートを決定したそう。羽田に帰ってきてからテレビでJRの脱線事故のニュースを知り、風で列車が浮き上がったという運転士の報告を聞いて彼はぞっとしたそう。無理に降りなくて良かった・・・って。でもあの時の気象状態なら脱線もありえるなと思ったそうです。

 マイクロバーストに列車が高速で巻き込まれたらどうなるか・・・極めて稀な確率でしか遭遇しない現象で、たぶん過去にも例がないことだと思う。でもまさか浮きあがって脱線しあれほどの大惨事になるとは・・・。自然の力は本当に恐ろしい。 今回の件は福知山線と違いJRにも責任を追及するのは気の毒かもしれない。大きな過失があったようには見えないし。もしマイクロバーストが事故の主原因とすれば、予想をはるかに超える自然現象が運悪く極めて稀な確率で発生したわけだし・・・。再発防止策はなかなか難しい問題かもしれないな。

 

携帯無くした・・・。1

携帯無くした…。25日に子供達と公園に遊びに行って、あまりの寒さに子供が帰るといったので次男にママに電話で迎えに来てもらうよう電話させた。その後次男に「電話返してー。」と言ったら「イヤー」と言いながら電話を持って遊んでいたのは覚えているのだが…。それ以降電話の記憶がない。

ママに聞いても電話は見た覚えがないと言うし、次男も帰ってきた時は持っていなかったそう。どう考えても公園に置きっぱなしかーと思い、翌日公園中を携帯の呼び出し音を鳴らしながら探し回ったが出てこない。バイブにはしてないと思うし、呼び出し音は鳴っているから電源は入っているはず…。なのに家にも車にも公園にもどこからも音が聞こえてこない。ほんとに不思議だ。

誰かが拾って持った帰ったとしても・・・普通そんなもの持って帰らないだろうし、持って帰ってもリダイヤルやら着信履歴やらで電話かけてみればすぐ持ち主はわかるはずだけど、そういう気配もない。消えたとしか思えない・・・。あーあ。

最近、こういう消滅事例が多い。昨日も大事なアプローチチャートが前日使ったにもかかわらず消えていた。忘れ物置き場にもなく立ち回り先どこにもない。神隠しっていうけど・・・ほんとに困った。年末でぼけてるのかなぁ。

フィギュアスケート

昨日の夜はフィギュアスケートの全日本選手権を何となく見てた。感心したのは今話題の「驚異の中学3年生」浅田真央ちゃん。演技の躍動感、ジャンプの安定感がすごい。技術的な詳しいことはわからないけど、スケートリンクの上がまるでゴムでできているかのように軽々とジャンプして、子猫が遊んでいるかのように舞う。しかも演技している時の表情が本当に楽しそう。思わず引き込まれる演技の素晴らしさに今まで見たことのあるフィギュアスケートの演技とは全然違うものがあるように思った。

何より驚くのはまだ15歳。中学3年生。オリンピックにも年齢制限で出場資格がない、まだやっとジュニアから上がってきたばかりの選手だということ。アマチュア規定によりテレビCMにも出られないそうな。記者会見などいろんなところでインタビューされて、オリンピックに出られないことや、他の選手達の印象についてしつこく聞かれるけど、態度が一貫してて笑顔にも屈託が無いし、どんなインタビューにも嫌な顔1つ見せない。たぶん本当に透明で真っ直ぐな心を持った子なんだろうな。それが演技にも現れているように思う。

卓球の愛ちゃんといい、ゴルフの藍ちゃんといい、このぐらいの若い年代の子の中にはときどき本当にすごい人がいる。世間ではどうしようもない中高生の乱れた生活が取り沙汰される中、何でこんなに違うのか不思議に思う。

トリノオリンピックの代表には結局、村主章枝(すぐりふみえ)、荒川静香、安藤美姫の3人が選ばれた。村主、荒川は妥当だと思うけど、安藤美姫の演技はまだまだという印象だったなぁ。6位だし・・・。他の大会もあわせてトータルでの選考結果で選ばれたものの、この日は体調がもう1つだったらしい。ミキティは今までスケートがあんまり好きじゃないと言ってきてたし、笑顔も作り笑顔が少し見えててぎこちなかった。

モチベーションの低さが彼女の才能を阻害する最大の要因といわれてきたのを、今回アメリカで修行してきて、スケートを好きになることができたとか。今までとはコメントも少し変わってきた。浅田真央のような表現力が安藤美姫に備われば、十分オリンピックで好成績が望めると思う。本番まであと3ヶ月、成長して化ける可能性もあるので楽しみに見ていたい。

