とこちゃんのひとりごと

空のお話・少林寺拳法・家族・思ったことを綴る日記です。 仕事関係のことはプライベートモードにしています。 PASSWORDを知りたい方はprofileにあるアドレスにメールしてください。

2012年04月

初ホームラン!

プロ野球で我らがジャイアンツはようやく昨日、村田に今シーズンチーム初ホームランが出ました。これで呪縛が解けて貧打は貧打なりに普通に点が取れるチームになってくれたらいいんだけど…。10試合を消化してようやく3勝…借金4.普通最下位だろ、と思うんだけど更に下には下がいるセ・リーグの悲しさ。未だ2勝しかしていないDeNAが定位置をがっちり守ってくれています。中畑監督もようやくユニフォームが着られたのに大変ですね。

それにしても巨人もDeNAも打線がひどすぎますねー。打てないときは小技もうまくいかないものみたいで、バントだのエンドランだのをやろうとしても、打ててないときの作戦ってやっぱりうまくいかないものなんだね。野球というのは想像以上に精神面の影響の大きいスポーツなんだなと思います。打てないからって高校野球みたいな作戦で行ってもうまく行くもんじゃないってことが昨日の寺内のバント失敗なんかを見ててもよくわかりました。ノーアウト2塁でランナーは俊足の鈴木。タッチプレイでさほどいいバントじゃなくても転がせばほぼ成功する場面。上げることだけ気をつけてればいいのにそこで初球を簡単に上げてしまってバント失敗…。バッティングでも結果を出せていない寺内くんにはプレッシャーがあったんでしょうね。坂本がヒットで返してくれて本当に良かった。あのまま0点だったら逆転された可能性もありましたね。最終的には村田のホームランも出ていい終り方でしたがひやひやでした。今日の相手は吉見。あっさり完封されそうで怖いです。いやマジで…。

メジャーではダルビッシュが満を持してのデビュー戦。いきなりイチローの洗礼を浴びて初回の4失点には驚きました。やっぱり彼も人間なんですね。日本なら2回で5失点もすればさっさと代えてしまうところだけど、試合数の多いメジャーでは先発投手はそう簡単には降ろさない。そのおかげで6回ツーアウトまで粘って、レンジャースの驚異的な打線が4ホームラン11得点と大爆発してくれたおかげで勝利投手。ジャイアンツファンからするとうらやましい限りです。同じ打たれても、自分が打たれた結果チームが負けるのと、打たれてもチームが勝ってくれるのとでは、次に向かう気持ちやプレッシャーが大きく違うと思うから、まさに「打線が投手を育てる」チーム。さすがは強豪レンジャースです。ダルビッシュは必ず逆襲してくれると思うし、全盛時代の日本ハム以上に頼もしい、安心して投げられるチームに入ったなと思います。ストレートと変化球のコンビネーションとか、ボールの質自体もまだまだ彼の中では修正点があるだろうし、本来のピッチングには程遠い内容だっただろうから、次はどう修正してくるか次の登板が楽しみです。

で、レンジャースの驚異的なバッティングを見た後で日本のプロ野球を見てみると、なんとバッターのレベルが低いんだろうと思いますね。甘い球の打ち損じが多い、ボール球を振ることが多い(特に巨人の話ですが…)。1試合でバットの芯にボールが当たることがホントに少ない。ボテボテゴロ、ポップフライ、三振の多さが不思議なくらいです。ボールが変わったからと言って大きさが変わったわけじゃないんだから、ミートする技術は同じでしょうと思うんだけど、バッターがみんな本来のバッティングを崩してしまっているように見えますね。一昨年まではホームランだった当たりが今はほとんど外野フライになる。だからミート中心のライナー性の打球が打てるようなバッテイングに変えようとして自分のバッティング自体をおかしくしてしまっているのかな、という気がします。

坂本なんかはもともとボールを高く打ち上げるホームランバッターだし、小笠原や高橋由伸も何でもできる技術のあるバッターだったはずなのに、去年からずっとおかしいまんまですね。バットに芯にボールが当たる確率が明らかに下がっている。年齢のせいかなー、そんなに衰えたようには思えないんですけどね。今年は巨人に限らず日本プロ野球全体が完全な投高打低になっています。ホームランの数もそうだし、打率もそう。5点以上のビッグイニングなんて記録は確認してませんが見た覚えがないです。完封試合の多いこと、多いこと…。ボールが変わる前は完封なんて年に10数人しか達成できないすごいことだったのに、今や各チームのエース級はちょっと打線の弱いチームならすぐに完封できてしまうようになりました。DeNAなんて前田健太にノーヒットノーランやられてたもんね。

