とこちゃんのひとりごと

空のお話・少林寺拳法・家族・思ったことを綴る日記です。 仕事関係のことはプライベートモードにしています。 PASSWORDを知りたい方はprofileにあるアドレスにメールしてください。

2012年08月

竹島問題と尖閣諸島

最近の大問題、竹島問題と尖閣諸島問題。韓国と中国のやり方は本当に腹立たしい。それに対して徹底的に弱腰でやりたい放題、言いたい放題やらせている民主党政権にも怒りを覚えます。

昨日ようやく野田首相が緊急記者会見で声明を発表して、一定度日本の立場をはっきりさせることができました。中国や韓国はいろいろ言ってるけどまずはほっといて、日本の立場や主張をはっきりと世界に向けて発信することが大事じゃないかなと思います。これまで日本政府は中国や韓国との関係悪化を恐れて、何をされてもやられっぱなし、ほったらかしにしてきたから、韓国大統領が竹島に行ったり、ロシア大統領が北方領土に来たり、香港の活動家に尖閣諸島上陸を許した上何のお咎めもなく国に返したりといったことが起こってきたんじゃないかと思います。要は日本の対応が「舐められてる」んですよね。

じゃあ、なんで日本政府の対応が「舐められる」ようなことしかできないのか。一つは民主党政権になって外交に不慣れな政治家が増えて「事なかれ主義」に走っているというのもあるのかもしれません。実際に日本の外交を動かしているのは外務官僚なんだろうけど、「なるべく問題を大きくするな」という方向性が常態化すればこういう風になって行くんじゃないかな。

日本は日本国憲法により戦争放棄を宣言しています。でも憲法9条は侵略戦争を仕掛けることや国際紛争を解決する手段としての戦争を放棄すると言っているのであって、自国を侵略してくる軍隊に対しての防衛や、今回のような戦争に発展する可能性もないとは言えない領土問題の紛争に対して相手の言いなりになれということではないと思います。そのために日米安保条約や自衛隊はあるのではないでしょうか。逆に軍事力により侵略行為を仕掛けることが絶対にないと言えるからこそ「舐められる」ことにも繋がるわけで、他の国以上に強力に日本の主張を出していかないと竹島も尖閣諸島も北方領土もみんな隣国に取られるだけになるでしょうし、これで味を占めればいずれは沖縄にも中国は手を伸ばしてくると思います。たぶん、アメリカは自国の国益に沿う分の最低限しか助けてくれませんよね。

平和ボケした日本人、「戦争反対」と言ってれば何でも正義になる風潮が招いた結果なんじゃないでしょうか。基本的に戦争はダメです。どんな理由であれ戦争になれば悲惨な結果を招くことは、今でも多くの日本人は知っていると思います。軍事力の行使は本当に自国民が攻撃を受けたり、侵略行為にさらされた場合にのみ最低限の行使にとどめるべきですが、それでも攻めてこられた場合は闘わざるを得ません。侵略ご自由に、の無抵抗主義ではないはずですし、アメリカが日本の盾になって守ってくれるとも思えません。「平和的解決」とは「譲ること」「言いなりになること」「許すこと」ばかりでは解決にはならないと思います。日韓関係や日中関係が悪化すればすぐに経済がどうとか交流がどうとか言われますが、経済も交流もまずは紳士的で良好な二国間関係があってこそ始まるもので、目先の小さな利益のために国としての誇りを捨てるようなことがあってはならないと思います。

韓国大統領の天皇陛下を侮辱するような発言や、竹島訪問、オリンピックでの事件に対する韓国の態度、そして今回の親書返送・・・韓国の傍若無人振りは謝罪がなければ絶対に許せないところまで来ているはずです。これを「大人の対応」として放置することは日本国の誇りを放棄することに等しいと思うのは僕だけでしょうか。竹島問題を国際司法裁判所で審議してもらうというのはいい方法だと思います。両国の承認がいるそうなのでまともに話し合えば不利な韓国が承認することはないでしょうが、このことを世界にアピールすることにより韓国が不法占拠しており、韓国自身も国際的な場で話し合えば不利だということを承知しているということを証明することにもなると思います。とにかく領土問題は曖昧にせず、また一時的な経済制裁なども遠慮なくやって、日本にとってマイナスがあろうと韓国に対して「日本は怒ったぞ!」ということをしっかり示してほしいと思います。実際にやるやらないは別としても、「やるならやるぞ!」という姿勢を見せることが必要でしょう。足元見られてちゃだめだよね。

北朝鮮との緊張状態を常に抱える韓国にとって、日本との関係悪化は北朝鮮に南進する隙を与えることになるために望ましいことではないでしょう。経済的な依存度も韓国は日本に対しては大きなものがあるはずで、関係が悪化して困る度合いは向こうの方が大きいと思うのですがどうなんでしょうか。韓国に対しては弱腰にならず、喧嘩も恐れず強硬に行くべきだと思います。