それにしても、日本女子フィギュアスケートはレベルが高い。オリンピックが楽しみだ。

できた。3

今年の年賀状できたもう1種類家族あまり関係ない人向けに作ったけど、写真が少し少ないだけで似たようなもんかな。 今年は妻の希望で写真中心。あんまり写真ばっかりで説明的な年賀状は好きじゃなくて、どっちかというとシンプルな挨拶状のようなタイプが好きなんだけど・・・なかなか感性の違いというのは埋めがたい。こういう家族写真だらけの年賀状ってどうなんだろう。子供がいる家庭の奥さんには喜ばれそうだけど、それ以外の人はちょっとなぁ。

 朝のバラエティ番組で嫌われる年賀状の例を挙げてた。宛名を間違えて表記する、間違えた表記を手書きで訂正して送ってくる(作り直せよ!)、印刷のみで手書き部分が一切ない、子供の写真だけ、新築の家の写真だけ(!)、「A HAPPY NEW YEAR」の「A」は英語的に間違い、等いろいろあってなかなか面白かった。まあ、参考にしてなるべく失礼のないように、全部に一言ずつコメントを手書きで書いた。これが結構大変なんだけどね。なんせ人数が多いと・・・。(とはいえ90人くらいだけど) 今日、みんな印刷して出してきました。今年は割りと早かったな。 あとメル友で住所知らない人にはメールの年賀状送らなきゃね。

クリスマスイヴ5

今日はクリスマスイヴ。僕は休みなので家族でクリスマスパーティー。近くのケーキ屋さんでクリスマスケーキを買ってきて、夕食は鶏肉の料理。ケーキ
腿肉のペッパーチキンだったんだけど、ちょっと辛すぎたので「ファイアーチキン」と名付けた。ちょっと味付け失敗したらしい・・・。嫁さん、気合入れて作るときよく失敗するんだよなー。あとはミートソースパスタに普通の鶏肉の焼いたやつ、ポテチ入りサラダ、手作りピザなどちょっとイタリアン系だった。



食事の後クリスマスプレゼントを渡す。朝起きたら枕元に・・・というのが標準なんだろうけど、今回はちょっと変わったやり方で。あらかじめ庭にプレゼントをこっそり置いておきこっそり携帯から家に電話してサンタさんから電話が来たふり。で、庭を見てごらん・・・という計画だったんだけど、今日は何故かいい時間に無言電話というか取ったら切れる電話が掛かってきて、それをサンタ電話にさせてもらった。
プレゼント純夏プレゼントプレゼントもらって子供達の喜ぶ顔を見るのはいつでもいいもんだな。今回はゲームだったのでサンタさんに感謝のお祈りをしてから早速仮面ライダー555とウルトラマンの格闘ゲームで遊んだ。明日の朝渡すと朝早くからやり方教えろと大騒ぎされるのが目に見えていたので今夜渡したわけです。まあ、半分パパが喜んでやってましたが・・・。

もうすぐPLAYSTATION3が出るらしいし、時代はXBOX360らしいけどまあ少し時代遅れのPLAYSTATION2でも十分立派なゲームだと思った。CGの技術は進歩がすごいね。外は今日も雪がちらほらしてちょっとだけホワイトクリスマス。騒がしかったけど家族団らんの楽しい夜でした。
ツリー我が家のクリスマスツリー

わかってないなぁ2

「関空拠点の航空会社設立へ 来月にも研究会発足」 http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20051223p201.htm

今日の朝の読売新聞に載ってた記事。関空会社が新規航空会社設立だって。 JAL/ANAをはじめとする航空会社が国内線の路線網を張ってくれないせいで、国内線へのアクセスが悪く利用者が伸びないと考えて、それなら自分のとこで小型機の会社を設立してアクセスをよくすればお客さんが集まると考えたんだろうか・・・。

もしかしてその会社は自分とこだから着陸料ただにするなんて言うんじゃないだろうな。まあそれなら納得できるんだけど・・・。 しっかし、わかってないなあ。そもそも、関空は市街地から距離が遠く不便な上、電車、バスの交通アクセスも悪く、料金も高いから利用者から敬遠されている。航空会社は着陸料はじめ事務所の賃貸料、施設の利用料などの諸施設のコストが格段に高い上、そのコストに見合う利用者の増加が見込めない関空に見切りをつけて、伊丹や神戸、中部や成田を中心とした事業展開にシフトしつつあるのが現状だ。