つまり今シーズン勝つためには、投手陣の粘り強いピッチングで最少失点に抑えること、先発・リリーフ・抑えの投手力のバランス、チャンスに点が取れる勝負強い打線と機動力の使い方あたりがカギになってくるんでしょうね。ある意味、監督の采配や雰囲気作り次第ということなのかもしれません。5点も取られたらまず逆転は無理。ロースコアの1点勝負の試合が続くと思いますが、投手陣には打ってくれなくても腐らず0点を積み重ねていってもらいたいと思いますし、打者陣にはホームランよりもどれだけ高確率にミートできるか、小技をきっちりこなすことを考えて1点を取る野球に徹してほしいと思います。応援する方も我慢に我慢を重ねて応援しなきゃいけないな。

決定! 本屋大賞2012

本屋大賞2012が決まりました。ホームページはこちら(http://www.hontai.or.jp/index.html)。順位は以下の通りでした。

大賞
『舟を編む』 著/三浦しをん(光文社)
510.0点
2位
『ジェノサイド』 著/高野和明(角川書店)
355.5点
3位
『ピエタ』 著/大島真寿美 (ポプラ社)
324.0点
4位
『くちびるに歌を』 著/中田永一(小学館)
265.0点
5位
『人質の朗読会』 著/小川洋子(中央公論新社)
213.0点
6位
『ユリゴコロ』 著/沼田まほかる(双葉社)
208.0点
7位
『誰かが足りない』 著/宮下奈都(双葉社)
173.5点
8位
『ビブリア古書堂の事件手帖  ―栞子さんと奇妙な客人たち』
 著/三上延(アスキー・メディアワークス)
153.0点
9位
『偉大なる、しゅららぼん』 著/万城目学(集英社)
137.5点
10位
『プリズム』 著/百田尚樹(幻冬舎)
72.0点

BEST3の予想は当たりましたが、大賞が『ジェノサイド』でなかったことは本当に意外でした。『ジェノサイド』には桁違いの評価をしてたのでちょっと残念です。三浦しをんさんの『舟を編む』は確かにすばらしい作品でしたが、内輪ネタのように感じたので自分としては順位を下げてました。が、本屋大賞はそもそも全国の書店員さんが3作を選んで投票するコンクールですから、内輪ネタが強いのは当然かもしれなかったですね。結果から見ればこの作品をベスト3から外す書店員さんは男女を問わずまずいないような気がします。一方の『ジェノサイド』は女性が読めば中にはベスト3から外す書店員さんがいても不思議はないわけで、その辺の差かなと思います。

『くちびるに歌を』が4位・・・僕はこの作品は最下位にランクしてたのでこれも意外です。普通の子供ネタの小説にしか思えなかったんですけどね。『ビブリア古書堂』『しゅららぼん』『プリズム』と男性に偏って人気がありそうな小説はいずれも下位。内輪ネタはともかく、子供ネタ、女性作家が上位を占めたことも考えると、この結果は女性の意見が多く反映してるような気がします。投票者は女性が多かったんですかねー。

『くちびるに歌を』と『しゅららぼん』の順位が逆ならほぼ納得のいくところだったんですが、「うーん、なるほど」と改めて読む人によって本の評価というのは違うものなんだなということを再確認しました。

『ピエタ』の評価が高かったことはとても嬉しかったです。

本屋大賞2012 とこちゃんのランキング

2012年本屋大賞の発表がいよいよ4月10日夜7時に迫りました。今年はすごくいい作品が多く、レベルが高いと感じたので大賞発表の前にノミネート全作品を読んでみて自分なりにランキングをしてみようというチャレンジをやってみました。そして今日ようやく全作品を読み終えたのでとこちゃんランキングを発表したいと思います。本屋大賞のホームページはこちら。(http://www.hontai.or.jp/index.html

とこちゃんのランキング

第1位 『ジェノサイド』 高野和明

前にも感想文をアップしましたが、この作品のテーマの深さ、世界観の広さには圧倒されました。超人類の出現と戦争を止めない人類の対比、人類の中で殺戮に明け暮れるものもいれば、一つでも多くの命を救うために何の報酬も求めず全力を尽くす者もいるという対比など、エンターテイメントとしての面白さに加えて、深い問題提起に考えさせられることも多い素晴らしい作品でした。これは本審査でも間違いなく大賞でしょう。ダントツです。