一方、中国はそう簡単に行かないかもしれません。中国は本当に戦争を始めてもおかしくない国の一つです。尖閣諸島の領有権は本気で取りに来ているし、日本政府が今のまま尖閣諸島を無人島のまま放置すればいずれは軍隊を投入して竹島の韓国軍のように占拠してしまってもおかしくありません。だからこそ石原都知事も尖閣諸島を購入したり、ご本人が調査に参加して上陸するなどのアピールを行おうとしているのではないでしょうか。中国との関係は慎重に、でも毅然とした態度でやってほしいし、やはり今までのような事なかれ主義の弱腰外交では通用しないと思います。

国民が惨めな気持ちになるような外交ではなく、節度のある毅然とした外交をやってほしいと思います。

WBCの不参加

http://news.livedoor.com/article/detail/6872347/
WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の参加の是非について、いよいよ後10日ほどで期限が切られているそうです。日本は選手会が苦渋の決断の結果、不参加に決定しNPBに通告しています。

WBCを2連覇している日本。メジャーリーガーとの対戦や韓国との宿命のライバル対決など素晴らしいゲームが見られないのは残念ですが、出場する選手たちにかかる負担は並大抵でなく、WBCの疲れや調整方法の変化からシーズンに入って調子を落とし、本来のパフォーマンスを発揮できない選手が(特に投手)多数出るなどある程度犠牲を覚悟の参加になります。

にもかかわらずWBCの運営実態はほとんどメジャーリーグが利益を独占。トッププロがリスクを承知で参加しているにもかかわらず、勝って得られるのはほとんど名誉だけという状況に二の足を踏むのはプロとして当然だと思います。改善を要求するもメジャーリーグ側は一切の譲歩なし。文句があるなら出なくていいよと言わんばかりです。これじゃあ、仕方ないよね。

外交と同じで弱腰になってたら要求は何も通らない。初開催から2連覇してる日本だからこそ、不参加の意思表示は威力を持つと思います。毅然とした態度で不参加の意思を貫いてほしいと思います。絶対アメリカ人は日本人を舐めてる。厳しく言えば最後は参加させてくださいと言ってくるよ、ぐらいに思ってるはずです。アメリカの金儲けに日本のトッププロ選手たちが犠牲になることはないです。

逆に徹底して主張を貫けば、次回からは少しは譲歩策を考えるかもしれないし、今回にしても瀬戸際になれば向こうも再考する可能性も捨てきれないと思うし。「身を捨ててこそ、浮かぶ瀬もあれ」だよね。

高野連の対応

現在、甲子園に出場して活躍している作新学院の野球部員が少女を暴行して軽傷とはいえけがを負わせたうえ、現金数千円を奪うという強盗致傷の犯罪を犯して逮捕された。これに対し高野連は、「過去の事例から、部活動外の個人の不祥事で出場を差し止めたことはない」として作新学院に対し試合の差し止めなどの処分はしない意向のようだ。

ん?そうだったっけ?高野連といえば部員の喫煙とか、監督・先輩からの体罰とかで予選の出場を辞退させたりしてなかったっけ?あれは学校側が勝手に辞退してるだけだったのかな?「連帯責任」なんて戦時中みたいな堅苦しいことを未だにやらせてる組織=高校野球、と思ってたんだけど時代が変わったものです。出場選手登録はされていない2年生、いわゆる補欠だとしても、現役の野球部員が強盗致傷という凶悪犯罪を起こしても何の責任も問わないとは…。

以前から「連帯責任」なんてバカバカしい。甲子園に出場するような強豪チームなら体罰の一つや二つあって当然だろうと思っていました。「学生アマチュア野球としての教育的見地」を極端なまでに重視する高野連ならばやむを得ない部分もあるかもしれないし、そういう立場で高校野球を捉えることは基本的には間違ったことじゃないと思っていたので、部員以外の不祥事とか監督・選手本人に関わるもの以外ならなるべく寛容にして、選手たちの努力をふいにすることのないようにしてほしいという考えでした。基本的には…。

ただ、今回の件はどうなんでしょうね?補欠の下級生とはいえ現役部員が強盗致傷!何たること!喫煙や普通の喧嘩とは訳が違います。被害者の少女は軽傷、奪われた金額は数千円とはいえ、被害者の感じた恐怖や心の傷は数字では測れない大きさであることが想像できるし、教育的立場を取る高校野球において部員が凶悪犯罪を起こしたチームを見逃すことがあっていいのでしょうか。これを見逃すのなら今後高野連は今まで出場辞退させてきたほとんど全ての不祥事に対して学校側に責任を問わない姿勢に転換すべきですね。もちろん、「教育的見地」なんて発想も捨てるべきです。喫煙だ、万引きだ、体罰だ、いじめだなんて強盗致傷に比べれば軽いものです。選手登録してるかしてないかにこだわってるみたいだけど、問題はそこじゃないんじゃないかという気がします。