 今では朝夕の国際線の出発ラッシュ時間帯以外は閑古鳥が鳴いている関空に、2本目の滑走路なんてこしらえてそのコストは誰が負担するんだか・・・。(やっぱり航空会社?お客?最後は税金?)そもそも不便なところに空港を作っておいて、何でもかんでもぼったくりの殿様商売して、客も企業もそっぽを向くようになったら慌ててちょっと安くして、それでも駄目なら自分とこでやるだって・・・。それで採算が取れるような利用価値のある路線や空港だったらもうとっくにやってるよ。それこそ自分とこだけは使用料ただにしない限りは絶対無理だと思うな。そうやって無茶な事業をやって失敗したつけは全部税金で何とかしようとする無責任極まりない関空会社のやり方はほんとに腹が立つ。

関空が生き延びるためには伊丹をつぶす以外はないと思うんだけどな。もともとそういう計画だったんだし。そういうことは国がしっかり決めてやらなきゃいけないんだけど、無責任でいきあたりばったりな日本の航空行政、見事に伊丹・神戸・関西3空港共倒れの道を順調に歩んでいる。

小学校受験について

来月長男が受験する国立の附属小学校の入学願書に記載する文章を妻に頼まれて現在考案中。「性格・行動等の特徴」「志願の理由」「家庭における教育方針並びに子供の将来に対する希望」という項目がある。一応、例文のようなものがあっていろいろ模範解答のような内容が書いてある。特に書きたいことがないような人はどうしてもこういう模範解答的に書かざるを得ないんだろうな。うちは別にどうしても合格させたいわけじゃないし、運がよければという程度なので思ったように書かせてもらうつもり。でもたまには改めて考えてみるのもいいモンだよな。我が家の教育方針ってなんだろう? 小学校受験は東京あたりでは「お受験」なんて呼ばれて名門私立に入るためにかなり熾烈な競争をしてるそうな。以前そのお受験の感情のもつれからお母さんが他人の子供を殺すという信じられない事件があったな・・・。まあ、それは極端な例としても行き過ぎはやっぱり良くない。大阪ではそれほど極端ではないにしてもやはり各国立、私立小学校受験のための塾があり、熱心なお母さんは小さいころから塾に入れて受験対策をしているらしい。 受験対策自体は決して悪いことじゃないと思う。パズルを解いたり、記憶力や発想力を伸ばすトレーニングをしたり、礼儀や行動のやり方を教えてもらうわけだから、それは受験じゃなくても必要なこと。ただ、そういうことに偏りすぎて家庭内での夫婦や親子のコミュニケーションが悪くなったり、子供の行動が制限されたりすると問題が出てくるということ。まず基本にいい家庭環境と家庭内教育があってそれで足りない分を塾で補うくらいの考えがあればいいんだと思う。 小学校受験の試験問題は受験予定がなくても、試しに子供にやらせてみると結構面白い。難易度はいろいろあるけど、このくらいできるだろうと思ってたら意外とできなかったり、これは無理かなと思う問題が想像以上にできたりすることが結構ある。教えたらできるようになるものもあれば、全然興味を示さない問題もある。如何に子供に興味を持たせ、問題を解く喜びを与え、勉強に興味を持たせられるか・・・親の力量が試されます。それまで見えなかった子供の能力や特徴が見えてきて、親にとっても新たな発見がたくさんあります。 そんな小さいころから受けなくてもいい試験を受けさせて、受験競争に放り込むのは可哀想という意見もあります。いい学校に入ることだけがいい人間を作ることにはならない、とも言います。それはそれで一理あるとは思うんですが、僕の考えはちょっと違います。 このトピックに興味のある方、続きは追記で。続きを読む

明日は大雪

今日は日帰りの3本。東京から広島往復して大阪まで。ここ数日の寒気の影響で今朝は川西も積雪があった。広島のお天気も雪模様で運航管理者が最悪福岡か大阪の条件付運航にしたいというので、大したことないのにと思いつつ承認した。雪とは言ってもRadar Echoを見ているとちらほらと舞う程度で特に視程が悪化するとは思えなかった。でもまあ、広島空港は山の上の空港で油断できないところだから、念のため・・・。で、結局、気流は悪かったけど雪は問題なく着陸できた。めでたしめでたし。