第2位 『ピエタ』 大島真寿美

これも感想文アップしましたね。中世ヴェネツィアの孤児院・ピエタというあまり馴染みのない舞台を取り上げて、音楽家ヴィヴァルディの生涯を脇役的に取り上げるという手法がとても秀逸だったと思います。それだけでもなかなか他の人には書けない作品だと思いますが、ヴィヴァルディとピエタに関わって生きる4人の女性たちのそれぞれの生き様を巧みな心理描写で描き出し、一枚の楽譜の謎を通して厳しい境遇に生まれながらも凛と胸を張って生きる女性たちの姿とラストのヴィヴァルディの遺した想いが深い感動を与えてくれる大賞レベルの作品だったと思います。今年は「ジェノサイド」という大作が出てしまったので残念ながら2位ですが、去年なら絶対大賞だと思う。

第3位  『舟を編む』 三浦しをん

辞書編纂という一般にはあまり馴染みのない世界を描き出し、言葉の持つ意味の深さや言葉というものに深いこだわりを持って生きる人々の思いを上手に描き出した作品。何10年という時間をかけた末に「大渡海」という辞書が完成した時の感動をともに分かち合うことができました。この本の装丁にもなっている青い辞書は「大渡海」の装丁と同じなんですね。この青い辞書が本当にあったらいいのにと思いました。出版社内では変わり者で通っていた主人公が辞書編集部で出会った人々によって本来の自分を取り戻していく様子や月の精のような聖女的な奥さん・かぐやの魅力にやられました。「言葉の海」というものに対する深い造詣と思い入れが、本好きな人間にならわかるであろうという表現で随所に描かれていました。先輩編集者や監修の教授など脇の登場人物もみんな優しく魅力的で不快な人物が出てこない、宮本輝さんの作品と同じような特徴がありましたね。読後感のとても良い作品で僕は好きでした。ただ、本の世界の話なので一般の人には馴染みのない世界でも、作家さんにとってはホームベースなわけで上位2作に比べ作品の難易度はそれほど高くないのかな、と感じたので3位にしました。

第4位  『偉大なる、しゅららぼん』 万城目学

万城目学さんの作品は初めて読みましたが、面白いですねー。いっぺんにファンになりました。今は「プリンセストヨトミ」と「ホルモー六景」を続けて読んでいます。ちょっと遊びの入った軽妙な会話や表現が中心で重厚さはありませんが、設定の面白さ、ストーリーの秀逸さは面白い漫画を読んでいるみたいです。映画やテレビなど映像化に向いているのも頷けます。僕の作品評価は「感動」というキーワードの割合がちょっと高いと思うんだけど、そういう意味ではこの作品の感動レベルはそう高くない。でもこの人の作品だけは例外的に上位に推したいと思います。そのぐらい面白かった。


第5位  『誰かが足りない』  宮下奈都

駅前の古いレストラン「サライ」。いつも予約でいっぱい、誰もがおいしいと噂するこのレストランにはいろんな経緯でこのレストランに予約を入れるに至った人々が集まってきます。10月31日午後6時。この時間に予約を入れるに至った6人の人々のエピソードが描かれる短編集。様々な葛藤を抱えた人々が今日もサライで誰かを待つ。私たちはいつも誰かを求めている。それはすでにいない誰かであっても…。でも誰かが足りないことを嘆かないで、希望は必ずあなたのそばにある。そういう優しいメッセージの込められた作品でした。サライの従業員やメニューはほとんど出てこなくて、ただ「誰が行っても何を頼んでもすごくおいしいレストラン」とだけ登場するところが面白いですね。謎だからこそどんなところか行ってみたくなります。また、きっと「サライ」はあなたの街にもあるんだよ、ということを言いたいのかもしれません。下の小川洋子さんの作品と似たコンセプトの作品でした。

第6位  『人質の朗読会』 小川 洋子

第1回の本屋大賞で「博士の愛した数式」で栄えある大賞を受賞した小川洋子さんの作品です。「博士の愛した数式」は本当にすばらしい作品で存分に感動できました。今回は中東のある都市で観光に来ていた日本人旅行客8人がテログループに拉致され、3か月もの間監禁されます。拉致から3カ月後、強行突入の失敗により8人の人質は仕掛けられた爆弾の爆発により全員死亡します。この作品は、自分たちの過酷な未来を思うことなく、毎夜それぞれの過去を短編小説にして発表し合う人質たちのお話を集めたものです。聴衆は人質たちの他にはテログループの監視と盗聴している政府軍の兵士のみ。それぞれの人生が凝縮された一つ一つのエピソードに心打たれます。小川洋子さんの作品はどれも言葉がとても美しく、優しく、清涼感があります。最初に人質たちの悲しい運命を読者が知っているからこそ、何気ないエピソードにも感動が倍加する効果を生みだしていました。敢えて入れなかったのでしょうが、遺族の思いや事件後の様子ももう少しあっても良かったのにな…という少し物足りない感はありました。「博士の愛した数式」と比較すると感動レベルは少しダウンでこの順位になりました。