高野連には筋の通った説明をしてもらいたいものですし、非情なようでも部員の中から凶悪犯罪者を出した作新学院は次の試合は棄権すべきだと思います。

ロンドンオリンピック閉幕

ロンドンオリンピックもあっという間に閉幕してしまいましたね。2週間というのも早いものです。今回のオリンピックは全体的に日本選手たちはとても良くやってくれたんじゃないでしょうか。感動的な勝利、また負けても悔いなしの爽やかな戦いぶりが多く目につく大会でした。

大会前から注目していたテニスの錦織くん、卓球の愛ちゃん・佳純ちゃんはいい結果が出せて本当に良かったですね。錦織くんはメダルにこそ届かなかったものの、ダビデンコ・フェレールという強豪を破ってのBEST8には非常に価値があると思います。今後の活躍に繋がる結果じゃないでしょうか。準々決勝ではウィンブルドンに続いてデルポトロにまたしてもやられました。試合内容には随分改善が見られ、第2セットなんかは惜しいところまで行ったんだけど、結局押し切られてしまい、未だデルポトロからは1セットも奪えないまま…。ジョコビッチに勝ち、ナダルからもセットを奪った経験のある錦織くんにすれば確かに苦手なタイプなのでしょうが、同世代のライバルとして避けては通れない相手だけに何とか彼のレベルに追い付いてほしいものです。でもその日もそう遠いことではないと感じさせる健闘ぶりでした。

一方の卓球の愛ちゃん。個人戦ではドローが悪く世界チャンピオンの中国・丁寧にBEST8で敗れてしまいましたが、これは仕方がない。相手が悪すぎます。佳純ちゃんは準決勝まで見事勝ち上がり銅メダルまであと一歩、というところまで行ったんですが、ライバル・シンガポールのエースには完敗でした。惜しかったですね。そしてその後の団体戦。ここでのメダル獲得を目指して平野・福原・石川の卓球三姉妹は4年間の厳しい努力を重ねてきました。ドキュメンタリーでこの4年間の必死さを観てこの勝負に掛ける3人の思いを知っただけに、観ている方も力が入りました。そして運命の準決勝。シンガポール戦。第1戦の対戦は個人戦で佳純ちゃんが敗れたシンガポールのエースと愛ちゃん。さすがに厳しいかと思っていましたが、愛ちゃんはすごい気迫で立ち上がりから圧倒しペースを掴みます。白熱の第1セットを大接戦の末取った愛ちゃんは続く第2セットも勢いに乗って取り、第3セットは相手の意地で取り返されました。勝負の第4セット。これを落とすと勢いは相手に移り最終セットは底力を考えても苦しくなるのは必定。なんとしてもここで勝負を決めたい局面でした。この大一番のセットを素晴らしい集中力で見事押し切り勝利を手にしました。

緒戦でエースを倒されたシンガポールはかなりのショックを受けたはずです。第2戦の佳純ちゃんは愛ちゃんのバトンを受け継いで強い意志で攻撃を続け、ストレートで相手を退けました。この試合もあっさり勝ったように見えましたが相手は決して弱くなく、見事な戦いぶりでした。そして第3戦のダブルス。満を持しての平野選手の登場です。平野さんは27歳。卓球の選手年齢を考えればこれが最後のオリンピックかもしれません。北京オリンピックで敗れてメダルを逃した悔しさをばねにここまで頑張ってきました。今の日本の卓球界では愛ちゃんと佳純ちゃんという二人の天才選手が出たためにダブルスに甘んじていますが、チームリーダー、お姉さんとしての彼女の役割は決して小さなものではなかったはずです。この試合でも苦しい時、攻めきって活路を開いたのは平野選手のプレイと気迫でした。

次のシングルスに備えてアップをしていた愛ちゃんが会場に戻ってきていよいよマッチポイント。相手のショットがアウトしたとき抱き合って喜ぶ二人の表情や愛ちゃんの泣き顔には本当に感動しました。極限まで努力を重ねて、いくつもの悔し涙を乗り越えて得た勝利の喜びの大きさは見ている人にも感動を与えてくれましたね。3人の力が見事に集まって、これまで一度も勝ったことがないというシンガポールを相手にストレート勝ちという素晴らしい結果をこの大舞台で出してくれました。人の思いはどれほどの力を生むか、それを見せてもらったような気がしました。

決勝の中国戦はやはり中国の卓球の力はけた違いに強いということを改めて実感させられましたが、これは現時点では仕方ないです。この銀メダルは金メダルと同等の価値がある銀メダルだと思います。おめでとう。卓球三姉妹!