その後の2便も混雑や使用滑走路の関係でHoldingさせられたりしてなかなか大変だったけど、特に何事もなく無事仕事終わりました。それにしても、今日は千歳あたりは大雪と凍結で滑走路が閉鎖して相当の便がキャンセルになったりダイバートしたらしい。僕は南でよかった。明日はさらに強烈な寒波が襲来するらしく、大阪も予報は未明から大雪!朝から運航便は大パニックのおそれありだ。お天気運のいい僕はもちろん休み。明後日からはロスで海外に脱出。前に書いた同じくお天気運のいい後輩はさっきディスパッチで会って、やっぱり明日は休みで明後日から上海だって。ちょっとできすぎかもね。

明日は日曜日。良かったのか悪かったのか・・・・。

今日は松山

今日は松山ステイ。東京から出発して広島往復後、松山便に乗務した。早パタは久しぶりなので早起きが結構きつい。お昼ご飯食べたあとなんか、ホント眠くて大変です。今日は上空に強いジェット気流と寒気があったせいで上昇降下中は結構揺れました。おかげで眠気が覚めて助かりました。

もう一年以上前になるけど、山口宇部行きの便で航空局の試験官が飛行検査で乗ってる時にあるキャプテンが上空で居眠りして、ニュースステーションで大々的に報道されるくらい大事件になったことがありました。そのキャプテンは睡眠時無呼吸症候群の疑いなんか掛けられてたぶん一年くらい乗務できなくなりました。もう復帰できたのかな・・・。ちょっと居眠りしただけでそんな病気だとは到底思えないんだけどね。まぁ試験官が乗っているのに居眠りとは大胆にも程があるとは思いますが・・・。でもキャプテンはその試験官をよく知っていたので、少し甘く見てたらしいという話もあったので問題にされた真相はよくわかりません。

ただ実際に飛行中に眠くなることなんて決して珍しいことじゃないんですよね。パイロットだって人間なんだから。いつも緊張感一杯で飛んでいるわけでもないし・・・。そんな時は二人で話をして紛らわせたり、ちょっと体操してみたりして何とか眠気を覚ますようにしています。ただ揺れてきたり何か問題が発生したりすれば、もちろん一発で眼が覚めます。そういう意味では今日は良かったですが、昼過ぎの便の平和なフライトは要注意ですね。

明日も早起きしなきゃいけないから今日は早めに寝よ。これから松山のおいしいお魚食べに行ってきまーす。

トヨタカップ

今日はトヨタカップの中継があるというので何気なく見てたら・・・ん?サウジアラビア対エジプト?そんなトヨタカップってあり?欧州対南米の大会じゃなかったっけ?

と思ったら、今年から随分大幅にやり方が変わったんだね。僕も詳しい経緯は知らないけど、欧州代表と南米代表も含めて6大陸の代表から世界一を決める大会になったらしい。まあ、確かにその方が本当に世界一らしいし、大会も盛り上がるしいいかもね。レベル的にはどうなんだろうか。ぱっと見ただけではプレイのレベルが本当に世界最高レベルなのかどうか、僕にはわからないけど・・・以前のトヨタカップレベルのゲームが何試合も見られるとなるとこれは毎年日本でワールドカップが見られるのと同じことだから日本のファンには有難いよね。日本のチームが出てないのが残念だけど・・・。

そういえば、ワールドカップの組み合わせが決まって日本はオーストラリア、クロアチア、ブラジルと対戦するとか・・・。楽に勝てる相手じゃないけど、ブラジル以外は実力的に勝てない相手じゃないからいい組み合わせかもしれないと思った。やっぱり最初の2試合に勝つか引き分けて、ついでにブラジルとも引き分けぐらいに持っていければ本選に残れるんじゃないかな。しかし、実績から見てだんだん相手が強くなるという対戦カードは緒戦に一番プレッシャーがかかるね。緒戦のオーストラリア戦が山場のような気がする。放送時間も深夜じゃないらしいし頑張って応援しよう。

サッカー日本代表はここ数年どんどん成長しているとは思うけど、まだまだ脆さも持っているし世界を相手にしては厳しい面もある。勝ち負けはともかくとして苦しい戦いには当然なるだろうから、代表として恥ずかしくない強い精神力を見せて欲しいもんだ。特にフォワード。日本の選手は大黒以外フォワードの得点感覚の弱さが目立つ。強い国のフォワードの選手とは明らかにレベルが違うもんなぁ。頑張れー。