第7位  『ユリゴコロ』 沼田まほかる

沼田まほかるさんの作品を読むのは3作目。衝撃的デビュー作「9月が永遠に続けば」とそれに続く「彼女がその名を知らない鳥たち」を読んでいますが、女性心理の複雑さ、恐ろしさをあぶり出すホラーサスペンスに分類される独特の作品世界は素晴らしいものがあります。その中でもこの作品は謎解きの面白さに加え、途中に挿入される手記の衝撃度が高く最後まで飽きさせない面白さがありました。主人公は若い男性ですが、実際に描いているのは母の思い。結末の持って行き方も良かったと思います。父親の心理にもう一つ納得のいかないところがあったのでランキングはやや下位になりました。

第8位  『プリズム』  百田尚樹

美しい人妻と多重人格者の恋というかつてないコンセプトに挑んだ作品。前に当ブログでも感想をアップしました。「永遠のゼロ」「BOX!」「モンスター」「幸福な生活」などに代表される百田尚樹さんの作品の素晴らしさは今さら言うまでもないですが、今回は著者初めての恋愛小説ということで興味深い作品でした。まあ、それなりに…。というのが正直な感想かな。随所に百田さんらしさはありましたが、「永遠のゼロ」の感動に比べるとこの辺の順位が妥当じゃないかな、と思いました。

第9位  『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』  三上延

これもブログに感想アップしてますが、ある意味一番好きな作品なんです!今第2巻まで出てるけど早く続きが出ないか待ち遠しくて仕方がない。3位ぐらいに付けてもいい気持ちなんですが、「しゅららぼん」と同じで漫画的面白さは抜群なんですが、ちょっと内容が軽いしボリュームが少ないので読み応えの点で上位に付けられない理由があります。栞子さんという美しいのに異常な人見知りというあり得ない人物像の古書店主が魅力的。あらゆる古い本の知識に精通し、古書を持ち込む様々な人物の気持ちや事情を掌(たなごころ)を指すように言い当てるシャーロックホームズ並みの推理力で多くの事件を解決していく、ちょっと変わった名探偵。語り手の男性主人公とのなかなか進まない恋の行方も気になるところです。

第10位  『くちびるに歌を』  中田永一

NHK全国中学校合唱コンクールを目指す五島列島の中学校の合唱部を舞台にしたお話。産休に入った顧問の先生に代わり「美人過ぎる音楽教師」の赴任。美人さとは裏腹に結構がさつで男っぽい先生、複雑な家庭事情を抱えそれぞれに悩む生徒たち、それぞれの15の恋、テーマ曲アンジェラ・アキの「15の君へ」をバックに合唱コンクールへの挑戦を通して成長していく子供たちの姿を生き生きと描いています。うまくまとまった爽やかな作品ですが、どこかで読んだような話でもあるし、ストーリーもほぼ予想通りなので爽やかなよくある青春小説、という以上の感動は得られませんでした。今年のハイレベルなノミネート作の中では残念ながら最下位。でも素敵な作品ですよ。


以上、今年の本屋大賞ノミネート作の自分なりのランキングでした。賞の実際のランキング評価とはズレがあるかもしれないけど、それぞれの作品をじっくり読んで自分なりに評価するという作業はとても楽しかったです。そして何度も言うけど今年の作品はどれも素晴らしい作品ばかりで「買って損した」と思う本は一冊もありませんでした。書店員のみなさんはどんな評価をするのか、発表が楽しみです。間に合ってよかった。

爆弾低気圧 第2弾ー世界最悪の乱気流ー

プライベートモードの記事です。PASSWORDを入力してください。続きを読む

爆弾低気圧

プライベートモードの記事です。PASSWORDを入力してください。続きを読む
Profile

とこちゃん

Archives
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
livedoor 天気
このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>
楽天市場
プロフィール

とこちゃん

  • ライブドアブログ