この他にも水泳の200mで4位に終わった北島選手が「諒が取ってくれた。悔いはないです。」とのコメントには感動しました。北島選手は泳ぎだけでなく人間的にも素晴らしい選手ですね。そしてメドレーリレーで「北島選手を手ぶらで帰すな」とメンバーがみんなで頑張ってメダルを獲得した話、作ったような美談だけど、オリンピックという極限の状況での実際の話なんだからすごいと思います。

サッカーのなでしこジャパン。見事な銀メダルでした。ワールドカップ優勝以来の過大なプレッシャーとマスコミの注目の中、これだけの結果を出したことは大変なことだと思います。予選リーグでの引き分け狙いなどが物議を醸しましたが、そういう雑音をはねのける見事な戦いぶりでした。佐々木監督の手腕も素晴らしいですね。選手自身に考えさせるチーム作りはこれまでのサッカーにない監督像だったのではないでしょうか。その結果、なでしこの選手たちは試合中でもそれぞれが声を掛け合い、考えてプレーできるクレバーなチームになっていました。強豪のカナダ・スウェーデン・フランスを退けた日本の組織力、個の力の弱さをチームでカバーするなでしこのスタイルは体格と個の技術力に勝る王者アメリカを恐れさせるに足るサッカーを展開しました。表彰式での明るい笑顔がやりきった満足感を表わしているようでとても爽やかでした。また、アメリカのハンドにも一切抗議しない潔さもフェアプレーの鏡といえると思います。

男子サッカーは素晴らしい活躍だったにも関わらず、最後が後味悪くなってしまいましたね。韓国がイングランドを破って準決勝に出てきた時点でこういうことが起こるんじゃないか、と嫌な予感がしてたんですよねー。おまけに「独島はわが領土!」だっけ?もういい加減にしろよ、韓国!そんな話をオリンピックに持ち込むな。イングランドを破った韓国のサッカーは素晴らしかったし、日本との対戦も運が味方したとはいえ、いつもながら勝負への気迫は日本を上回っていたように思います。スポーツマンらしい態度を最後まで貫いてくれたら素直に祝福もできるのに、なんだか台無しの雰囲気になってしまいました。どうせ負けるならイングランドに負けて4位の方がずっと良かったなーと思う試合でした。ホント情けないぞイングランド。当該選手のメダルはく奪なんてのはちょっとかわいそうな気もするけど、韓国がこういうことするのは今回が初めてじゃないし、ネットで見ても韓国人は反省してる気配はないので今後のためにもFIFAとIOCには厳しい処分をお願いしたいものです。

ま、それはともかく、男子サッカーの闘いぶりは最後の2試合以外は見事でした。オーバーエイジでの吉田麻也の招集は大正解でしたね。メキシコ・韓国には通用しなかったけどそれまでのスペイン・エジプトを完封した守備力とセットプレイでの得点力に吉田の存在感は素晴らしいものでした。攻撃陣の永井・清武・大津の活躍も見事でした。若い選手たちのレベルアップには最高の経験となり、今後の日本サッカーの未来は明るいと言える内容だったのではないでしょうか。ゆとり世代と言われ評価の低かったこの世代の選手たちがここまでやってくれるとは、期待していなかっただけに嬉しい活躍でした。惜しかったけどよく頑張ったと思います。

期待していなかったと言えば女子バレー。何と銅メダル!日本のバレーが弱くなって久しく、メダルなんて夢のまた夢。ベスト8に入ればいい方かな、なんて思ってましたが3位決定戦で韓国を破っての銅メダル。全く注目してなかったので1試合も見てません。何で勝ったの?ともかくサッカーの仇をバレーがとってくれた形になりましたね。サッカーが悔しい負け方をした後だけにこの勝利は嬉しかったです。

いろんなことがあったロンドンオリンピックでしたが、まだまだ隠されたドラマはたくさんあるのでしょう。選手たちが帰ってきていろんな話が聞ければ、また楽しみも増えると思います。とりあえずメダルを獲得した選手たち、おめでとう。残念だった選手もまた次の目標に向かって頑張ってほしいです。

P.S.「感動をありがとう」の決まり文句にはうんざりなので使いません。別に選手たちはあなたのために頑張ったんじゃないよ、と言いたくなっちゃう。このセリフは自意識過剰だよね。

Profile

とこちゃん

Archives
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
livedoor 天気
このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>
楽天市場
プロフィール

とこちゃん

  • ライブドアブログ