自転車5

今日はお休み。天気も良かったのでみんなで朝から猪名川ジャスコ横のトンガリ公園(って名前だったかな?大きな公園です。)に行ってきました。昴太君は現在コマなし自転車の練習中とあって今日も特訓です。とはいえ、近所の公園でかなり練習しているのでもうほとんど乗れるようになりました。3回目の練習で乗れるようになるとはなかなか優秀?かどうかはわかりませんが、もうほとんど乗れるようになりました。 ついでに夫婦二人で年賀状用のツーショット撮影会。気に入ったのが取れなくてなかなか大変でした。(右写真) 証拠画像 昴太の自転車 

 

 

 

 結構寒かったので2時間あまり遊んで、公園内にある図書館へ行きました。猪名川町立図書館だけど、きれいで快適。置いてある本はちょっと古めだけどそんなに混んでいることもなく、十分楽しめました。登録して早速読みたかった本を借りてきました。本はこれ 神無き月十番目の夜
飯嶋和一さんは以前ブログでも紹介した『黄金旅風』の作者です。ちょっとホラー気味な感じがいい。楽しみ。 最近はどこもそうなのかな?AV視聴ブースがあって、いろんな映画やドラマをヘッドフォンを使って観ることができます。これもちょっと古めだけど、たくさん映画やアニメがあって子供達が大好きなドラえもんの映画を観ることができました。2時間近くあったので思った以上に長かった・・・。映画が終わったらもう3時・・・腹が減ってみんなで食事に行きました。一日遊ぶと結構疲れた・・・

1

今日は乗員組合のある委員会の会議に出席。そこでちょっとした噂を聞いた。それは、年明けにも大阪のB777部を東京に一元化するというもの。随分以前から効率化のために大阪ベースを廃止して乗員室を東京に集める話はあって、プロジェクトチームが活動しているという話は聞いた事があった。本来は今年のはじめの羽田第2ターミナルの完成に合わせて実現したかったものの計画が間に合わず先送りされていたらしい。

その後、中部国際空港の開港、神戸空港の開港と関西の需要が増大するにつれ、次第に東京一元化の話も立ち消えになったかと思いきや、今日ある筋からの話ということで比較的信憑性が高いという話を聞いてきた。まぁまだ噂段階の話で何ともいえないんだけど、みんなの反応を見ているとどうも今回は・・・。最終的にはB767部を除く全部署を廃止する方向だけど、とりあえず一番メリットのあるB777部を最初に移動させるという話らしい。神戸は小型機中心で運航する事になったし、関空はもう見放してるし、中部は東京から送り込む形で十分対応できると見たのかな・・・。いずれにせよ、もし本当なら大変なことだ。

結婚して以来、転勤は初めて。訓練生時代はあっちこっち引越しして違う街に移り住むのは結構好きだったけど、やっぱり家族が出来ると違うよなあ。まず家族帯同の転勤か単身赴任かを決めなきゃいけないし・・・。東京での家賃補助はあるはずなんだけど、どのくらいなのか新しい制度が提案される可能性もあるから分からないし。噂によると現在‐400部で運用している移動通勤制度(大阪に住みながら東京に通勤が可能な制度)は廃止する予定らしい。今日組合でも話し合った事だけど、実際いろんな面で無理のある制度だもんなぁ。仕方ないか・・・。買って5年しか住んでない家もあるし、息子は小学校受験中だし・・・。なかなか悩ましい。いろいろ妻とも相談しなきゃならないなあ。

やっぱり基本的に家族は一緒に暮らすべきだとは思う。いくら仕事のためとはいえ父親不在の家庭はいろいろ難しい問題が出てくる。兄弟の多い我が家はなおのこと。やっぱり帯同して転勤しかないかなー。住むなら横浜かな。時期的にもうちょっと待ってくれたらいいのにと思う。せめてあと3年くらい・・・。まあそううまくもいかないか。とりあえずは噂倒れになることを祈ろう。

クリスマスプレゼント

今年のクリスマスプレゼント、うちの子供たちのサンタさんへのお願いはニンテンドーDS。どうしたものかなぁ。

お兄ちゃんのいるお友達はニンテンドーDSを持っている子が結構いてムシキングなんかやってるのを横から見ているので、自分も欲しくなったんだろうと思う。気持ちはわかるんだけど、ゲームはゲーム脳などの話で子供たちの成長に問題となる点があり、特に携帯型のゲームは一人でこもるのでどうも良くない。妻とも話し合った結果、やはり携帯型のニンテンドーDSはやめてテレビに接続するタイプのプレイステーション2を二人にプレゼントすることにした。

ゲームはゲームなんだから一緒じゃないかって言われそうだけどね・・・。子供たちがかなり盛り上がってるのでいまさら違うプレゼントだと、『こんなんいらーん。』って言うのが目に見えてるし(ぜいたくな!)・・・。あとPS2だとパパも遊べるというのもありますが・・・。親の時代とは違ってこれからはゲームとも上手に付き合って行かなきゃいけないんだろうし、ずっとゲームなしで育てるのもちょっと可哀相だし。甘いなぁと思いつつ買ってあげることにしました。
みなさんどう思います?

同級生4

昨日は中学時代の同級生のA君と飲みに行った。たまたま仕事の話でA君に紹介した僕の友達の女性を含めて3人で。A君は中学時代から仲がよくクラスもたしかずっと同じだったと思う。そのころから写真が好きでよくあちこち撮影に付き合わされた。大学から建築関係に進み、大学卒業後アメリカに留学して設計事務所等で修行を積み、今はアメリカのSOMという会社のロンドン事務所で建築士をしている。SOMはニューヨークのテロ事件の跡地グラウンドゼロに新たにフリーダムタワーを建設中などで知られる超高層建築の老舗で世界最大の建設会社として知られる企業です。

彼は大学卒業以来ほとんど海外、ボストンとロンドンで過ごしていたので考え方が普通の日本人とは違うところが多く、面白い。まあ、もともと変わったやつではあるし、芸術家肌で個性的なのは今に始まったことではないんだけど、いろいろ話していると刺激になることが多い。

日本には年に1−2回帰ってくる程度で、たまに帰ってきたときは東京、大阪、福岡、徳島などで大学や企業に赴き講演会などをやってまわっている。スライドを見せながら台本もなしで2時間ばかりしゃべるそう。新聞にコラムの連載なんかもしているし、それだけでも十分すごいと思う。100人以上の聴衆の前で台本なしに2時間しゃべるなんて僕には無理だし、文章はこのブログ書くくらいで目一杯だし。でも、やっぱり好きなこと、思いのあることならどんなことでもできるんだね。彼も他のことならそんなことできないけど、建築に関する話なら何時間でもしゃべれるし、何枚でも文章が書けると言っていた。その情熱が一番大切なんだろうね。

彼は今でも独身で一人暮らし。独身貴族のような生活を満喫しているらしい。休みが取れればカメラ片手にヨーロッパ中の建築を見て周っている。もうほとんどヨーロッパの国々は歩きつくしているんじゃないかな。ヨーロッパには行った事さえない僕には羨ましい限りだ。家庭を持って安定した生活をし、子供達を頑張って育てることも大切なことだけど、いつか時間ができたら彼のように世界中を旅行して自分の好きなものを捜す旅に出てみたい。そういう人生もすごく楽しいような気がするな。

今頃は彼もロンドン行きの飛行機の中。また帰ってきたら飲みに行く約束をした。これからは独立に向け努力したいと言っていた。張り合うようなことではないんだけど、彼の生き方を刺激にして、僕も負けないように自分のやりたいことやるべきことを少しでも前進できるように努力したいと思う。

忘年会4

昨日は少林寺拳法の北大阪ブロック合同練習、合同忘年会。技術では大阪ナンバー1の指導者と呼び声の高い大阪新栄道院の長谷川先生を講師に招き、大阪大、大阪外大、摂南大の学生さんたちも一緒にかなりの大人数(70人くらいいた)での練習になった。一応支部長なので初段の人たちの指導に当たったんだけど、7段、8段の大先生達の前では僕の技なんて恥ずかしくてとても指導しきれない・・・。まあ、それで一緒に練習するくらいの感覚で学生さん達と話をしながら一緒に練習をしました。

長谷川先生の技は力を使わず、人間の体の仕組みや体勢の崩れを利用して無理なく技をかける素晴らしい技法です。上手くかかるとまるで魔法にかかったように人間がくるくる回ったり吹っ飛んだりします。一応、概ねの理法や原理はわかるんだけど、自分がどこまでできるかというと、まだまだそこまでのレベルには達していない。やっぱり、時間を掛けて練習して自分の技術を磨いていかないとどうにもならないんだなぁと思った。

そのあとの忘年会は庄内の居酒屋でわいわい騒いで楽しかった。日頃ゆっくり話が出来ないような人ともいろいろ話すことができたし、有意義だった。また来年からも頑張ろう。

問題児

最近の気になる話題にLD、ADHDといった問題を抱えた子供達のことがある。幸いうちの子供たちは今のところそういった兆候は見られないので有難いのだが、義姉が小学校の先生をしている関係で、小学校でLDやADHDの子が増えて授業の障害となっているケースが多いと聞いている。少林寺拳法の道場にも時々そういう問題を抱えた子が入ってくることがある。

以前、少林寺拳法の豊中の道場に通って助教をしていた時、道場にいたD君のことを思い出す。D君は当時小学4年生位だったと思う。もう6−7年前の話なのでまだやっとLDやADHDという用語が知られ始めたころだと思う。彼がどういう状態だったのかは今でもはっきりとはわからない。ただ、集団の中ではいつも問題児だった。

性格は基本的におとなしい。時々奇声を上げることはあるが、はっきりした話し声を聞くことは滅多にない。何度も聞かれるとぼそぼそと話す。友達と遊べずにほとんど一人で遊んでいる。集合ができないわけではないが、必ず最後に並ぶ。並んでもじっとしていられずに常に動いている。先生の話が聞けない。教えたことが覚えられない。当然、練習も自発的にやることはなく、強制されて少しずつやるが、その場で教えたことしかできない。技もいつまでたっても覚えず上達もしない。そういう子だった。

注意されても上の空。心ここにあらず。ほとんどあっちの世界に行っている。遊びには興味を示すし、ある程度の会話もできるので、極端な知能遅滞ではないようだ。ただ、叱られれば緊張し、誉められれば喜ぶという普通の子供の反応を示さないことに手を焼いた。D君を叱れば、他の子供達は緊張してびしっとする。なのにD君だけはいつも無反応。他の子を注意すれば、「D君は全然ちゃんとしてないのに、何で僕だけ怒られるの?」と反応が返ってくる。結局、D君ばかりに時間と気を取られてしまい、思うように練習が進行できない状態が続いた。

ある時期からはお父さんが一緒に来て、少林寺拳法経験者だったこともあり、ほとんど息子の横に付きっ切りで面倒を見ていた。でもこのお父さんもまた人付き合いの下手な人で先生や僕ら助教の人間とコミュニケーションが取れない。会話がちぐはぐで練習の途中から来て、終わると挨拶もそこそこにさっさと帰ってしまう。お母さんは一度も顔を見せたことがなく、家庭も上手くいっていないようだという噂は聞く。そういう状況から他の父兄の方からも様々な苦情が来るようになる。

そういう状態で有効な対策が取れず、指導者も大勢いるわけではない道場でD君だけ特別指導というわけにも行かず、D君は怒られ役、または何をしてても放置という形になり、他の子供達も「D君は特別」という意識で了解されていく。結局、1年と少しくらいは続けたが、その後来なくなった。彼がその後どうなったか、学校ではどうしていたのか、成長して少しは良くなったのか全くわからない。僕は支部長ではなかったので詳しい事情は聞いてないし、責任もない。ただ、彼のことはずっと心に引っかかっていた・・・そういう話。

D君が果たしてLDなのかADHDなのか、知能遅滞なのか軽い自閉症なのか、今となってはわからない。彼の扱いをどうすべきだったのかもいまだに答えはない。怒ったり叱っても効果はないとわかったので途中から扱いを変えたがそれが良かったのかどうかもわからない。ただ、彼のような子が一人いるだけで集団指導はあれだけの困難を極めるということは、そういう子が増えているという中で学校の先生や親の苦労は想像に余りある。

エジソンやアインシュタイン博士も今ならLDと診断されるような少年時代だったと聞く。エジソンは学校を辞めて母親が勉強を教えたのは有名な話。こういう子供達は集団指導ではなかなかいい方向に導くのは難しいのかもしれないと思う。学校教育の限界かな?親の苦悩も苦労もかなりあると思うし、難しい問題だ。これから少し勉強して将来道場でそういう子供が来た時の参考にしようと思う。
Profile

とこちゃん

Archives
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
livedoor 天気
このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>
楽天市場
プロフィール

とこちゃん

  • ライブドアブログ